木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1582774

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2017/08/08

つくばサイエンスツアー 1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当2
 平成29年8月8日(火)~9日(水)、最先端の研究施設が集まるつくば市に、1泊2日の研修旅行をしてきました。参加したのは2年8組の生徒と、木更津SEAコラボで参加申し込みをした生徒の計43名です。

【JAXA筑波宇宙センター】
 まずは、大きなH-Ⅱロケットが目印のJAXA筑波宇宙センターを全員で見学しました。歴代の人工衛星や国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の実物大モデルなどが展示されたスペースドームで、日本の宇宙開発の歴史について学んだ後、実際に使用している施設の見学ツアーに臨みました。宇宙飛行士になるための養成施設や「きぼう」と通信している運用管制室を目の当たりにし、宇宙に関する仕事が少し身近に感じられた時間でした
    

この後は2班に分かれて、別コースでの見学となりました。

【地質標本館/サイエンス・スクエアつくば】
 地質標本館では、ガイドをしていただきながら地球の歴史や日本の地質の特徴について学びました。1年次に地学の授業で学んだことと、豊富な標本を見ながら教えていただいたことが、上手く頭の中で結びつけられたでしょうか。
 サイエンス・スクエアつくばは、産総研(産業技術総合研究所)の最新研究が、動画や体験できる展示物で紹介されている施設です。近未来よりも近い「ちょっと未来」に思いを馳せることができたのではないかと思います。
     

【筑波実験植物園】
 筑波実験植物園では、はじめにガイドの國府方さんに園内の説明をしていただき、その後に見学をしました。日本に生育する代表的な植物をはじめ、世界の熱帯や乾燥地に生育する植物、筑波山で見られる植物など様々な植物の観察を生徒たちは意欲的に行っていました。
 

 ホテルでの食事を済ませた後は、筑波大学教授の久田健一郎先生から特別にご講演いただきました。久田先生は「ジオロジストから皆さんへ」という題で、ご自身の高校・大学時代の話を中心に、いかに地学と出会い、どのように現在へと至ったのかをお話してくださいました。生徒達に対し、「現時点で将来のことをあまり細かく決めなくてもよいのでは」とも仰っていましたが、高校生にとって好きなことに熱中すること、出会いを大切にすること、すぐに叶わなくてもやりたいことを抱き続けることの大事さが伝わってくる講演でした。
  

10:09 | 投票する | 投票数(11)

カウンタ

SSH メーター38761