お知らせ

 このウェブサイトを利用される前にこちら(別ウィンドウ)の利用条件をお読み下さい。ご利用された場合、それらの条件に同意されたものとみなします。
 ウェブサイト管理者の皆様は,トップページ内の「ウェブサイト管理者の皆様へ(お知らせ)」もあわせてお読み下さい。
 

トップ>校長室だより

    ご挨拶  ~活気あふれるキャンパスで充実した3年間,力を蓄える3年間を~ 

 千葉県立我孫子高等学校ホームページにようこそ。

令和2年度のスタートです。今年度は新型コロナウィルスとの戦いの最中でのスタートとなり、第51期入学生の皆さんも不安な気持ちでいることでしょう。本校にとって新入生は第51期入学生になります。今年の11月には創立50周年記念式典が予定されています。創立は昭和45年、半世紀に渡り社会で活躍する人材を輩出して参りました。教育目標に「高い知性」「豊かな情操」「逞しい心身」を掲げ、知・徳・体のバランスの取れた生徒の育成を目指して教育活動を展開しております。我孫子市の文教地区若松に位置し、手賀沼公園から親水公園までをつなぐ遊歩道もきれいに整備された自然豊かな環境のもと、生徒たちは生き生きと勉学に、部活動に勤しんでおります。

本校では、平成30年度から千葉県教育委員会の指定を受けて「教員基礎コース」を開設しており、教育体験実習や大学の先生による集中講義(夏季・冬季)などにより、教員のみならず千葉県の未来を担うリーダーの育成を目指しています。また、台湾国立花蓮高級商業職業学校と姉妹校を締結しており、昨年度は花蓮から32名の生徒を受け入れ国際交流を行いました。今後も交流を続けていきます。修学旅行の行き先は今年度入学学年は沖縄になります。平和学習・異文化体験・現地の方との交流、体験学習など、グローバル社会に対応する視野の広い生徒の育成を目指しています。

 

本校の生徒は、素直で明るく礼儀正しく、気持ちよくあいさつができます。部活動も盛んで、多くの部が県大会に進み、関東大会や全国大会に出場する部活動もあります。校訓である「文武両道」をこれからも実践すべく、学力向上の取組も推進して参ります。職員一同、力を合わせて頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

令和2年4月        千葉県立我孫子高等学校長 千葉 和也
 
 教育目標の具現化を図るために、5つのキーワード(C・H・I・B・A)是非覚えてください。
  1 チャレンジ    「何かを始めることは怖いことではない。怖いのは何も始めないことだ。」
  2 オネスティ    「誠実な人は人から愛されます。」
  3 インテリジェンス 「知識の獲得のみならず、様々な体験から自分の力で考え行動する知性を磨く。」
  4 ブラッシュアップ 「一歩上を目指して磨きをかける。」
  5 アサーション   「良好な人間関係を築きつつ、しっかりと自分の考えを主張できる力を養う。」



 
校長室だより
12345
2020/02/07

アビコ ヤング セイバーズ表彰

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 本校生徒会が参加している我孫子地区高校生ボランティア活動隊
「アビコ ヤング セイバーズ」は、我孫子市内5校の高等学校と特別
支援学校による防犯ボランティア活動です。先日の1月29日(水)、
日頃の活動の功労を称えるということで、我孫子警察署長から感謝状
をいただきました。学校に持ち帰り、生徒会諸君に授与し、活動を
労いました。今年度は我孫子高校が事務局ということもあり本校が
受け取りましたが、参加している5校の代表として受け取ったものと
考えております。
 生徒達の活動が、防犯に役立つのは勿論のこと、ボランティアを
とおして社会に貢献できる喜びを感じることができることに大きな
意義があると思います。
 生徒会の皆さん、ご苦労様でした。

