メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

今月のオレンジキッズ

東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成26年度 8月 ●●●

天白川源流コンサート  〔8月23日(土)〕
 
東小・相野山小・梨の木小の3学区合同家庭教育推進委員会主催の「天白川源流コンサート」が日進市スポーツセンターで行われました。「天白川沿いの屋外でコンサートを・・・」という計画で始まった行事が、今年で10回を重ねました。東小学校の金管バンド部は、「アナと雪の女王」「マーチングファンタジア 禿げ山の一夜・魔法使いの弟子・アヴェマリア」の2曲を堂々と演奏しました。金管バンド部は、この日の演奏会を一つの目標に暑い夏休みに練習を続けてきました。ここ1年の間に、演奏を聴く度に、技術が上達していることを感じます。丁寧な吹き方、柔らかな音色、楽器全体の音のバランス・・・。今日のコンサートのような他校との演奏交流も、互いに刺激を受け合い「もっとうまくなりたいな・・・」という次への励みになっていると思います。家庭教育推進+αのこ行事の意義にありがたさを感じています。今年も最後に「ふるさと」を全員で歌い、余韻の中で幕を閉じました。

こどもぼうさいまちたんけん  〔8月21日(木)〕
 
市制20周年記念事業の「こどもぼうさいまちたんけん」で、今日は、防災マップづくりのための「まち探検」に10名の子どもたちが参加しました。「米野木方面」「藤島方面」「三本木方面」の3コースに分かれ、学校を終点として通学路を歩きました。地震が起きたとき、大雨になったときなど心配な所をチェックし、その様子を写真でとったりしました。学校に着くと、早速防災マップをつくり始めました。コース別に分かれて、大型の白地図に、写真やシールや文を使って危険なところがアピールできるように、工夫をしながらまとめていきました。夏休みの暑い中の活動で大変でしたが、自分たちの住んでいる地域にいつも以上に目を向ける機会となり、防災に対する意識を高めることができたのではないかと思います。この活動は、日進市全小学校が取り組んでいます。12月ごろ、全小学校の防災マップの発表会が計画されているようです。

出校日  〔8月18日(月)〕
 
長い休みも4分の3近く終わろうとしています。8月上旬の台風が過ぎても、天候が不安定な日が続いていましたが、今日は朝から晴天で、夏らしい厳しい暑い日になりました。久しぶりに子どもたちが登校し、静かであった学校が賑やかになり嬉しいです。とは言っても、子どもたちはまだまだ夏休みのリズムであるためか、いつもの元気が少し抑えられているようにも感じました。それでも、教室では、日誌の答え合わせや課題の提出など、落ち着いて取り組んでいる様子にほっとしました。1年生は、朝から運動場に出て、生活科の「なつ だいすき」の学習で、持参したマヨネーズやケチャップの容器に水を入れて、水鉄砲のように遊んだり、的当てを楽しんだりしていました。5年生は、2学期に学習をする社会科の「自動車をつくる工業」の一環で、トヨタの自動車工場の見学に出掛けました。トヨタ自動車では、「トヨタサマースクール」という事業で、豊田市近隣地区の小学校に、夏休み中に送迎バス付きの見学案内をしています。本校は今年もこの企画に参加しました。
 課題の殆どを本日の出校日に集めています。残りの夏休みを大いに楽しんでほしいと思います。そして、2学期の始業式には、気持ちを切り替えた元気いっぱいのオレンジキッズ全員に会えますように・・・と願っています。

交通少年団集合訓練  〔8月5日(火)〕
 
愛知県交通少年団育成協議会主催の愛知県内の交通少年団が豊田スタジアムに集合して訓練を行いました。この訓練は、参加・体験型の交通安全教育を通じて、安全意識の醸成、危険感受性の高揚、自転車の特性・性能等を理解しながら、車社会に対応できる人間づくりを目的に実施されています。本校からは、夏休み中の行事にもかかわらず、17名の団員が参加しました。自転車危険運転の体験や自転車点検の仕方、反射神経のテスト、内輪差の学習、反射タックルバンドや子ども免許証の作成、シートベルト着用効果体験等、終日の日程で行われた訓練に意欲的に取り組みました。この訓練の経験を、日常の交通安全啓発に生かしてほしいと願っています。