大会・行事案内
 
 
お問い合わせ
 
学 会 事 務 局
(平成30年4月1日より移転しました)
〒463−8521
愛知県名古屋市守山区大森2-1723
金城学院大学生活環境学部内
日本衣服学会事務局 
Tel:052-798-0180
Fax:052-798-0370


 
 
 
 
GEAHSSニュース >> 記事詳細

2019/06/07

日本スポーツとジェンダー学会2019年度大会のお知らせ

| by Web担当

GEAHSS加盟学協会ご担当者のみなさま

 

平素より大変お世話になっております。

GEAHSSの加盟学協会の日本スポーツとジェンダー学会の

ご担当者様より、2019年度大会のお知らせをいただきましたので

みなさまにご連絡いたします。

 

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 

GEAHSS事務局

 

---------------------------大会情報--------------------------------

日本スポーツとジェンダー学会第18回大会

大会テーマ
「インターセクショナルな視点からスポーツとダイバーシティを問う」

日時:2019629日(土)~30日(日)
会場:松本大学5号館2階(〒390-1295長野県松本市新村2095-1

プログラム

基調講演
「多様性の可視化がもたらす意義と課題クィア・ポリティクス、商品化、そしてインターセクショナリティ」
清水 晶子(東京大学)

シンポジウム
「多様性を包摂するためのスポーツの課題」

・身体の構築と表象多様な身体・スポーツのあり方を考えるために
田中 洋美(明治大学)
・スポーツの高度化と排除メディアや選手の役割と課題
後藤 太輔 (朝日新聞社)
・オリンピックと多様性オリンピックは人々の属性に対する規範の持続的な再考の場になり得るか
來田 享子(中京大学)

一般発表

分科会
・学校体育における規範的セクシュアリティの再生産
   
研究代表者:三上 純(大阪大学大学院)
・スポーツとダイバーシティ:スポーツの包摂・承認・排除
 研究代表者:山口 理恵子(城西大学)
・「いのち」を知り生かす身心一体科学をスポーツとジェンダー学の軸にするための身心を一体化するメソッド:太極拳
 研究代表者:跡見 順子(東京農工大学)

<お問合せ>
日本スポーツとジェンダー学会第18回大会実行委員会事務局
390-1295 長野県松本市新村2095-1
松本大学 人間健康学部スポーツ健康学科 新井研究室

e-mail:congressoffice@jssgs.org

日本スポーツとジェンダー学会第18回大会ポスター.pdf
10:43