入会案内
 
大会・行事案内
 
 
お問い合わせ
 
学 会 事 務 局
(平成30年4月1日より移転しました)
〒463−8521
愛知県名古屋市守山区大森2-1723
金城学院大学生活環境学部内
日本衣服学会事務局 
Tel:052-798-0180
Fax:052-798-0370


 
 
 
 

日本学術会議第一部ニューズレター

日本学術会議のウェブサイト http://www.scj.go.jp/
 「委員会の活動」→「第一部(人文・社会科学)」→「ニューズレター」
  http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html

詳細は「>>続きを読む」をクリックしてご覧ください。
 

日本学術会議ニュース
12345
2020/07/03

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.715 ** 2020/7/3

| by Web担当

1.【開催案内】日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会主催
  公開シンポジウム「壁を超えるジェンダーがつなぐ未来へ」

2.【全国ダイバーシティネットワーク (OPENeD)からのご案内】
   
「全国大学・研究機関における男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に
   
関するアンケート調査」分析結果について

3.日本学術会議協力学術研究団体 変更届提出のお願い

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会主催
  公開シンポジウム「壁を超えるジェンダーがつなぐ未来へ」
--------------------------------------------------------------------■
日時:2020831日(月)1300分~1700分(1230分開場)

場所:日本学術会議講堂
    (サイバーシンポジウムに変更することもあります。)

主催:日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会

共催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST

後援:文部科学省(予定)、内閣府男女共同参画局(予定)

開催趣旨:
  20175月に東京で開催した国際会議ジェンダーサミット10(以下GS10)では、
 
科学の世界で男女共同参画を推進することが科学の成果につながることを示す
 
結果が多々発表された。多くの男女がこれらの結果を共有するために、またGS
 10での成果を継続的に議論し、さらなるジェンダー平等に関する研究を広める
 ために、毎年フォローアップシンポジウムを開催することとした。20186
 の第1回では産学官にてどのようなフォローアップ活動をしているか議論し、
 各大学と機関、企業がそれぞれ工夫をしながら展開していることを確認した。
 昨年は7月には第2回のフォローアップシンポジウムを開催し、GS10 で提案
 した”Gender Equality 2.0”に焦点をあてて議論し、LGBTなどがこれからの
 社会の鍵になることを共有した。今年は、男女が様々な壁を越えるための取り
 組みに焦点をあて、若手の活躍を支援するための最終フォローアップシンポジ
 ウムを開催する。

次第: http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/291-s-0831.html

入場無料・要事前登録 
 申込フォーム: https://form.jst.go.jp/enquetes/gs10fu2020

アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」下車、
      5番出口(青山霊園方面)より徒歩1分

問合せ先:
   diversity*jst.go.jpJSTダイバーシティ推進室)
 (*@に変更して送信して下さい)

■--------------------------------------------------------------------
【全国ダイバーシティネットワーク (OPENeD)からのご案内】
 
「全国大学・研究機関における男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に
 
関するアンケート調査」分析結果について
--------------------------------------------------------------------■
 
全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・
能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、
大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上
を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を
収集・公開し、全国的な普及・展開を図る活動をしております。

  2019
2月~6月(調査実施時期)にわたって、
日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会と共同で、国・公・私立の枠を
超え、分野を超えた全国およそ800にも及ぶすべての大学・研究機関を対象に、
初めての実態調査となる、
「男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に関するアンケート調査」を実施しました。

 
この度、アンケート調査の分析結果につきまして、
全国ダイバーシティネットワーク「OPENeD」のウェブサイト
https://www.opened.network/
に掲載しました。

 
是非、全国ダイバーシティネットワーク「OPENeD」のウェブサイト
https://www.opened.network/
より、ご高覧いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 
ご回答をいただきました大学・研究機関の各位におかれましては、
大変お忙しい中、ご協力を賜りまして、誠に有難うございました。
 
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

本件連絡先:全国ダイバーシティネットワーク事務局
     (大阪大学男女協働推進センター内)
     Tel : 06-6105-6059
     Emaildanjyo-nw*office.osaka-u.ac.jp 
*@に変更して送信して下さい)
   全国ダイバーシティネットワークOPENeD
      https://www.opened.network/

■--------------------------------------------------------------------------
 日本学術会議協力学術研究団体 変更届提出のお願い
---------------------------------------------------------------------------■
日本学術会議 協力学術研究団体 御中

