千葉県立柏の葉高等学校
ChibaPrefecturalKashiwanohaSeniorHighSchool 

〒277-0882 千葉県柏市柏の葉 6-1
TEL:04-7132-7521 / FAX:04-7133-2435
 
本校の概要校長あいさつ校長日記行事予定部活動行事報告学校評価アンケート中学生の皆さんへサイトマップ卒業生の皆さんへ保護者の皆様へ過去の記録感染症による出席停止についてアクセス一校1キラッ!同窓会

お知らせ

 
 

LiveE!気象センサー

千葉県立柏の葉(かしわのは)高等学校

〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1

TEL  04-7132-7521
FAX  04-7133-2435
Mail kashiwanoha-h@chiba-c.ed.jp

地図 powered by Google
 
あなたは4213673人目です
Since2010.10.26

ログイン

日誌

校長日記
12345
2019/05/01

総体予選(サッカー)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
サッカー部が野田中央高校で総体予選1回戦の対清水高校戦に臨みました。両チームともあと一歩のところでディフェンスに阻まれ、前半は両チーム無得点。後半、柏の葉高校が選手交代でムードを変えてヘディングシュートが決まり1対0で勝負が決しました。両校とも水たまりが残る悪コンディションの中、よくボールに食らいついていました。次戦は5日とのことです。
 
(左)試合前の挨拶 (右)コーナーキックからの攻撃
20:26 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/04/26

情報理数科宿泊研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
昨日から1泊2日で情報理数科1年生が宿泊研修を行いました。近くにあるさわやかちば県民プラザを会場に行いました。クラス内の友だちとの交流や協働で行うワークショップなどを通してクラスの団結や協調性を養うことができました。今日の午後は研修のまとめとして、八つの班に分かれて成果を発表しました。生徒の発表の中には、”社会に出てからも必要なこと”なども盛り込まれ、将来を見据えた発表もありました。情報のスペシャリストとしてこれからの情報化社会を背負って立つ人材に育ってほしいと思います。今日は、家でゆっくり休んでください。お疲れ様でした。
 
(左)研修成果の発表の様子 (右)沼崎学科主任の話を聞く生徒
18:41 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/04/23

大会シーズンです(その2)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
本年度、同好会から部へ昇格した卓球部が関東大会予選に参加しました。柏市中央体育館の2階フロアに27台の卓球台がセッティングされ、一度に27試合が行われていました。午前中は部員6名がダブルスに3組エントリーして戦いました。1組だけ初戦を勝ちあがることができました。今日の試合で得たものを、今後の練習に活かしてほしいと思います。
  
(左)やや緊張気味でした (中)真山監督の指示を聞く部員たち (右)見事に初戦を突破しました
13:29 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/04/22

大会シーズンです

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
先週末は多くの部活動大会が行われました。今朝の職員打ち合わせで、顧問から結果が報告されました。朝から生徒の頑張った結果が報告され、先生方から拍手が起こることはとても気持ちの良いものです。生徒諸君には、ケガをせずに練習の成果を発揮してほしいと思います。
 
(左)監督の指示を聞く女子バレー部員 (右)男子バスケ部のゾーンディフェンス
13:17 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/04/11

活動が始まりました

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
2,3年生は今日から通常の授業になりました。始業前の体育館ではバスケ部が朝の自主練を行っていました。今週の日曜日に関東予選の大会があるとのことです。がんばってください。1年生はオリエンテーションが行われ、3時間目には本年度の1年生からスタートしたスタディアプリの説明と登録が行われました。自学自習の習慣がついてくれれば、学校の授業の理解も深まり、勉強の楽しさを感じられるはずです。積極的に活用してください。また、午後には図書館の伏谷先生から図書館利用について説明を受けていました。話題のベストセラーなどもありますので、ぜひ活用してください。
  
(左)バスケ部の朝練風景 (中)スマホでアプリの登録作業 (右)図書館利用の説明を受ける1年生
14:21 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/04/09

