メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

今月のオレンジキッズ

東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成26年度 2月 ●●●

小学校探検  〔2月27日(金)〕
 
日進市立の東部保育園と三本木保育園の年長さんが、入学を前にして、小学校探検に訪れました。校舎の中を歩いて学校の様子を見たり、1年生の教室に入って椅子に座ったりしました。そして、1年生のみんなが歌をうたってあげていました。10時から1時間ぐらいの訪問でしたので、ちょうど大放課に重なり、かわいらしい園児に、小学校の子どもたちが嬉しそうに声をかけていました。また、保育園の先生に懐かしそうに話しかける小学生もいました。園児たちは、きちんとあいさつをして帰っていきました。先日は、中学生が小学校で学校紹介をしてくれて、中学校入学の不安を和らげてくれました。今日は園児たちが、小学校入学への不安を和らげる日となりました。校種の異なる段差の不安を、少しでも取り除く工夫をすることは、大切な活動であると感じます。

読み聞かせ  〔2月27日(金)〕
 
朝の読書タイムに、PTAのボランティアの方が、3年生の子どもたちに読み聞かせをしてくださいました。1学期は1年生に、2学期は1・2年生にしていただき大変好評でした。今日は3年生ということで、子どもたちはどんな様子をみせるだろうかと、気になっていました。すると、ボランティアのお母さんが絵本を開くと、身を乗り出すようにして絵本に集中する姿をみせ、少し驚きました。中学年になっても、子どもたちは読み聞かせがとても好きなようです。今年度のボランティアの方の読み聞かせは今日が最後でしたが、来年度も楽しみにしたいと思います。

交通少年団団旗引継式
〔2月26日(木)〕
 
今朝、育成会長(PTA会長)、愛知警察署の方、教育委員会、生活安全課、交通指導員さ方に見守られながら、交通少年団の団旗を次年度の少年団に引き継ぐ式を行いました。昭和51年の発足以来、東小で続いている大事な行事です。26年度の団長さんからの1年間取り組んだ感想の挨拶の後、4月以来の交通少年団の学校外での活動についての発表がありました。最後に「みどりのそよ風」の少年団の歌を歌い、交通少年団だけでなく全校児童が、交通安全を誓う時間になりました。米野木駅付近に住宅が増え、新しい広い道もでき、校区内の自動車の通行量は確実に増えてきています。一人一人が交通安全に気を付けて行動する力を一層付けさせていきたいと思います。

6年生 卒業会食  〔2月25日(水)〕
 
2月2日(月)から、6年生の5~6人の小グループが順に、校長室で給食を食べました。今日が12回目の会食で最終回となりました。子どもたちは、6年間に校長室に入る機会がほとんどなかったようで、校長室に給食を運んでくるときは、少し緊張している子がたくさんいました。でも、たわいもない会話を弾ませていくうちにリラックスモードになり、教室に戻るときにはどの子も笑顔で帰って行きました。卒業までの登校日は、20日を切りました。東小での学校生活でやりたいことはすべてやって・・・という気持ちで、一日一日を大事に過ごしてほしいと願っています。

3年生 タグラグビー②  
〔2月25日(水)〕
 
先週に引き続き、外部の講師の先生の指導で、3年生が「タグラグビー」の授業を受けました。先週は、ゲームを通して「タグ」を取る・取られないように逃げるという、「タグ」に慣れる学習が中心でした。今日は、タグラグビーボールを使っての授業でした。はじめに、「タグラグビー」はどのようになったときに点が入るのかを教えていただき、その後、4つのグループに分かれて1対1で攻撃と防御の役割で順に練習をしました。先週と今週の2時間、専門家の指導をいただきながら新しいスポーツの基礎をしっかり学ぶことができました。「タグラグビー」は4年・5年・6年の体育の学習でも扱うことができるスポーツです。今回一層膨らんだ興味・関心が学年が上がってもつながっていくといいなと思います。