 
平素より日本学術会議の活動にご協力いただき、ありがとうございます。
日本学術会議協力学術研究団体規程により、団体の届出内容(代表者、事務局
所在地、連絡先、URL等)に変更が生じた場合には、速やかに文書(変更届)
を郵送いただくこととなっております。

 
様式は以下URLからダウンロードできますので、届出内容に変更が生じた団体
におかれましてはご対応いただきますようお願いいたします。
 URL: http://www.scj.go.jp/ja/group/dantai/index.html

 
現在の届出内容を確認されたい場合は、以下の問い合わせメールアドレスまで
ご連絡ください。PDFにてお送りします。

 
なお、学会名鑑とは協力体制にありますが、登録内容等が異なっております。
学会名鑑を更新しただけでは、変更届の提出とはなりませんのでご注意ください。

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局 協力学術研究団体担当
scj.kyoryoku-dantai.t5k*cao.go.jp
*@に変更して送信して下さい)

★-------------------------------------------------------------------☆
 日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
          アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
            http://twitter.com/scj_info
***********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
           http://jssf86.org/works1.html
***********************************************************************
=======================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等へ
の転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読み
いただけるようにお取り計らいください。
 過去のメールニュースは、日本学術会議ホームページに掲載しております。
http://www.scj.go.jp/ja/other/news/index.html

【本メールに関するお問い合わせ】
 本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できません。
 本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連絡先の記載がありますの
で、そちらからお願いいたします。
=======================================================================
 発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     106-8555 東京都港区六本木7-22-34



15:36
2020/06/12

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.714 ** 2020/6/12

| by Web担当

1.【独立行政法人日本学術振興会】
令和3(2021)年度分二国間交流事業(共同研究・セミナー)の
公募について

2.日本学術会議協力学術研究団体 変更届提出のお願い


16:20
2020/05/22

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.713 ** 2020/5/22

| by Web担当


1.【お知らせ】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などに関する
  特設HP開設について

2.[JST]女性研究者及びその活躍を推進している機関を対象とした表彰制度
  「輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)」募集中(6/30 正午まで)


17:25
2020/05/15

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.712 ** 2020/5/15

| by Web担当

1.[JST]社会課題解決のための地域における取組募集のお知らせ
STI
を活用した社会課題解決のための地域における取組を対象とした表彰制度
STI for SDGs」アワード募集中(~7/15迄)

2.[JSTSDGs の達成に向けた共創的研究開発プログラム募集のお知らせ
SDGs の達成に向けた共創的研究開発プログラム(SOLVEfor SDGs)」提案
募集中(~6/3 正午迄)


16:06
2020/05/08

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.711 ** 2020/5/8

| by Web担当

1.【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム
  「Covid-19とオープンサイエンス」

2.[JST-RISTEX]令和2年度新規研究開発提案募集のお知らせ
 
「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践
 
研究開発プログラム」(~6/23 正午迄)


17:11
2020/05/01

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.710 ** 2020/5/1

| by Web担当

■---------------------------------------------------------------------
【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム
 「メディアが促す人と科学の調和ーコロナ収束後の公共圏を考えるー」
---------------------------------------------------------------------■


17:27
2020/04/24

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.709 ** 2020/4/24

| by Web担当

■---------------------------------------------------------------------
【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム
 「人生におけるスポーツの価値と科学的エビデンス」
---------------------------------------------------------------------■


17:31
2020/04/11

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.708 ** 2020/4/10

| by Web担当

1.【お知らせ】第24期学術の大型研究計画に関するマスタープラン
     (マスタープラン2020)の広報用パンフレットについて

2.[JST-RISTEX]令和2年度新規研究開発プログラムに関する
意見募集の実施について(~4/15()迄)


12:15
2020/03/27

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.707 ** 2020/3/27

| by Web担当

1 【開催中止】日本学術会議主催学術フォーラム
  「未来への挑戦ー日本学術会議100年に向けてー」

2 日本学術会議協力学術研究団体 変更届提出のお願い


18:28
2020/02/26

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.706 ** 2020/2/26

| by Web担当


1.
【開催延期】国際会議
 
「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2019

2.
【お知らせ】第24期学術の大型研究計画に関するマスタープラン
           (マスタープラン2020)の公表について

3.
日本学術会議協力学術研究団体 変更届提出のお願い


10:51
12345