本日の学校の様子

▽▽ 8月31日(木) ♪ あぁ~、夏休みも あと少しで ・・・・・   ▽▽
 

    ♪ 君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない
     10年後の8月 また 出会えるのを 信じて
       最高の思い出を・・・・・・・・ ♪

  夏休みも終わりに近づくと、夕暮れに、この歌を歌います。
 『secret base ~君がくれたもの~』、ZONEという女性グループの楽曲で、 2001年8月8日にソニー・ミュージックレコーズよりシングルが発売されました。

 中学生の皆さんが生まれる前の曲なので知らない人が多いのでしょうが、名曲として、その後も多くの歌手にカバーされて歌われています。

 この40日間の夏休み、西中生の活躍は素晴らしいものがありました。

 部活動の地区大会、県大会、東海大会。
 そして、5組(放送部、柔道部、ソフトテニス部、陸上部、吹奏楽部)にも及ぶ全国大会と続き、職員室の部活黒板には途切れることなく大会の結果が書き込まれていきました。

  
  【 8月21日の出校日での表彰の様子です。明日も、いっぱいありますよ 】

          
   
 部活動を続けてきた人にとっては、本当に夢のような大会であったと思います。練習の成果が実ったことは、素晴らしく嬉しい結果です。
 でも、すべてがすべて、夢がかなうわけでもないのは、今までの数々の現実が物語っています。

 「今に生きる」西中生の皆さんは、それでも、『目的』を確かにもって、部活動に臨んできました。
 「優勝」という『目標』には届かなかったかもしれません。「勝負は、時の運」という言葉も、いつも言われています。

 3年生の「部活動」に対する『目的』は、後輩が十分 理解しています。
すでに、新チームとして、1・2年生が、この夏休みに基礎固めもしています。
  最高の思い出を、ありがとう。

 3年生の進路選択に向けての「体験入学」も、この夏の大きな希望でした。「百聞は一見に如(し)かず」と言われるように、まず、自分の目で見ることが大切なことなのです。

 2年生の「職場体験」も同じことが言えるのかも知れません。
 「働く」ということの意味を考えてくれた貴重な機会になったと思います。
 そして、今現在、あなたの周りに働いていてくださる方がいるからこそ、あなたの生活、そして、社会が成り立っているということも気に留めてもらえたら、これ以上の成果はありません。
 2年生の皆さん、頑張りましたね。

 最高の思い出を、ありがとう。

 1年生の皆さん、中学校の始めての夏休みは どうでしたか?
 「あぁ、何もすることなく終わってしまった!?」

 本当に、そうなのかな・・・・・・?

 夏休み前に いろいろ考えた「思い」が、少しは、「行ない」になっているのではないでしょうか。
  100パーセントの完璧なんて、そうそうあるわけではないのです。

 大切なことは、周りの評価ではなく、自分自身が、「やり切った夏」と言えるかどうか。初めての夏休みの評価は、他人がするものではなく、自分が決めて良いんです。
  最高の思い出が、作れましたね。

  こんな「夏休み」の出来事を繰り返しながら、
 「開校40年」という西中の歴史は、脈々と受け継がれていきます。

 明日から始まる「第2学期」。
 将来の夢につながる西中生の活躍を、ずっと『信じて』、身守って行きます。 
 『炎の如く』の歌詞のように、
      ♪ 燃えろ 西中 炎の如く
       進め 信じて 自分の道を
        我ら西中 希望の光りを この手に ♪

  
 9月1日、2学期始業式。
  

  
           【 この写真は、8月21日の出校日の体育館内の様子です 】

 新たな仲間を加えて、体育館を埋め尽くす「西中生」の輝く笑顔を、
楽しみに待っています。

 もうすぐ、会えるね  \(^_^)/        by HIRAYAMA

 

 

 

本日の学校の様子

▽▽   8月28日(月) 吹奏楽部、全国大会おめでとう!!  ▽▽
 

          ★ 東海大会結果速報 ★
 ◎ 吹奏楽部 金賞(朝日新聞社賞) 
          「全20団体中1位」で全国大会出場決定!!          
 