2年生 おこしものづくり  〔2月24日(火)〕
 5年生が田植え・稲刈りをしたお米を粉にして、2年生がおこしものづくりをしました。2年生は、生活科のねらいである地域のよさに気付くという学習で、地域の伝統的な食べ物を自分たちで作ってみることに挑戦しました。一人一人が、カップ1杯の米粉をボウルに入れ、熱湯を注いでもらった後、しゃもじでこねました。少し冷めて米粉がパラパラになったら、耳たぶぐらいの柔らかさになるまで手でこね、生地を木型に入れて形を整えました。20分ぐらい蒸したらできあがり・・・醤油砂糖を付けていただきました。今日は、ペア学年の5年生にもプレゼントをするということで、一人2つずつ作りました。いつも食べているご飯の形を変えたおこしものを食べて、みんなとても満足そうな様子でした。今日は2組と3組が取り組みました。明日は1組ががんばります。

分団会  〔2月23日(月)〕
 
5時限目に、今年度最後の分団会をしました。1年間の反省は勿論ですが、新年度に向けての班編成や1年生を迎える分団準備もしました。また、3学期から新年度の1学期にかけて、通学路の検討をしている分団(班)もあります。通学分団登下校のよさは、「安全」という点です。きちんと安全に仲よく登下校ができるように、これからもしっかり指導をしていきたいと思います。新班長での登下校は、3月5日の帰りからです。

日進市バンドフェスティバル
〔2月22日(日)〕
 今日、市民会館で、第15回日進市バンドフェスティバルが開催されました。日進市内の小学校・中学校・高等学校の部活動、大学のサークル、社会人中心のアンサンブルが参加するという大きなフェスティバルでした。東小は午前中に発表をしました。映画の「インディージョーンズ」の「レイダース・マーチ」とアニメ「名探偵コナン」の「メイン・テーマ」の2曲を演奏しました。また、一部の児童は、午前参加者150名演奏(合同バンド)にも参加しました。東小の今年度の部員は48名に増え、音に厚みがでました。また、楽器同士の音量のバランス、安定した音色、強弱をつけた曲想・・・聴く度にレベルアップしているなと感心しています。日頃の練習の積み重ねの成果です。今日は、自信をもった表情で堂々と演奏する姿に、さらに成長を感じました。素敵な音楽会でした。

新人戦(市球技大会)②
〔2月21日(土)〕
 今日は、先週から始まった新人戦の決勝リーグがあり、バスケットボール部が、北小と赤池小の3チームでリーグ戦を行いました。第2試合は北小に快勝し、第3試合は、優勝をかけて赤池小と戦いました。第1クウォーターは相手チームにリードを許しましたが、徐々に挽回、そして逆転して35対24で見事優勝することができました。2日間の試合で4校と対戦しましたが、どの試合も最後までスタミナを切らすことなく、オレンジのユニフォームを着た子どもたちが、伸び伸びプレーを見せてくれました。本当によくがんばりました。おめでとう!!

児童集会  〔2月20日(金)〕
 
昨日の朝に引き続き、児童集会を行いました。委員会が担当する発表としての集会は本年度最後になります。今日は緑化委員会が発表しました。緑化委員会は、1年を通して、正門から見て校舎の東面下の花壇と本館前植木の間にある花壇の花の世話を中心に活動しています。日頃から花に親しんできたことを踏まえて「花に関するクイズ」してくれました。簡単なクイズもありましたが、難しい花の名前やあじさいの花はどこに?という問題は、大人でも考えてしまいました。全校の子どもたちが、花に目を向けるきっかけになりました。これから春に向かって、東小学校では、パンジーやビオラ、チュウリップがきれいに咲いていくと思います。今から楽しみです。

転がしドッジボール  〔2月19日(木)〕
 今朝は、児童集会で転がしドッジボールをしました。みんながなかよくできる集会をしたいという願いで児童会役員が企画しました。運動会の赤・白組を使い、ペア学年協力しての対抗戦でした。転がしドッジボールということで、どの学年も同じように安全に楽しくゲームをすることができました。1・6年チーム、2・5年チーム、3・4チームで勝敗を決め、総合で赤組の勝ちでゲームは終了しました。東小学校のこれまでのよさとして、異学年(異年齢)との交流が、日常生活の中でごくごく自然にできているように感じています。しかし、これからも、今日のような集会を計画し、全校で楽しむ時間を共有できるように工夫していきたいと思います。

