本日の学校の様子

    ▽▽ 3月23日〔金〕   「三感四恩」の修了式~~! ▽▽ 

 
 
 
  

 
 平成29年度 3学期 修了式 

 

 今日、平成29年度の「学校生活」が修了します。

 「終わり」という単なる「終了」ではなく、「修める」です。・・・この学年の課程を「修了」したという意味での「修了証」を、代表の生徒に渡しました。
 本日、皆さんが手にした「通知票」の裏面の「修了証」の校長印も、しっかり確かめてください。

 この3学期、特に、皆さんは、
「三感」を意識して、活躍をしてくれました。


『感性・感謝・感動
』の【3感】です。

 『感性』… 自分の周りの人の「なぜそれなの?なぜそれを言って 
      いるの?」という言動を深く探究し、その根底を理解す 
      るようにしよう。そして、それを、自分らしく表現して
      みよう。

 『感謝』… 感謝の気持ちを、どう伝えていますか?この一年間、
      お世話になった人や、いつも何かと気にかけてくれる人
      に、素直に気持ちを伝えてみよう。

 『感動』… 胸がいっぱいになる、心を打たれる、揺さぶられる、
      胸が熱くなる、衝撃を受ける、グッとくる、胸いっぱ
      い、胸が詰まる、熱くなる、胸に迫る
そんな充実した気
      持ちに満たされてみよう。
  

 

         【体育館での「修了式」に臨む1・2年生徒】

 

  「三感」に続くのは、「四恩」です。
  「三寒四温」ではなく、今回は、「三感四恩」です。

 

①先輩・後輩に「恩」・・・見習う、模範となる。卒業した3年生を見ながらみんなが成長したように、次の新入生の模範となろう。

   ②級友に「恩」・・・順風も、時に、逆風も感じたこともあるクラスメート。それでも、この365日共に過ごしてきたことは、一人ひとりにとって、プラスになることが多かった。

   
   ③親に「恩」・・・こうして生きているということ

  父・母よりひとつずつDNA 細胞分裂。

  「お前は肩になれ」、「お前は骨に」、「肺になれ」と形作られていく。

遺伝子研究の最高峰・村上和雄先生は、細胞1個は、「1,000ページの大百科事典3,200冊分の情報に匹敵すると。組合せ方は、32億通り」
 そんな、細胞が集まって、
あなたになる確率は、「1億円の宝くじが、連続100万回当たるのと同じ」  まさに、奇跡!!!!

  その奇跡に心から感謝し、その源に「恩」


  そして、最後に、④担任の先生に「恩」

  いつも、職員室ではみんなのことを考えておられました。本当に、夜 遅くまで。今日だからこそ、担任の先生のことを思い出してみて。

 平成29年度 最後の学期のゴールを、『4恩』で締めくくっていきましょう。

そして、4月からは、「新しい」気持ちでスタートします。

 

 卒業していった「3年生」に続いて、皆さんも、「日進西中の伝統を受け継ぐ生徒」です。

 この平成29年度が、それぞれの学年、皆さんにとって充実した一年となったことを喜び、3学期修了式の式辞とします。


 

 
【真剣に先生の話を聞く2年生・10・11・12組】  【スマホのお話も、生徒指導主事より】

  
  最後の「学活」では「通知票」を手渡ししていただき、
  
 

 
 
 
  【1年生の廊下でもお話を聞きながら】       【2年生の廊下でも、お話を聞き】

 「通知票」をいただけば、さあ、春休みが待っている。
  
  

  

  4月5日(木)・・・ 平成30年度 入学式・始業式

  この輝く笑顔の仲間たちに、新しいステージで、ふたたび会えることを
心待ちにしています。

 

  

  

 【お元気で・・・・・】  

  
 保護者、地域の皆さま。開校40年目の日進西中学校を支えていただき、ありがとうございました。いろいろ注目していただけることで、生徒たちもいつになく力以上のものが発揮できたと思っています。
  平成30年度、41年目の本校を、また、温かく見守っていただけたら幸いです。

 この一年間、頑張った生徒たちの努力を讃え、保護者の皆さまの支えに感謝しつつ、平成30年度に向けて、我々のさらなる精進を課題として、一旦幕を降ろさせていただきます。

 平成29年度、一年間、ありがとうございました。
 

                  文責:校長 平山 雅之

 
   ※ 3月25日(日) あん あん あん !! ※※
 
  【第3回 子どもたちのための講演会 : 日進市民会館】

  当日の参加もOKです。「ミニどら焼き」も魅力です。


▽▽ 3月25日〔日〕   ドリアン助川さんのお話し、聴いてきました ▽▽ 

 ドリアン助川さんが、今まで経験されてきたお仕事をベースに、小中学生に「夢を叶える」ために大切なことを、熱くお話しされました。質問にも、丁寧にお答えいただき、「生きる」ことについてのお答えは、かなり深く考えさせられました。
 「夢を叶える」ためには、「夢をもち続ける」こと……
 小中学生に、「夢」の種を与えてくださいました。

 映画「あん」、この講演の前に観ていたのですが、お話を聴いたあとに観ると、一つ一つのシーンやセリフが染みこみました。
 「あん」は、小説にもなっているので、この春休みの読書にもお薦めです。

 お土産にいただいた「どら焼き」…映画「あん」を観た後なので、特別においしかったです ヽ(^。^)ノ 
 やっぱり、「どら焼き」は、「あん」が命ですねっ!

 

 

本日の学校の様子

    ▽▽ 3月22日〔木〕   実質的に最終日です~~! ▽▽ 
 
 
 
  

 
 校長が所用のため、教頭が更新します。明日はいよいよ修了式。一年が過ぎるのは早い!と感じる今日この頃です。今日は、1,2年生共に体育館で学年集会が開かれました。学年の先生方が、一年間の思いを話すわけですが。お礼を述べる先生あり、来年の行事に思いをはせる先生あり、落ち着いていてよかったよ!と評価する先生あり、みんなのことが大好きだ、人のいいところを見て生活しよう!と話す先生あり、口で言うだけでなく姿や行動で見せろ!とハッパを掛ける先生あり・・・。
 一年間、深~く学年と関わってきたからこその熱い思いを感じることができました。生徒は、それぞれ進級するわけですが、今年よりさらに充実した一年にしてほしいものですね。 
 

 
   【真剣に先生の話を聞く2年生】       【1年生、トーチ隊も頑張っています!!】

  

    ★ おまけ画像! 見よ、熱心な大掃除の様子!!★
 
 
  【コート掛けのハンガーを分解します】     【お世話になったストーブも片付け】
 
   【黒板の裏までピカピカにします】      【思い出の掲示物、賞状もはがします】
 
 
 【10~12組の下駄箱もきれいにします】    【膝をついてトイレの床を磨きます!】

文責:黙々と自分に与えられた箇所を掃除する生徒の姿を見て、
  「通知表の【責任感】の欄は全員○じゃないか?!」と思った教頭

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 3月20日〔火〕   1年生も、なかなかのエンターティナー!! ▽▽

 
 
 
 
  

 
 あいにくの雨となってしまいましたが、本日(20日)は、小学校の「卒業証書授与式」でした。日西中には、3つの小学校の卒業生が入学してきます。香久山小には近藤教頭先生、赤池小には清野主幹、西小には私が行かせていただきました。

 第一印象、小学校の卒業式は華やかですね。学生服・セーラー服ではないので、一人ひとりの児童が、それぞれに選んだ服で参加していました。服装は違っても、みんな似合っていましたよ。全体として、「お祝い」の雰囲気が出ていました。

 保護者の方々も、父・母ともに見えていたり、中には、お孫さんの姿を温かなまなざしで見ておられる祖父母の方もいらっしゃいました。みんな、愛されて育っているのだなと、つくづく思います。

 一人ひとり、ステージに上がり、担任の先生が呼名し、校長先生から「卒業証書」を受け取ります。右手・左手を精一杯に伸ばし、受け取る姿は、とても頼もしくみえました。

 来賓紹介で、「日進市立日進西中学校の・・・」と紹介され、「おめでとうございます。4月から、待ってるよ!」と最大限の喜びに満ちた声で元気良く挨拶したら、児童の表情に笑みがこぼれました。