  26日(土)に長野市ホクト文化ホールで行われた東海大会で、吹奏楽部が金賞(朝日新聞社賞)を獲得し、3年連続の全国大会出場を決めました。演奏直後は、「ミスをしてしまった・・・」と涙ぐむ生徒もいたそうです。しかし、顧問の清野先生、伊藤先生にお聞きしたところ、「大きなミスもなく、普段通りの力が出せた」とのことでした。さすがは西中生!!きっと全国大会でも良い結果が出ることでしょう。保護者の皆様のご支援に感謝します。
 全国大会は10月21日(土)名古屋市のセンチュリーホールで行われます。 
          
   
【真ん中が日進西中、右は天白区植田中】        【お・め・で・と・う~!!!】

文責: 部活に始まり、部活で終わった(吹奏楽部はまだですが)夏休み 
   だったな~としみじみ思う幸せな教頭

 

 

 

 

本日の学校の様子

▽▽   8月25日(金) まだまだ熱い大会は続く~!!   ▽▽
 

              ★ 全国大会結果速報 ★
 ◎ 柔道男子 66キロ級 後藤 
          2回戦勝利するも、3回戦で奈良県代表に接戦ながら、惜   
          敗。しかし、「全中ベスト16」という輝かしい成績でした!
          お疲れ様!          
 

  後藤君が大健闘する中、吹奏楽部員と先生が東海大会に出発しました。今年は、「26日(土)15:00~長野市のホクト文化ホール」で行われます。愛知・岐阜・三重・静岡・長野の代表20校がその音を競い、その中のたった3校だけが全日本吹奏楽コンクールに進める、という大会です。ぜひ、頑張ってほしいものです。生徒たちは、市民会館でホール練習を積み、充実した表情でバスに乗り込みました。良い結果が出ることを期待します。応援に行かれる保護者や関係者の皆様、遠方ですので、くれぐれも交通事故にはお気を付け下さい。
  
          【楽器をトラックに積んで、いざ出発!健闘を祈るぜ~】

文責: 吹奏楽で全国大会に出場することは、野球で甲子園に出場するよ
    りも難しい!それに挑む西中生はやっぱりすごい~~!!!!!
    と、感心しきりの教頭

 

 

 

本日の学校の様子

▽▽   8月21日(月) 今日は出校日~!!   ▽▽
 

              ★ 全国大会結果速報 ★
 ◎ ソフトテニス男子 大森・樋口ペア 
               1回戦、和歌山(西和中)のペアに2-4で惜敗          
 ◎ 陸上部 女子800m 山田 2分16秒29 準決勝に進めず
 お疲れ様でした~!!25日(金)に行われる、柔道個人戦(後藤)にも期待したいものです!!

  今日は出校日でした。真っ黒に日焼けした元気な西中生が、友達との久しぶりの再会を喜んでいました。体育館での表彰は1回で終わらないほどたくさんあり、3年生を中心とした部活動での活躍ぶりを改めて感じました。
 大会議室には、あふれんばかりの提出物や作品が並べられ、「夏休みが終わりに近づいてきたな~」と寂しさを覚えました・・・。まだ、宿題をやっていない生徒は、【まだ10日あるっ!!!!!!!】と前向きに考え、取り組みましょう。「人間は、やり始めると集中することができる」と、ある本に書いてありました。まずは、「やり始めること!」が大事ですよ~。
   
       【表彰を受けるたくさんの生徒たち、これが西中のすごさですかね】

   
      【体育館前のポーチュラカ  頑張って咲くぞ!!という勢いを感じました】

文責: まもまく、2学期・・・。生徒たちがそれぞれの色で力強く花を咲かせ 
    てほしい~!!と期待する教頭

 

 

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 8月17日(木) 盆明け!!部活動などもスタート!!  ▽▽
 