3年生 タグラグビー①  〔2月18日(水)〕
 
3~6年生の体育の「ゴール型ゲーム」の学習に「タグラグビー」という新しいスポーツが入ってきています。ニュースポーツということで、職員も馴染みがあまりなく、夏休みに研修をしました。今日は、タグラグビーの普及・指導に当たっておられる地域の方を講師にお招きして、3年生の子どもたちに、タグラグビーの授業をしていただきました。タグラグビーとは、腰に「タグ」というリボン状のものを2本付けて、ラグビー版の接触をなくして行うように工夫されたスポーツです。今日は、各学級1時間ずつ、このスポーツの特徴である「タグ」に慣れる練習をしました。練習は、3つのゲーム(タグ取りゲーム・牛馬ゲーム・宝取りゲーム)を通して行い、タグを取ったり、タグを取られないように逃げたりすることを身に付けました。ニュースポーツのよいところは、経験者がとても少ないためにスタートラインでの技能の差がなく、だれもが同じようにはじめから楽しめるということです。来週にもう1時間ずつ授業をお願いしています。新しいスポーツに興味をもち、仲間でするゲームの楽しさを味わってほしいと思います。

あいさつ週間  〔2月17日(火)〕
 寒さや体調の加減で、あいさつの声が少し寂しく感じていましたが、あいさつ週間が始まったということで、今日は雨降りにもかかわらず、各学級からのあいさつ隊が職員室前に並び、元気のよいあいさつの声が響きました。とてもさわやかな気持ちになりました。ちょっとしたきっかけであいさつができる子がたくさんいます。「いつでも」「どこでも」「だれにでも」・・・というところまでになるまでには、まだ少し時間がかかるかもしれません。これからも試行錯誤をしながら指導を工夫していきたいと思います。

委員会の活躍  〔2月16日(月)〕
 
月曜日に行う朝会の流れはいつも決まっていますが、今日は特に委員会からの連絡がいろいろありました。選挙管理委員会からは「児童会役員選挙の公示」、美化委員会からは「美化週間のお知らせ」、保健委員会からは「手洗い週間の表彰」、生活・安全委委員会からは「言葉遣いに気を付けよう週間のお知らせ」、児童会役員からは「あいさつ週間の呼びかけ」などです。子どもたち自身が、自分たちのよりよい生活のために啓発しあう取組は、とてもいい活動であると考えています。そして、このような活動が続いていくことで、委員会を担当する高学年だけでなく、低・中学年の子どもたちにも「自分たちでよりよく・・・」の気持ちが伝わっていくといいなと思います。そんな雰囲気が広がるように子どもたちを支える指導をしていきたいと思います。

新人戦(市球技大会)①
〔2月14日(土)〕
 
今日から新人戦が始まりました。小学校9校が3つのグループに分かれて、予選リーグを行い、各グループの1位が来週行われる決勝リーグに進むことができます。東小学校は、バスケットボール部は、南小と梨の木小とグループを組み、2勝して決勝リーグに繋げました。サッカー部は、南小と北小とグループを組み、1勝1敗で残念ながら決勝リーグにコマを進めることができませんでした。しかし、サッカーの試合では、練習してきたことが試合の中できちんとすることができたようで、これまでがんばってきた成果を感じることができたと思います。勝敗にかかわらず、新人戦で得た課題を、10月のあいち球技大会に向けてクリアできるように、また練習に励んでほしいと思います。新人戦のときとは違い、プラスの条件が重なります。まだ8か月の練習期間があります。日が沈む時間も遅くなり、練習時間もたっぷりあります。だんだん暖かくなり、体が動きやすくなります。「勝つ」という一つの目標に向かって、技術を高めていくとともに、一緒に活動する友達との心のつながりも強めていってほしいと願います。

