川辺町教育委員会
 

川辺町教育委員会
〒509-0393 
岐阜県加茂郡
川辺町中川辺1518-4
tel:  0574-53-2650
fax: 0574-53-6006
 
ボートンくん
 
カウンタ72207
川辺町教育委員会 >> 記事詳細

2019/09/02

くんさんちゃんにいじめなし

Tweet ThisSend to Facebook | by 川辺町教育委員会

                くん さん ちゃん にいじめなし

                                    川辺町教育長  長谷川哲

 

 「いつ開催するの?」「節目の年にやろう」「節目の年っていつ?」「オリンピックの年?」「令和1年目?」同窓会開催にあたって幹事4人の問答です。小学校を卒業して55年が過ぎました。36人の仲間(3人は鬼籍に入りました。)が同窓会を開いた前回は4年前。次の幹事に4人が指名されそのうちの1人が当方です。オリンピックの年は覚えやすいので20202開催説は1人。後の3人は「早くやろう」「祝令和元年」「小学校卒業55GO」でこの夏に開催となりました。昭和26年・27年生まれです。
 サンフランシスコ平和条約が結ばれ日米安全保障条約も調印された年に生を受けた仲間です。終戦からまだ数年しか経っていません。幼い頃はどこの家も貧しくて程度の差はあれ「食うや食わず」の日々でしたし、職を探すのにも大変な時代でしたが前年に起こった朝鮮戦争の影響で、特需となり職が見つかって収入が増え出した家庭が多くなりました。「もはや戦後ではない」と言われたのが入学前年です。神武景気、岩戸景気、東京オリンピック開催までの高度経済成長期がまさに小学校時代でした。父も定職を得て毎日
15kmの道のりを自転車で通勤していました。旧道です。おそらく1時間半は要したと思います。休みは年末年始くらいのもの。一家の大黒柱として朝早く家を出て、夜遅く帰る毎日でした。その頃流行った替え歌があります。『今朝の4時頃、弁当箱下げて、家を出て行くおやじの姿、弁当は麦飯おかずはたくわん・・・・』(スキーの曲です。)今思えば「養ってもらえた。」「育ててもらった。」の感謝の念しかありません。川辺町でも国道41号線開通に向けての工事ラッシュは高学年の頃です。

 高学年といえば、キューバ危機の新聞報道やケネデイー大統領暗殺事件のテレビ放送から、子ども心に「どうなるのだろう。」「戦争が起こるかもしれない。」と胸を痛めたことをはっきりと覚えています。

 同窓会には18名の参加がありました。久しぶりの久しぶりで(55年ぶりの仲間も数人あり)「あんた誰?」「分かる?」「元気やったん?」で思い出話に花が咲きます。面影を残している子もある一方でそうでない子もあり、「その違いは何だ?」も酒の肴になってこれまた盛り上がりました。学芸会での劇『杜子春』が話題になり、筋を覚えている子もあり、役をすらすら言える子もありせりふを諳んじる子もいれば、練習で叱られたことを思い出す子もあってこれまた盛り上がりました。6年生での神渕川へのサイクリングは誰もの記憶に残っていました。(昨日のことは思い出せないが昔のことは鮮明に思い出す。これって危ない危ないとの、ちゃちゃも入ります。)

 「けんかはあったけれどいじめはなかったなあ。」「弱い者いじめは卑怯とみんな思っていた。親からも言われていた。だからだれもやらなかった。」「放課後も休みの日も暗くなるまで毎日外でみんな集まって遊んでいた。上級生も下級生も一緒だった。」「何で今の子どもたちはいじめに走ってしまうのか。」と熱を帯びます。70を前にして、あの頃のまま「○○くん」「○○ちゃん」「○○さん」と名前で呼び合える仲間を誇りに思った瞬間でした。

「お久しぶり」「お元気ですか」「これからもまめに」同窓会は2年後に開催することになりました。


12:02 | 投票する | 投票数(4)