 そうです・・・緊張は始めだけ、すぐに慣れるし、大丈夫。

 卒業生全員がつなぐ「呼びかけ」も気持ちがこもっていて、涙を流すお母さんの姿も見られました。
 5年生の歌、6年生の歌、そして、一緒に歌う校歌。けなげに頑張る姿に胸打たれました。

 日進西中学校は、297名の新3年生と、286名の新2年生徒、66名の教職員で、みなさんの入学を心待ちにしています。
 今日の「卒業式」をこんなにも、立派にできた6年生のみんななら、絶対に大丈夫!!!!   安心して、来てね。

 さて、迎える側の現在の中学1年生。5,6時間目は、体育館で、「学年レクリエーション」でした。
  学年主任の先生は、「舞台発表の人材が少なくて…」なんて心配されておられましたが、なんのなんの・・・・・・・。

 ステージの発表には、どんどん引き込まれていくし、幕間のつなぎにフロアに出てくる生徒たちも、持ち味を出していました。
 

  
【最初は放送部の劇。さすが、セリフの聞き取りやすさが際立ちます】

  

【幕間をつなぐピンダンサーと不思議なグループ。切れ切れのダンスでした】
 

 【吹奏楽部のサックスパート】
  
 大好きな曲「グリーンスリーブス」の演奏でした。心に染みたよ。

 そして、狂乱の渦へ・・・・・
  
  
 【男子バレー部のメンメンです。「たけのこ」切りのつもりが?】

 次第に、曲が乗り乗りになってきて、最後には、圧巻!!!
  
  男子生徒のほぼ全員が踊りまくった『ジンギスカン』♪ ブラボー!!
 5月末に行く「野外活動」のキャンプファイヤーの雰囲気です。

 3年生から、この前見た2年生。そして、今日の1年生へと、本当に脈々と受け継がれていく「舞台発表」を盛り上げる「西中の魂」!

 何なのだろう、誰かがどうのというわけではなく、予測不可能な西中のオーラか。 何はともあれ、「おもしろかった。人材発見!エンターティナー発掘」の今日のステージでした。


〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇


 【献立:チキンライス、牛乳、セルフオムライス、ポテトサラダ、ベーコンと野菜のスープ】のメニューでした……。
  
 逸品は、
【セルフオムライス(自画像バージョン)】  
    

  
 

 今日の「チキンライス」に使われているお米は、「アルファ化米」と呼ばれています。一度 炊いたお米を、乾燥(かんそう)させたものです。お米を洗わなくてもすぐに使うことができ、水につけておかなくてもよく、今日のような「味つきごはん」の場合に味がしみやすく、保存ができ、お米本来のおいしさを手軽に楽しめるお米です。

         (給食センター:一口メモ より) 
 子どものころは、よく母が作ってくれた「オムライス」に、ケチャップで絵を描いていました。真っ赤なハートマークや、ニャロメなど。
 今日は、給食センターさんの薄焼きたまごに、「自画像」です。絵の上手さは、進歩していません・・・ (^^;)
 

 

 さてさて、最後は、昨日から一昼夜 考えた「なぞかけ」です。
    【2年生昇降口です。挑戦かな!?】

 Q 「三色だんご」とかけまして、(     )とときます。その心は・・・・・・
 

 さて、みなさんは、何と ときますか?
                
   この掲示を作ってくれた人は、「2年生の広報委員」さんなのですが、給食に出た「三色だんご」と掛けてみたのですが、とけずに、「公募」にしてみたらとの助言で絵にしたそうです。

  いろいろな人が考えてくれました。

 〇 とある野球部関係の人は・・・・・・・・・・・・・・・・

 Q 「三色だんご」とかけまして、( 雨の日に一生懸命 素振りしている上位打線 )とときます。その心は・・・・・・どちらも、1番・2番・3番目と、いい味を出しています。


 〇 とある校長先生は・・・・・・・・・・・・・・・・

 Q 「三色だんご」とかけまして、( 日本髪のやまとなでしこ )とときます。その心は・・・・・・どちらも、 串(櫛 くし)でまとめて美しい。

 

 「なぞかけ」は、頭の体操! 語彙が豊富になる、知的ゲームですね。
 

本日の学校の様子

▽▽3月19日〔月〕   それぞれの進路へ・・・・・  ▽▽ 
 
 
 
  

 
 
 

 本日10:00、「平成30年度愛知県公立高等学校入学者選抜」の合格者の発表がありました。
 今にも、降り出してきそうな空でした。多くの「サクラサク」生徒と、希望に届かず次の希望になってしまった生徒たち……。
 「今」を受け止めるのには、ちょっとの時間がかかります。でも、前を向けば、人はまた歩き始められる!
  それぞれの進路へ、卒業生。早くに成果を求めるばかりではないんだよ…「可能性」の種は、ずっと、発芽のエネルギーを貯めています。
   

 【久しぶりに西中に登校した卒業生を温かいまなざしで見る担任の先生】

 今日の喜び、今日の悔しさは、「3年先」には同じになるかも・・・、新しい活躍の場は、誰にでも等しく開かれているものです。

 その頃、運動場では、在校生が体育の授業中でした。 
 
  【 ボールを追いながら、元気に走り回ります。負けるな、西中生!!】

 思い通りに進む人生なんて、まれです。その都度、その時々に、人は立ち止まって考えて、迷って、悩んで、また、走り始めます。
 サッカーのボールも、いつも、狙ったところへは蹴って進めません。
走り続ければ、きっと、ラッキーパスも受け取れます。
 その時に、決めてやれ、ナイスシュートを!!

 「今に生きる」西中生!   「炎の如く」進路に羽ばたけ!!


 昼放課、とあるクラスの生徒たち2人が、校長室の扉をノックして来ました。
開いてみたら、びっくりです。
 「校長先生。1年間、ありがとうございました。クラスで、お手紙を書きました。お時間のある時に、ぜひ読んでやってください」と、元気良く言ってくれました。
 【とても丁寧な挨拶でした。嬉しくて☆】

〇 校長先生の朝会などのお話、なぞかけおもしろかったです。「三感」や「A・Y・A」など、深いお話も、たくさんして下さって、とてもためになりました。
 
→ そう言ってくれると、嬉しいです。長くならないように、印象に残るように、これからも話すね。付き合ってね。
〇 「スポフェ」で走っている姿が、とてもカッコ良かったです。これからも、元気に頑張ってください。

→ ありがとう。でもね、ゴール直前で、けっこう派手に転倒したよね。あれは、演技ではなく本当に、飛んだんだ・・・・。肉離れで、右脚紫色だったよ。

〇 階段とかですれ違ったときには、いつも元気な声で挨拶をしてくださり、ありがとうございます。私も、元気が出ます!
→ これも、嬉しいです。先生の元気は、みんなの「頑張り」がエネルギーになっています。元気いっぱいの西中が大好きです。

 きっと、この一年間の終わりを迎えて、多くの生徒たちが、級友や先生との思い出を振り返っているときかと想像します。
 この時期だから、西中生のやさしさ・思いやりを感じます。素敵な西中生!

 今の「学年」・「クラス」とも、あと3日だね。
【2年生昇降口です。挑戦かな!?】
 Q 「三色だんご」とかけまして、(     )とときます。その心は・・・・・・
 

 さて、みなさんは、何と ときますか?
                
