木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1581133

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2018/08/16

地学部生徒がSSH生徒研究発表会に参加

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当3

 全国のSSH校の代表が年一回集まって開かれる「平成30年度SSH生徒研究発表会」が8月8・9日の両日、神戸国際展示場で開催されました。本校からは、地学部の3名が参加し、「温度が上がったのに、なぜ結露が生じたのか~簡易真空槽の曇り~」というテーマでポスター発表を行いました。生徒たちは他の学校の生徒や大学の先生などを前に、ペットボトルや簡易真空槽での実験を実演しながら、自分たちの研究の成果を丁寧に説明しました。“わかっているつもりの現象に着目して、謎を解明しようとする姿勢に感銘を受けた”など、好意的な感想がたくさん寄せられました。
 2日目は、選出された学校による口頭発表。素晴らしい研究発表を聞き、大いに参考になりました。今後は、今回の発表会での経験を活かし、さらにレベルアップした研究を進めていきたいと考えています。

    


11:39 | 投票する | 投票数(10)

カウンタ

SSH メーター38475