メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

今月のオレンジキッズ

東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成27年度 10月 ●●●

6年生 算数の学習 〔10月30日(金)〕
 今日の3時限目に6年生の教室をのぞくと、面積の授業をしていました。子どもたちはこれまでに、正方形・長方形などの四角形や、三角形・円などの面積は、便利な公式を使って求める学習をしてきました。今日の授業は、これまでの既習内容を生かして、もののおよその形(形のふちをならした測定しやすい形)の面積について考えていました。もののおよその形を、キャラクターを例に挙げて、その意味をきちんと理解するところから始めていました。そして、手のひらの形は長方形、屋久島の形は円、琵琶湖の形は三角形・・・ととらえて、およその面積を出していました。今日の学習は、これまでしてきた正解はこの数・・・という学習というより、これから先、自分の生活の中で生かせる面積の学習でした。生活の中で学んだことが役に立ったと実感することができれば、そこからも算数を勉強するよさを感じてくれると思っています。

読書週間 〔10月29日(木)〕
 
 今週の月曜日から11月6日(金)までの期間で、2学期の読書週間が始まっています。「食欲の秋?運動の秋?ちがう!秋の読書週間」が今回のテーマになっています。2つの図書館をのぞくと、どちらも本を借りる子どもたちで行列ができていました。また、静かに座って本読みを楽しんでいる子もいました。1週目は、「1日2冊の貸し出し」と「スタンプラリー」をしています。1冊借りるとスタンプを1つ押してもらえて、8つためた子は、かわいらしい本のしおりをもらっていました。2週目は、「秋の絵さがし」の催しです。図書室の中に貼ってある秋の絵を見付けて、受付に持って行くと本のカバーがプレゼントしてもらえるようです。最近は、朝晩は少し冷える感じがしますが、昼間は気持ちのよい天気が続いています。外遊びが大好きな東小の子どもたちですが、読書週間は少し意識して読書に親しみ、心にたっぷりの栄養をためてくれたらなと思います。

2年生 社会見学 〔10月28日(水)〕
 
 今日2年生は、名古屋港水族館に社会見学に出掛けました。水族館に着くと、まず、イルカのショーをみんなで見て、お弁当になりました。その後は、「水族館かんさつマップ」を見ながら、少人数の班で行動する観察タイムです。子どもたち一人一人がもっているしおりにかんさつシートが綴じられていて、それをもとに水族館中を仲よく回りました。「マングローブ水槽のミナミトビハゼの観察」「シャチの体の観察」「ベルーガの呼吸の観察」「おそうじ魚(ホンソメワケベラ)の観察」「南極ペンギンの観察」などなど・・・。子どもたちだけでの見学が2年生でも立派にでき、見学の終りも、時計を見て約束の時刻に決められた場所に全員が集合できました。水族館の見学の楽しさとともに、「自分たちだけで行動できた!」という満足感を味わうことができた社会見学になりました。

赤い羽根共同募金 〔10月27日(火)〕
 
 朝会でお知らせがありましたが、今日から木曜日までの3日間で赤い羽根共同募金に取り組んでいきます。赤い羽根募金は、自分の住んでいる町をよりよくするための募金であり、お年寄りや障がいのある人など、助けを必要としている人たちのために役立てられたり、災害の時にボランティアセンターの運営に使われていきます。朝の登校時に、児童会役員(総務)の子どもたちが募金の呼びかけをしていました。初日からたくさんの子どもたちの協力がありました。自分のお小遣いの中からできる程度の募金活動に参加し、福祉(みんなの幸せ)に対する意識をもつ機会になればと思います。募金活動を通して、周りに目を向けていくことを経験させていきたいと思います。

