大会・行事案内
 
 
お問い合わせ
 
学 会 事 務 局
(平成30年4月1日より移転しました)
〒463−8521
愛知県名古屋市守山区大森2-1723
金城学院大学生活環境学部内
日本衣服学会事務局 
Tel:052-798-0180
Fax:052-798-0370


 
 
 
 
GEAHSSニュース >> 記事詳細

2018/04/17

ギースGP共有会合のご案内

| by Web担当

この度、本学会として、 GEAHSSに加盟することを幹事会で決定しました。今後は、関係の情報をHPで配信して参ります。

「人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会」Gender Equality Associationfor

Humanitiesand Social SciencesGEAHSS略称ギース)は、参加学協会との議論を通じて、人文社会科学分野でのジェンダー平等の促進のみならず、研究分野を超えた学際的な連携、人文社会系の学術の更なる発展をめざそうとするものです。」

62日、名古屋大学で開催される大会で、ジェンダーを真正面に取り上げたシンポジウム「古代ギリシア・ローマ世界におけるgender equality:理念と現実」が開催されます。」 

ご興味のある先生は、是非ご参加頂きますようお願い申し上げます。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ギース加盟学協会 担当者の皆さま 

 
                                                                                                                  2018年4⽉10⽇
                              ⼈⽂・社会科学系男⼥共同参画推進学協会連絡会 (ギースGEAHSS)
                                                                                                      委員⻑   井野瀬久美惠 
 
 
運営委員会・シンポジウム参加の御礼、並びに次回ギースGP共有会合のご案内 
 
 拝啓 三寒四温の春らしい⽇々が続いております。皆さまにおかれましてはますます ご健勝のこととおよろこび申し上げます。 去る3⽉31⽇に⾏われた「⼈⽂・社会科学系男⼥共同参画推進学協会連絡会」(通称 ギースGEAHSS)の運営委員会、並びにシンポジウムにご参加いただき、ありがとう ございました。⼼より御礼申し上げます。 同⽇午前11時30分から⾏われた運営委員会では、役員組織を含め、初年度となる 本年9⽉末までの活動⽅針の⼤枠が決まりました。そのご報告を含めて⾏った午後のシ ンポジウムでは、来賓の⽅々から温かいご挨拶をいただき、2本の刺激的な講演に続い て、5つの学会――⽇本教育学会、⽇本社会福祉学会、⽇本⼼理学会、⽇本⾔語学会、 ⽇本農村⽣活学会から、それぞれの取組みに関してご報告をいただきました。5つの学 会のギース担当者、報告者の⽅々には、厚く御礼申し上げます。ありがとうございまし た。その後、会場にいらっしゃる聴衆との間で活発な意⾒交換ができましたのも、みな さまの具体的な報告をいただいたからにほかありません。熱気を帯びた空気を会場で共 有してシンポジウムを締めくくることができましたこと、参加された皆様に感謝申し上 げます。本当にありがとうございました。 
 
昨年5⽉、4団体から始まったギースですが、1年⾜らずの間に加盟学協会は急速に 拡⼤し、現在46団体(2018年3⽉31⽇)、4⽉中に加盟予定の団体を加えると53団 体を数えます。今後も⽇本学術会議との連携を基盤に、学協会の連携を深めることで、 ジェンダー平等や若⼿育成を⽷⼝に、⼈⽂・社会科学系と関わる研究環境の質的向上に 資することができればと、改めて意を強くしております。 
 
規約に明記しましたように、ギースは、⼈⽂・社会科学系学協会におけるグッド・プ ラクティス(GP)の共有を⽬標に掲げております。3⽉31⽇の運営委員会では、⽇本 ⻄洋古典学会の⻄村先⽣から、6⽉2⽇、名古屋⼤学で開催される⼤会で、同学会とし て初めてジェンダーを真正⾯に取り上げたシンポジウム「古代ギリシア・ローマ世界に
おけるgender equality:理念と現実」が開催されることの情報を得ました。その後、⻄ 村先⽣、並びにシンポジウム登壇者のひとりである和泉先⽣(総合ジェンダー分科会副 委員⻑)のお⼒添えをいただき、上記学会事務局⻑から、当⽇のシンポジウムへのギー ス聴講を御許可いただきました。学会シーズンではありますが、ご参加いただければ幸 いでございます。 当⽇は、14:30開始のシンポジウムの前、13時からギース会合を開き、⽇本⻄洋古典 学会のジェンダー平等実現に向けて、上記シンポジウムを企画⽴案・実⾏するに⾄った プロセスを関係者からお聞きしながら、このGPの中⾝、それへの道のりを共有し、ギ ースとしての⽀援のあり⽅を模索したいと思っております。詳細は近⽇中にご連絡いた しますので、今はギース担当者である皆さまのスケジュール帳に、「6⽉2⽇13時から、 名古屋⼤学、ギース会合」とご記⼊いただければ幸いに存じます。どうかよろしくお願 いいたします。 
 
3⽉31⽇のシンポジウムからまだ⽇がたっておりませんが、ひとつだけ、ご報告申 し上げたいことがございます。 3⽉31⽇のシンポジウムに御登壇いただいた⾃然科学系の男⼥共同参画学協会連絡 会との懇談会が、5⽉半ばに決まりました。当⽇は、後藤副委員⻑、永瀬幹事、⼤串事 務局⻑とともに、⾃然科学系の活動事例に学びつつも、⼈⽂・社会科学系ならではの連 携を模索してみたいと思います。この件もまたご報告申し上げます。 
 
3⽉31⽇のシンポジウムの熱気を上記活動につなぎながら、ギースならではの活動 を、⼈⽂・社会科学系学協会との連携の形を、しっかり可視化していきたいと思ってお ります。⽇本学術会議との連携も確実にとっていきます。 今後も引き続きギースの活動にご参加いただけますよう、⼼よりお願い申し上げます。 皆さまからの情報やご質問をお待ちしております。 


12:56