木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1706534

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2019/10/02

木更津SEAコラボ「太陽とまちをつくる」

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当3

 8月7日(水)、生徒21名(1年生11名、2年生10名)と職員2名で東京工業大学に行ってきました。
 午前は、東工大の特徴的な建築物である、「図書館」と「環境エネルギーイノベーション棟」を大学院生の方が案内してくださいました。チーズケーキの形をした地上の建物と地下二階から成る図書館では、熱心に勉強をしている大学生の中を静かに見学しました。また, 環境エネルギーイノベーション棟では、ソーラーパネルに関する説明や実際に建物の内側からソーラーパネルの角度や大きさなどを観察することが出来ました。この環境イノベーション棟には多くの研究室が入っており、仕切りのない大きな空間でコミュニケーションを密にしながら横の繋がりのある研究活動を行っているとのことでした。2つの建物の見学を終えた後に、多くの大学生に混ざり学食での食事を経験しました。
 午後は、名誉教授の柏木孝夫先生の講演をお聞きしました。先生は、長年日本のエネルギー政策づくりに深く関わり、エネルギー・環境システム分野における第一人者です。普段は大変お忙しく高校生への講演などは行っていませんが、一年に一度、木更津高校の生徒の為にだけお話をしてくださいます。暮らしの中のエネルギーについて、ユーモアを交えながらお話してくださいましたので、生徒たちも興味を持って真剣に講義を聴くことが出来ました。柏木先生の講演の後、「ものつくり教育研究支援センター」で鳥人間コンテストに参加した飛行機やロボット操作の実演を見て、東京工業大学を後にしました。
 この一日を通して、生徒たちは最先端の環境に配慮した建造物や大学生たちの実際の活動の様子や環境に関する研究の大きな流れや今後の展望など多くのことを学ぶことができました。

  
 


16:21 | 投票する | 投票数(1)

カウンタ

SSH メーター54638