進路情報

卒業生の進路決定状況
【おもな進学決定先】
 (過去4年間)
H29国公立大学
 3名合格!

【国公立大学】
秋田大 釧路公立大
千葉県立保健医療大
【私立四年制大学】
青山学院大・神奈川大
杏林大・上智大
玉川大・日本大
敬愛大・亀田医療大
慶応大・
国士舘大
専修大・淑徳大
国際医療福祉大
城西国際大など

【短期大学】
青山学院短大・実践女子短大
千葉経済短大・鎌倉女子短大
千葉明徳短大・上智短大
千葉敬愛短大など
【看護医療系専門学校】
千葉労災看護
亀田医療技術
君津中央付属看護
安房医療福祉
昭和医療技術など
【専門学校】
千葉調理・武蔵野調理
千葉自動車総合大学校
東京電子など

高い就職内定率100%
【民間就職】
千葉銀行・房総信用金庫
館山信用金庫
東日本旅客鉄道
亀田総合病院
勝浦ホテル三日月
吉田屋鴨川館・太陽会
新日鐵住金㈱・安房農業組合
ヤスダファインテ㈱など
【公務員】
千葉県行政・鴨川市役所
安房消防・千葉県警など

【進路状況推移(人)】
       H29/H28 
卒業生数    161/157
4年生大学     61/  46
短期大学      10/  11
看医系専門     20/  24
その他専門     31/  36
就職・公務員       33/  40
 

カウンタ

COUNTER939850

学校所在地


千葉県立長狭高等学校
〒296-0001
千葉県鴨川市横渚100番地
TEL 04-7092-1225
FAX 04-7093-6499



☆携帯サイトはこちらから
 
 

長狭高校2年生「分野別ガイダンス」で進路を考える

長狭高校2年生「分野別ガイダンス」で進路を考える
2018/12/10new

長狭高校2年生「分野別ガイダンス」で進路を考える

| by 教務

長狭高2年生「分野別ガイダンス」で進路を考える

 

 11月29日(木)長狭高等学校2年生を対象に「分野別ガイダンス」が行われました。1年次春に行った「職業ガイダンス」は、どんな職業があるかを知るために、また秋に行った「分野別学校見学」は学校の様子を知るために行いました。そして今回修学旅行も終わりいよいよ進路について具体的に考える時期になったため実施しました。

 大学・専門学校は2つのブースを聞いて回り、民間就職・公務員は2時間続きで就職の現状と面接対策について学びました。


  



16:45

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介③

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介③
2018/12/10new

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介③

| by 教務

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介③

引き続き、1年生の「生活と医療福祉」外部講師の先生方の授業の様子を紹介します。今回は、第6回から第9回までの様子をお伝えします。

第6回は、「介護福祉士」でした。講師に、介護福祉士の三浦晃治先生をお迎えしました。三浦先生は、介護老人施設たいよう副主任です。介護は、3K「きつい」「汚い」「危険」のイメージを持たれがちですが、YUMEのあるお仕事だと教えてくださいました。YUMEとは、Y「やりがい」U「腕を磨ける」M「無限の可能性を秘めている」E「笑顔」のことで、このことが最も生徒の心に残ったようです。手話体験も印象的でした。

第7回は、「医師」でした。講師に、医師の菊地真由先生をお迎えしました。菊地先生は、亀田総合病院卒後研修センターにお勤めです。菊地先生の授業では、医師の職業紹介だけに留まらず、これからの人生をどう生きるかということに関しても、ご自身の経験を踏まえてお話がありました。やりたいことが見つからなくて悩んでいる高校生にとってたいへん有意義なキャリア教育の場になりました。

第8回は、「臨床工学技士」でした。講師に、臨床工学技士の高倉照彦先生をお迎えしました。高倉先生は、亀田総合病院ME室の室長です。高倉先生の授業では、臨床工学技士の職業紹介に留まらず、諸外国と比較したときの日本の医療の特性を教えてくださったり、今高校で勉強していることの大切さを説いてくださったりしました。医療職を目指す人にとってもそうでない人にとっても身になるお話でした。

