千葉県立柏の葉高等学校
ChibaPrefecturalKashiwanohaSeniorHighSchool 

〒277-0882 千葉県柏市柏の葉 6-1
TEL:04-7132-7521 / FAX:04-7133-2435
 
本校の概要校長あいさつ校長日記行事予定部活動行事報告学校評価中学生の皆さんへサイトマップ卒業生の皆さんへ保護者の皆様へ過去の記録感染症による出席停止についてアクセス一校1キラッ!同窓会新規カテゴリ29

お知らせ

 
 

LiveE!気象センサー

千葉県立柏の葉(かしわのは)高等学校

〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1

TEL  04-7132-7521
FAX  04-7133-2435
Mail kashiwanoha-h@chiba-c.ed.jp

地図 powered by Google
 
あなたは3345787人目です
Since2010.10.26

ログイン

剣道部のページへようこそ  あなたは127737人目のお客様です
柏の葉高校剣道部

お越しいただきありがとうございます。
日々の活動の様子をお知らせしていきます。

  

   

活動日
火曜日~日曜日
月曜日は基本的に休養日

部   員
4名(女子1名、男子3名)

人数は少ないですが、全員で一生懸命活動しています。
今は、東京大学大学院生の先輩方も稽古に来てくださり、剣道だけでなく勉強の面でもたくさんの刺激をいただいています!

経験のある方もそうでない方も、ぜひ道場までお越しください!

 
剣道部日誌
12345
2012/04/23

関東予選

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
昨日、関東高等学校剣道大会千葉県予選会 個人戦の部 第12地区予選が行われました。

当日は、たくさんの仲間たちが応援に来てくれました。
本当に幸せなことです。

県大会には出場できませんが、多くの人に支えられているということを実感しました。

1番近くで支えてくれる両親、
自分を認めてくれる方々、
3月に卒業した先輩方、
笑顔をくれるたくさんの仲間たち、
陰で見守り、許してくれる先生、
たくさんの刺激をくれる先生、
当日試合ができるようご尽力くださったたくさんの方々、

本当にありがとうございます。

これからも、まだまだよろしくお願いします!
12:28 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2011/11/28

東京大学大学院生来校

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
とても久しぶりの更新になります。

年度が変わり、3年生女子4名、2年生女子1名、1年生男子2名で活動をしていました。

震災の影響で、例年全校県大会からの出場だった関東大会予選が、地区予選を行うこととなり、県大会出場に一歩届かぬ結果に終わりました。
これでは終われない!と、総合体育大会地区予選女子団体では、地区で勝ち上がり県大会へ。お世話になった方々や応援してくれる方々への恩返しに、3年生は1人になってしまう2年生のために、2年生は大好きな3年生のために、そんな気持ちが伝わってくるような良い試合でした。1年生も先輩方の試合を一生懸命応援しました。

そんな夏が終わり、新人戦に出られなかった1、2年生は、出稽古に行ったり、自主的に朝練を行ったり、また、3年生は卒業後の進路に向けて、みんな頑張っています。

そんな中、東京大学の大学院生の方々がご来校されました。お忙しい中、もう何度も稽古に来てくださっています。

進学先の決まった3年生も稽古に来てくれました。たくさんの先輩方に地稽古をお願いして、日ごろの練習で取り組んでいることを実践してみようとする1年生。
納得のいくところばかりではなかったようでしたが、、しっかり自分で課題や解決方法を考えていたようです。

大学院生の先輩方、3年生の先輩、お忙しい中本当にありがとうございました。
11:36 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2011/03/01

先輩が来校。

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
昨春,剣道の修行をメインに大学進学した先輩が一年生を終えて帰校されました。
長期休業になると稽古に来場されますが
今回は先生も
「良くなってきたな・・・」と褒めていらっしゃいました。

背筋がピーン!としてるんですよね・・・。

また,別高校一年生の弟さんも見取り稽古で来場されましたが
稽古終了後に,素振り用の木刀で鏡に向かって打ち込んだり,切り返しをしたり・・・・。
剣道が好きでたまらない!って感じです。
先生へも質問攻めです。

「何を聞いてもハキハキしてなかった者が・・・・ねぇ」
と感心していました。

入試,卒業式そして学年末考査と「稽古なし期間」になりますが
手応えのある充実した冬季期間の締めくくりとすることができました。
07:00 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2011/02/28

安房高校へ出稽古。

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
安房高校での稽古参加は半年近く間が開きました。
足裁きに小一時間。
竹刀を持っての打突系練習そして面をつけての稽古と進んでいきます。
相変わらずスピィーディー且つ多彩でテンポが速い稽古です。

地稽古の前に休憩が入りました。
顧問の先生が
「ついて行けてるか・・・?」
と笑いながら話しかけられました。

稽古の後は「くつろぎ」の時間ですが・・・
(遅めの昼食を摂ったついでに海岸でのんびり散策とダベリング)