  昨日までは、「会議・行事などを行わない期間」で、学校はシ~ンとしておりました。今日からは、盆明け・部活始動!!って感じです。
  暑い中、サッカー部や野球部、陸上部、吹奏楽部、バレーボール部、バスケットボール部などが活動していました。ほとんどの部活は、新チームとなり、基礎体力づくりや基本のプレーが中心でしょうか。1年間、頑張ってほしいものです。
  新チームの活動がスタートする中、全国大会に出場するソフトテニス部男子、陸上部の顧問は九州で行われる大会に向け、書類をそろえたり、ホテルや飛行機の確認をしたりと大忙しでした。柔道個人を含めて3種目・・・、悔いの残らないよう、しっかり戦ってきて下さいね。保護者の皆様も応援、よろしくお願いいたします。今後、全国大会の結果も順次、アップしますので、ご覧下さいませ。
  
          【いつまでたってもいっぱいの部活動黒板】

文責: 「全中に出場できる先生なんて、ほとんどいない!すごいことだ 
  よ!!楽しんでおいで~!!と送り出す、留守番が得意な教頭

 

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 8月15日(火) お盆休み、真っ最中~!!  ▽▽
 

 8月15日・・・。本日は終戦記念日です。わたしは、先日、沖縄旅行に出掛け、「ひめゆりの塔」を訪れました。当時、女学生だった語り部の方が「戦争はしちゃいけない。政治家にしっかり訴えないと。平和が一番。」というお話をして下さいました。多くの犠牲者の写真、凄惨な沖縄戦の様子を見て、改めて平和の大切さを感じました。
  さてさて、学校はというと、お盆休みの真っ最中です。保護者の皆様、西中生諸君はお元気でお過ごしでしょうか?今日は、「浅田町納涼夏祭り」です。本日午後5時より、浅田八劔社周辺で行われます。その準備のボランティアのため、西中生が19人も活動しています。(実は香久山ふれあい盆踊り大会の時にも4人の生徒がお手伝いに参加しました!)みんな、よい表情で大人に混じって手伝いをする姿が印象的でした。きっと、よいお祭りになるな、と確信しました。ともすると、手伝いなんてめんどくさいとか、かっこ悪いとか思いがちな中学生年代ですが、地元のために~と汗を流せる西中生はやっぱりいいなあ、とうれしくなりました。
   
        【スーパーボールの準備に余念がない西中生たち】

文責:今朝、20年前の知立市立竜北中学校時代の教え子と電話で話せて
  と~ってもうれしかった教頭(双子の女の子のママになってました・・・)

 

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 8月9日〔水〕 まだまだ、「夏」は終わらない・・・・・ ▽▽
 
 

 7日(月曜日)、この地方に接近した台風5号の影響で、雨・風が強くなり、「暴風警報」も発令されました。
  この日、2年生の「職場体験」が、第2クルーでしたが、午後からの天候悪化が、非常に心配でしたので、急遽、取り止めと言う判断をさせていただきました。
 急な対応で、事業所様や保護者の方々には、ご迷惑と心配をおかけいたしましたが、誠実かつ早急に対応いただきまして、ありがとうございました。 
 生徒の「安全第一」という判断で、これからも、ご了解いただけたらと思っております。

 8日(火曜日)、台風一過の晴天というわけにはいかず、まだ、雨・風の影響が残る午前中でした。
  この日は、2年生も「職場体験」が実施でき、雨の中、事業所に向かった生徒もいたことでしょう。
  実際の「職業」の中には、天候に左右されることの大きい職種や、雨・風に関係なく、全うしなければならない職種、さらに、雨・風が強くなればなるほど気を入れて取り組んでいかなければならない職種もあります。
  「働く」ということの大変さは、やはり、「学校」の中だけでは理解できるものでもなく、実際の「職場」で体験してみて、初めてわかる「働く」ということの責任・使命ではないでしょうか。
 短い日数での体験で、本来の「働く」ことの一端でしかありませんが、貴重な体験をすることに大きな意義があると思います。
 ご協力いただいた事業所様、保護者の皆さま、感謝申し上げます。ありがとうございました。