入学おめでとうございます

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
新入生の入学を祝うように晴天となりました。正門付近の桜も散り始めてはいますが、新入生を出迎えてくれました。今日は平成最後の入学生となる第13回入学式を挙行しました。緊張や不安が、表情から伝わってきました。先生や先輩を頼りにしながら、学校生活に早く慣れてほしいと思います。以下に入学式の式辞を掲載します。

                              式  辞
 暖かな春の佳き日に、さわやかちば県民プラザの内藤正寿所長をはじめ、多くのご来賓の皆様の御臨席を賜り、本校第十三回入学式を挙行できますことは、誠に喜ばしい限りです。
 ただいま入学を許可した普通科242名・情報理数科40名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
みなさんは前期試験・後期試験という学力検査において高い倍率を突破して今日を迎えることができました。高校入学という人生の節目に、これまでみなさんを支えてくれた先生や家族へ、改めて感謝することを忘れないでください。そして、これまで支えてくださった方々に応えるためにも、今日から始まる高校生活を、楽しく充実した3年間としてください。

 入学にあたり、本校の歴史と校訓を紹介します。
 本校は、12年前の平成19年、おおたかの森ショッピングセンターの開業と同時期に、当時の柏西高校と柏北高校が統合し、「普通科と情報理数科を併せ持つ高校」として開校しました。開校当初は柏の葉キャンパス駅周辺もまだまだ開発途中という状況でした。現在は柏の葉スマートシティーとして住みやすい街づくりが進み、人口も増加し、小学校や中学校も新設されました。本校もこの間、先輩方の活躍により、多くの中学生が進学先として希望する学校になりました。本校の建学の理念は校訓として「自立」「創造」「飛躍」の3つです。
「自立」とは、自己の能力を発見し、自己を確立すること
「創造」とは、自ら学び、自ら考え、新しいものを創り出すこと
「飛躍」とは、目標実現に邁進し、希望溢れる未来に向けて羽ばたくことです。

 換言すれば、本校での3年間で、これからの社会を担う自立した社会人に成長してほしいということです。「自立」を広辞苑で検索すると、「他の援助や支配を受けず、自分の力で判断したり身を立てたりすること」と記されています。本校の「自立」も、誰かに頼って判断し、うまくいかなかった時にその結果を他人に転嫁するのではなく、自分で情報を収集・選択し、よく考え自分で自分の行動を決定するということです。高校時代は一見無謀に思える挑戦が許される時期です。当然、うまくいかないこともありますが、失敗した時に正面から物事に向き合い、謙虚に受け止めることができれば、失敗の数だけ成長できます。みなさんには、ぜひ進んで困難なことに挑戦し、さまざまな経験を重ねて、自立した社会人となってほしいと思います。

 挑戦することについて、先日、メジャーリーグを引退した野球のイチロー選手が引退会見で次のように語っていました。
 「メジャーリーグに挑戦することは大変な勇気だと思うが、成功するからやってみたい。成功できないと思うから行かないという判断基準では後悔を生むことになる。できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思えば挑戦すればいい、そうすれば、その時にどんな結果が出ようとも後悔はない」
 みなさんも、やりたいと思えることに積極的に挑戦してください。

 保護者の皆様に申し上げます。改めて、お子様のご入学おめでとうございます。高校時代の3年間は、心身の成長も著しく、人間関係や自らの生き方に対する悩みや苦しみが多い時です。少し離れたところから、お子様の努力を温かく見守っていただきますようお願いいたします。

 我々教職員も一人ひとりの個性を尊重して、自立した生徒の育成を目指してまいります。そのためには、学校と家庭がしっかりと手を取り合って育てていく必要があります。どうか、本校の教育方針をご理解いただき、ご支援を賜りますようお願いいたします。
 結びに、平成最後の新入生であるみなさんの高校生活が希望に溢れ、充実したものとなることを期待して、式辞といたします。

 平成31年4月9日  千葉県立柏の葉高等学校長 渡部 洋史

 
(左)正門をくぐる新入生 (右)クラス発表を確認する新入生


11:53 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2019/04/08

新年度スタート!