 一昼夜考えて、思いついたら教えてね。 
  この掲示を作ってくれた人は、といたのかな~? 楽しみです。

 

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇


【献立:ごはん、牛乳、ゆかりふりかけ、鶏肉の香りソースかけ、のり酢あえ、あわせみそ汁、三色だんご】のメニューでした……。
  
    逸品は、
【 鶏肉の香りソースかけ 】      
  
 

 日本で自然に飼われてきた鶏を、「地鶏」と呼びますが、私たちが食べている鶏肉のほとんどは「ブロイラー」です。
 自然界の鶏は、食べられる大きさになるのに4~5か月かかりますが、「ブロイラー」は40~50日で育つように、アメリカで改良されました。
 今日は、鶏肉のももの部分を焼きました。
 センターで、にんにくや、りんご・ねぎを使った手作りのソースをかけてあります。

           (給食センター:一口メモ より)   (^o^)
 

  

              

 

本日の学校の様子

    ▽▽ 3月16日〔金〕   生徒会役員選挙、開かれる! ▽▽ 
 
 
 
  

 
 校長が多忙なため、教頭が更新します。今年度の登校もあと1週間。昨日はポカポカ、今日はブルブル・・・、春の足音は確実に聞こえているものの、健康管理が難しい今日この頃です。そんな天候でも西中生は元気です。今日の6時間目は、30年度前期生徒会役員の立会演説と選挙が行われました。舞台には立候補者と推薦者がズラリ!なんと、立候補者が11人もいるんです!!(そのうち5人が1年生!)わたし、通算11年間、西中にいますが、これだけ多いのは記憶にありません。しかも、すべての役職で選挙が行われたのです。つまり、無投票当選がない。西中生の生徒会人気恐るべし!です。
 どの推薦者も立候補者の人柄や実績をしっかりアピールして熱く語っていました。立候補者は公約をしっかり掲げ、元気よく演説していました。公約の一部を紹介します。
   ・天白川ゴミ0隊の復活    ・朝読ならぬ朝学の実施
   ・スポフェに新しい競技を!  ・新ゆるキャラを作る
   ・日西オリンピックをやる   ・他学年と関われる企画
などなどです。
 当選したら、公約の実現に向けて頑張ってほしいものですね。
 

      【演説に力が入る2年生】           【大きな声でアピールする1年生】

  

 
 【投票用紙を配る選挙管理委員(評議員)】   【生徒会担当の先生から話を聞きます】

 ★ 見よ、このやる気に満ちあふれたカラフルなポスターを! ★
 
 
文責:だれが当選してもいい学校になりそうで、今からワクワクして
   いる西中生大好きな教頭

 

 

本日の学校の様子

▽▽3月15日(木)  昼放課、みんな 白い服! ▽▽

 
       
 

 昨日、そして、今日・・・・・連日20℃を超える温かな日が続いています。

 昼放課の運動場を楽しみにしている生徒たちは、上着を脱いで、みんな白い服で、サッカーに興じています。
  
  【元気に遊べるって、素敵なことですね。元気はつらつ、西中生!!】

 ボールを借り受けてから、ゲームに入るまでが早い! 
  
  【えらい! しっかりと、借りる順番を守っています。これが大事ですね 】

  いくつかのグループがありますが、縦横無尽に運動場を走り回り、うまくフェイントをかけて、ぶつからないようにしています。
  
 【生徒のみんなが元気なのが一番です。いっぱい遊んで、楽しくいこう】

  昼放課の前は、掃除でした。
  この掃除の時間も、担当場所を、しっかり綺麗にしていました。
  
  

【体育器具庫のメンバーです。男女協働です】 【重い蓋も、なんのその!】

 温かくなると、体も伸び伸び動きます。パンジーも、雑草も、ぐんぐん伸びてきます。
   

   

   【春になると、草木の輝きが違って見えます。生命の息吹ですね】

 授業でも、一年間のまとめに入っています。
 1年生の国語の授業では、「トラベルプランナー」になって、様々な旅行を
企画し、売り込むという授業を行なっていました。
 企画力、構成力、発表力等々を、総合的に積み上げていくという、これからの生徒にとって必要な力かもしれません。
 発表で使った資料の一部を紹介します。
  
 

 【生徒たちの発想は、実に おもしろい!本物の旅行社も、脱帽です!】


 昼放課のサッカーも、掃除の時間も、国語の授業も、すべて、「自分」の素が思いっきり出せること、表現できることが嬉しいです。
  様々な人間関係の中で、「折り合い」、学び合って、成長していく、伸びていける「西中」でありたいと思っています。

 

BOOk 復活!あやこの本棚(図書館より) BOOK

 
  「図書館運営補助員のあやこさん」に選んでいただいた本を、「図書委員」さんが紹介するコーナーの復活です。

 
      

      【 ジェノサイド 】  高野 和明 

 

 急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それが、すべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。
 同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思える詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入する。
 

 古賀研人に父から託された創薬のソフト『GIFT』。そのソフトは、現代の科学では実現不可能な、どんな創薬をも可能とするものだった。これならば、イエーガーの息子の難病『肺胞上皮細胞硬化症』の治療薬も創れる。
 ところが、そんな彼に警察の手が伸びる。コンゴにいる"新人類"の抹殺を試みるアメリカ大統領が、FBIを使い、創薬を阻止しようとしているのだった。
 古賀研人とイエーガー、全く違う人生を歩んできた二人の運命が交錯するとき、そこに、奇跡が生まれる。
 ------------
「一気読みでした。人の命の重さを問いかけられたり、何のために生きるのか、命をかけるのかということを考えさせられたり…
 それ以上に、ストーリーの巧みさに翻弄されました。後半は、一大スペクタルアクション映画の雰囲気もありました。すごい小説です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:ごはん、牛乳、さばのおかか煮、いりどり、ブロッコリーのごまだれあえ】のメニューでした……。その中で、
  
      
【 ブロッコリーのごまだれあえ 】  
 

 花を食べる野菜をみなさんは、いくつ知っていますか。
 春先、地面に現れる「ふきのとう」や、夏の終わりから秋にかけて出てくる「みょうが」は、これから花になる芽の部分を、冬から春にかけてが旬の「ブロッコリー」や「カリフラワー」は、花のつぼみやくきを食べますね。
 「ブロッコリー」は、カロテンやビタミンC、鉄、カルシウムが多い野菜です。「ごまだれあえ」で、春を感じてください。

            (給食センター:一口メモ より)  \(^_^)/    

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 3月14日〔水〕  「えっ!23℃」 と、ポカポカ気持ちよい ▽▽ 
 
 
 
  

 

 穏やかな陽光に、気温もぐんぐん上昇します。風もなく、温かい日になりました。

 調理室の前の桜も、一気に一日で開花しました。
 

【5月上旬の陽気だそうです。鬼まんじゅう作りの湯気が熱いです】

 家庭科の「調理実習」では、郷土料理と言われる「鬼まんじゅう」作りです。私も、小さい頃、母が蒸し器で蒸かしている「鬼まんじゅう」の出来上がりを待ちながら、ずっと、湯気の出かたを見ていたことがあります。
  郷土料理でもあり、家庭料理でもありますね。懐かしいです。時々、給食にも出されることがありますね。ひょっとして、スーパーで「鬼まんじゅう」が売られているのはこの地方だけなのでしょうか?
  生徒たちは、手際よく、男女協力して、調理していました。きっと、おいしく出来上がりますよ。

 カウントダウンカレンダーが、残り少なくなりました。
  【 あと6日!!2年生の昇降口です】
  本日の1・2時間目は、2年生の生徒のお楽しみ「舞台発表」です。
   
   【多才!天才!!沸かせます】    【花開く個性!!爆裂コント】
  思わず見ちゃいます。どんどん引き込まれていく彼らの世界に!!

   
  
   【 不思議な魅力に包まれた女子生徒の歌。聴かせました~!!】

  観ている方の生徒たちの盛り上げ方もいいですね。拍手のタイミングや強弱も、「演者」が発表しやすいステージでした。
   なかなかやりますね、いいぞ、2年生!!!! 

