木更津高校は みなさんの夢を叶えるため 一人ひとりと真剣に向き合います!
 

カウンタ

COUNTER1795485

カウンタ数

平成21年6月1日   9359
平成22年6月1日  67170
平成23年6月1日 137284
平成24年6月1日 216310
平成25年6月1日 294976
平成26年6月1日 440410
平成27年6月1日 660238
平成28年6月1日 886460
平成29年6月1日1107626
平成30年6月1日1382808
令和 元年6月1日1540361
令和 2年6月1日1760304

令和元年年6月1日から
令和2年5月31日までに
219943件(1日平均603件)
のアクセスがありました。
 

学校教育目標等

                            令和2年度学校教育目標等
1 校 訓
  「質実剛健」「自主自律」 

2 学校教育目標
    生涯にわたり自分を高め続け、社会に貢献できる人材の育成

3 重点目標
(1)学力向上のために教育内容の充実
(2)進学指導の充実
(3)生徒指導の充実
(4)スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の推進

4 重点目標達成のための取組例
(1)これからの生徒に求められている学力(基礎的な知識と技能、思考力・判断力・表  現力等、学びに向かう力・人間性等及び読解力)を総合的に育成する。
   ア 普通科、理数科ともに教育内容の充実を図る。
   イ 学力向上に向けた授業改善等について、積極的に取り組む。
   ウ 新しい高等学校学習指導要領の実施に向け、評価方法の改善を図る。
(2)組織的で系統的な取組を進め、生徒の希望実現を目指した進路指導の充実を図る。
   ア 進学課外及び補習の充実を図る。
   イ 大学入学共通テスト等に対応した指導の充実を図る。
   ウ 生徒一人ひとりの個に応じたきめ細やかな進学指導を行う。
(3)自主自律を基本とした生徒指導を行う。
   ア 挨拶を基本としたコミュニケーション力の育成を図る。
   イ 自主自律のもと、自らが考え行動できる生徒の育成を目指す。
   ウ 教育相談の充実を図る。
(4)第1期SSHの集大成として5年間の成果をまとめるとともに、第2期SSH指定  に向け、取り組み内容の充実・改善を図る。
      ア 学校全体での取組みへの工夫を図る。
    イ  実情を共有し、課題への対応策の検討する。
    ウ 広報活動の充実する。


 今後とも、本校に御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

校長挨拶

                  ~非常事態宣言解除後の学校再開にあたって~

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月から続いていた県立学校の臨時休業ですが、千葉県を含む首都圏に出されていた非常事態宣言が5月25日に解除されたことを受け、6月1日から段階的ですが、授業を再開することができました。
 生徒の皆さんをはじめ、保護者の皆様、教職員一同、この日を待ちわびていましたが、すべての学校生活が正常に戻ったわけではありませんので、十分注意してください。
 新型コロナウイルス感染症はまだ終息していません。これからはこのウイルスとの共存を模索していかなければなりません。そのためにも「新しい生活様式」を十分に理解し、それを守って生活していくことが求められています。
 学校生活においても、密集・密閉・密接の3つの密を避け、人とはできるだけ2mのソーシャルディスタンスをとり、できるだけ真正面からの会話は控え、症状がなくてもマスクを着用し、学校に登校した際や家に帰った際に十分手洗いや消毒を行ってください。また、登校する際の検温も忘れずにお願いします。
 本校は6月12日までの2週間は分散登校とし、クラスの生徒を午前と午後の2組に分けて、2週間で1週間分の授業を行います。この間、原則として学校で昼食は取れませんし、内外を問わず部活動も停止です。
 6月15日からは当分の間、時差登校とします。3年生は8時45分までに登校し、45分間の7限授業を、1・2年生は9時35分までに登校し、45分間の6限授業を行います。朝のSHRは全学年とも9時35分から、帰りのSHR・清掃は15時45分から行います。登下校に際しては、できるだけラッシュを避けてください。
 さらに、本校としては、生徒の皆さんの学力保障を目的に、6月20日から土曜授業を行います。7月末までは合計で4回、9月から12月までは原則2週に1回の土曜授業を行います。詳細については、後日連絡しますので、予定しておいてください。
 また、これは県下一斉ですが、県立高校の夏休みは、8月1日から8月31日までとなります。ただし、これも今後の状況により、変更することもあります。
 本校としても、生徒の学力保障、心のケア、学校生活の充実を図りながら、新型コロナウイルス感染症が一日も早く終息できるよう、できる限りの手立てをしていきますので、御理解と御協力のほど、よろしくお願いします。
 しかし、残念なことですが、この新型コロナウイルス感染症はどんなに感染防止に努めても、感染のリスクをゼロにすることはできません。もしも、本校で生徒・教職員に感染者が確認された場合、臨時休校等を行い、校舎内を消毒します。
 私たちはこの新型コロナウイルスと長期にわたって付き合っていくしかありません。生徒・保護者・教職員だけでなく、すべての県民、国民で協力し合って、この難局を乗り切っていきましょう。どうぞよろしくお願いします。

 令和2年6月1日
                                                      千葉県立木更津高等学校  
                                                              校長 小芝 一臣