木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1820877

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361
令和 2年6月1日1760304

令和元年年6月1日から
令和2年5月31日までに
219943件(1日平均603件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2020/02/10

木更津SEAコラボ「南極の自然」

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当3
 厳しい冷え込みとなった2月8日(土)午後、第50次南極越冬隊員で空の探検家、武田康男先生を迎えて、木更津SEAコラボ「南極の自然」を実施しました。今回は、本校生徒33名に加え、近隣小中学校の生徒8名と職員5名や一般の方も参加して賑やかな講座となりました。
 講座では、日本とは違う南極での太陽や月の動き、吹きすさぶブリザード、激しく躍動するオーロラなどの天文・気象現象に加え、アザラシやペンギン、クジラなどの愛らしい生物たちの本当の生態を美しい4K画像で紹介していただきました。数万年前の気泡を含んだ南極の氷を水に入れると、プチプチという神秘的な音が聞こえます。その氷の密度が、普通の氷より小さいことも実験で確認できました。
 南極で越冬した本人だからこそわかる南極での暮らしや観測に対する責任など、貴重なお話も伺うことができました。生徒たちに、自分がどんな興味・関心を持っているか、それを実現するために何をすればよいかを考えてほしいというメッセージをいただきました。今回のような地域に開かれた講座やイベントを、今後も開催していきたいと考えています。

(生徒の感想)
・南極は、まだ知られていないことが多いと聞き驚きました。しかし、南極を調べること=昔の地球を知ることにつながるのかなと思いました。蜃気楼についてもっと詳しく知りたいと思いました。(1年)
・オーロラの色の違いや、星・月・太陽の動きなど日本との違いを知ることができた。クジラやアザラシが結構近い距離で見られることがすごかった。(1年)
  
  

15:20 | 投票する | 投票数(8)

カウンタ

SSH メーター69981