木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1583649

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2016/08/10

SSH館山野外実習第2日,第3日

Tweet ThisSend to Facebook | by jouhou3

 平成28年8月6日(土)~8日(月),SSHクラス1年8組36名は,お茶の水女子大学館山野外教育施設で実習を行いました。
 内容盛り沢山の2日目は,午前中に海岸の地層を観察し,各自スケッチをとって普段よく見ない地層の特徴をフィールドノートに記録していました。午後は,1日目の成果をもとに班ごとに海洋生物のミニ課題研究を行いました。2日目ともなると慣れたもので,ナマコ,カニ,貝類,フジツボをテーマに沿って採集し,種の同定や行動観察をしました。日中は炎天下の中での作業でしたが,熱気をもろともせず,好奇心にあふれている姿が印象的でした。また,夜には満点の星空の下で望遠鏡による惑星・恒星の観察と,ウミホタル採集・観察をあわせた“キラキラ実習”を行いました。お茶の水女子大学の清本先生にウミホタルの発光を見せてもらったときには大歓声があがっていました。
 3日目は,2日目のミニ課題研究の中間発表を行いました。貝類・カニ・藻類の分布,フジツボの形態,ナマコの内臓,ウミウシの起き上がりの研究を悪戦苦闘してまとめていました。初めての発表で戸惑う場面も多かったですが,発表を通して研究の深さを体験することができたと思います。3日間を通じて,生物・地学の数多くの野外実習を体験し,夏の思い出にもなりました。
       


SSH実施事業一覧に戻る

00:20 | 投票する | 投票数(8)

カウンタ

SSH メーター38904