千葉県立柏の葉高等学校
ChibaPrefecturalKashiwanohaSeniorHighSchool 

〒277-0882 千葉県柏市柏の葉 6-1
TEL:04-7132-7521 / FAX:04-7133-2435
 
本校の概要校長あいさつ校長日記行事予定部活動行事報告学校評価中学生の皆さんへサイトマップ卒業生の皆さんへ保護者の皆様へ過去の記録感染症による出席停止についてアクセス一校1キラッ!同窓会新規カテゴリ29

お知らせ

 
 

LiveE!気象センサー

千葉県立柏の葉(かしわのは)高等学校

〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1

TEL  04-7132-7521
FAX  04-7133-2435
Mail kashiwanoha-h@chiba-c.ed.jp

地図 powered by Google
 
あなたは3025352人目です
Since2010.10.26

ログイン

情報理数科研究発表会とは?

 「情報理数科研究発表会」は,情報理数科1年間の集大成です。1年間で学んだことを保護者の方や地域の方、中学生などに発表する機会として設定されました。発表はもちろんのこと、
設営、受付、掲示といった運営も生徒の手によって行われます。
 本年度は1学年のみで、初回ということもあり、うまくいかない面もありました。しかしながら、生徒は各々課題を発見し、来年はさらに大きな発表会となると思います。また、今回学んだことを、後輩に伝えていってくれるかと思います。
 
情報理数科研究発表会を実施DSC04273.jpg

 2月16日(土)10時から本校多目的ホールで,第1回情報理数科研究発表会を実施しました。
 この発表会は,情報理数科の1年間の集大成の発表会として行われました。柏の葉地域のバリアフリーマップ作成,統計グラフについて,セキュリティ標語受賞報告,プログラミング講座成果,研究レポートについてそれぞれ発表しました。
 生徒は,情報の授業を通じて学んだことをこの日に向けて練習を重ねてきました。成果が十分に発揮されていたと思います。発表後には,来賓の方々から講評をいただき,生徒にとって大変励みになったと思います。また,会場には授業等で作成した成果物なども展示されていました。
 今回の発表会は,準備や会場設営なども計画から生徒自身の手で行いました。発表会終了後には,生徒達に充実感があふれていました。
 寒い中ではありましたが,保護者をはじめ多くの方にご来場いただきました。お越しいただいた皆様,ありがとうございました。

クリップボード02001.jpgDSC04283.jpgDSC04325.jpgDSC04308.jpgDSC04277.jpg
 

開会式

開会式の様子です。本校校長,生徒代表より挨拶がありました。
DSC_0339.jpgDSC_0342.jpg
 

バリアフリーマップ

 バリアフリーマップについては「情報と表現」の時間を使い,1年間かけて作成を行ってきました。
 まずバリアについて考えることから始めました。江戸川大学総合福祉専門学校より講師の先生をお招きしお話を頂き,また同校を訪問しバリア体験を行いバリアについて考えました。また実際に車いすで生活されている方や視覚障害がある方からもお話を頂きました。
 ソフトウェアの技術的な習得は東京情報大学より先生にお越し頂き,解説を頂きました。GISはどのようなものか,から基本的な使い方を学びました。
 次に実際の調査です。マップを作るために手分けをして近隣を回りました。柏の葉キャンパス駅やららぽーと柏の葉,柏の葉公園やさわやかちば県民プラザなど学校の周辺施設を中心に調査しました。実際のバリア箇所は長さを測ったり,デジカメに収めるなどしました。そのデータを元にHTMLを作成しました。
 最後にGISとその作成したHTMLを結びつけることで,Web上で閲覧できるシステムが完成します。今回の授業ではここまで出来ませんでしたが,完成させ,公開をしたいと思っています。
DSC_0348.jpgDSC_0350.jpgDSC_0358.jpg
 

統計グラフ

 統計グラフは入学して初めて授業で作った作品です。統計グラフとは、日常の何気ないことや世界で注目されている事柄(例えば、普段食べているものが世界でどれだけ消費されているか、世界で起きている環境問題がどんな影響を及ぼしているか等)を統計的にデータとしてまとめ、グラフという形に直し、それをもとにポスターなどにまとめるものです。
 情報を表現する上で,数値データやイラストなどをどのように使い,表現していくかを学びました。授業で作った作品の一部を応募しました。本発表会では賞を頂いた2名の作品の発表を行いました。
DSC_0359.jpgDSC_0362.jpg
 

IPAセキュリティ標語・ポスター 銅賞受賞報告

 情報セキュリティについての自分なりの意見を持ってもらうために,情報セキュリティ標語を夏休みの宿題として出しました。提出された標語を「第3回 IPAセキュリティ標語・ポスター」に応募しました。その結果,見事銅賞を受賞することができました。

受賞作品:「ネット社会 見えない相手に 思いやり」

(参考URL: 情報処理推進機構 > プレス発表 > 記事)
http://www.ipa.go.jp/about/press/20071017.html

DSC_0372.jpgDSC_0375.jpg
 

プログラミング講座

 プログラミング講座は東京情報大学より先生をお招きし,希望者を対象に講座を行いました。
 プログラムを組むための基礎的な知識を学習し,一つの作品を仕上げるところまでを1年間通して行いました。言語はProcessingを使いました。データの入力装置には最近は家庭用ゲーム機でも有名な加速度センサーを使い,シューティングゲームやピンボールといったプログラム作成を行いました。
 プログラムを作る上で様々な知識が必要になることが分かったり,完成させる難しさと楽しさを学んだ講座だったと思います。

DSC_0415.jpgDSC_0417.jpg
 

研究レポート成果発表

 研究レポートは現在の産業に欠かせない情報技術のうち,各自で一つのテーマを設け,調べ,まとめたものです。今回はその中でから2点を発表してもらいました。1点はICカードについて,もう一点はVDT障害についてです。それぞれのテーマについて深く調べていました。また今回発表していない他の作品も力作揃いでした。会場の後方には作成したレポートの展示も行いました。

DSC_0454.jpgDSC_0453.jpgDSC_0455.jpgDSC_0457.jpg
 

司会&タイムキーパー

 司会やタイムキーパーも全て生徒が行いました。タイムスケジュールを作成し,それに基づいて予定通り進行することができました。
DSC_0466.jpgDSC_0494.jpg
 

会場風景

 会場には多くのお客様に来ていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。会場後方には生徒の作成したパネルや1年間の情報理数科の取組などを掲示しました。
DSC_0335.jpgDSC_0486.jpg