 

 
   
  
 

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:ソフトめん、牛乳、五目あんかけ、キャベツ入りミンチカツ、小松菜のサラダ】のメニューでした……。
  
    逸品は、
【 小松菜のサラダ 】      
  
 「小松菜」とほうれんそうは、よく似ていますが、「小松菜」はアブラナ科。ほうれんそうはアカザ科で、じつは他人のそら似です。
 多くの動物は、体内でビタミンCを作ることができますが、人間やオラウータンなどの類人猿は、体内でビタミンCを作ることができません。
 だから、小松菜などビタミン Cがたっぷりふくまれる野菜や果物を食べて病気やストレスに対応しています。

           (給食センター:一口メモ より)  

 

本日の学校の様子

▽▽3月13日(火)    春の陽気が流れてきます・・・・・・!!    ▽▽

       
 

 

 穏やかな一日でした。
 卒業生は、「愛知県公立高等学校入学者選抜Aグループ面接」に臨みました。先週の火曜日が「卒業証書授与式」で、木・金曜日が「Bグループ入試」、そして、土・日をはさんで、昨日・今日!
 長かった「公立入試」が終わりました。お疲れさま…。15年間の人生の中で、最も、頭を使った一週間だったかもしれませんね。
 今夜は、ゆっくりできますね。頑張った、頭と身体をいたわってあげて下さい。

 1年生・2年生も、いよいよ学年修了の日が近付いてきました。
   
        【 1年生作製 】           【 2年生作製 】
  1年生は、本日の「給食」の話題で、2年生は、ホケモンキャラクター「セイチョウ」が荷物を持ち帰っている絵を添えてくれました。いずれも、広報委員会の生徒の作品です。
 一人ひとりの生徒は、今の学年の残りの日々を、自分なりにどうやって使っていこうかイメージしています。成長しました。

 そんな学校の様子を、本日10:30~ 日進市教育委員会の教育委員様2名と教育総務課の方2名が、「学校訪問」にみえました。
  校長室で、学校の現状や生徒の様子、地域との連携などの意見交換をしたあと、実際に、3時間目の授業の様子を見ていただきました。
【校長室前の掲示板も見ていただきました】

  今年度、「生徒自治」を目標に、子どもたちの豊かな人間性の育成に努めてきました。地域ふれあいの会、八幡社年末大掃除、盆踊り・夏祭りボランティア、天白川ごみ0隊、乳幼児ふれ合い体験、ビブリオバトルなど、数多くの場面で、生徒の活躍する姿が見られたことをお話しました。
 教育委員様からは、「子どもたちの生き生きした活動が見られるのは、とてもいいですね。このまま、頑張ってください!」と励ましの言葉をいただきました。

 そして、5・6時間目。1年生を対象に、「職業人の話を聞く会」を開催しました。1年生として、学んできた「キャリア学習」のまとめとして、働くことの意義や、将来の夢や自分の生き方について考えて、今後の職業選択の参考にすることを目的としました。
 講師で来ていただいたのは、トヨタ自動車人事部の後藤様です。
   
  【DVDを視聴したあと、「働くこと」について、熱く語っていただきました】

 『中学生・高校生は、「変化期」で、変化することはチャレンジするチャンスであること。この時期は、人間関係も大切で、人づきあいできる力・コミュニケーション力をつけていきましょう。健康管理(食事、特に、朝食)。挨拶は基本(明るく、いつでも、さわやかに、続ける)』というキーワードを散りばめて、
 「こういう人になりたい、こういう仕事につきたいという自分の夢をもとう」、「自分の心の中に小さなやる気(木)を植えよう。肥料は、なにクソ!根性という根が生え、充実という実をつける」と結ばれました。

 1年生の生徒は、どんどん話しに引き込まれて、最後の「質問タイム」でも、とてもしっかりした質問をしていました。
  
 【質問: 今まで働いてきた中で、一番悲しかったことは何ですか? とか】
  
 「企業が求めている(来てほしい)と思っているのは、どんな人ですか?」という核心を突く質問でした。

  【あっと言う間の、1時間でした。心を込めてお礼です】
 
  将来の道は、最後は自分の意思で決める!!!
  1年生のみなさん、まだまだこれから、頑張れますよ。

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:麦ごはん、牛乳、コーヒー牛乳の素、親子どんぶり、三色あえ、磯の香り汁】のメニューでした……。その中で、
  
            
【 親子どんぶり 】  
 「卵」は、ヒナがしっかり成長するためのあらゆる栄養素がバランスよくふくまれている「完全栄養食品」といわれています。 しかし、鶏は、ビタミンCを体内で合成できるため、ビタミンCはまったくふくまれていません。
 「卵」の色には、白や褐色のものがありますね。同一の条件で育てられた鶏の卵ならば、卵の色による品質的にも栄養的にもまったく違いがありません。卵の色は、一般的には羽毛の色なのです。。

            (給食センター:一口メモ より)  \(^_^)/     
 

 

 

本日の学校の様子

    ▽▽ 3月12日〔月〕   委員会、最終です~~! ▽▽ 
 
 
 
  

 
 校長が出張のため、教頭が更新します。3年生が卒業し、なんとなく静かな西中です。しかし!!1,2年生は元気です。朝は、1,2年生だけの朝会が行われました。あと2週間で、今の学年のまとめを行うとともに、来年度の心構えを作ってほしいものです。
 今日は最後の委員会がありました。各委員会でまとめや反省が開かれました。先月の生徒総会を見て思いましたが、やはり、西中の特徴として、委員会活動や生徒会活動が活発に行われているということがあげられると思います。生徒自身が自主的に行動し、学校を動かしていく、そんな伝統が続くといいな、と感じました。
 
 

【昼のリクエストについて話し合う放送委員会】 【1年学年委員会はレクを決めています】

 
  【天白川清掃に向かう生徒会と評議員】    【白衣の数をチェックする給食委員会】

          ★ ビックリする話! ★
 今朝、本校の職員が出勤してきたら、門に見慣れないセーラー服を着た女の子が・・・。その女の子は、名古屋市内の中学校3年生だったんですが。ナント!!!受験する「日進西高校」を「日進西中学校」と間違えてしまったのです。女の子の母親の携帯に掛けるも通じません。どんどん高校への集合時刻は迫ります。女の子はオロオロするばかり。でも、困ったときは助けますっ!!西中の男性職員が車で日進西高へ送り届け、無事、集合時刻に間に合いました。よかった~!!落ち着いてしっかり受験できたらいいな、と思いました。

文責:27年前、教員採用試験の日に、受験会場の中学校と間違えて、大きな工場に入ってしまい、守衛さんに場所を聞いて、ギリギリで面接に間に合った情けない教頭

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 3月9日(金)  歌にもなった「特別な日」・・・・・・・・  ▽▽

     
 
 

 本日は、「公立入試 Bグループ:面接」の日でした。卒業生の皆さんは、そろそろ家に帰って、ゆっくりしているところでしょうか(PM3:30)
 この2日間、全力でしたね!頑張りました。
 土・日曜日の休日は、上手に休養と「受検勉強の見直し」を組み合わせて、来週の「Aグループ入試」に備えてください。
 体調も整えて、無理は禁物ですよ。

 3月9日・・・1・2年生だけになって3日目。
  
  【昇降口の「修了式までカウントダウンカレンダー」です。いよいよ、ひとけた】

 本日は、2年生を対象に、「平成29年度 戦争体験を聞く会」を開催いたしました。
  日進市は、平成7年に、「非核平和都市宣言」を行い、それ以来、核兵器の廃絶や戦争のない平和な社会を実現するための事業を実施しています。
 その中の、「戦争体験の語り部派遣事業」を通して、歴史的分野の「近代の日本と世界」を学ぶこの時期に、次代を担う2年生の生徒に、戦争の悲惨さを伝え、平和であることの大切さについて考えていくことを目的として実施しています。
 5,6時間目に、日進市在住の小鹿様に来ていただき、スライドを見ながら、空襲の体験、疎開生活、戦時下の家庭生活・学校生活などを、たっぷり語っていただきました。
   
  【90歳に近いとは思えない口調と姿勢でした。咸臨丸の話題も出ました】

 教科書で学ぶ知識だけではなく、実体験も語っていただくことに意義がありました。
   
  【「ゼロ戦」や「原子爆弾」のスライドには、シーンとなる生徒たちでした】

 今の我が国は、「先進国」として、世界の役に立つ国になっていかなければ・・・・・と、平和の大切さを思いながら、聞いていました。

  
  