二日目は稽古内容が若干違っていました。
そしてもの凄い気迫・雰囲気の中での稽古です。
稽古後に先生方にも良くしてもらい
ものすごい充実感を持って館山を後にしました。

「顔に書いてあるよ・・・」と先生に言われました。
12:11 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2011/02/18

前期選抜入試期間

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
入試の準備の日。
「校外で稽古しよう」
とのことで防具の準備をして帰宅していたのですが
先生から
「今更ながら・・・なし・・・で」というメールが(中止?・・・珍しい)

入試一日目は
「稽古したくてわくわくしているのだけれど・・・雪で日程もずれて・・・足元も悪いし・・・」
と中止に。(人のやらない時に稽古する・・・大野操一郎先生の教えと聞いていますが・・・)

入試二日目は
「柏市中央体育館」にて先生と生徒二人で一時間稽古しました。
「稽古の仕方が違う!」
と怒られました。

「自分に大切なものを求めることは、自分の良さを知っていることが前提・・・人真似などは安易では・・・」
「出来るものとは通用するもの・・・通用しないものをアレコレ組み合わせてみても・・・」。

地稽古の三セット目、最後の二分間くらい良くなりました。

入試翌日は
稽古の一本目
先生曰く「入学以来最高の出来!!」
しかし、二本目、三本目と50点以下!

表現し続ける難しさに挑戦です。
「お互いに新たな段階に入ったことを喜びましょう」
20:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2011/02/17

小田原高校錬成会

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
毎回,練習試合が始まる前に考えていることは
「自分のやるべき事をしっかりやる!」ということです。
1月末の北部大会で「勝ち気が前に出すぎている」と講評されてから心掛けています。
その試合の後から毎週のように練習試合いに出掛けるようになりました。
「稽古しているときの力が試合では反映されていないから・・・ちょっと出歩くか・・・」

小田原城の跡なのでしょうか・・・入り組んだ坂を登って・・・ここにお城があっても良さそうな・・・校舎内も土足みたいです・・・。

昼前に廊下で会った先生から「何だかぐちゃぐちゃになっているよ・・・成りきっちゃうとか・・・」と言われたので「もっとスマートに・・・」と思いました。

次の試合後には呼ばれまして(呼ばれることは珍しい・・・)
先生が「初太刀が?」
私が「・・・で・・・」
先生が「次が・・・」
私が「・・・その次が・・・で・・・」
と手の確認と理由の言葉が被る掛け合いをしていると,
「・・・」一つ足らないのに気づかされました・・・。
隣に座る先生が笑っていました・・・。

次の試合は「中々」だったかなと思っていると・・・
先生は今度は此方にやってきまして
「みんな,上々だよ」と言ってくれました。

ただ・・・次の日には「朝一から上々に自分でもっていって欲しいね・・・」と。
14:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2011/02/15

桜武館稽古会に参加!

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
「S先生が東京にいらっしゃるから一緒に連れて行ってもらえるかN先生に頼んでみる」
と顧問の先生から伝えられたときは驚きました。
とても嬉しかったです。
しかし,その後直ぐにインフルエンザにかかってしまって「まずい!」と思いました。
一年生の時もインフルエンザでM先生やE先生に会うことが出来なかったので絶対に直して行けるようにしようと思って直しました。
当日,顧問の先生に
「どうしたい?」
と聞かれて自分の行きたい気持ちを伝えて連れて行ってもらえることになりました。
N先生には行きの道中「いろいろな人に出会っていろいろな人の考え方や剣風を学ぶ事が大切でそれが経験に繋がるから・・・S先生は引き立て上手な方だよ・・・」と話されました。
その言葉を聞いて少し緊張が和らぎました。

稽古前にS先生に挨拶をして稽古が始まりました。
稽古着姿でいらっしゃっていましたので稽古の様子は見られるか?なと思いました。
稽古は中高生が基立ちで小学生の「切り返し」が始まりました。
途中,S先生の指導が入りました。
その打たれる役を自分がやらせてもらい心の中で一人テンションが上がっていました。
その後,「懸稽古」が終わってS先生がみんなに
「稽古には見取り稽古があるのだよ・・・」
と言ったときに
「やっぱり稽古は懸れないのかなぁ・・・」と思いましたが
「高校生は懸かって良し」と言われて嬉しかったです。
N先生に
「一番に懸かりなさい」
と言われて走ってS先生ところまで行きお願いしたら
「いいよ」
と言っていただきました。
一番前で並んでいる時間に稽古をつけてもらえる喜びとN先生に
「いつもの通りやればいいんだよ」
という言葉について考えていました。

稽古中,メンをいっぱいいただきましたが・・・自分でも気持ちよく出て行けてました。
メンを抜かれて竹刀が落ちてしまった場面では「惜しい!」と言っていただけました。
地稽古の中で何度も何度もメンを体感させていただきました。

「向かい合って構えたときに格好良い・・・綺麗だぁ・・・なんて思ちゃって・・・・」
「打たれて・・・何でだろう・・・何にもしてないのに・・・」
そして「嬉しい・・・」(打たれているのに・・・笑)
顧問の先生が初めて稽古をつけてもらった時の話をよく聞きます。
そのメンです。本やVIDEOで見ていた・・・。