児童の啓発活動 〔10月26日(月)〕
 9月は運動会に向けて全力で取り組み、10月3日の本番ではやりきったという満足感を味わうことができました。それだけに、エネルギーを使った後の10月の生活は少し気が緩んでしまうのかな・・・?と心配もしていました。しかし、それぞれの学年の行事に力をつなげていくことができ、がんばり続ける子どもたちに感心している月になっています。今日の朝会では、児童会役員(総務)が赤い羽根募金の呼びかけを、図書委員会が今日から始まる読書週間の取組の紹介を、美化委員会が紙パック回収の宣伝をしました。また、飼育委員会からは亡くなった2羽のウサギの報告と、モルモットの名前募集のお礼をしました。朝会では伝えませんでしたが、給食委員会も今日から、1~4年生の給食の片付けチェックを始めています。学校が子どもたちの活動で動いているな・・・と感じました。自分たちの力で、自分たちの学校生活をよりよくしていこうとする姿は、本当に嬉しいものです。

あいち球小学校技大会
〔10月24日(土)・25日(日)〕
 
24日(土)よりあいち小学校球技大会が始まりました。東郷町・日進市・長久手市には21の小学校があります。どの学校にもサッカー部とバスケットボール部があり、それぞれトーナメント方式で試合が進められていっています。サッカー部は24日(土)の第3試合に1回戦が、バスケットボール部は25日(日)の第1試合に1回戦がありました。サッカー部は、相手チームに得点をリードされながらも、最後まで攻めの気持ちで伸び伸びとプレーをし、その姿を見ていると嬉しくなりました。バスケットボー部は、試合開始から点を入れたり入れられたりして、そのたびに一喜一憂し、試合終了までずっと気が抜けない接戦でした。しかし、どちらも、次の試合に進むことは叶いませんでした。これまで、一生懸命に練習してきたからこそ、選手の悔しさはいっぱいでした。この悔しさを、次につ進む自分の心のバネにしてほしいと思います。
 部活動は、「勝つ」ことを大きな目標として技術を身に付けていきます。でも、それととともに、友達と一緒に活動する楽しさを味わったり、苦しい練習やなかなかうまくできない悔しさなどもにもくじけない強い心を育てたりする場であり、これからも、子どもたちを育てる上で意味深い教育活動として取り組んでいきます。


あいち球小学校技大会選手壮行会
〔10月23日(木)〕
 
明日から始まるあいち球技大会(サッカー部・バスケットボール部)に向けて、今朝で選手壮行会を行いました。この大会は、東郷・日進・長久手のすべての小学校が参加して行う大きな大会で、随分長く続いています。しかし、長年この大会を計画してきた組織が変わることに伴い、3市町の小学校で行う秋の大会は、今年が最後になります(来年度の秋の大会は、新人戦と同様に日進市の小学校で実施)。それだけに、どの学校も今年の大会に思いを寄せて臨んでくると思います。壮行会では、選手の自己紹介を、一人一人が大きな声で行い、各部のキャプテンが力強く立派に挨拶をしました。そして、全校で大きな声でエールを送り、児童会長が励ましの言葉を送りました。きっとみんなの思いも選手の力になっ思います。勝負には、勝つチームもあれば負けるチームもあります。結果にかかわらず、これまで練習してきたことが試合の中で出すことができ、自分に「がんばった」と思える戦いができることを願っています。オレンジキッズが輝きますように・・・みんなで応援しています。!

飼育動物 〔10月22日(水)〕
 
東小にはウサギ(ターシー・ホワイト)が2羽いましたが、夏休み中に暑さが原因でターシーが、今週はホワイトが、口の中の化膿が原因で亡くなりました。先週の金曜日には症状がほとんど見られませんでしたが、今週の月曜日には、目を閉じたまま動けなくなり、一生懸命に世話をしてきた飼育委員は、とても心配で悲しい思いをしていました。現在、市の教育委員会が市の獣医さんとつながりをつくっているため、気軽に学校の飼育動物の相談をしたり、診察をしてもらったりして助けていただいています。今回も、すぐに診ていただき、入院もさせていただきましたが、今日、ホワイトが静かに学校に帰ってきました。命あるものには寿命があります。命あるものを愛おしく世話をしてその成長を喜び、しかし、命が絶えてしまうことにも直面する・・・命の学習のときでもあります。学校での飼育活動の意味でもあります。どんなときであっても、自分の「命」も人の「命」も動物の「命」も大切にする子どもたちに育ってほしいと願います。