  【お元気なのが何よりです。日本の未来は、任せてください!!!】

  お話が終わって、校長室に戻られてから、本日の会で撮った写真をお渡ししました。
 「いやー、ありがと。西中が思い出深い学校になりました」と、大層、喜んでいただけました。
 これも、2年生の生徒が、かなり長時間になりましたが、集中力を切らず、お話がしやすい雰囲気を、ずっと保っていたことが、心に響いたのだと思います。
 最高学年になるという心構えが、しっかり出来ていることを感じました。

 ご準備いただいた先生方、ありがとうございました。

 
  

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:ごはん、牛乳、とうふだんご、肉じゃが、菜の花のごまあえ】のメニューでした……。その中で、
  
       
【 菜の花のごまあえ 】  
 春を告げる野菜の「菜の花」。野菜として食べる「菜の花」は、花が咲く前の「つぼみ」の状態でいただきます。花が咲いているものも、彩としてはよいのですが、花が開くにつれ、苦み・エグみが強くなるので食用には向かなくなります。
 花が咲くと食べられなくなる「菜の花」は、旬が2月~3月と短いので、この時期にぜひ食べてほしい野菜です。

            (給食センター:一口メモ より)  \(^_^)/     

   

BOOk 復活!あやこの本棚(図書館より) BOOK

 「図書館運営補助員のあやこさん」に選んでいただいた本を、「図書委員」さんが紹介するコーナーの復活です。

 
      

      【 羊と鋼の森 】  宮下 奈都 

 

  北海道で育った主人公の外村(とむら)は、、高校の体育館のピアノを調律しに来たピアノ調律師が調律したピアノの音色を聞くと、まるで森の景色を奏でるような錯覚にとらわれます。

 それまでは、ピアノにもクラシックにも全く縁がなかったにも関わらず、です。

 そうして楽器店でピアノ調律師を目指し、良い音を出すことに没頭していきます。
 ピアノの調律という世界の中で、「羊と鋼の森」を進んでいく外村の成長していく姿を描いた物語です。

 ― 才能があるから生きていくんじゃない。
 そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。
 もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)―


 2016年 第13回 本屋大賞受賞作品です。主人公を山﨑賢人が演じ、映画化もされました。 平成30年6月に公開予定です。

・・・・・・ 高校生のとき、音楽の授業で「エリーゼのために」を弾いたぐらいで、ピアノに関しては無縁の私です。それでも、ピアノの音を想像しながら読み進めることができてしまう描写が素晴らしかったです。人物ごとに奏でる音が違うんですよね。温かく、優しい気持ちになれる小説でした。
 

本日の学校の様子

▽▽ 3月8日(木)  3年生が卒業したあとの「学校」・・・・・・ ▽▽
 

  本日は、卒業生が、「愛知県公立高等学校入学者選抜 学力検査」の受検に臨んでいます。273人の卒業生のうち、今日、「学力検査」に臨むのは、150人ほどになります。この半数以上の生徒たちが、今日・明日の「Bグループ入試」、そして、来週の月曜・火曜日の「Aグループ入試」で最後の進路決定の扉を開いていきます。
 十分やれることは、やり切りました。あとは、『平常心』で、最大限に力を発揮するだけです。

 一方、3年生が卒業したあとの「学校」・・・とくに、「3年生の教室」には寂しさが漂います。
   
   【ただ空間はあっても、人がいない教室のなんと静かなことか・・・・・】

  
  「学校」は、生き生きした人が活動していてこそ、「学校」なんだと改めて思いました。

  3年生がいなくなった「掃除場所」に、新しく人が来ました。1年生・2年生が、「新・掃除場所」に配置されたのです。
 
  まずは、「3年生の教室」の装飾品の取り外しです。いつまでも残しておきたい装飾ですが、「思い出」として、心のスクリーンに焼き付けて、新しい3年生、新しい出会いの「教室」として整えます。
   
    【黒板のメッセージをきれいにぬぐって、花の飾りをはずします】

  掃除に来た生徒たちも、担任の先生の熱い思いを感じていました。

   
      【 背面掲示板も、新3年生のために整えていきます 】 

  「春」は、出会いと別れの季節と言われます。誰にとっても、「別れ」は寂しい気がします。そこには、長い時間をかけて築いてきたつながりがあるからです。やはり、積み込まれたものは大きいです。
 でも、新しい「出会い」には、今までになかったものが必ず含まれています。それを、「成長の種」と見るならば、「春」は、どんどん種を蒔くときなのかもしれません・・・・・・・・・。 

  教室ばかりではありません。今まで3年生が担当していた廊下にも、トイレにも、階段にも、新しい「種」が蒔かれています。 
  
  【 一生懸命さは、3年生と変わりません。今日もきれいになりました 】

 日本で一番きれいな廊下・階段・トイレを目指して、磨いてね。

  
  【一人でも、二人でも、三人でも、任されたところは、バッチリです】

 どうでしたか、「新・掃除場所」? どこも、きれいになっていましたよ。
ありがとう、1・2年生。
  3年生が卒業したあとの「学校」は、任せたよ!!!

 

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:りんごパン、牛乳、ビーフシチュー、愛知産野菜コロッケ、れんこんサラダ】のメニューでした……。その中で、
  
       
【 愛知産野菜コロッケ 】      
  
 今日の「コロッケ」には、愛知県で作られたれんこん・ほうれんそう・にんじん・たまねぎが使われています。愛知県は、温暖な気候と豊かな水や土地に恵まれ、古くから野菜作りが盛んです。
 全国各地から、さまざまな野菜や種も集まり、江戸時代には尾張地域を中心に、種や苗を育てて、農家に売るようになりました。
 

                          (給食センター:一口メモ より) 

 

 

本日の学校の様子

▽▽3月7日(水)  「進級」までのカウントダウン!!▽

       
 

 「卒業証書授与式」の翌日、3年生のいない西中学校は、少し寂しい感じがします。でも、2年生・1年生は、今朝も部活動の早朝練習から頑張って登校してきています。
 それぞれの昇降口には、「進級」までのカウントダウンが刻まれました。
 

   【最高学年の2年生】            【先輩になる1年生】

 あと11日・・・ 何もしなくても過ぎていく11日ですが、卒業した3年生が過ごした「密度の濃い残りの日々」のように、何かを成し遂げて「進級」していく「残りの日々」でありたいです。

 さっそく2年生は、朝一番に、体育館に集合して「学年学活」でした。
【学年主任の先生からのお話です】

  3年生になる前に、3年生になってからの「学年目標」の3本柱の紹介でした。今の2年生に足りなくて、これから3年生で力をつけてほしいことを、丁寧に話してくださいました。
 2年生の3学期のまとめの時期でもあり、3年生の「0学期」の始まりでもあり、生徒の自覚を高め、意識を向上させていく、とても良いお話でした。

  1年生は、「ヘルピータイム」です。今日のテーマは、「朝食を毎日食べよう」です。
  【朝食抜きが、体に及ぼす影響を伝えます】
 朝食を抜くと、脳は糖分を貯めこめないため、食事の感覚があきすぎると、活動が鈍り、集中力が保てなくなります。そして、生活習慣病になりやすい体になってしまいます。
 朝食って大切なんですね・・・。
 「今日、朝ごはんに何を食べてきましたか?」という問いかけに、「菓子パンで~す」とか、「カレーの残りで~す」と答えていました。
 まずは、何か食べてくることですが、次は、栄養バランスを考えて、もう一つプラス(野菜など)することへ発展させていきましょう。
 どうやら、朝ご飯を毎日食べて来る人は、「全国学力調査の平均正解率」も高いみたいですよ!!!!