そしてO先生にも懸からせていただきました。
最後にはS先生とO先生の立ち会いも拝見することが出来ました。

「剣道を続けたお陰で沢山の出会いがあります」
「感じたことをきちんと伝えられるようになるために学問をしましょう」

との話で締めくくられました。
次回があったなら,是非H先生の剣道を拝見させていただきたいとも思いました。

誠にありがとうございました。
11:59 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2011/01/31

練成会

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
29日(土),練成会ありますが,いかがですか?
と誘っていただいて参加してきました。

「負けてはないけど勝ててないです」
そんな出だしでした。
試行錯誤しながら過ごした午前中。

1つ1つ答えを出しながら試合を重ねていると,
自然と,自分のスタイルで試合が出来るようになりました。
どんな相手でも自分を変えずに戦いました。

「あともう少し」,です。

色々と学ぶことが多く,充実した1日になりました。


----------
余談:帰りのお話


「あの,ところで今日はどこへ行っていたんですか?」

・・・それも分からずあの試合内容とは,
本当に楽しみです。
13:02 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2011/01/24

千葉県北部地区高校剣道選手権大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部

「みんな、良くなっていますねぇ・・・」
「気持ちでねじ伏せるような戦いをしていた子が、相和しながら試合をすすめて・・・・。」
「勝ち切るか・・・と思った矢先に・・・」
「まだまだ、勉強です・・・」

「もう少し・・・もう少しで・・・判るかも・・・・」
「何で出ちゃったんだろう・・・」
「完全に浮いちゃいました・・・」
「見ちゃいました・・・何見ちゃったんだろう・・・?」

「悔しさと・・・同時に・・・楽しみも・・・」


21:05 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2011/01/20

寒稽古

Tweet ThisSend to Facebook | by 剣道部
4日の「稽古始め」の後,
体調を崩したり インフルエンザにかかったり雪で登校できなかったり・・・と
先生2人,生徒2人で稽古を始めた日もありましたが・・・そんな日に限って先輩やkidsが来てくれたりするんで不思議なものです。

中学時代にlessonに来ていたという先輩も話してくれましたが
「調子が悪いと・・・突然,先生が出稽古にやってくる・・・見せたくないと思いつつ・・・懸かっていくと戻っていく自分がある・・・。」
「まるで仕組んであるのではないかと思うほど・・・」だったそうです。

今週は「寒稽古!」っぽい充実度です。(朝稽古はありませんが)

道場を,jogg,足裁き,素振り
面をつけて,切り返し,基本打ち,技の練習・・・。
太鼓のリズムに合わせて「ドンドン稽古」
先生の基立ちに「懸かる稽古」

先生との稽古は,
基本打ちが技の練習みたいになり知らない間に一本勝負になっていくんです。
それにスムーズに乗っかっていけたときは凄く気持ちいいです。

「濃密・濃縮」の75分です。
07:15 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345

平成20年新人大会 大将戦の対峙姿


 

千葉県立柏の葉高等学校剣道部



高校時代 :少年から大人への成長期
心身の一大成長期でもあるこの時代は3〜5歳時にもまして人格形成に多大なる影響を与える時期です。
剣 道  :自律〜自立を求める伝統芸術文化
個人競技であることは、当然「個人の強さ」が求められます。ラグビーや相撲と並んで競技者自身の「知・徳・体」そして「気力・体力・技術・戦術」が求められます。

この特性を踏まえた剣道の「稽古」(古を稽る)を高校時代に体感することは竹刀を持ち続ける人にはもちろん、竹刀を置いた後の人生にも「大きな力」となることでしょう。
柏の葉高校:未知数だからおもしろい!
海とも山ともわからない新設高校である「柏の葉高校」には不安がいっぱい!です。しかし、だからこそ「希望」も「可能性」もいっぱい!でもあるのです。
円心塾道場剣術道場の流れを汲む発想から稽古方法と戦術
対人競技である剣道では「相手の気持を量る力」と「自分の気持を把握する力」が必要です。その「彼我」のバランスを大切にします。         競技的には「強く」日常生活においては「優しさ」を求めます。 三大稽古の「切り返し」「打ち込み」「地稽古」では「正確な技術」と「的確なる間合い」そして「機会を瞬時に捉える」を求めます。 ひとつの技術や対戦レベルへ段階別な稽古方法で臨みます。 そして、遠間からのオーソドックスなメン技を中心に集中的な連打と巧みな体捌きを操り「いつでも」「どこでも」「誰とでも」正対し対応する生涯に通用する剣道を求めていきます。

剣道は「古いもの」ですが

「現在」にも「将来」にもつながる「新しいもの」でもあります。

柏の葉の剣道部は

「伝統」と「時代」などのバランスを探りながら3年間をかけて

「自分で作って行く」剣道部です。