メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

日進市立東小学校のホームページにようこそ

          ● ● ● 日進市立東小学校  ● ● ● 
                      ※ 創立 明治45年2月1日 日進東部尋常小学校 
                      ※ 東小学校は、平成23年に100周年を迎えました。

     〔所 在 地〕    〒 470-0111
              愛知県日進市米野木町北畑8-3  
              TEL:0561-73-2227    FAX:0561-74-0164

     〔交通案内〕 名鉄豊田線米野木駅下車     北へ約2000m
              名鉄バス名商大線「東仲」下車 北へ約400m

 
<オレンジ群団の由来>
  かつて昭和の終わりごろ、愛知郡(その当時は日進町)では「愛知郡小中学校陸上競技大会」が行われていました。当時、東小学校は昭和52年度~昭和59年度までの8年間、「8年連続総合優勝(8連覇)」を達成しており、陸上競技大会の会場(青少年公園が多かった)は、どの種目を見ても「東小のユニホームの色(オレンジ)」が走り回っていました。
 午前の予選から、午後の決勝まで走り回り、フィールドも含めことごとく上位を独占していました。その「東小のユニホームであるオレンジ色の選手たち」を見て、他校の選手たちは「オレンジ群団!」と尊敬の意味を込めて呼んでいました。
 
28年度 日進市小学校球技大会 サッカー部 優勝


27年度 日進市小学校球技大会 サッカー部 優勝


26年度 日進市小学校球技大会 バスケットボール部 優勝
 
① 「オレンジ群団」 創立100周年を記念して
           日進市小学校球技大会において
                  サッカー部・バスケット部 
                    史上初のアベック 優勝 達成!!


 <バスケットボール部 優勝>




 <サッカー部 優勝>






② オレンジの正門               ③ オレンジの朝礼台(運動場の象徴)
 

④ オレンジの体育館扉       
 

⑤ オレンジ群団を見守る伝統ある市電   ⑥ オレンジ群団象徴の校旗
 

⑧ 100周年記念時計塔「オレンジカラーの文字盤」

 
 

来訪者数

165684

お願い

※ このホームページの画像の著作権は日進市役所教育総務課にあります。
 日進市役所教育総務課の許可なしに画像の加工、転載、複製はお断りいた しま 
 す。
                                          
         

※ 人物の特定ができる写真については、年度初めに保護者の方の許諾を得て 
 掲載しています。また、悪用を避けるために画素数を落とし、拡大させると不鮮明 
 になるよ
うに努めています。

 

今月のオレンジキッズ


 東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです。
「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています「オレンジだより」とともにご覧ください。
●●● 令和元年度 7月 ●●●
7月17日(水)
 クマゼミの大合唱が始まりました。今から40年前では考えられません。名古屋にはクマゼミは少なくて、子どもの頃、それを捕ることが虫好き小僧の勲章でした。今ではサクラやケヤキの木にたくさんいます。東郷町民会館前のケヤキでは素手で捕れるほど低いところにもいます。昔はニイニイゼミに続いて鳴き始めるのはアブラゼミだったのですが、温暖化による影響なのでしょうね。ようやくカブトムシの活動が盛んになっていました。遊歩園でも捕れ始めました。樹液の出る場所にはハチもいますので十分注意が必要です。また、カも多く虫除けを使わないと大変です。
 今朝、登校途中の児童が刈り倒された草の中にヘビの死骸があることを教えてくれました。そのヘビはマムシでした。草刈りをしている人に向かって鎌首をあげたのでしょうか。普段は臆病な生き物ですが、お腹に子がいると攻撃性が強くなると言われています。私もヤマカカシにちょっかいをかけて鎌首をあげられたことがあります。何回か噛まれもしました。毒牙が口の奥の方にあるため深く噛まれないと毒が注入できなかったので40年前までは無毒のヘビとされていました。現在、ヤマカカシは毒蛇として扱われています。くれぐれもヘビにはちょっかいをかけないようにしてください。

7月9日(火)
 1年生はアサガオ、2年生は夏野菜を保護者に持って帰ってもらっています。どちらも大きな鉢に入れて、土の量を多くするとさらに育ちます。特に夏野菜は、少ない土でよく生き抜いたと感心させられます。子どもたちの愛情の賜です。夏野菜は大きく深いプランターに移し替えるか、20リットルぐらいの培養土の袋をしっかりと自立させ、袋の下側に箸くらいの太さの棒で数十箇所水抜き穴を開けます。袋の上部を切りプランターから夏野菜を鉢土ごと上手に抜き取り、植え付ける方法もあります。
 ザリガニ釣りは毎日多くの児童が楽しんでいます。昨日もファミマ横の水路で30匹ほど捕ってきました。残念ながら大型のオスは捕まえられませんでした。プラケースにザリガニを入れて登校する児童がいます。水を入れたプラケースは意外と重いので安全のためやめてください。ザリガニにとってもよくありません。ザリガニは静かな落ち着ける場所で飼ってください。
 今朝、タマムシを捕まえた児童がいました。この時期に羽化するようです。普通、成虫はケヤキの葉を食べに高い所を飛んでいますので、長い柄の網がないと捕まえられません。私が一番最初にタマムシを捕ったのは、朽ち木から出てきたばかりの個体でした。

7月2日(火)
 天気予報の天気図には梅雨前線が東西にのびています。この地域は大雨のおそれは今のところはありませんが、鹿児島県の大雨の様子は「お気の毒」としか表現できません。雨で普段よりも側溝の水かさが増し水流が強くなると、子どもは物を流してみたり、入れてみたりしたくなるようです。足などを入れ水流で体ごと流されることも起こります。水量の増した側溝では遊ばないように各ご家庭でもご指導ください。30年以上も前のことですが、集中豪雨で名東区の中学生が道路上で濁流に流され命を失っています。この地域は高台ではありますが、一度に大量の雨が降った際は気を付けなければいけません。
 相変わらずザリガニ釣りは盛況です。20人くらいの児童が、池の周囲を囲んでいます。1年2組が生活科の授業でザリガニ釣りをしていたころ、女児がカダヤシを釣り上げるという珍事が起こりました。カダヤシもお腹を減らしているようです。水面に浮いているザリガニ釣りの残り餌を集団でつつき回しています。観察池のスイレンの花が咲きました。