2・3年生 算数の学習 
〔10月20日(火)〕
 2時限目に2年生の、3時限目に3年生の教室をのぞいてみると、どちらの教室も図形の学習をしていました。平面の図形の学習では、1年生では形の特徴を捉えることを学び、「しかく」「まる」「さんかく」と呼んだりできるようにします。その学習を受けて、今日の2年生の学習では、点を結んで形をいくつか描き、その形を切り取り、形の仲間分けの操作活動を通して、3本の直線に囲まれた形を三角形、4本の直線に囲まれた形を四角形ということを学んでいました。そして、3年生では、いろいろな長さのストローで、幾種類もの三角形をつくる活動から、三角形を構成する辺に注目して、正三角形・二等辺三角形という名前と特徴を学んでいました。算数の学習は、学年が上がっていくに伴い、学習内容が系統的に深まり広がっていきます。ですから、前の学年で学んだことを生かして、新しい課題を解決したり、新し課題に発展させたりしていけるように、その学年ごとに身に付けるべき力を定着させることがとても重要です。子どもたちにきちんと学力を付けさせていくために、東小学校では、3年生以上の算数の学習で、1学級2人体制や学級分割の少人数の形態で授業を工夫しています。

1年生 算数の学習 〔10月19日(月)〕
 2時限目に1年生の教室をのぞいてみると、算数の授業をしていました。「3つのかずのけいさん」の学習です。1年生は、入学してから数字を覚えるところから勉強がはじまりました。そして、半年で、3つの数の足し算・引き算の学習まで進んでいます。子どもたちは、考えを補助する数図ブロックを操作しながら取り組んでいました。ノートに今日の学習のめあてをきちんと書き、友達の意見を聞いて手をピンと挙げてハンドサインを出すこともできていました。大きな集団で学習する力もかなり付いてきています。毎日の積み重ねで、できなかったことができるようになった・・・という数がどんどん増えていっています。子どもたちの成長は、本当に嬉しいです。

学校に泊まろう!
〔10月17日(土)・18日(日)〕
 週末、家庭教育推進委員会とPTA研修部の皆さんによる企画で、第2回「学校に泊まろう!」が開催されました。自主防災と「人を知る」ということをねらいにした行事です。17日(土)午後4時から受付を開始し、約130名の子どもたちや保護者の方々が集まってきました。行事の趣旨の話の後、泊まる人たち50人ぐらいで、体育館の床に寒さよけのマットとパーテーションを設置しました。また、日帰りの人たちを中心に、夕食の準備に取りかかりました。お米や水は、日進市の保存食を使わせていただき、大きな鍋でカレーを煮込みました。「炊き出し」の体験です。夕食の後は、全員で「宝さがし」や「語り芝居」を楽しみました。9時過ぎから就寝準備になっていきましたが、今年度は、昨年度より泊まる人の数が多く、泊まる子どもたちも嬉しくてたまらない様子で、なかなか静かに眠れなかったようです。それでも、朝は、みんなで元気に「にっしん体操」をすることができました。そして、朝食の一つの五平餅を焼く何ともいい匂いが、食欲を誘っていました。「学校を泊まろう!」は、家庭教育推進委員会とPTA研修部の方々が中心となって準備をしてくださいましたが、当日の「オレンジサポーター」という学校応援団(保護者のOBを含んでいます)の方々の力も、とても大きかったです。今年も、子どもたちと保護者(PTA)と地域が一緒になって取り組めるよさを実感することができました。

