木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1583630

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2019/06/28

木高祭で「かずさDNA研究所との合同実験ブース」開設

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当3

 6月23日(日)、木高祭で、公益財団法人かずさDNA研究所 広報・研究推進グループの皆様のご協力により、理数科1、2年次の生徒と生物部、理化部、地学部の部員が来場者にDNAの抽出実験を指導しました。幼稚園児からご年配の方まで幅広い年齢層の方々が来場してくださり、身近な食品からDNAを取り出しました。取り出したDNAを見て喜ぶ来場者の笑顔と、その笑顔を見て楽しそうに一所懸命説明している生徒の顔が印象的でした。理数科3年目を迎える今年度は、自作の教材を準備するなど、来場者にできるだけ分かりやすく説明しようと工夫する姿が多くの生徒に見られ、その姿がとても頼もしく感じられました。

参加した生徒の感想:
 「すっごく楽しかったです。最初はなかなか人が入ってこなかったので、自分で呼び込みをしたものの、心の準備が出来ていなくて、すっごく緊張しました。でも、自分が話をしたり、説明をしていると、相槌を打ってくれたり、「すごい」と言ってくれたことがすごくうれしかったです。回数を重ねるごとに、楽しくて、スラスラと進めることができるようになりました。とても貴重な体験ができて、良かったです。」(1年次 理数科)
 「今回は「DNA研究ブース」という貴重な体験をすることができました。自ら実験をして理解することではなく、相手に実験をしてもらって、理解してもらうために、自分の言葉で説明をするというのは難しく、また、緊張しました。でも、相手が自分の説明で理解してくれたことがうれしく感じ、とても楽しく行うことができました。今回の体験を今後にも生かしていきたいです。」(1年次 理数科)
 「今回、この「DNA研究ブース」に参加させていただき、ありがとうございました。私はこの実験を行ったことがありますが、人に教えるのはとても難しく、緊張して上手に伝えることができませんでした。でも、DNA研究所の皆さんが優しくサポートしてくださり、最後はお客様の笑顔が見られて、私自身も嬉しくなり、とても良い経験となりました。勉強や実験は人に教えることができて、やっと理解することができるものだと分かりました。(2年次 理数科)
  
  


16:59 | 投票する | 投票数(6)

カウンタ

SSH メーター38893