  7日は、『立秋』でした・・・・ 暦の上では「秋」なのですが、日進西中の「部活動」は、まだまだ、「夏」が終わっていません。

  この日、浜松市総合水泳場では、水泳の「東海大会」が開催されました。本校からは、奥澤君が50m自由形の種目に出場しました。結果は、大健闘!!決勝で、5位入賞です。東海のベスト5です。素晴らしい頑張りです。
  また、静岡県浜松市の花川運動公園では、ソフトテニスの個人戦(ペア)が開催されました。台風の影響の風が吹く中での開催です。

 愛知、岐阜、三重、静岡の四県のペアが一つずつ集まり、4ペアでの「予選リーグ」です。この「予選リーグ」で1位のみが、「決勝トーナメント」に進出となります。

  大森・樋口ペアは、岐阜ペアを4-0、三重ペアを4-0、静岡ペアを4-1で下して、「決勝トーナメント」ベスト8に進出です。この日は、二人の気合いの入り方がいつも以上に素晴らしく、「予選リーグ」の試合ぶりからは、負ける気がしないと思われるほどの集中力でした。

  準々決勝は、「県大会」で負けている「愛知県1位」のペアと当たりました。このペアを4-1と圧倒し、準決勝は、勢いのままに、静岡のペアを4-1で撃破し、いよいよ、決勝です。

 決勝戦、「ここまでくれば・・・」という思いは、どちらも同じです・・・・・・・・・・ 
激戦、激戦、激闘、激闘、どちらも必至でした。

 その結果は、「準優勝」!!  悔しいけれど、立派な闘いでした。
 陸上:山田さん、柔道:後藤君に継いで、3組目の「全国大会」への出場決定です。
 全国大会は、8月19日:長崎市総合運動公園で開催されます。樋口・大森ペア、九州の地で、思う存分、力のすべてを出し切って、悔いのない試合をしてきてください。

 さらに、この日、吹奏楽部A編成が、「愛知県吹奏楽コンクール 愛知県大会」に臨みました。会場は、豊田市民文化会館です。
  「課題曲 インテルメッツオ」、「自由曲 歌劇:リエンツィ 序曲」で、満員の聴衆を魅了しました。
 結果は、『金賞』受賞、8月26日(土)に、長野県の「ホクト文化ホール」で開かれる「東海大会」に、一位通過で、出場決定です。

 ♪   明日を 信じて 走った友よ 
     共に過ごした青春の 輝く希望 この胸に
    燃えろ西中 炎の如く
     進め 信じて 自分の道を
       我ら西中 希望の光りを  この手に  ♪♪♪
          (西中応援歌 「炎の如く 2017」 )

 まだまだ、「夏」は終わらない!! 西中生徒の活躍を、863名の生徒と66名の教職員、そして、それ以上の保護者・地域のバックアップで応援していきます。
 「今に生きる」西中生!!  「炎の如く」、頑張って!!!!!!
  「西中史上 最高の夏」を 彩ってください。期待しています。

 ★ 本日、静岡県武道館で開かれている「柔道 東海大会」に出場している後藤君の結果速報が入ってきました。(PM4:00)
  1回戦 勝利   2回戦 惜敗  ベスト8まで でした。
  地元 静岡県の選手に負けたということです。
  やはり、「東海大会」強豪が集まっています。
  それでも、後藤君は、「愛知県1位」として、8月25日に、福岡国際センターで開催される「全国大会」で、思いっきり闘ってきます!   切り替えて、リベンジです。
  「やり切る夏」・・・まだまだ、続きます。

 

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 8月4日(金) 東海大会・全国大会出場「教育長表敬訪問」 ▽▽
 

 本日、午前11:00~ 、陸上部(山田さん、枡井・近藤・花井・小幡さん)、柔道部(後藤君)、水泳部(奥澤君)、ソフトテニス部(大森・樋口君)の生徒9人と顧問・校長5人で、日進市役所に行き、教育長(吉橋一典様)を「表敬訪問」いたしました。
 

 【日進市役所の4階:第1会議室です。少し緊張した表情が見られます】

 学校教育課指導主事 蛭牟田様から、県大会での成績を紹介していただいたあと、一人ひとりが、今までの大会を通して感じたことや練習中に考えたこと、次の大会への抱負などを話しました。
 吉橋教育長様から激励のお言葉をいただき、しばらく歓談しました。
  