4年生 福祉実践教室
〔10月16日(金)〕
 
本校では、4年生が総合的な学習の時間のテーマの一つに福祉を据えています。その学習の一環で、今日、福祉実践教室を行いました。前半は、障害についての講義を受け、後半に、車いす・ガイドヘルプ・点字・手話の体験しました。講義では、障害のある方々についての全体的なお話と少し詳しく自閉症について学び、その後、「だいじょうぶ だいじょうぶ みんな 大好きだから」という絵本の読み聞かせをしていただき、心が優しく柔らかく温かくなりました。そんな自分の心を感じながら、一人2つの体験に取り組みました。車いすは、平坦なところの走行に加えて、段差・坂道・ジグザグの体験もしました。車いすに乗っている子が安心して乗っていられるように、車いすをおす子はとても苦労していました。手話は、口話だけではうまく伝わらないときに手話や身振りを付けると便利ということを教えていただき、まず、「おはよう・こんにんちは・こんばんは」の挨拶の仕方を学びました。点字は、自分の名前を打つことか始め、打った点字を講師の先生に読んでいただき、正しく打てているかどうかを確かめていました。ガイドヘルプは、二人組になり、アイマスクをして歩く人と、案内をする人の両方を体験しました。また、アイマスクをして卓球をするということもしました。目の不自由な講師の先生が、自分たちよりも簡単に球を打ち返す様子をみてとても驚いていました。今日の実践教室は、4年生の子どもたちにとっては、福祉について考える入口の段階です。しかし、今日の学習をきっかけに、自分と立場が違う人たちの気持ちを考えられ行動できる子どもたちに育ってほしいと願っています。

2年生 おもちゃフェスティバル
〔10月15日(木)〕
 
2年生の子どもたちはの9月は、運動会の練習と並行しておもちゃフェスティバルの準備に忙しい月になっていました。でも、そのがんばりのお陰で、今日はとても楽しいフェスティバルが開催できました。生活科の学習の一環で、身の回りの材料や不要になった空き容器をうまく利用し、みんなで遊べるおもちゃを作りました。そのおもちゃのお店が、各学級6つずつ、合わせて18も、体育館いっぱいに出ました。毎年、2年生がこの活動に取り組んでいますが、よく似たおもちゃ(ゲーム)であっても、お店の名前がよく考えられていたり、材料の使い方や遊び方のルールに工夫があったりして、2年生の子どもたちの知恵や発想にびっくりします。また、ゲームでゲットした点数を合計しする様子を見ていて、算数の学習も生かされているなと思いました。1時限目は1年生を招待し1年生を楽しませていました。そして、1年生が教室に帰るときには、2年生が花道をつくって、「来てくれてありがとう」の気持ちで送っていました。2年生は、これまで「学校探検」「遠足」「交通教室」でペアで活動をしてきています。2年生も低学年ではありますが、一つ一つの活動を積み重ねていくことで、上級生になった自覚させていきたいと考えています。2・3時限目は前半後半にお店当番を決めて、2年生みんなで遊びを楽しみました。みんなで力を合わせるよさを感じる日になりました。

あすなろ・どんぐり学級
社会見学 〔10月14日(水)〕
 
あすなろ・どんぐり学級の子どもたちは、交流学級の学年の社会見学にも参加したりしていますが、今日は、あすなろ・どんぐり学級だけで、名古屋港水族館に出掛けました。保護者の方にお願いをして米野木駅に集合し、豊田線・地下鉄で行きました。公共交通機関の乗り方・マナーを知る活動でもあります。水族館では、イルカのショーに一番興味をもってみることができました。また、イワシのトルネード・白イルカ・ウミガメもじっと様子を眺めたり、ヒトデに触れたりもしました。そして、昼食は、買い物学習の時間です。フードコートで自分の食べたいものを決めて、お金を払う練習をしました。いろいろなことをして、公共の場での過ごし方を経験してきました。今回の名古屋港水族館の社会見学は、毎年1月に開催される市内特別支援学級の子どもたちによる「伸びゆく子教育作品展」に向けての作品づくりにつなげていく予定です。どんな作品ができるのかとても楽しみです。