17:16
2019/12/25

二学期終業式校長講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 12月23日(月)二学期の終業式が行われました。
二学期はたくさんの行事、部活動の大会、委員会の発表会などがあり
各所で我孫子高校生の活躍がみられました。
また、千葉県では台風や洪水の被害もありました。
 本日の講話では、普段あまり話す機会がないので、防災について
話をしました。→令和元年度二学期終業式校長講話.pdf
来年はオリンピックイヤーです。我孫子高校も50周年です。我孫子市も50周年です。
みんなで盛り上げていきましょう。
14:24
2019/12/25

高校生の体験発表会続編

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 11月にご紹介した本校書道部の体験発表会の賞状が届きました。
実は次回、1月11日(土)にも体験発表会が聖徳大学で行われる予定です。
発表は経験を積まないとなかなか聞き手の心に届くものにはなりません。
2度目の挑戦で少しこつを学んだことと思います。のびのびと発表してきてください。

佐藤さんと北澤さん(校長室にて)


顧問の金高先生と
13:56
2019/11/14

高校生の体験発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 修学旅行引率のため、ご紹介できずにいた高校生の体験発表会の報告をさせていただきます。
11月2日(土)9時より、千葉・埼玉・東京から集まった21校の高校と5つの中学校の生徒による
体験発表会が行われました。午後も26高校による発表がありましたので、年々大きくなっている発表
会です。主催は聖徳大学、場所は聖徳大学香順メディアホールで、本校からは今年は書道部が発表しま
した。
 日頃様々なイベントで袴姿で書道パフォーマンスを披露したり、書き初め指導をしたりしている書道
部ですが、ここでは制服で自分たちの活動について写真とパワーポイントを使ってわかりやすく説明し
ていました。



受賞はできませんでしたが、堂々とした発表でした。準備にも時間がかかった
ことと思います。2人ともありがとう。引率の金高先生お疲れ様でした。
16:40
2019/11/14

台湾修学旅行学校交流

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 我孫子高校の修学旅行は台湾(台北)で、11月4日(月)から7日(木)の3泊4日で
行って参りました。
 学校交流も昨年と同じ桃園市立中壢商業高級中等学校にお邪魔して、大歓迎を受けました。
両校校長挨拶のあと、互いの生徒のパフォーマンスで盛り上がり、その後クラスに分かれて
授業を受けました。台湾の生徒も先生もとてもフレンドリーで本当に楽しい一日を過ごさせ
ていただいたと感じます。中壢の皆さんお世話になりました。ありがとうございます。

本校2年生徒職員335名、中壢2年生徒職員約650名、合計約1000名の集合写真を
中壢から送ってくれました。来年も是非お願いします。
14:59
2019/10/28

全国高等学校ビブリオバトル千葉県大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 10月27日(日)、明海大学浦安キャンパスメディアセンターにおいて全国高等学校
ビブリオバトル千葉県大会が行われ、司書の宇野先生引率のもと、本校から2年生の
佐藤香織さんが出場しました。
 参加者は22名、いずれも弁舌に優れた強者ばかり。
 予選では4つのグループに分かれてその中の1位を決定します。そして、1位になった
4人で決勝を争います。
 佐藤さんは予選トップバッターで登場、緊張するそぶりも見せずに明るく元気よく
おすすめ本のアピールをしてくれました。あとで聞いたらとても緊張していたそうです。
 紹介したおすすめ本は、斜線堂有紀さんの「死体埋め部の悔恨と青春」でした。
残念ながら予選で1位にはなれず、決勝進出は果たせませんでしたが、私がいつも
生徒諸君に話している「チャレンジ」を実践する素晴らしい取組みだと思います。
 本人もまたチャレンジしたいと話していました。
 お疲れ様でした。
 
 文字ばかりですみませんが、撮影NGだったためご容赦ください。


 また、当日は手賀沼エコマラソンが行われ、本校の吹奏楽部が選手の応援演奏を
してくれました。長時間にわたり神戸先生、吹奏楽部の皆さん、ありがとう。
09:37
2019/10/25

