川辺町教育委員会
 

川辺町教育委員会
〒509-0393 
岐阜県加茂郡
川辺町中川辺1518-4
tel:  0574-53-2650
fax: 0574-53-6006
 
ボートンくん
 
カウンタ70920
川辺町教育委員会 >> 記事詳細

2019/07/03

教育委員訪問を終えて

Tweet ThisSend to Facebook | by 川辺町教育委員会

            第1回教育委員訪問を終えて

 

                               教育長 長谷川 哲

 

 こども園や小・中学校の今年度の歩みだしはどうか?各園や各学校の方針や重点の設定と、共通理解・共通実践の進捗状況はどうか?子どもたちは楽しそうに遊び・学んでいるか?先生方に心身の疲労は見られないか?などを視点に今年度第1回教育委員訪問を実施しました。又、教職員の任免権や人事権は県の教育委員会が持つことから、その出先である可茂教育事務所学校職員課の訪問も6月を中心に行われました。3園4校の訪問では随所に今年度の重点が子どもの姿に結びついていたり、意図的・計画的な取組が見られ、どの教育委員さんも安心感を強く持たれたことと思います。

 

〇昨年度の成果と課題に立ち、園長先生や校長先生の経営方針に「こだわり」「重点」が明確に位置付き、校内外に繰り返し発信されています。

〇職員を「育てる」「良さを認める」「なくてはならない存在」としての温かい目があります。

〇園も学校も退職者が多くなり初任者がどんどん入ってきています。園では毎年1~2人の保育士さんを募集していますがなかなか集まらない状況です。町内の学校ではここ数年1校に1~2人の初任教員が配置されています。若者が多くを占める職員構成にベテランとの学年組み合わせや中堅の位置づけが適所になされ、互いに勤務意欲を高めています。

〇先生方の眼差しはやさしく口調も音調にも厳しさや濁りは感じられません。全体を見通しなが

ら一人ひとりの遊び状況や危険回避、学び具合を気に掛け、目と目を合わせての見届けが大切

にされていました。

〇教材の準備、授業の流れ、児童生徒の学習状況の把握、板書(学習過程や児童生徒の学び合い

を黒板に書き込んでいくもの)などなど、2年目、3年目の先生方が力を付けています。

〇「次年度進級しての学年や学級は大丈夫かな?」と少し心配していた学級も、親和感に包まれて児童生徒は落ち着いて学んでいます。

〇こども園の先生方は安心して過ごせる環境に常に気を配ってみえます。園庭・教室・廊下・トイレはもちろんのこと、アレルギー対応にも細心の注意を払ってみえました。学校では集中して学べる教室環境に留意する先生方が増えてきています。教室内に雑巾や汚れ拭き用にトイレットペーパーを置いたまま授業実施の学級は極めて少なくなりました。

〇教室前面すっきり、予定黒板にカーテンを付ける、掲示物を減らし原色利用は避けるなど余分な視覚情報が入らないよう、集中度を増すためのユニバーサルデザインの配慮が全町に浸透してきました。

一方で、「もっとこうしたら?」と思ったことは

・形から入っての聞き方から内容を伴った聴き方の指導に高めていきたい。「本当に聞いているのか?」「微妙な違いを聞き取っているか?」「わかりました!」「本当に分かったのか?」「何が分かったのか?」「微妙な違いがあるんだけれど」「勢いだけで流れていないか?」です。

・児童生徒どうしが話し合わねばならないように立ち位置がうまい先生と、教師対児童生徒の構造(1対1)から脱却できない先生との差があります。黒板に向かってしゃべっている児童や教師に向かって話している児童や生徒も見かけます。

・自ら学ぶ意欲付けを図る、興味関心をもたせる、考えざるをえない課題を設定する、意識をゆさぶるなどの工夫がまだまだありそうです。主体的で対話的な学習の「的」に更に工夫や改善を加えて質を高めたいと思います。

・スタンデイングテーブルを利用した学習や、英語活動・英語授業において狭い教室から広い場所への脱出が考えられそうです。

・園や小学校で屋外散歩や自然観察に出向くとき、ルート上に車の接触や突っ込みが心配される箇所はないか確認し、より安全なルートに変更するなど一層の配慮をお願いしました。

 しばらく続きそうな梅雨、豪雨も心配されます。どの子も安心して過ごし夏休みを迎えてほしいと願っています[長谷川哲1] 


10:54 | 投票する | 投票数(4)