第9回は、「歯科衛生士」、「歯科技工士」でした。講師に、歯科衛生士の山本敬子先生と歯科技工士の鮎川敏博先生をお迎えしました。山本先生は、亀田クリニック歯科センター歯科事業管理部主任、鮎川先生は同センター歯科技工室主任です。山本先生は、「プラーク(歯垢)1mgには細菌が1~10億個潜んでいる」などの意外な事実から正しい歯の磨きかたまで多岐に渡る事柄について教えてくださいました。また、1年生全員に歯ブラシと歯磨き粉をプレゼントしていただきました。

鮎川先生の講義では、「歯科技工士の仕事はAIに取って代わられるのではないかとよく言われるが、ロボットにはできない熟練した巧みの業がある。」というお言葉がありました。実際に鮎川先生が作られた歯の模型も見せていただきましたが、生徒たちも「本物みたい。」と驚くほどに精巧なものでした。また、クイズ解答者全員に先生お手製の歯のストラップをプレゼントしていただきました。

2学期の「生活と医療福祉」外部講師の先生方による授業はこれにて終了です。次回は、1月31日(木)です。亀田メディカルセンター院長の亀田省吾先生をお迎えして講義していただきます。


           


16:45

生徒会だよりVol.17(12月号)について

生徒会だよりVol.17(12月号)について
2018/12/10new

生徒会だよりVol.17(12月号)について

| by 教務
生徒会だよりVol.17(12月号)について

生徒会だよりVol.17(12月号)をアップしました。

生徒会だよりVol.17(12月号).pdf

16:45

学力UPスクール

鴨川市立東条小学校 学習支援ボランティア

 

 11月21日(月)、22日(火)、30日(金)の3日間、鴨川市立東条小学校で行われている、「学力UPスクール」に学習支援ボランティアとして、長狭高校2・3年生延べ34名が参加しました。算数の復習プリントの答え合わせを行い、わからない箇所を小学生に説明しました。

この活動を通して、小学生にとっては学力アップの一助の機会に、高校生にとっては小学生に教える喜びや難しさを体験する機会になりました。
 この連携事業は、将来の職業観を育成する機会として毎学期行われている取り組みです。
 

 

競歩大会

競歩大会
2018/11/27

競歩大会

| by 教務

強歩大会

 1116日、さわやかな秋空のもと、伝統の強歩大会が実施されました。今年は、2年前、雨で実施できなかった3年生も参加し、1年生と3年生合同の強歩大会となりました。

 生徒たちは、晩秋の房総嶺岡山系を自分の足で歩くという目標に向かって、平坦な道だけでなく、傾斜のきつい山道も含めた約25㎞を、仲間と協力しながら歩ききりました。

無事、学校に到着して、「足が痛いよ」といいながらも、その痛さを仲間と共有するという体験ができたことにより、つながりがいっそう深まったようです。「楽しかった」「すっごく疲れたけどいい日だった」という声が聞こえてきました。

PTAの皆さんには、コースの途中で見守ってもらったり、おいしい豚汁をつくってもらったり、生徒たちのために終日、活動していただきました。ありがとうございました。生徒たちは、おいしい豚汁を何杯もおかわりしていました。歩いた後の豚汁は最高だったことと思います。

            


13:30

H30 認知症サポーター養成講座

H30 認知症サポーター養成講座
2018/11/19

H30 認知症サポーター養成講座

| by 教務

1年生が認知症サポーターになりました!