6年生 日進東中学校紹介  
〔2月13日(金)〕
 
学年末テストの最終日の午後の時間を利用して、東中学校生徒13名が小学校に来てくれました。6年生が少しでも不安を取り除いて中学校に入学できるように・・・ということで、「東中学校はこんな学校だよ」という紹介をする目的です。はじめに中学校自作のDVDを視聴して、校舎内の様子、行事、14の部活動の概要を教えてもらいました。その後、1日の流れ、制服の説明と着方の注意、年間のテスト、大きな行事(体育大会・文化祭・合唱コンクール)、校舎内の見取り図など、中学生が模造紙にかいたものを見せながら順に分かりやすく説明をしてくれました。さらに、事前の6年生からの質問の回答も丁寧にしてもらい、6年生の子どもたちには、入学に向けて安心感が膨らんだと思います。来てくれた中学生は、2年前東小を卒業した子どもたちです。中学生が、後輩のために、小学校の懐かしさやまた来ることができた嬉しさをもちながら学校紹介をしてくれたことで、一層有意義な時間になったように感じました。6年生にとってとてもいい取組をしていただき、東中学校に感謝です。ありがとうございました。

新人戦壮行会  〔2月13日(金)〕
 明日から日進市小学校のサッカー部とバスケットボール部の球技大会が始まります。今朝は、選手の壮行会をし、全校児童で、エールと校歌で応援の気持ちを伝えました。選手たちも、力強い自己紹介とキャプテンのあいさつをし、オレンジ色のユニフフォーム着た姿がとても頼もしく感じられました。秋のあいち教育研究会主催の球技大会の後に5年生中心の新チーム体制となり、初めての大きな大会になります。通称「新人戦」と呼んでいます。しかし、新チームの活動になって、まだ、3か月ちょっとであり、しかもこの時期は、日の沈みが早くて十分な練習時間がとれませんでした。さらに、寒くて、インフルエンザやかぜの心配をしながらの準備で、大会を迎えるには、マイナスの条件が重なっています。それでも、練習してきたことを試合の中で発揮する・・・これを大事に試合に臨んでほしいと思います。「練習してきたことが試合の中できちんとやれて勝つ!」という一番嬉しい勝ち方を目指して・・・がんばれ!オレンジキッズ!!


第1回選挙管理委員会  〔2月12日(木)〕
 
大放課に、前期児童会役員選挙に向けての第1回の選挙管理委員会がありました。27年度の役員選挙ということで、選挙には3~5年生が参加し、選挙管理委員は、各学級から2名ずつが選出されています。第1回の集まりということで、担当の教師から、選挙管理委員会の役目やこれからの仕事について話があり、3月5日の立会い演説会及び選挙に向けて責任をもって取り組むことを確認しました。しかし、初めて児童会選挙にかかわる3年生は不安な様子でした。今まで、経験したことのないことに挑戦することには心配はつきものです。でも、一つ一つ仕事を順に覚えていきながら成長を期待したいと思います。選挙公示は2月16日(月)です。今回も、東小学校をよりよくしようと考えて実行できる子どもたちが立候補してくれることを願っています。

5年生 体感アジア!  〔2月10日(火)〕
 
今日の5・6時限目に、5年生が、アジアのことを知る国際理解の出前講座を受けました。愛知牧場の近くにあるアジア保健研修所の方とボランティアの方10人の指導によるものでした。アジアの国には、学校に行けなくて文字が読めなくて困っている人たちがいること、子どもたちは水くみの手伝いをして学校に行く時間がないこと、食べられるものの量から貧富の違いがあることなど、ベンガル語の説明書・水運び(頭にのせて)などの体験から学びました。また、南アジアの伝統的な女性の衣装であるサリーを、全員が着てみるということもしました。4つの体験から、知らなかったアジアを少し体感することができたようです。日本のいろいろなことを理解した上で外国のことも理解することが、本当の国際理解につながると思います。今日は、少し世界に視野を広げました。

