木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1579596

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2019/02/04

木更津SEAコラボ「南極の自然」

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当3

 平成31年2月2日(土)午後、元高校教員で第50次南極観測隊員でもある空の探検家、武田康男氏の講演会を開催しました。この講座には、本校生徒26名に加え、市内の中学校からも希望者2名が参加。今回は、武田氏ご本人が大きな4Kプロジェクターを持参し、精緻な映像で氷山やペンギンなどの南極の映像を中心に、素晴らしい自然の映像を見せていただきました。氷の上を滑っていくペンギンの様子に思わず“かわいい!”という歓声が上がる一方、餓死してミイラになったペンギンもおり、自然の厳しさを実感させられます。

 国立極地研究所より南極の氷も送っていただき、本物の氷を触ったり、重さを実感することができました(測定した密度は0.89 g/cm3)。南極の氷には雪が積もった当時の空気が気泡として含まれており、水に浮かべるとプチプチと音を立てて融けていきます。

 さらに、南極だけでなく日本や他の世界各地における気象・天文現象、たとえばオーロラ、日食、虹、パール富士、蜃気楼、積乱雲、雷、スプライトなど、目を見張るような美しい映像を見せていただきました。武田氏の講演は、映像の美しさだけではなく、科学的な解説もあり、生徒たちは感動と同時に科学的に考えるヒントも得ることができました。美しい地球に生きていることを実感すると同時に、次々と困難にチャレンジしていく武田氏の生き方も学ぶことができた講座となりました。


<生徒感想>
・武田先生が撮られた写真の迫力がとてもすごく、感銘を受けた。頂いたパンフレットで、もっと調べてみたいと思う。(1年)
・南極で移動するには、地図とコンパスのみで目的地まで到着する技術がないとできないことが衝撃的だった。また、-30℃の世界では、蜃気楼もできること、風速が50 m以上になるなど、想像できない厳しい気候もあることに驚いた。(1年)

  
  
 


09:03 | 投票する | 投票数(7)

カウンタ

SSH メーター38331