  少し前(2月6日)に紹介した「銅板の打ち出し」が完成しました。
  

  【中棟と北棟の渡り廊下の「アートの回廊」に展示されています】

 いろいろな表現がありますね。凹凸で表現するのって、けっこう難しいですよ・・・ 力作が揃っています。
   

 【今回は、動物がモチーフになっているようです。銅板の銅(動)物園です】

 

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:ごはん、牛乳、さわらの照焼、切干し大根の香味炒め、吉野汁】のメニューでした……。その中で、
  
       
【 さわらの照焼 】  
 「さわら」は、大きさによって名前が変わる出世魚です。
 小さいものを関西では『さごし』、関東では『さごち』といいます。
 「さわら」の肉は白身に見えますが、じつは赤身で、栄養的には青魚に近い魚です。
 脳の働きを助けたり、血液の流れをよくしたりする成分が多く、たんぱく質やビタミンB2、鉄、亜鉛も豊富です。

            (給食センター:一口メモ より)  \(^_^)/     

 

BOOk 復活!あやこの本棚(図書館より) BOOK

 「図書館運営補助員のあやこさん」に選んでいただいた本を、「図書委員」さんが紹介するコーナーの復活です。

 
      

        【 火 花 】  又吉 直樹 

 売れない芸人・徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人・神谷と電撃的な出会いを果たす。徳永は神谷の弟子になることを志願すると、「俺の伝記を書く」という条件で受け入れられた。
 奇想の天才でありながら、人間味に溢れる神谷に徳永は惹かれていき、神谷もまた徳永に心を開き、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。
 徳永と神谷の破天荒な付き合いや、それに関わる相方の思いも含めて、ストーリーは進行し、いよいよ、相方の芸人生活からの引退の時を迎える。
 最後のステージに相方と共に立つ徳永…そこで行なった漫才が、読者の胸を打つ!!!!  第153回芥川賞受賞作。 

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 3月6日(火)  「時を越えて羽ばたいて」・・・・・ 卒業生! ▽▽
 

 

 弥生 3月 厳しかった寒さも和らぎ、所々に 新しい生命の息吹が見られる啓蟄(けいちつ)の今日。
 希望に満ちた春の訪れが身近に感じられる本日、「平成29年度 日進市立日進西中学校 第40回 卒業証書授与式」を挙行することができました。
 多くの保護者、来賓、PTAの方々に見守っていただき、生徒も、西中生の誇りを胸に、それぞれの進路に向って、力強く、旅立つことができました。今日まで支えていただいたすべての方々に感謝申し上げます。

 座席数の関係で、1年生が卒業式に参加することが出来ませんでした。1年生の生徒をはじめ、本日、病気などで卒業式に出席することが出来なかった、すべての人に、様子をお伝えします。
 全部を見ていただくことは叶わないので、雰囲気だけでお許しください。

  まずは、2年生が昨日、準備してくれた「3年生の教室の装飾」です。
   
   
   
 
 
   
 あらためて、2年生のみなさんの「思い」に感謝いたします。

 前面の黒板だけではありません。
 
   
    
  
   
  教室の背面も、ご覧のとおりです。

  3年生の教室に向う階段前や昇降口にも、
   
   
  教室の「カウントダウンカレンダー」も、とうとう「あと0日」となりました。

 今朝、教室に入ってきた3年生の生徒の多くは、この教室や廊下の装飾を見て、心が「じ~ん」と来たのではないでしょうか。

 体育館を埋め尽くす、2年生と保護者・来賓の方々・職員の中、いよいよ3年生の入場です。
 
 【盛大な拍手の中を入場です】

 担任の先生の「呼名」が始まりました。
  
 
 

  

  【この1年間のすべてがこもった、力強い「返事」でした】
  
 

  緊張もします、失敗もします、それでも、一人ひとりの「思い」のあふれる素晴らしい返事でした。

  代表の生徒が、「卒業証書」を受け取ります。
 
【最高の仲間273名を代表して】
 

 そして、校長式辞、教育委員会告辞、来賓祝辞と続きます。

 2年生の「送辞」、「送別の歌:いのちの名前」も素晴らしかったです。
 
【先輩との「思い出」の数々が、浮かび上がる2年生の歌声でした】

 「送辞」に込められた校訓「今に生きる」の意味。その通りだと響いてきました。
 「先輩愛」、「西中愛」の素晴らしさは、十分、先輩の心に伝わっていきました。

 ♪ 未来の前にすくむ手足♪ を、♪静かな声で♪ ほどいてくれた先輩の「思い出」・・・・・ 2年生は忘れません。

   
 
 そして、式は、いよいよクライマックス。
【万感の思いあふるる卒業生答辞】

 こんなに近い距離で聞くことができて幸せでした。感激です。

 でも、きっと、体育館中にしっとりと伝わっていく、やさしい声は、聞く人すべての心の中に染みとおっていったことでしょう。

 
 
 
【在校生、保護者に向けて、卒業生の「時を越えて」が響き渡る】

 ♪ 精一杯の汗と涙 流した数だけ きっと
     君が生きていく強さに 変わる時が 来るから
         時を越えて 羽ばたいて  ♪ ♪

  
 3年間の出来事が思い出される。 

 ♪ あの日の喜びと あの日の悔しさを
   つまずいた時は そっと思い出してみよう  ♪♪

  と歌う3年生の歌詞に、

  「最高の仲間」との数々の場面がオーバーラップします。

   涙腺崩壊・・・・ 流れる涙は止められない…。

  でも、流した涙の数だけ強くなってきた卒業生。

 後輩も、職員も「最高の仲間」に加えて、

  最高潮は、【校歌】!!!!!!!!!
 
♪あゆちの昔 しのばれて  その名もうれし 日進の

  
 卒業生、在校生、職員、そして、保護者が気持ちを重ねる「校歌」

  ♪ 西中 西中 西中学校に 学びつつ
   明日を 明日を 明日をつくると 手をつなぐ
    われらの夢は  われらの夢は はるかなり
      はるかなり  ♪

 西中学校 全校生徒数865名、教職員66名の「われらの夢」を乗せて、「卒業証書授与式」が終了しました。

  
 
   
 
【担任の先生に感謝の言葉を伝え、退場する卒業生。見送る担任団】

 目を細め、涙をぬぐい、彼らの言葉に表情を緩める3年生の先生方の姿がありました。

 在校生、保護者、先生に、祝福の拍手を受け、退場する卒業生。
 緊張感が、少しとけた卒業生の表情は、最高に素敵な笑顔でした。

 
 大丈夫! これからどんなことがあっても、「時を越えて羽ばたいて」いける。

  
 
 
 体育館から退場し、最後の「学級活動」の時間です。
 担任の先生の「贈る言葉」に、この一年間が込められます。
  
  今だからこそ、彼らのこの上もない優しさを感じます。

 最後の「学級活動」を終えて、保護者・教職員が作る花道を歩いて、歓送を受けます。
  
 

 いつまでも、いつまでも、別れを惜しむように、写真におさまっている姿が印象的でした。
  
 この一瞬は、過ぎ去って行ってしまうけど、みんなで撮った写真と心に刻んだ「思い出」は、これからも、ずっといつまでも、残っていくことでしょう。

 
 卒業生の15年間を見続けていただいた保護者のみなさま。
 この「3年間の中学校生活」を支えていただきまして、本当にありがとうございました。

 3年生が卒業した「日進西中学校」は、やはり寂しくなりますが、3年生が残してくれた伝統を、後輩が、脈々と引き継いでいきます。

 「今に生きる」西中生の誰でもすべてが持っている「可能性」という種。決して早くに開く成果を求めるばかりではなく、じっくり育て、温めて、守っていく「可能性」の種・・・・・・・。

 いつまでもいつまでも、西中生は「可能性」を持ち続けていきます。

 保護者の皆さま、引き続き、この「西中学校」の応援団で居てくださいますことをお願いいたします。

 また明日から、1年生・2年生、職員みんなで、「今に生きて」いきます。
  

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 3月5日(月)  「カウントダウンあと1日」の3年生・2年生! ▽▽
 

 午前中から降り始めた雨・・・・ 最後の一日を惜しむ「涙雨」なのか。

 3年生の生徒たちは、体育館に入り、「最高の仲間」と過ごす、最後の『学年学活』でした。
 閉ざされた扉の中は、生徒273名と3年生担当の先生との空間です。
3年間を振り返っていくように、ゆっくりと時間が流れていきました。

