非常変災時等における登校対応について

東武鉄道運休及び自然災害時等に於ける対応について

   

千葉県立柏陵高等学校
1 東武鉄道運休の場合について
(1) 非常変災や事故等で,東武鉄道が運休している場合の措置を次のようにする。     

運行再開
(テレビ・ラジオ放送)

午前6時前午前8時前午前10時前
  始 業 時 限第1時限から  第3時限から第5時限から
  午前10時を過ぎても運行再開しない場合は,臨時休業とする。
(2) 他の交通機関の運休による欠席・遅刻については,事情確認の上判断する。
(3) 交通機関を利用しない生徒についても,その日の日課は同様とする。
(4)  臨時休業措置をした場合は授業の補償を後日検討する。

2 気象に関する警報の発令に伴う授業措置について  

(1) 警報にともなう臨時休業措置は原則行わない。

(2)  生徒は安全を確保しつつ登校すること。ただし警報等により安全が確認出来ない場合は自宅待機とする。その際登校出来なかった生徒については状況を確認後公欠扱いとする。   

(3) 台風の進路や速度が急変し,やむを得ず上記の措置と異なる判断をする場合は,本校HPに掲載する。
(4)  臨時休業措置をした場合は授業の補償を後日検討する。


3 地震発生時の対応について

(1) 交通機関に影響が出た場合は,上記「1 東武鉄道運休の場合について」と同様の対応とする。
(2) 自宅が倒壊した等の被害にあった場合は,身の安全を確保し,連絡が可能となった時点で,学校に連絡をする。
(3) 学校の建物が重大な被害を被った場合は,自宅待機とする。
(4) 学校が地域住民の避難場所となった場合は,登校しない。


4 雷警報への対応について
発令された場合,外での活動は一切禁じる。生徒の下校については様子を見て判断する。

5 課業中の対応について
(1) 交通機関が停止した場合
 影響の大きな路線の場合は,原則として交通機関の復旧を待つが,長引きそうな場合は,授業は4限までとする。部活動も中止とする。遠距離通学の者は,できるだけ保護者に迎えに来てもらう。
(2) 急な気象の変化があった場合
 迅速、正確な情報収集を行い,生徒の安全確保のため校長の判断によって予定していた授業を中止して下校させる場合もある。この場合には部活動は行わない。
(3) 火災または地震の発生の場合
 火災・地震発生等生徒緊急避難マニュアルにしたがって行動し,生徒の安全を確保し,避難させる。

6 その他
   必要に応じて緊急を要する連絡事項については本校HPに掲載する。
  HPアドレス http://saas01.netcommons.net/hakuryo/htdocs/
 
在校生の皆さん
連絡
2020/01/14

茶道部 地区茶会に参加

Tweet ThisSend to Facebook | by 903

茶道部活動報告

高文連 第5地区茶道専門部交流茶会に参加


   茶道部は、1月1
0日(金)に高文連主催の第5地区茶道専門部会交流茶会に参加しました。詳しくはこちらよりどうぞ☞茶道部活動報告.pdf


18:15
2020/01/14

2年生向け卒業生講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 318
1月9日(木)5、6限に2年生対象の「卒業生講話」を開催しました。看護の専門学校に通っていたり、大学でマーケティングや宇宙工学、比較文学を研究したり、あるいは企業に勤めていたり、公務員として働いていたりと多岐にわたる進路の8名をお招きし、その体験を語っていただきました。
 高校時代にそのようなプロセスを経て進路を決定したか、決定までにどのような準備をしたか、面接で心がけたことは何か、そしてもっとやっておけばよかったことは何かなど、2年生が明日からの生活にすぐに活かせるようなアドバイスが多数ありました。
 「学びのためにお金と時間を使うのは、社会人になってからでは難しい。
    自分の学びのために使うお金と時間は本当に大事。」

  そんな先輩方の貴重な言葉の数々に、真剣に耳を傾けている柏陵生の姿が印象的な2時間でした。

14:45