 
 【生徒一人ひとりに、「すごい記録だね」、「得意技は何?」と声を掛けていただきました】
 

 初めての「教育長表敬」で、緊張感満載の第1会議室でしたが、大きな大会を勝ち抜いた生徒たちです。緊張感を味方につけて、県大会を振り返った反省と、自分自身を冷静に見つめて、次の大会に臨む心構えを力強い言葉で語りました。

 さすがです・・・。この雰囲気に負けない、気持ちのコントロールが出来れば、次の「東海大会」でも、今までの練習・稽古の成果を十分に発揮することができるのではないかと思います。

  最後には、松原教育部主任指導主事から、「次の大会では、県を勝ち上がってきた選手ばかりが集まってきます。今まで以上に、試合や練習風景から得られることは多いと思います。自分自身の貴重な経験としてください」という内容の言葉をいただきました。

  選手・顧問一同、気持ちを新たにして、次の「東海大会」に臨みます。
  
 ♪ 燃えよ 西中 炎の如く  つかめ さらなる 大きな夢を
                   我ら西中 歓喜の 歓喜の 明日を  ♪♪♪ 
 
 

  東海大会は、8月8日(火)~8月10日(木)に、静岡県の浜松・藤枝・袋井などで開催されます。
  今まで以上に、気合いが入るであろう生徒たちです。応援、よろしくお願いいたします。

 

本日の学校の様子

▽▽ 8月1日(火) 「授業力向上研修会」・・・先生たちも学びます ▽▽
 

 昨日(7月31日)のソフトテニス部男子:個人(ペア)戦の結果、樋口・大森ペアが7位となり、「東海大会」に駒を進めました。
 東海大会は、8月8日(火):静岡県浜松市花川運動公園です。
 宇根・安間ペアも大健闘でした。惜しくも、「東海大会」進出は逃しました。

 本日(8月1日)は、バドミントン女子:個人の部に出場している尾形さん(1年)が、「東海大会」出場をかけて、試合に臨みました。
 結果は、準々決勝で惜敗。愛知県ベスト8でした。ベスト4に入ると、「東海大会」出場でしたので、本当にあと1勝のところまで来ていました。オリンピックの強化指定選手との対戦となりましたが、最後まであきらめない粘りは、これから先が楽しみな、まだまだ1年生です。ナイスファイトです!!

 そんな生徒たちの華々しい活躍に負けないように、我々教員も、この夏季休業中は、「研修」に努めています。

  本日は、日進市内の先生方に来ていただいて、教育コンサルタント(フォー・ネクスト)の大西先生を講師にお招きして、「特別の教科」となる『道徳』の模擬授業を行ない、研究協議会を持ちました。
  「授業力向上研修会」という名称で、年間3回予定されています。本日が、第2回でした。
  

 【授業者は、竹の山小2年担任の先生です。児童役を先生が行います】

  
 いつもは授業を進める側の我々ですが、「児童」の役割で、授業を受けてみることにより、また違った面での、授業者の発問や意図が見えてきます。
 児童にとって、わかりやすい聞き方、逆に、難しい発問・展開などを、自分が役割を演じることによって体感していきます。

  

 【小グループでのワークショップです。良かった点、改善点などの意見を出していきます】

  新学習指導要領では、「主体的・対話的で、深い学び」が求められています。「道徳」の授業では、自分の考えをもったときに、その考えと違う考えに出会うことをさせる。そして、子供の心に、ちょっと波風を起こさせ、気持ちを揺さぶる。
 【参加者に語る大西先生】

 そんな仕掛け・布石を打って、子供たちの多様な価値観を育てていくことが必要であると、研究協議を通して、大西先生の助言もまとめられていました。
  11月には、今回の模擬授業で得られたことを加味して指導案を作り、実際に、「小学生」に授業を行います。どんな反応が見られるのか、どんな授業展開になるのか、とても楽しみです。

  日進市内の小中学校では、このような「研修」も含めて、各校で、「道徳」、「新学習指導要領」に対しての研究を進めています。
  すべては、日進で学ぶ子供たちの成長のために・・・・・・・・・。