 先生方が、一人ひとり、思いを語っていく「3年生に贈る言葉」・・・生徒たちも、いつも以上に耳を傾け、目を開いて、聞いていました。
【生徒と先生の温かな時間と空間】
  「このまま、この時間が ずっと続けばいいのに」と言っていました。

 3年生は、3時間授業で下校しました。 明日に備えて・・・・・・・。

 さあ、次の出番は、2年生です。 給食後の午後から準備に入ります。

 (1年生は、一部 吹奏楽部の生徒を残して、給食後 下校です)

 降り続く雨で、廊下・壁・窓の「結露」がひどい状態です。そんな良くない環境でも、2年生の生徒の「卒業式準備」は、着々と進められていきます。

   
 【拭いても拭いても、またまた湿る。それでも、拭いて、拭いて、きれいに】

  
  2年生の生徒たちも、本当に一生懸命に準備していました。今までの素敵な3年生の行いを、十分、2年生も感じているのでしょう。
 こうして、「日西中」の歴史・伝統は、受け継がれていくのだなあと思います。
   
    【教室の黒板には、色チョークで描かれていきます。力作です】

  これは、制作途中です。すべてをお見せすると、明日の朝の新鮮な驚きが薄れてしまうので、今回はここまでです・・・・・・・・・・。

 体育館の準備も、万全です。
        
 【ステージ上から、3年生の座席を見てみました。表情が見える距離です】

 「答辞」を読む3年生の代表生徒が、一旦、お家でお昼を食べてから、再び、練習に来てくれました。準備が整った会場で練習です。

 大丈夫です・・・ 読み方も、間の取り方も、感情の移入も自然でした。素晴らしい。 これで、明日も、リラックスしてできますね。

  2年生のみなさん、「最高の舞台」を、ありがとう!!

 「感性・感謝・感動」の卒業証書授与式に、準備はすべて整いました。

明日は、この「最高の舞台」に、西中生の思いを込めていきましょう!!

 気合いは、「炎の如く」。 心は、「今に生きる」で!!!

 
  

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:ごはん、牛乳、鮭の塩こうじ焼、五色の酢の物、さつま汁】のメニューでした……。その中で、
  
          
【 さつま汁 】      
  
 今日の「さつま汁」には、さつまいもが入っています。
 アメリカ航空宇宙局NASAでは、宇宙ステーションの自給作物として「さつまいも」の水耕栽培開発も進められています。環境への適応力が強く、じょうぶで早く育ち、いもだけでなく葉や茎も食べられる。
 そして、エネルギーだけでなく他の栄養分も多い「さつまいも」は、利用、再生効率を要求される宇宙食としてぴったりの食べ物だということです。

                          (給食センター:一口メモ より) 

 

 

本日の学校の様子

▽▽3月2日(金) 3月=弥生(やよい) 春の風  最高の仲間たちと ▽▽
  

 
 
 

 今日は、義務教育9ヵ年の中で、中学3年間の「最後の給食」でした。今日のメニューは、なんだったのでしょう?

 

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇

【献立:古代米赤飯、黒ごま、牛乳、みそカツ、千草あえ、すまし汁、お祝いデザート】のメニューでした……。その中で、

    
    
      【 古代米赤飯 】   
   
 

 3年生のみなさんにとって、最後の給食となります。
 卒業をお祝いして、日進でとれたうるち米・もち米に、古代米の黒米も使って「赤飯」を炊きました。
 これからは、自分自身で食べ方を選んでいくことになりますね。目標をかなえるために、まずは健康でなければなりません。健康を意識して食べることを心がけ、これからも充実した毎日を過ごしてください。

                       (給食センター:一口メモ より)
    
  給食センターの皆さま、そして、生徒の机に「給食」が並べられるまでに係っていただいているすべての皆さん。 9年間、ありがとうございます。

 「平成27年4月」から始めているこの『今日の逸品』シリーズです。
 毎回、このおいしさを伝えるために「写真」を掲載してきました。生徒が毎日食べている「給食」・・・・中学を卒業すると、そうそう、「給食」が食べられる機会なんてありません。
  子どもたちが、お昼を心待ちにしている人気メニューもありました。行事・テスト・台風などで、給食がカットになり、そんなときの給食ほど大好きなメニューだったりもしました。
 中学を卒業し、大人になってからも、「給食メニュー」は飲み会のネタとして話題になります。ミルメーク、くじらの竜田揚げ、あげパン、ビニール袋に入ってお湯の中に浮いていた茶碗蒸しなどが、ネタの上位でしょうか?

 毎回、本当に、おいしくいただかせていただきました。「愛情」こもっていました。   ごちそうさまでした。 いつも、ありがとうございました。 

 おいしい給食をいただいたあとの5・6時間目。3年生は、最後の「学年レクリエーション」でした。

  種目「空き缶積み上げ」
  
  
 【空き缶をGETし、積み上げます。縦1列か、ツインタワーにするのか】

  
 【タイムアップで崩れるところが続出です。先生チームも慎重に積みます】

 種目「先生あてクイズ」
   

  【映像のヒントが4つ。愛用の品や、集めているグッズから解答します】

 
 
 種目「障害物競走」
   
 【ボールを股にはさんでジャンプ】 【ビニールシートをくぐって次にタッチ】
  クラスメイトを応援すると、自然と笑顔がこぼれます。

   

      【跳び箱を越えたら、あとは、借り物競争のシートを取ります】
 

  生徒の手作り感 満載の集会でした。このあと、生徒たちは運動場に場所を移し、2クラス対抗綱引きで雌雄を決していました。

 最高の仲間たちと過ごした今日の2時間。きっと、「思い出」の1ページに書き加えられたことでしょう。

 授業後は、体育館に、先生方をお招きしての「謝恩会」が開催されました。こちらも生徒の手作りです。お手紙を束にして、リボンをつけて渡すことや、合唱曲のプレゼントは、今までにもよくあるパターンでした。
  が、しかし、今年の3年生がユニークなのは、なんと、先生と生徒が交じり合っての「ミニ舞踏会」がフィナーレでした・・・・????????
 と、「?」マークが連続しますよね。
  真相は・・・?  BOOK「ジョーカーゲーム」の最後に!!


BOOk 復活!あやこの本棚(図書館より) BOOK

 

  「図書館運営補助員のあやこさん」に選んでいただいた本を、「図書委員」さんが紹介するコーナーの復活です。

 
      

    【 ジョーカー・ゲーム 】  柳 広司 

 

 スパイ養成学校〔D機関〕。常人離れした12人の精鋭。彼らを率いるカリスマ:結城中佐の悪魔的な魅力。

 

 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校〔D機関〕。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。
 これが、結城が 訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。 
 だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」― 結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュで、小説の醍醐味を存分に詰め込んだ傑作スパイ・ミステリーです。
 

         

 ハラハラ、ドキドキ、先の展開が気になる、時間も忘れる本です。アニメにもなりました。


※※ 「ミニ舞踏会」の真相は、『マイムマイム』のフォークダンスを300人超えで踊りました。盛り上がった! 最高の仲間になれたよ。 私は、息が切れました・・・・・・・・・・・。
  3年生のみなさん、ほんとうに ありがとう。
 

本日の学校の様子

▽▽ 3月1日(木)   中学3年生としての・・・・・・残りの日々    ▽▽
 

 「3送会」から、春の嵐の一夜が明けて、登校した3年生を迎えたのは、飾り付けられた昇降口でした。
  
 【体育館の「3送会」の装飾の一部を、3年生の校舎に持ってきました】

 昨日は、近くで見ることができなかった装飾(メッセージなど)も、これで、十分 読むこともできます。中学3年生としての残りの日々に、さらに、思い出を積み重ねてください。

 3,4時間目は、1年・2年・3年生が揃っての「卒業式予行練習」です。
 当日(3月6日)は、座席数の関係で、2年生が在校生の代表として式に臨みます。今日は、「卒業式」の雰囲気、3年生の意気込みを、1年生に伝える最後の機会です。
  
 
 
 

    【3月6日・・・この背中を、2年生・保護者の方々が見つめます】

  普通の「背中」ではありません。この中学校生活3年間のすべてを背負ってきた「背中」です。あなたは、後輩に何を伝えますか?小さい頃、「背中」に背負われた親に、あなたは、この「背中」で、何を見せますか?
  中学3年生としての残りの日々に、さらに、この「背中」が多くのことを伝えられるように・・・・よろしく、「今に生きる」3年生!!!

