木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1550652

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361

平成30年6月1日から
令和元年5月31日までに
157553件(1日平均432件)
のアクセスがありました。
 

スーパーサイエンスハイスクール

活動報告 >> 記事詳細

2018/08/06

SSH中学校連携事業「望遠鏡で惑星を見よう」

Tweet ThisSend to Facebook | by SSH担当3
 8月1日(水)、本校視聴覚室と校庭において、SSH中学校連携事業「望遠鏡で惑星を見よう」が行われました。木更津周辺地区の中学生17名が保護者の方と参加しました。まず生徒たちは、視聴覚室で本校地学担当の小泉から恒星や惑星についての講義を受けました。金星の満ち欠けなど、中学校ではまだ学習していない内容も多かったはずですが、生徒たちは真剣に話を聞いていました。
 講義を終えるといよいよ校庭に移動し惑星観察となりました。日の入り時刻が18時44分と、まだまだ明るさがありましたが、太陽が沈んだ頃にはまず金星が見えてきました。生徒たちは空を指さしながら、先ほど講義で学んだ金星を楽しそうに探していました。少し時間が経つと、全員が金星を見つけることができたようでした。肉眼では金星の満ち欠けを確認することは難しいですが、望遠鏡で見ると欠けていることがはっきりとわかりました。そして暗くなるにつれ、木星、土星、火星と様々な惑星を肉眼と望遠鏡で観察することができました。木星は4つの衛星を確認し、土星は輪までしっかりと見ることができました。そして15年ぶりの大接近となった火星は、肉眼でも赤っぽく見えていましたが、望遠鏡ではよりはっきりそれを確認することができました。惑星以外にも明るい恒星を見ることができ、代表的な星座や夏の大三角形などの説明も受け、これまで以上に星への興味を深められたのではないかと思います。短い時間でしたが生徒のみなさんと楽しい貴重な体験をすることができました。参加していただいたみなさん、ありがとうございました。
  
  
17:17 | 投票する | 投票数(4)

カウンタ

SSH メーター35399