千葉県立柏の葉高等学校
ChibaPrefecturalKashiwanohaSeniorHighSchool 

〒277-0882 千葉県柏市柏の葉 6-1
TEL:04-7132-7521 / FAX:04-7133-2435
 
本校の概要校長あいさつ校長日記行事予定部活動行事報告学校評価アンケート中学生の皆さんへサイトマップ卒業生の皆さんへ保護者の皆様へ過去の記録感染症による出席停止についてアクセス一校1キラッ!同窓会新規カテゴリ29

お知らせ

 
 

LiveE!気象センサー

千葉県立柏の葉(かしわのは)高等学校

〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1

TEL  04-7132-7521
FAX  04-7133-2435
Mail kashiwanoha-h@chiba-c.ed.jp

地図 powered by Google
 
あなたは4031629人目です
Since2010.10.26

ログイン

日誌

校長日記 >> 記事詳細

2018/03/08

式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
                            式  辞

 鳥の囀り、木々の緑に春の訪れを感じる佳き日に、旅立ちを迎えた卒業生のみなさん、卒業おめでとうございます。そして、今日までの3年間を温かく見守っていただきました保護者のみなさまに、心よりお祝い申し上げます。また、お忙しい中、さわやかちば県民プラザ副所長の宇井野哲男様を始め、ご来賓の皆様方に御臨席を賜り感謝申し上げます。

 さて、卒業生の皆さん。3年前に入学した時の気持ちを覚えていますか。きっと、心に秘めた思いがあったと思います。みなさんが過ごした3年間はどうであったのでしょうか。普通科と情報理数科、それぞれの学科での授業や取り組み、2年生での沖縄への修学旅行、全校で取り組んだ双葉祭や球技大会など、さまざまなことが思い出されると思います。楽しかったことも辛かったことも、今日になれば懐かしい思い出ではないでしょうか。

 いよいよ明日から新たなステージへ向かいます。新たなステージでは成長を加速する興味深いこともあれば、成長を妨げる難問や課題も待ち構えていることでしょう。
そこで、発明王として有名なトーマス・アルバ・エジソンの言葉を紹介します。エジソンは小学校時代に先生と馬が合わず、3カ月で退学させられてしまい、元教師であった母親と好きだった化学を自宅で勉強しました。そして、長時間持続する白熱電球のフィラメントの実験を行っていたときに、周りの人から「もう一万回も失敗しているので発明はあきらめたほうがいい」と言われました。エジソンはその時に「私は一度も失敗したことがない。『この方法ではうまくいかいない』という発見を一万回もしたんだ」と言ったそうです。

 換言
すれば、人生において、無駄なことはない。すべては起こったことをどう捉えるかが大切である。という意味だと思います。みなさんのこれからの人生においての経験は、すべて自分自身が得る結果であり、それを、どのように考えるかが大事です。どうぞ、困難や課題も自身の糧となる経験として吸収し、校訓でもある「創造」や「飛躍」のステージにしてほしいと思います。

 保護者のみなさま、本校の教育活動にご理解とご協力を賜りましたこと、改めて御礼申し上げます。勉強、部活、そして学校行事に、私たち教職員はお子様の成長を感じながら共に過ごしてまいりました。指導の行き届かない点も
あったかと思いますが、卒業生の3年間の成長に免じてご容赦いただければと思います。

 結びに、卒業を英語ではgraduateと言います。
通常は卒業するという意味で使われますが、同じ自動詞として、「次の段階に進む」、あるいは能力などの「レベルが上がる」「進歩する」という意味もあります。卒業生のみなさん、今日の卒業式は、一段高い未知のレベルへのスタートです。胸を張り堂々と歩んでください。

みなさんの活躍を期待して式辞とします。

               平成30年3月8日       千葉県立柏の葉高等学校長 渡部 洋史


15:51 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)