ソーラークッカー大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 10月20日(日)、東葛エリアソーラークッカー大会実行委員会主催(我孫子高
校と川村学園女子大学が共催)のソーラークッカー大会が川村学園女子大学で行わ
れ、本校から地学部の生徒がソーラークッキングに参加するとともに、受付、実況な
どの運営にもボランティア参加しました。

湯沸かし、炊飯、調理の3部門があり、湯沸かし部門は
40分間でどれだけ水の温度を上昇させるかの勝負です。

運営のボランティアをしてくれた3人の地学部員と
大会実行委員長の前我孫子高校校長中山公央先生。

計測時間のアナウンス…経過時間○○分、温度を計測してください。

湯沸かし部門参加10団体の記録をてきぱきとつけていきます。

さて、本校の地学部の作品は…
前の週ずっと定期考査だったため実験する時間がほとんど
とれなかったようですが、段ボールで段差をつくって局面を
うまくつくり、局面にアルミホイールを貼り付けたものでした。
できるだけ材料費をかけずに工夫したエコ作品でした。
この日は日差しが少なく、どの参加チームも苦戦。
そのお陰もあり?、本校が第1位を獲得しました。


我孫子市の青木副市長から賞状を授与されました。

我孫子市副市長、川村学園女子大学学長、我孫子高校校長、
大会実行委員長と講評が述べられ、最後にこの道の第一人者
である足利大学の中条教授に講話をいただき終了となりました。
地学部の皆さん、お手伝いから作品参加までよく頑張りました。
優勝おめでとう。
10:07
2019/10/03

英語研究発表大会松戸地区大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 10月2日(水)、松戸市立松戸高等学校視聴覚室において、英語のスピーチ
コンテストがあり、我孫子高校から1年2名、2年2名の4名が出場しました。
松戸・我孫子・柏地区を含む16校から60名が参加しての大きな大会でした。
部門は1年生のリーディングとレシテーション、2・3年生のレシテーション、
全学年のスピーチの部門に分かれてレベルの高い発表が続きました。
 私は午後からの応援だったので1年生の発表の写真を撮れず、紹介できないのが
残念です。2年生の2人は落ち着いていて表現力もあり大変立派な発表でした。









夏から繰り返し練習してきた成果が出ましたね。
顧問の井出先生とALTのベルを中心に英語科の先生方が熱心に指導してくれましたからね。
1年生の山根さんと2年生の明石さんがそれぞれ部門で2位と検討しました。
更にこれからの成長が楽しみです。
16:45
2019/10/02

国際交流スピーチ大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 9月29日(日)、あびこ市民プラザにおいて我孫子市国際交流協会主催の第21回
国際交流スピーチ大会が開かれました。
 発表は3部構成で、第1部が英語による発表(スピーチ)、第2部が日本語による発表
(スピーチ)、第3部が小学生によるレシテーションで、社会人から小学生まで幅広い
年齢と国際色豊かな発表者による素晴らしい大会でした。
 本校からは2年生の大野さんが第1部に出場し、立派にスピーチをしてくれました。

青木副市長挨拶

大野さんのスピーチ、題は「私の尊敬する人」

ESSの顧問の井出先生、応援に来た部員と一緒に。
緊張感から解き放され、笑顔が。
こういった経験を積み重ねて、だんだんと英語を自由に使えるようになって
いくんだなあとしみじみ思わされる大会でした。
皆さん、お疲れ様でした。
08:10
2019/09/30

書のパフォーマンス発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今年で10回目となる書のパフォーマンス発表会が9月29日(日)に行われました。
今年のテーマは「切磋琢磨 新しい時代を友と共に」です。


出場校は9校、本校はトップバッターでした。



ちびっこ学び塾や文化祭など、多くの人の前でのパフォーマンスを経験し、
今回のパフォーマンスも落ち着いた堂々とした演技ができていたと思います。




1年生による「舞」のようなパフォーマンス

今回の作品は英語を交えた横書きでした。毎回よく工夫しています。

大筆の文字は「輝き」でした。
書道部の皆さんもとても輝いていましたよ。

12:13
12345