読書週間  
〔2月9日(月)~13日(金)〕
 今日から今年度最後の読書週間が始まりました。前半の1週間は「読書郵便」の企画です。自分が読んで楽しかった、おもしろかった本の内容や感想を、はがきに書いて友達に紹介するものです。今日は、雪が朝からちらつき、この冬一番ぐらいの寒い日になりました。それでも外で元気よく遊ぶ子どもたちがいて嬉しく思います。でも、今週から始まった読書週間に、いつもより本に親しむ時間もつくって、「本もいいなあ~」という気持ちも味わうことができたらと思います。

2年生 ヘルピータイム  〔2月6日(金)〕
 「ヘルピー」というのは、日進市健康づくりマスコットキャラクターで、「ヘルピータイム」というのは、市内の養護教諭が共同で内容を考えているミニ保健指導の時間です。本校では、今週、どの学年も5回目のヘルピータイムに取り組みました。今回のテーマは「心の健康づくり」です。今日の2時限目に2年生の教室をのぞくと、へルピータイムをしていました。「うれしい言葉 いやな言葉」の内容でした。これまでの自分の経験でうれしかった言葉も嫌だった言葉も、子どもたちからたくさん意見が出てきました。「よかったね」「だいじょうぶ?」「友達だよ」「一緒にあそぼ」など、心の温かさを感じる言葉はやはり嬉しいと感じ、「チビ」「一緒に遊ばない!」「こっちに来るな」など、外見のことや排除する言葉は悲しいと感じていました。嫌な言葉をたくさん言われると、学校に行きたくなくなるともつぶやいていました。少しの時間の心の勉強でしたが、こういう積み重ねが子どもたちの心を育てていくことにつながると思います。3学期の学校全体の子どもたちのへの課題は「心のチームづくり」です。人とうまく関わることで、毎日の生活が一層楽しくなるようにしていきたいと思っています。

児童集会  〔2月6日(金)〕
 
今朝の集会は,体育委員会による「なわとび大会」でした。天候の加減で2回延期になっていましたが、今日は、暖かい穏やかな朝になりました。業前の集会ですので、短い時間の中で、「45秒間、前跳びで連続何回跳べるか」で競争しました。跳んだ後、連続100回以上跳べた子が、学年毎にその場に立ち、名前と跳んだ回数を順に自分で発表していきました。驚いたことは、1~6年まで、45秒間で連続で跳べる回数にあまり差がないことでした。学校で一番だったのは、5年生の150回でした。全校が縄跳びを跳ぶ時間はやや少なかったですが、自分の記録を紹介する内容は、集会ならではの活動でした。縄跳びは、冬の運動に最適です。練習すればするほど上達していきます。引き続き子どもたちが、縄跳び運動に親しんでくれるといいなと思っています。

3年生 校外学習  〔2月5日(木)〕
 
3年生は、避難訓練の煙体験を済ませて、校外学習にでかけました。社会科の「はたらく人とわたしたちのくらし」の一環で、学校の北側にある荒川工業の見学をしました。学校にとても近いところにありますが、子どもたちが工場の中に入る機会はないので、今回の見学をお願いしました。「市の人々の生産している物について調べる」「生産工程で見られる工夫や努力について調べる」ということをねらいに、3学級が4つの班に分かれて工場内を見せていただきました。車の部品を作っている工場で、430名ぐらいの人たちが働いているそうです。生産工程では、機械が作業をしている部分と人が作業をしている部分があって製品ができていきます。荒川工業が使っている機械は、荒川工業でつくっているということを聞いてとても驚いたようです。また、工場内では油のにおいがとてもきつくて、働いている人の大変さも実感したようです。3年生には少し難しい見学であったかもしれませんが、働いている人の真剣さや大変さを間近に見ることができたことは大きな意味がありました。
  荒川工業の社員のみなさんが、毎月「0」の日に、登校時の安全を見守ってくださっています。とても感謝しています。ありがとうございます。