6年生 修学旅行 
〔10月13日(火)14日(水)〕 
 13日(火)・14日(水)の2日間、6年生は、京都・奈良に修学旅行に出掛けました。2学期に入り、運動会の練習と修学旅行の準備で忙しかった6年生ですが、ねらいも楽しみも異なる2つの行事であるため、子どもたちはどちらも一生懸命に取り組んできました。13日の朝は少し涼しいさを感じましたが、天気に恵まれ、気持ちよく学校を出発しました。1日目の目的地は、法隆寺・東大寺・平等院鳳凰堂の3つ。社会科で学んだ建物であったり、10円玉に刻まれている建物であったりして、子どもたちにとっては興味深い見学となりました。でもやはり、奈良公園でたくさんの鹿に会えたときの嬉しい表情がとても印象的でした。宿では、夕食後、漆器の加飾に挑戦し、職人さんから漆器の話をうかがいながら京都らしさを味わいました。2日目は、金閣寺のあまりにもまぶしい金色の建物に驚き、清水寺では、有名な清水の舞台を体感したり、音羽の滝のお水を飲んだりしながら楽しみました。今年の6年生は、5年生の野外活動も今回の修学旅行も、けがをする子も病気になる子も一人もおらず、何よりも嬉しい宿泊行事ができました。これは、気持ちだけでは何ともできないすごいことです。そして、2日間子どもたちと過ごしていて、5年の野外活動の1年前ときと比べてみると、自分以外の人のことを考えられるなかま力も、心と力を合わせるチーム力も随分育っているなと感じました。また、2日間の時間を、どの時刻で輪切りにしても、たくさんの笑顔がある旅行となりました。自分たちの力で本当に思い出深い素敵な修学旅行にすることができ、よくがんばりました。運動会に続いて、修学旅行の成功も子どもたちの自信につながったと思います。この勢いを、次の活動に生かしていけるよう願っています。

1年生 社会見学 〔10月9日(金)〕 
 運動会が終わって1週間・・・1年生は、元気よくモリコロパーク内にある愛知県児童総合センターに社会見学に出掛けました。交通手段は、市所有のバス2台で、ピストン輸送をしていただくことができました。学校を早く出発する子どもたちと、1時間程遅れて出発する子どもたちがいましたが、遊ぶ時間を工夫して、お弁当は全員で芝生で美味しく食べました。これまでに児童総合センターに出掛けたことのある子どもたちもいましたが、たくさんの友達と遊ぶ経験は、また違うよさを感じたと思います。ハンティングワードというゲームで、宝さがしのように「ことば」を見付けて言葉づくりをしたり、粘土で自分だけの宝箱を作ったりもしました。また、中央のタワーに何度も登って、下の景色を眺めたり、広い館内で鬼ごっこもしたりしました。学校に戻った時には、遊びでエネルギーをたくさん使ってしまったという表情がとてもかわいらしかったです。運動会に社会見学・・・1年生の子どもたちが、集団での生活・行動がうまくできる力を着々と付けています。

5年生 「食」の学習  〔10月8日(木)〕
 日進市内の小学校では、3・5年生を対象に、給食センターの栄養士さんによる、「食」の学習(栄養指導)に継続して取り組んでいます。今日、2人の栄養士さんをお招きして2学級で行いました。テーマは「朝ごはんを食べよう」です。1学期の3年生でも朝ごはんをテーマにした学習をしましたが、「朝ごはんを食べることがいかに大切なのか」をきちんと指導いただけることはとてもありがたいことです。今日の授業では、初めに、食べたものが消化され、小腸で吸収された栄養が肝臓に集まり、そこから体中に広がってエネルギーになっていくということを絵を使って分かりやすく説明していただきました。また、エネルギーになっている様子を体温上昇の写真とグラフで示していただき、朝ごはんを食べてこないと、1時限目の授業が始まるころから体温が下がって元気が出なくなることも教えていただきました。そして、自分の朝食を振り返りながら、バランスよく食べることの大切さを確認するとともに、主食をきちんと食べているか、食べている野菜の量や種類はどうなのか?ゆっくり食べているか・・などなど食べ方も大事な要素であることも学びました。授業の終りに、栄養士さんから朝食調べの宿題もいただきました。「食」の学習は、お家の方のご協力も欠かせません。是非、話題にしていただけましたらと思います。