11月15日(木)、鴨川市福祉総合相談センターの門脇まゆみ先生と濱崎圭一先生を講師にお迎えし、1年生が「認知症サポーター養成講座」を受講しました。内容としては、認知症についての基本的な知識や安房地域の高齢化の現状、認知症の方への対応等について学びました。安房地域の高齢化率は全国的にも特に高く、私たちにとって認知症は身近なテーマなので、たいへん重要な学びの場となりました。認知症予防の簡単な体操にも挑戦し、生徒からは「とても楽しかった」との声が多数上がりました。講座修了後には、受講者全員に名前入りの修了証とオレンジリング、オレンジバッチを頂きました。長狭高校も、認知症の方やその御家族の方が安心して暮らせる地域づくりに貢献していきたいと思います。

   


16:45

H30 保育体験実習2

H30 保育体験実習2
2018/11/19

H30 保育体験実習2

| by 教務

保育体験実習に行ってきました!②

 11月13日(水)、「子どもの発達と保育」を選択する3年生13名が、鴨川市立鴨川幼稚園で2回目の保育体験実習を行いました。前回同様、外遊びや掃除、行事や掲示物の準備、預かり保育の補助を体験しました。今回は、前回の反省を生かし、まんべんなくいろいろな子どもと遊ぶこと、視野を広く持ちながら子どもと関わること、先生方の言動も観察することなどを意識して臨みました。ただ単純に「可愛い」「楽しい」だけでは終わらないよう、考えて実習することができました。最後に子どもたちとお別れするときには、名残惜しくなってしまい、生徒たちもなかなか離れられませんでした。心に残る1日となったようです。

 鴨川幼稚園のみなさん、どうもありがとうございました。
    
     


16:45

平成30年度 千葉県立鴨川青年の家まつり

平成30年度 千葉県立鴨川青年の家まつり
2018/11/19

平成30年度 千葉県立鴨川青年の家まつり

| by 教務

平成30年11月11日(日),千葉県立鴨川青年の家において「鴨川青年の家まつり」が開催され,本校から化学部,ボランティアとして生徒会役員と1年生の有志の生徒が参加しました。

 

化学部は「つかめる水」と「スライム」,「紙パックを用いた紙トンボ」の実験を行い,集まった子どもたちは夢中で実験に取組んでいました。

参加してくれた子どもたちに,「わかりやすく説明する」という貴重な体験をすることができました。

そして,地域の皆さんとの交流から,生徒たちの科学に対する興味・関心も高まったように感じています。

 

生徒会役員と1年生の有志は交通整理や各ブースの受付,作業補助を行いました。

参加した3年生の早川七海さんは,

「地域の皆さんと触れ合いながら,役に立てたことがとても嬉しかったです。そして,たくさんの笑顔をいただけたことにやりがいと充実感を感じました。学校外での交流を通じて,自分の成長につながるとてもよい経験をすることができたので,今後,またこういったボランティアの機会があれば,是非参加したいと思います。」

と感想を述べていました。

  


  

  


16:45

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介②

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介②
2018/11/06

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介②

| by 教務

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業紹介②


 前回に引き続き、1年生の「生活と医療福祉」外部講師の先生方の授業の様子を紹介します。今回は、第2回から第5回までの様子をお伝えします。

 第2回は、「理学・作業療法士、言語聴覚士」でした。講師には、理学療法士の松田徹先生をお迎えしました。松田先生は、亀田クリニックリハビリテーション室リハビリテーション事業管理部管理担当室長です。講義を聞いた生徒は、「リハビリテーションの目的が、ただ機能を回復させることではなく、その人らしさを取り戻させることになることが心に残った。」と話しました。これらの職業が利用者のQOL(生活の質)向上に貢献していることを感じ取ったようです。

 第3回は、「臨床検査技師」でした。講師には、臨床検査技師の積田智佳先生をお迎えしました。積田先生は、亀田メディカルセンター臨床検査部臨床検査管理副主任です。生徒に感想を聞くと、「名前こそ知っていたものの、何をしている仕事なのか全く知らなかった。採血や不妊治療など多岐に渡り活躍している職業だと知ることができた。」とのことでした。実際に、試験管などを使った実験も披露してくださり、生徒たちもイメージが湧いたようです。

