メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

今月のオレンジキッズ

東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成27年度 11月 ●●●

プチ分団会 〔11月30日(月)〕
 分団登校について、定期的に集合・出発時刻、学校到着時刻、歩き方などのチェックをしています。先週がチェック週間であったので、その結果を受けて、今日の一斉下校時にプチ分団会を行いました。授業を使っての分団会は年5回計画しています。問題が生じたときは臨時分団会を開いています。それに加えて、定期的に分団登下校の様子を子どもたちに振り返らせることは、安全な登下校の指導には欠かせないものとなっています。分団編成は10名までとしており、かたまって安全に歩行できることと、過度に班長に負担がかからないように配慮していますが、分団でのトラブルはなかなかなくなりません。それでも、一つ一つ起こった問題を丁寧に指導していくことに努めています。併せて、分団においても、人権の取組で学んだことを今以上に一人一人の子どもたちが意識をし、互いに気持ちよく登下校ができるようになってほしいと思います。

人権に関する取組 〔11月30日(月)〕
 毎年12月4日から12月10日は、全国で人権週間の取組がなされます。学校においても、11月後半より学級で、人権に関わる心を主題に道徳の授業をしたり、その高まった意識で標語を作ったり、3年生以上の書写の授業では、人の気持ちを考える文字を習字で書いたりして、人権意識を、意識的に高めさせていく教育活動を組み入れています。また、東小の本年度のキーワードの一つに「なかま力」があります。この「なかま力」とは、「自分以外の人のことが考えられる心」であると話をしてきています。人権感覚を身に付ける一番の方法は、「人の気持ちを考えて生活すること」と言われていますが、まさに、この「なかま力」があてはまり、改めて、この人権週間に「なかま力」も意識させていくことは、とても意味があると思っています。 ~ なかま力 アップできれば いじめなし! ~ いつでも人の気持ちを考えて行動できる子どもたちに育ってほしいと願っています。

児童集会 〔11月27日(金)〕
 
今朝、久しぶりに委員会発表の児童集会がありました。今回の担当は緑化委員会です。緑化委員会は、「みずやり」「草取り」「花壇の近くでの遊び」の場面を劇にし、仕事の失敗の様子を伝え、全校のみんなにも気を付けてほしいなという思いで演技をしてくれました。緑化委員会は、本館前の花壇やプランターの花の植え替え、水やり、草取り(担当日にバケツ1杯)などの仕事をしてくれています。また、1年生が生活科で植えているビオラやチューリップの鉢植えが同じ場所に並んでいます。この場所は、毎日、登校時に子どもたちが通るところであり、来客をお迎えするところにもなっています。学校に花があると心がほっとします。子どもたちに花のある学校の心地よさを感じてほしいと思っています。

避難訓練(不審者対応) 〔11月26日(木)〕
 今日の2時限目に、校内に刃物を持った不審者が侵入という状況を想定した避難訓練を行いました。これまで、火事や地震の訓練は重ねてきましたが、2001年に起きた大阪の小学校での信じられない悲惨な事件以降、不審者浸入に備えた訓練も自分の命を守る練習として必要なこととされてきました。今日の訓練の一番のねらいは、不審者侵入時の一次避難です。担任には分かる「ひみつの放送」で指示をし、子どもたちは、教室の中に簡単に入ってこられないように、出入り口を椅子や机でふさぎ、教室の真ん中でかたまり、不審者が捕らえられるのを静かにじっと待ちました。これが一次避難の仕方です。初めての訓練でしたが、子どもたちはそれほど戸惑うこともなく行動ができました。不審者が確保され、安全が確認された後、全校児童が体育館に集まり、今日の訓練の話と、愛知警察署の方から、登下校や家の方で遊んでいるときに不審者に会ったら・・・というお話をうかがいました。その中で、防犯の「つ・み・き・お・に」の合い言葉の確認もしていただきました。「いていかない」「んなで一緒に」「ちんと知らせる」「おきな声で助けをよぶ」「げる」です。「つ・み・き・お・に」の約束をきちんと守り、小学生であっも「自分の命は自分で守る」意識を高めさせていきたいと思います。

