木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1309229

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626

平成28年6月1日から
平成29年5月31日までに
221166件(1日平均606件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2017/11/26

木更津市オーガニックフェスティバル2017

Tweet ThisSend to Facebook | by jouhou3

 平成29年11月26日(日)、木更津市が主催する「オーガニックシティフェスティバル」に、本校もSSH活動の一環として参加しました。準備に携わった生徒は約200名、先生方26名にもご協力いただき、ダイナミックな活動を楽しみました。
 内容は、大きく分けて下記の4つです。
(1)「持続可能な社会・木更津を実現するためにどうしたらよいか」を考える
   2年生家庭科授業での取組をまとめ、掲示しました。様々な課題が出され、解決するための案も多く提案されました。
(2)ツーなまちづくり
   普通科2年生2人が、木更津でのまちづくり活動を具体的に考え、掲示しました。  
(3)種から環境を考える
   ①どんぐりを植えてみよう
    学校のプール脇のドングリを拾い、植えたものを小学校に配布しました。森林の環境も考えたいという取り組みです。新日鉄住金(株)の皆様がドングリを植えて林を作った話も伺いました。
   ②ひまわりで木更津を元気にしよう
    ・ひまわりの種が「フィボナッチの数列」になっているかを検証しました。
     計算と実際の種の数が一致し、数列になっていることが検証できました。
    ・花が咲いたあとのひまわりを袖ヶ浦市の活動団体から無償で分けていただき、約2万粒の種を1つひとつより分けて採取し、市内小・中学校や来場者に配布し、人が繋がる大切さから持続可能な社会を考えました。
 (4)ペットボトル風車を作り、再生エネルギーを産出しよう
     教室にあるペットボトルで風車を作り、来場者が団扇で扇いで、風力発電を体験しました。

 木更津市のオーガニックフェスティバルには、昨年に引き続き2回目の参加でしたが、今年は多くの生徒や先生方が力を出し合い、実験を行い、地域と連携することが出来たことが、何よりの成果です。
           


17:09 | 投票する | 投票数(6)

カウンタ

SSH メーター18383