 第4回は、「薬剤師」、「管理栄養士」でした。講師には、薬剤師の土田隼之祐先生と管理栄養士の根本圭子先生をお迎えしました。土田先生は亀田総合病院薬剤部の所属で、根本先生は同病院医療技術部栄養管理室の副室長です。生徒たちは、患者さんが痛みを訴えたときに薬剤師の方が持つ視点の多さに驚いていました。「性別は?」「年齢は?」「どんな病気?」「飲んでいる薬は?」「副作用は?」「患者さんの希望は?」約2万種ある薬を知り尽くすプロだからこそなせる業に感銘を受けました。また、栄養士についても、患者さん一人一人に合わせた食事計画の緻密さに驚いていました。例えば、視力が弱い人の食事では、ご飯茶碗にご飯をよそるのではなく、おにぎりにすることで食べやすくするなどの細やかな配慮があることを知りました。薬以外の治療方法としての食事の可能性を感じさせられました。

 第5回は、「診療放射線技師」でした。講師には、診療放射線技師の石川和弥先生をお迎えしました。石川先生は、亀田メディカルセンター画像診断室の室長です。放射線は、無色透明無臭で感じることができません。そのため、“何となく怖い”というイメージを抱きがちですが、実は、医療、農業、工業などのさまざまな場面で私たちの生活の役に立っているということを知ることができました。被爆を防護する服を着させていただいたり、貴重な体験をさせていただきました。

 次回は、「介護福祉士」を予定しています。


           
13:42

生徒会だより Vol.16(11月号)

生徒会だより Vol.16(11月号)
2018/11/06

生徒会だより Vol.16(11月号)

| by 教務

生徒会だより Vol.16(11月号)をアップしました。

生徒会だよりVol.16(11月号).pdf
13:30

吹奏楽部  亀田医療大学の文化祭で演奏!

吹奏楽部  亀田医療大学の文化祭で演奏!
2018/11/06

吹奏楽部  亀田医療大学の文化祭で演奏!

| by 教務
  吹奏楽部  亀田医療大学の文化祭で演奏!

10月28日(日)、亀田医療大学の文化祭にご招待を受け、吹奏楽部が演奏をしてきました。文化祭の定番「学園天国」や、「マンマ・ミーア」や「ダンシング・クイーン」などABBAのノリのよい曲、そして、医療大学を意識した選曲・ドラマ「コード・ブルー」のテーマなど30分のステージを披露しました。大学関係者のみなさんや、地元の方々に楽しんでいただけたと思います。

昨年の医療コースの卒業生で、現在、大学で学んでいる先輩方が、手話サークルの活動を発表していました。大学に進学しても頑張っている先輩方の姿に、「さすが長狭高生!」と感動しました。
      


13:30

1年 校外学習

1年 校外学習
2018/10/31

1年 校外学習

| by 教務

「1年 校外学習」


  さわやかな秋晴れのもと、1026日、1年生163名、全員が参加しての校外学習が実施されました。あらかじめ興味のある分野を選び、午前と午後に1校ずつ、大学や短大などの上級学校を見学しました。「医療系」「工業・国際系」「看護・医療・福祉・保育系」「文・ビジネス・家政系」の4つのコースに分かれ、希望分野ごとに、それぞれのバスに分乗して、合計すると18の学校を見学しました。1学期から職業ガイダンス、進路講演会、進路体験談などの行事を通して進路について考えてきました。今回の校外学習を通して、自分の将来の姿がまた少し具体的に見えてきたのではないかと思います。直後に控えた、2年次からのコース選択に大いに参考になった見学会でした。

               


16:45

平成30年10月27日(土)学校説明会及び授業公開

平成30年10月27日(土)学校説明会及び授業公開
2018/10/31

平成30年10月27日(土)学校説明会及び授業公開

| by 教務

平成30年10月27日(土)学校説明会及び授業公開

 

