木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1644945

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

木高の日々の様子

TOPICS >> 記事詳細

2019/11/16

沖縄修学旅行 1日目

| by SSH担当3
 早朝の6時過ぎ、まだ夜が明けきらない時間に私たちの修学旅行は始まりました。予定通り、バスに乗って羽田空港へ。
 空港でも大きなトラブルはなく、無事に離陸することができました。エンジンの轟音が響くとともにざわめきが広がり、離陸の瞬間には(悲鳴混じりの)歓声が上がりました。眼下の街はあっという間に小さくなり、視界に広がるのは抜けるような空の青。この光景は、何度見ても興奮してしまいますね。
 那覇空港につくと、11月とは思えないほどの暖かさに驚かされました。最高気温は24℃、日の当たるところではさらに+4℃ほどの体感になるそうです。お昼ご飯は国際通り沿いにある琉球料理のお店でいただきました。
 お昼を済ませたあと、14時頃から、ひめゆりの塔と資料館を見学しました。「陸軍病院」とは名ばかりの、劣悪な環境に放り込まれた女学生たち。そこで過ごした日々の過酷さは、たとえ断片だけでも私たちの心に強烈な印象を刻んで余りあるものでした。
 戦争とは「日常」「平和」から隔絶した「狂気」「悲惨」なのではなく、その両者の連続性、前者がいつの間にか後者に転化してしまうことにこそ恐ろしさがあるのかもしれません。
 ひめゆりの女学生たちにも平和な日常があったことを知ったからこそ、それが奪われてしまうことの残酷さに胸が締め付けられる思いがするのでしょう。お昼までは元気一杯だった生徒たちも、とても真剣な表情でひめゆりの塔や資料館の展示に見入っていました。
 この日の最後に訪れたのは、平和祈念公園です。ここでは、千葉県の塔、平和の礎、資料館を見学しました。千葉県出身の人も数多く命を落としていること。沖縄戦が、ずっと昔、遥かな海の彼方で起きた「遠い出来事」ではないこと。そういったことに気づかされる時間となりました。
 明日は、平和講話をお聞きした後に、チビチリガマと座喜味城跡を見学し、午後からは美ら海水族館を訪れる予定です。
       
07:43 | 投票する | 投票数(18)
 
このホームページは平成20年9月9日にオープン,平成21年3月24日にリニューアルいたしました。
 
  本ホームページの著作権は,千葉県立木更津高等学校に帰属します。
  当サイトの記事や写真等の複写・転載等を禁止します。