避難訓練  〔2月5日(木)〕
 
消防署の方をお招きし、体験活動を組み込んだ避難訓練が、天候の加減で11月からずっと延期になっていました。今日は、天気予報が嬉しくも外れて実施することができました。
今回は、地震と地震による火事発生を想定した訓練です。前半は、緊急地震速報の指示で一次避難をし、その後火災報知器がなりました。これまでの訓練の課題を少しクリアしながら運動場へ出て、全員が無事二次避難を完了しました。後半は、消防署の方の指導で、6年生は救助袋体験、5年生は消火器体験、1~4年生は煙体験をしました。5年生の消火器体験では、署員の方から、火事を見付けたときの最初の対応、消火器の使い方、消火作業をしているときの注意などを聞いた後に、順番に中身が水になっている消火器を使って体験をしました。6年生は、北館3階から救助袋で外に逃げる体験をしました。3階から降り始めるときは、下が何も見えず、また、降りているときには「ビューンビューン」と音がするのが怖かったと、つぶやいている子もいました。1~4年生は、煙で前が見えなくなる体験をした後に、東海地震を想定したアニメのVTRを視聴し、子どもたちだけでいるときに地震が起きたときの壊れた家の様子から、兄妹の避難の様子から、大人がいない心細さなどからそれぞれに地震の恐ろしさを感じることができたように思います。今後は、いつ・どこにいても、安全に一次避難が確実にできるように、日常生活の中で、訓練の工夫を考えていきます。

牛乳残量を減らそう週間  
〔2月2日(月)~2月13日(金)〕
 
東小学校は、市内の学校と比較して少々給食の残菜の量が気になる状況にあります。給食委員会が、寒い季節に増えてしまう牛乳の残量を減らそうと、月曜日から「牛乳残量を減らそう週間」に取り組んでいます。この取組のねらいは、東小学校の牛乳の残量を知り、少しでも牛乳が残らないように意識して給食を食べるようにすること、そして、時間内に給食の片付けを終えることができることも含めています。その日の出席児童分の牛乳を飲みきることができたら・・・「歯磨きの歌」や「清掃の音楽」が流れるまでに牛乳ケースすべてを配膳室までに持って行くことができたら・・・ということでポイントをゲットし、ポイント分のシールを大きな表に貼って、全学級の取組状況が見えるように工夫してくれています。体調や体質によって無理をして飲むことがないように気を付けていますが、成長ざかりの子どもたちに必要な栄養をきちんととらせていくことは、大事な指導であると思っています。

節分  〔2月3日(火)〕
 
古い暦では、立春が新しい年の始まりでした。気持ちよく新しい年を迎えるために、前の日に、鬼の嫌いな豆を鬼に投げて、悪いことや災いを追い出したということから、今も節分に豆まきをするというならわしがあるようです。東小学校では、あすなろ・どんぐり学級が、鬼のお面をつくって豆まきをしたり、学年によっては、自分の中にいる「追い出したい〇〇鬼」を書いたりしました。また、鬼に扮した職員が突然教室に現われて驚かせている様子もみられました。今日の給食にも「節分豆」「イワシ」がつきました。節分は宗教色のある行事ではありますが、季節の一つの行事として親しみ、日常生活の中で自分を見つめ、よりよくしていくことにつなげていく機会になればと思います。すてきな春が始まりますように・・・

大放課の様子から  〔2月2日(月)〕
 
心配していた週始めのお休み状況・・・.今週は、ぐ~んと人数が減りました。しかし、インフルエンザは型が違うものに、またかかってしまう可能性もあります。元気なときに予防をすることができるよう引き続き指導をしていきたいと思います。
 間もなく立春を迎えますが、天気がよくても空気の冷たさが身にしみます。それでも今週の目標は「元気よく外で遊ぼう」で、たくさんの子どもたちが、大放課に外に出ていました。体の免疫細胞は、体温が上がる(37度ぐらい)と活動が活発になるようです。ですから、運動をして体を温めることは、かぜ予防にも有効なことです。運動場みていると、2週間伸びてしまった体育委員会による「なわとび大会」の練習をしている子どもたちが目にとまりました。特にみんなの気持ちを合わせて跳ぶ長縄は、単なる跳ぶ練習だけでなく、チーム感が伝わり、微笑ましく感じました。今週こそは、「なわとび大会」が実施できるといいなと思います。