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
昨日の温かさから一転、冬を思わせる気候となりました。しかし、みんな元気に登校してくれました。平成31年度の新学期がスタートです。今日は、新しくお見えになった先生方を紹介する新任式、つづいて始業式を行いました。その後、新しいクラス発表と緊張した時間が続きます。始業式では、私の式辞の後に教務主任と生徒指導主事からも講和がありました。教務主任からは学校生活の”ゼロ円”を上手に使おうという話でした。図書館、進路室、職員準備室、それぞれの施設を使うことや先生方に相談したり質問するのは、まさに無料!です。塾などに頼ることも悪くはありませんが、学校での時間を有効に使ってほしいというメッセージでした。生徒指導主事からは、昨年度発生した外部侵入者による盗難事故を受けて、校内で不審な人を見かけたら、必ず近くの教員に知らせてほしいと話がありました。また、警備を強化するために防犯カメラも増設しました。また、部活動の基本方針をwebにupしたので確認するとともに、最終下校時間を守るようにとの指示もありました。最後に、高校生の時期でなければできないことを優先して頑張ってほしいとのメッセージが投げ掛けられました。気持ちを新たに、新学年をスタートさせてください。私の式辞は以下の内容でした。

(始業式式辞)

平成31年度は、先ほど紹介させてもらったように16名の先生方がお見えになりました。今週末の離任式で紹介しますが、15名の先生方が転出されています。そんな変化から本年度がスタートしました。そして、5月1日に平成から令和へと元号が変わり、10月には消費税も8%から10%へと変わります。さまざまな変化が待ち受けています。今日はもう少し先の変化について話をします。みなさんが高校を卒業し社会へ出るころの話です。みなさんは「スーパーシティー」構想というのを聞いたことがありますか?

阿部首相が有識者懇談会で導入を考えているAIやビッグデータを活用した最先端の都市計画です。その計画では買い物はすべて顔認証などによりキャッシュレス、自動車はすべて自動運転、ゴミも曜日指定ではなく、センサーで満杯を検知して自動収集。遠隔医療により夜間でもネットで受診できるというものです。

映画の世界のようですが、実は世界ではすでに未来都市計画は始まっていて、日本は遅れているんです。

中国の杭州では、アリババと企業が連携して、すでに道路のライブカメラ映像をAIが自動で収集・分析し、交通違反や交通事故があれば警察に自動通報し、渋滞も信号機の点滅をAIが自動で切り替えて渋滞緩和を行っています。また、顔認証による無人コンビニもベンチャー企業が展開中です。UAEのドバイでは交通渋滞緩和に向けて、自動運転による空飛ぶタクシー、ドローンタクシーが今年7月にも試運転される予定です。

このように、みなさんの近い将来はAIの進歩により飛躍的な進歩が現実のものとなります。きっと自動運転が主流になれば、自動車の運転免許証は必要がなくなり、趣味でどうしても運転したい人だけが試験を受けて獲得するライセンスとなるでしょう。

そんな変化の速い社会の中で、みなさんは生きていかなければなりません。このように目覚ましい進歩の中で生きていく皆さんは、自ら情報を収集・選択し、よく考え、自分の行動を決定する自立した心を養わねばなりません。そのためにも、授業はもちろん、部活動や学校行事に積極的に取り組んでいってください。同じことを言うようですが、やって失敗するより、やらなかった後悔はずっと残ります。みなさんの頑張りを期待しています。