モルモット名前募集  〔10月7日(水)〕
 9月中旬に赤池小学校からもらった2匹のモルモットの名前の募集が始まりました。昨日の朝会で、飼育委員会が募集の連絡をし、今日は募集箱の周りにたくさんの子どもたちが集まっていました。募集用紙には、「名前」と「考えた理由」を記入するようになっています。「5枚も書いたんだよ」と言っている子もいました。募集箱の所には、ゲージに入ったモルモットがいます。モルモットを見ながらいい名前を考えてくれて、全校で可愛がっていけるといいなと思います。

5年生 稲刈り 〔10月6日(火)〕
 
運動会が終わり、今日からまた子どもたちの生活リズムが変わりました。5年生は、今日、9月下旬から天候の都合で延びていた稲刈りをしました。5年生は5月21日に約1反の学習田に「ゆめまつり」の苗を植え、それが、地域の講師の先生のお陰で稲が実りました。全員が二人組になり、鎌で稲を刈りとり、コンバインまで運んで・・・という作業を順番に繰り返しました。鎌の切れ味がよく、一人20束ぐらいを気持ちよく刈りとることができ、子どもたちは楽しかったようです。刈りとった稲のうち一人3束ずつ、学校に持ち帰りました。天日干しをして脱穀までは、子どもたちの手で行う計画です。そして、今後、「食」をテーマにした総合的な学習の時間の活動で、とれたお米を生かしていく予定です。本校では、地域の講師の先生の指導をいただきながら、毎年5年生が田植えと稲刈りの体験をしています。田園が広がる地域に位置する東小ですが、米作りの経験がない子どもたちがほとんどです。5年生の米づくり体験は、とて意味のある活動として続いています。

運動会! 〔10月3日(土)〕
 
久しぶりの秋晴れ・・・朝から青い空が子どもたちを応援してくれているように感じました。今年の9月は雨が多く、計画通りに練習がなかなか進みませんでした。それでも、子どもたちは、昨日より今日・・・1回目よりも2回目・・・よりよくの気持ちで体育館・運動場での練習に一生懸命に取り組み、前に進むオレンジキッズの姿を見せてくれていました。また、給食後の教室、毎日の応援練習での声の高まりには、オレンジキッズのパワーを感じてきていました。そして、全校練習・・・。いつも全校のみんなが時間を守って集まり、始まりを静かにまてたこと、高学年が態度と行動で全校をリードし、中学年がそれに続き、低学年が一生懸命についてくる・・・など、一つにまとまるオレンジキッズを感じていました。今日はその総仕上げ・・・子どもたちはしっかり力を見せてくれました。開会式でも見せた迫力、応援合戦の素晴しい戦い、練習をしてきた演技の発表・・・どの場面でも全校の子どもたちと職員とが一つになって取り組んでいました。今年の赤白対抗は白組の優勝・・・でも、応援団を中心としたみんなの気迫は、赤白引き分けだったと思います。運動会が終わったとき、みんなの笑顔に今日の満足の中の楽しさが溢れているように感じました。本当に本当にみんなよくがんばりました。集団でがんばるよさを味わえる東小の運動会は、学校の自慢の一つです。