 10月27日(土),中学3年生と保護者を対象とした学校説明会・授業公開を開催しました。中学生127名,保護者42名の参加がありました。1時間の授業見学と本校生徒によるパネルディスカッションで,長狭高生の様子を直接見て,聞いてもらいました。いただいた感想のいくつかを紹介します。
 「体育の授業が男女で分かれていて新鮮だった。」「夏休みに来たときよりも学校の様子がわかって良かった。」「医療・福祉に興味があるので見学できて良かった。」「電車通学でも良いところがあるんだなと思いました。」「長狭高に入って先輩のようになりたいと思った。」「先生と生徒の関係がとても良かった。」「パネルディスカッションではいろいろな夢を持った先輩が話をしてくれて良かった。」
  
 朝方の大雨で電車の遅延があり,全体会のスタートを20分遅らせました。早くから来ていただいた方をお待たせすることになり,また電車の方には大変な思いをして来ていただくことになってしまいました。帰る際には,来て良かったと思っていただけたでしょうか?アンケート結果をもとに,魅力ある学校づくりのため,さらに励んでいきたいと思います。


         

 


16:45

保育体験実習

保育体験実習
2018/10/30

保育体験実習

| by 教務

保育体験実習に行ってきました!①

 
 10月22日(月)、「子どもの発達と保育」を選択する3年生13名が、鴨川市立鴨川幼稚園で保育体験実習を行いました。実習内容として、鬼ごっこや絵本の読み聞かせ、お昼寝の寝かしつけなどを体験しました。また、学校行事のための設営、製作などにも携わり、自分たちが園児だった頃には見えなかった先生方の仕事を知ることもできました。今回参加した生徒の中には、保育士や幼稚園教諭を目指し、4月から保育・幼児教育分野に進学する者もいます。今回の実習を終え、「さまざまな遊びを通して、子どもたちの創造力のすごさを実感した。また、素直な心の園児たちとふれあい、いつもと違う自分になれた。」と振り返る生徒もいました。実りある時間となったようです。

 次回は、11月13日(火)を予定しています。

        


08:30

平成31年度入学者選抜・評価方法

平成31年度入学者選抜・評価方法

平成29年度卒業生進路状況

平成29年度卒業生進路状況
2018/10/12

平成29年度卒業生進路状況

| by 教務

平成29年度卒業生進路状況をアップしました。

平成29年度卒業生進路状況.pdf

平成29年度卒業生進路状況2.pdf

16:45

平成30年度第2回学校運営協議会

平成30年10月3日(水)に本校応接室にて第2回学校運営協議会を開催しました。

 

1 日  時  平成30年10月3日(火) 午後2時25分から

2 場  所   長狭高等学校 応接室

3 次  第  

(1)開会の言葉

(2)会長挨拶

(3)校長挨拶

(4)県教育委員会挨拶

(5)承認事項

       第1回学校運営協議会議事録

(6)報告事項

   第1学期・夏季休業中の活動

   医療・福祉コースの活動

   定時制の活動

(7)その他

(8)閉会の言葉
      

 

学校を核とした県内1000か所ミニ集会

  平成30年10月3日(水)に本校視聴覚室において「学校を核とした県内1000か所ミニ集会」を開催しました。
 今年度は、女子サッカーチームのオルカ鴨川BUコーチ
である、木原梢(きはら こずえ)氏にお越しいただきました。

講演タイトルは「サッカーを通じた若者の育成」でした。

 サッカーの選手として活躍した経験と、現在の指導者として大切にしていることなど、映像を交えて具体的にお話しいただきました。木原氏のお話は保護者・生徒・教職員の心にとても響くものでした。

  
 

生徒会だよりNo.15(10月号)

生徒会だよりNo.15(10月号)
2018/10/05

生徒会だよりNo.15(10月号)

| by 教務

生徒会だよりNo.15(10月号)をアップしました。

生徒会だよりVol.15(10月号).pdf
16:45

3年福祉 赤い羽根共同募金

3年福祉 赤い羽根共同募金
2018/10/05

3年福祉 赤い羽根共同募金

| by 教務

3年福祉 赤い羽根共同募金

 

