木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1582739

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2018/08/21

太陽とまちをつくる

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当3
 台風13号が関東に迫りつつある8月7日(火)、生徒18名(1年生17名、2年生1名)と職員6名で東京工業大学に行ってきました。
 午前中は、名誉教授の柏木孝夫先生の講演をお聞きしました。先生は、長年日本のエネルギー政策づくりに深く関わり、エネルギー・環境システム分野において数多くの受賞歴がある方です。日ごろ、高校生に対して話をするなどということはない方ですが、一年に一度、木更津高校の生徒の為にだけお話をしてくださいます。改めて、SSHに指定されるということはすごいことだなあと感じました。
 暮らしの中のエネルギーについて、多方面に亘るお話をしてくださいましたので、90分があっという間に過ぎました。なかでも「温暖化が進むと、日本の気候は亜熱帯になり、日本にマラリアが発生し危険な状態になる」という話を伺い、温暖化をくい止めるために真剣に行動に移す必要があると実感しました。生徒からは、「地中熱ヒートポンプとは?」「電気自動車が広く一般に普及するのはいつ頃か?」といった質問が出ていました。
 「ものつくり教育研究支援センター」で鳥人間コンテストに参加した飛行機を見た後は、大学生と同じように学食での食事を経験しました。「百年記念館」では、大学の歴史や、これまでの研究成果の展示を見学しました。
 午後は、東工大の特徴的な建築物である、「図書館」と「環境エネルギーイノベーション棟」を大学院生の方が案内してくださいました。チーズケーキの形をした地上の建物と地下二階から成る図書館では、熱心に勉強をしている大学生が大勢いて空いた机がないほどでしたので、足音を忍ばせて見学しました。約4570枚のソーラーパネルに囲まれた環境エネルギーイノベーション棟では、沢山の実験器械が並ぶ広い研究室の中で作業をしていた大学院生の姿が印象的でした。
 朝方の小雨も日中はおさまっていたので、快適でとても充実感のある1日となりました。 
  
  

08:54 | 投票する | 投票数(4)

カウンタ

SSH メーター38743