明日は運動会! 〔10月2日(金)〕
 
朝から天気になり、明日の本番に向けて気持ちが高まります。今日は全校練習の後、全学年が順番に仕上げの練習をしました。そして、午後からは、5・6年生が学校に残り、明日の会場準備と係の仕事の確認をしました。どの子どもたちも気持ちよく活動して、手際よく準備が進みました。これも、東小学校の高学年のとてもいいところです。本校は、くくりつけることが難しいということで、運動会にはよく見かける万国旗を張ることをしていませんでした。しかし、今年は、3年生が万国旗の絵を描いてくれて、校舎の窓に掲げるスローガンの両端に飾り付けられました。運動会らしい雰囲気が一層広がっています。明日の天気予報は晴天!気持ちのよい空の下で、一生懸命にがんばる子どもたちを楽しみにしたいと思います。

校歌の練習 〔10月1日(木)〕
 
予報通り朝から天気が崩れました。運動会本番まであと2日・・・。今年は天気が不順なことで、練習が計画通りに進まないことが続きました。しかし、それがかえって練習への集中力を持続させてくれたようにも思います。今朝は、閉会式と校歌の練習を体育館で行いました。東小学校の子どもたちは、学校カラーのオレンジを大事にする、校歌をいつも元気よく歌うとなど、学校に親しみをもってくれています。しかし、最近は、校歌が今までに比べて・・・と感じることもありました。でも、今日の練習で元気な声が復活!運動会らしく、応援歌を歌うように体中から絞り出すような力強い歌声を聞かせてくれました。体育館から藤島方面にまで声が届かんばかりの歌でした。運動場は壁もなく広いです。運動場でも今日のような校歌を響かせて、今年の運動会がスタートできるといいなと思っています。

1日の生活② 〔9月30日(水)〕
 
予報では明日からまた天気が崩れるということで、今日も朝から運動会の練習に熱が入っています。運動会も間近となり、表現の練習では、両手に小道具を持っての練習になり、子どもたちが一段と張り切っているように感じました。朝の全校練習、授業での学年練習、給食後の応援練習と子どもたちは一日中たくさんのエネルギーを使っています。それでも放課になると、多くの子どもたちが運動場に出て、ボール運動や固定遊具などの遊びを存分に楽しんでいます。授業後には、部活動もやっています。東小学校には、元気な子がいっぱいいます。元気な子どもたちを見ていると本当に嬉しくなります。

応援合戦の練習 〔9月29日(火)〕
 朝、運動場で全校練習があるときは、早く外に出た子どもたちが石拾いをしています。進んで運動場の整備に協力している姿がとても嬉しいです。今日もその光景から、朝練習が時間通りに始まりました。今朝は、赤白の応援合戦の全部を見せ合う練習です。赤組も白組も気合いが入っていました。応援団のリードで、どちらの組も、体を反らしながら声を出し、お腹から声を絞り出すように応援歌を歌い・・・振りにも力が入っていました。赤組・白組が一つになっている姿でした。それでも、指導者は、「まだまだできる!」という厳しい評価をしていました。この厳しい評価を何とかクリアしようと、さらにがんばれるのが東小の子どもたちのよさです。この姿勢が子どもたちを逞しくしていると感じています。

児童会種目の練習 〔9月28日(月)〕
 平日での今日のような晴天は何日ぶりでしょうか・・・という今年の9月です。いよいよ今週末は運動会本番・・・今週の初めの好天の内に、これまでできなかった練習を凝縮して行っていかなければならないという状況です。でも今年の天候は、子どもたちの気持ちの集中を持続させていく上ではプラスであったようにも感じます。今朝は、児童会種目の練習から始まりました。休み明けであっても、全校が時間を守って集合し、静かに待つことができ、キュッと気持ちを引き締めてスタートできるのにはいつも感心します。綱引きは、昨年度は、市制20周年記念種目として行いましたが、今年は、児童会種目として取り組みます。低学年・中学年・高学年それぞれの対抗戦です。今日が初めて動きの練習でしたが、本番までもう練習ができないかもしれません。子どもたちは、おしゃべりをすることなく集中して覚えていました。本当に子どもたちは毎日朝からがんばっています。