 10月2日(火)、福祉コース3年生が近隣のスーパーマーケットにて、赤い羽根共同募金活動を行いました。介護総合演習の授業の一環で、福祉コースでは初めての試みです。募金活動の意義や募金の使い道等を知り大切さを学んだ上で募金活動に臨みました。はじめは遠慮して呼びかけの声が小さくなるのではないかと思っていましたが、そんな心配を吹っ飛ばすほど、最初から大きな声で元気に呼びかけをしていました。約1時間の募金活動でしたが、終始楽しそうに、そして積極的な姿勢で募金活動に専念していて、とても頼もしいメンバーだと感じました。募金をしてくださる方が予想以上に多く、地域の皆さんの温かさや支え合いの大切さを感じることができた貴重な経験となりました。この募金で集まった金額の7割が鴨川市の福祉活動に活用されます。誰にとっても住みやすいまちにするために、自分たちができることは何かを考えるきっかけになったことでしょう。

  
 


16:45

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業がスタート!

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業がスタート!
2018/09/11

1年生「生活と医療福祉」外部講師の授業がスタート!

| by 教務

  長狭高校では、1年生全員を対象に「生活と医療福祉」という独自の科目が展開されています。2学期は外部講師をお招きした授業が行われますが、その第1回「看護師」が9月10日(月)に行われました。

 講師の先生は、亀田総合病院救急救命センター救急外来にお勤めの看護師、木村晃一先生と岩井さくら先生です。今回は初回ということで、亀田総合病院の医療設備や医療体制についても説明していただきつつ、チーム医療の概要とその中における看護師の役割、仕事内容などを中心にお話していただきました。生徒たちは、「看護師は、患者さんの体だけでなく、心にも寄り添う患者さんに最も近い存在である」ということが特に印象に残ったようです。終始、真剣なまなざしでメモを取っていました。また、DMAT隊員の制服を着させていただいたのも良い刺激になったようです。

 外部講師の先生の授業は、2学期に9回、3学期に1回の全10回です。次回は、10月1日(月)「介護福祉士」の講義を予定しています。

   
   
16:45

3年医療 8月6日・7日「医療体験実習」に行ってきました!


2018/09/11

3年医療 8月6日・7日「医療体験実習」に行ってきました!

| by 教務

  医療コースの3期生である3年生の授業も、集大成の時期を迎えつつあります。授業の一環で、8月6日・7日の2日間に渡り亀田総合病院・亀田クリニックで実習を行ってきました。

 生徒達は2年生の授業「基礎看護」で一通りの職種を体験した上で、この「医療体験実習」で興味のある職種を選択し、より詳しくその仕事内容を体験します。今年は看護師・臨床検査技師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士・歯科衛生士で、1日中担当の方に付いて実際の仕事を見せていただきました。

初めは緊張している様子でしたが、少しずつ慣れてくると、自ら疑問点について質問するなど積極的な態度で実習に取り組むことができていました。看護師と診療放射線技師で体験をした生徒はユニフォームを着用しての実習で、少し照れながらも医療従事者の一員として患者さんへの接し方等を学んでいました。生徒達からは、「将来への希望が強まった」「実際の現場を間近で見ることができて、とてもためになった」などの感想が聞かれました。

 大学や専門学校に進学する前にこのような貴重な体験ができ、進路を決定するにあたり絶好の機会となりました。将来につながる大きな一歩になったことに違いありません。

 2日間、病院でご指導いただきました職員の皆様に御礼を申し上げます。
                


16:45

生徒会だよりVol.14

生徒会だよりVol.14
2018/09/04

生徒会だよりVol.14

| by 教務

「生徒会だよりVol.14」をアップしました。
生徒会だよりVol.14(9月号).pdf

16:45