  
(左・中)桜の絨毯を登校する生徒たち (右)始業式で真剣に聞き入る生徒の様子


10:19 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2019/04/01

平成31年度の始まり

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
本日の昼前に5月1日からの新元号 ”令和” が発表されました。新たな年度は平成から令和にバトンタッチされる年となりました。学校も3月で転任された先生から、新たに今日着任された先生にバトンが渡されました。生徒のみなさんには始業式で新たな先生方を紹介させていただきます。また、転任された先生方は離任式でご挨拶をいただく予定です。新たな年度への準備をこの春休み中にし、明るく新年度を迎えたいと思います。くれぐれも事故の無いように、残りの春休みを過ごしてください。
 
正門周辺の桜は満開となりました。
13:44 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2019/03/22

3学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
昨日、東京で桜の開花宣言が発表されました。本校の桜はまだ蕾です。できれば、入学式まで咲いていてほしいので、「ゆっくりと開花してくれないかな」と念じてみました。さて、どうなるか。
今日は終業式で1年間のまとめとして次のような話をさせもらいました。

おはようございます。今日は1年間のまとめを話させてもらいます。

昨年の4月、新学期のスタートに際して、先生方に「生徒の主体的な学びが実現するよう授業改善に取り組んでください」ということを重点目標の一つに掲げお願いしました。

その結果、みなさんの主体的な取り組みとして、部活動などでは始業式や終業式に表彰という形で数多くの成果を称えることができました。しかし、表彰式では称えられませんでしたが、主体的な学びを個々に実践して優れた成果をあげてくれた人がたくさんいました。今日はその一部を紹介します。

まず、現在の1年生から大学入試が変わることは聞いていると思いますが、その大きな目玉として注目されている英語についてです。本年度は年間3回の英語検定に、延べ準2級66名、2級82名が挑戦し、準2級41名、2級28名が合格しました。みなさんの主体的な取り組みを称えたいと思います。中でも高校卒業程度の英語力といわれる2級合格者に2年生が25名、1年生も3名が含まれています。毎日のコツコツとした努力を積み重ねた結果であろうと思います。さらなる向上を期待しています。

また、語学力の実践として、昨年の夏に2年6組の吉田くんがオーストラリアのキャムデンに2週間のホームスティを実施しました。現地では語学はもちろんのこと、オーストラリアの文化も学べる貴重な体験だったと思います。帰国後に話を聞いたところ、英語への学習意欲が高まったと話してくれました。

次に資格取得の状況です。本校では情報系の資格試験に、普通科や情報理数科の生徒が挑戦しています。ICTプロフィシエンシー検定は3級、準2級、2級に11名の生徒が挑戦し8名が合格しています。中には高校での最高レベルである2級合格者には情報理数科の1年生1名が合格しています。今後もスキルアップを目指してほしいと思います。また、ITパスポートも1年生2名が取得しています。

そして、IT業界を目指す人が必要とする基本情報技術者試験には情報理数科の2年生3名が合格しています。全国の情報科設置校でも取得数が少ない資格です。将来の活躍が楽しみです。

他にもボランティア行事への参加、小学生へのプログラミング指導などみなさんの主体的な活動が数多く見られました。新年度も、高校生活をエンジョイするとともに、多くのことにチャレンジし、自分自身を磨いてほしいと思います。卒業式の式辞でも話したように、年齢を重ねると失敗したことより、やらなかったことを悔いるようになります。ぜひ、自ら考え、選択し、行動に移してほしいと思います。新学期の意欲的な取り組みを期待しています。


10:26 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2019/03/15

情報理数科生によるワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
明日(3/16)、柏の葉T-SITEにおいて、本校情報理数科の生徒が小学生に対して「ロボ育ワークショップ」を行います。内容は小型ロボットにダンスの振り付けを教えて、一緒に踊ろうという企画です。本校生徒が小学生に教えながら進める小学生のためのワークショップです。本校に隣接する東京大学内に国立研究開発法人 産業技術総合研究所(通称:産総研)が4月にオープンします。そこで、本校の情報理数科とコラボした企画が実施できないかということで進められたイベントです。生徒にとっては学校での学習を社会とのつながりの中で発展させられるものとして期待しています。今回の企画はこちらのwebサイトをご覧ください。


17:50 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
12345