 
 
 【3月6日・・・この歌声を、2年生・保護者の方々が息をつめて、聴きます】

  普通の「歌声」ではありません。この中学校生活3年間のすべてを表現する「歌声」です。あなたは、後輩に何を聴かせますか?
 小さい頃に歌った声を、今再び聴いていただける親に、あなたは、この「歌声」で、どんな思いを込めますか?
  中学3年生としての残りの日々に、さらに、この「歌声」が多くの人たちに感動を伝えられるように・・・・よろしく、「今に生きる」3年生!!!

 「第40回卒業証書授与式」・・・よく言われます。主役は、だれ?

                                                       もちろん、3年生。

 普通の「返事」ではありません。普通の「姿勢」ではありません。
「背中」も、「歌声」も、主役は君たち! 

 今日の満足は、まだまだ「最高」ではありません。

 
 
 中学3年生としての残りの日々に、さらに、「最高の仲間」と「最高の卒業式」を創り上げるために  ・・・ よろしく、「今に生きる」3年生!!!


  昼放課、「トーチ隊」の隊形に変化がありました。
  
 【横3列です。総員28名です。曲が流れています。この曲は、あれだ!】

  
  いよいよ曲の流れに合わせながらの練習に、ステップアップです。今はまだ、揃っているところが少ないけれど、これからの練習でカバーできると思います。
 全体練習と個人練習を繰り返して、期待してます「トーチ隊」!
 【かっこよくポーズを決める隊長】

  5,6時間目、3年生の「奉仕活動」の時間です。中学校に入学して3年間、使い続けてきた校舎・・・・ 気がついたら、今まで、磨いていなかったところも いっぱいありました。
  
  【 ひとりでも、黙々と磨いています。すごくきれいになりました 】

  
  【 ふたりでも、黙々と磨いています。すごくきれいになりました 】

  
  【 いろいろな場所を磨いています。すごくきれいになりました 】

  
    【 それぞれが道具を使って、気になるところを磨いています 】

 3年生の皆さん、すごく きれいになりました。 ありがとう ヽ(^。^)ノ 

 中学3年生としての残りの日々に、さらに、「学校の校舎・グランド」と「自分自身」を 磨き上げてくださいね! よろしく、「今に生きる」3年生!!!

 
 
 
  
 
  

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇


【献立:ごはん、発酵乳、いかのフリッター、豚しゃぶサラダ、大根のすき煮、いちご】のメニューでした……。
  その中で、
 
         【 大根のすき煮 】      
   
 「大根」の種類は、日本だけでも200種もあるとか。
 形はもちろん、大きさも、長さも、色も、味も、さまざまです。原産地は、地中海ですが、日本には世界一の「大根」もあるのです。
 世界で一番大きい「大根」は?   ・・・ 桜島大根で、重さが7~10kg、直径50cmにもなります。
 では、世界で一番長い「大根」は? ・・・ 守口大根です。全長1.5mにもなります。
 では、一番小さい「大根」は? ・・・ 二十日大根で、ラディッシュとも呼ばれていますね。 

                 (給食センター:一口メモ より)    
  

 

 

本日の学校の様子

▽▽ 3月1日(木)   中学3年生としての・・・・・・残りの日々    ▽▽
 

 「3送会」から、春の嵐の一夜が明けて、登校した3年生を迎えたのは、飾り付けられた昇降口でした。
  
 【体育館の「3送会」の装飾の一部を、3年生の校舎に持ってきました】

 昨日は、近くで見ることができなかった装飾(メッセージなど)も、これで、十分 読むこともできます。中学3年生としての残りの日々に、さらに、思い出を積み重ねてください。

 3,4時間目は、1年・2年・3年生が揃っての「卒業式予行練習」です。
 当日(3月6日)は、座席数の関係で、2年生が在校生の代表として式に臨みます。今日は、「卒業式」の雰囲気、3年生の意気込みを、1年生に伝える最後の機会です。
  
 
 
 

    【3月6日・・・この背中を、2年生・保護者の方々が見つめます】

  普通の「背中」ではありません。この中学校生活3年間のすべてを背負ってきた「背中」です。あなたは、後輩に何を伝えますか?小さい頃、「背中」に背負われた親に、あなたは、この「背中」で、何を見せますか?
  中学3年生としての残りの日々に、さらに、この「背中」が多くのことを伝えられるように・・・・よろしく、「今に生きる」3年生!!!

 
 
 【3月6日・・・この歌声を、2年生・保護者の方々が息をつめて、聴きます】

  普通の「歌声」ではありません。この中学校生活3年間のすべてを表現する「歌声」です。あなたは、後輩に何を聴かせますか?
 小さい頃に歌った声を、今再び聴いていただける親に、あなたは、この「歌声」で、どんな思いを込めますか?
  中学3年生としての残りの日々に、さらに、この「歌声」が多くの人たちに感動を伝えられるように・・・・よろしく、「今に生きる」3年生!!!

 「第40回卒業証書授与式」・・・よく言われます。主役は、だれ?

                                                       もちろん、3年生。

 普通の「返事」ではありません。普通の「姿勢」ではありません。
「背中」も、「歌声」も、主役は君たち! 

 今日の満足は、まだまだ「最高」ではありません。

 
 
 中学3年生としての残りの日々に、さらに、「最高の仲間」と「最高の卒業式」を創り上げるために  ・・・ よろしく、「今に生きる」3年生!!!


  昼放課、「トーチ隊」の隊形に変化がありました。
  
 【横3列です。総員28名です。曲が流れています。この曲は、あれだ!】

  
  いよいよ曲の流れに合わせながらの練習に、ステップアップです。今はまだ、揃っているところが少ないけれど、これからの練習でカバーできると思います。
 全体練習と個人練習を繰り返して、期待してます「トーチ隊」!
 【かっこよくポーズを決める隊長】

  5,6時間目、3年生の「奉仕活動」の時間です。中学校に入学して3年間、使い続けてきた校舎・・・・ 気がついたら、今まで、磨いていなかったところも いっぱいありました。
  
  【 ひとりでも、黙々と磨いています。すごくきれいになりました 】

  
  【 ふたりでも、黙々と磨いています。すごくきれいになりました 】

  
  【 いろいろな場所を磨いています。すごくきれいになりました 】

  
    【 それぞれが道具を使って、気になるところを磨いています 】

 3年生の皆さん、すごく きれいになりました。 ありがとう ヽ(^。^)ノ 

 中学3年生としての残りの日々に、さらに、「学校の校舎・グランド」と「自分自身」を 磨き上げてくださいね! よろしく、「今に生きる」3年生!!!

 
 
 
  
 
  

〇〇 待ってました!今日の逸品(給食より)〇〇


【献立:ごはん、発酵乳、いかのフリッター、豚しゃぶサラダ、大根のすき煮、いちご】のメニューでした……。
  その中で、
 
         【 大根のすき煮 】      
   
 「大根」の種類は、日本だけでも200種もあるとか。
 形はもちろん、大きさも、長さも、色も、味も、さまざまです。原産地は、地中海ですが、日本には世界一の「大根」もあるのです。
 世界で一番大きい「大根」は?   ・・・ 桜島大根で、重さが7~10kg、直径50cmにもなります。
 では、世界で一番長い「大根」は? ・・・ 守口大根です。全長1.5mにもなります。
 では、一番小さい「大根」は? ・・・ 二十日大根で、ラディッシュとも呼ばれていますね。 

                 (給食センター:一口メモ より)