あすなろ・どんぐり学級
秋のふれあい交流会 〔11月25日(水)〕
 日進市の小中学校の特別支援学級は、市内での交流を継続して行っています。本年度の春は、市内全体の学校が集まってレクリエーション、秋は、中学校区(日進東中・相野山小・梨の木小・東小)での社会見学です。今日は、昨日までの天候と変わり、少し寒さが増していました。しかし、10人全員が元気よく社会見学に出掛けました。目的地は、愛・地球博記念公園内にある児童総合センターです。学校近くの「宮西」からくるりんバスに乗り、長久手古戦場駅からリニモに乗り継ぎました。10月に公共交通機関を使っての東小の社会見学を経験しているので、乗り物の乗り方やマナーには少し慣れていて上手にできました。児童総合センターに着くと、自由に遊び回り、日進東中学校のお兄さんたちが、よく面倒をみてくれました。帰りも公共交通機関で学校まで帰ってきましたが、どの子も、本当に楽しかった表情をしていて嬉しくなりました。
 あすなろ・どんぐり学級の子どもたちは、教室での国語や算数の学習は別々に行っていますが、先日の学習発表会も含めて、10人が仲よく力を合わせて活動する場面もいろいろ工夫しており、子どもたちの成長につなげています。どの子もどんどんできることが増えています。一人一人、とてもがんばっています。

6年生 薬物乱用防止教室
〔11月24日(火)〕
 今日、愛知警察署の少年係の方を講師にお招きして、6年生が薬物乱用防止教室を行いました。薬物乱用防止に関わる学習は、6年生の学級活動の内容に組み込まれています。また、最近、6年生の少年が薬物に関わったというニュースの報道もあり、6年生が学習することは、決して早いわけではありません。はじめは全員で、講義を受けました。警察署の方から、「薬物は一度でも使ったら乱用である」「一度使うと脳が覚えていて、錯覚が忘れられなくなり、依存していく」「たった一度使っただけでも、フラッシュバックにより何年か先にも幻覚が表れる」など、薬物は「脳・心・命」を失い、将来をだいなしにしてしまう・・・と、柔らかな口調でありながらも、子どもたちにの心に届く話をしてくださいました。その後クラスごとに、DVDとパネル&説明の学習を交互にしました。DVDは、普通の6年生の少年と中学生の少女が主人公・・・ちょっとした誘いから薬物を使用してしまい、抜け出せなくなっていく恐ろしさを映像にしたものでした。パネル(提示物)&説明では、様々な薬物の名前や見本を見せていただきながら、それを使用したときの体の変貌についてうかがいました。今日の2時間の学習は、強烈な印象が残ったと思います。やがて、子どもたちが出ていく社会には、思いがけないところに誘惑があります。この学びを決して忘れないで、誘惑に負けない強い心で、いつも自分を大事にしてほしいと願います。

ふれあいウォーキング〔11月21日(土)〕
 今日、愛知池で家庭教育推進委員会主催で、恒例になった「ふれあいウォーキング」が開催されました。11月下旬のわりには暖かく、ウォーキング日和でした。参加者は200名近くもあり、親子で、家族同士で、友達と・・・おしゃべりをしながら歩いたり、走ったりとそれぞれが思い思いのまま4㎞ほどの体を動かしました。コースの途中5箇所にチェックポイントがあり、ゲームをしたり、おみやげをいただいたりと工夫がされており、ゴールまであっという間・・・という感じでした。ゴールに着くと、またそこでもゲームが用意されており、美味しい景品をいただきました。最後の最後までお楽しみ付きのウォーキングでした。子どもたちと保護者、おじいちゃんおばあちゃん・・・みんなで、和やかな気持ちになる時間となりました。10月の「学校に泊まろう!」の行事に引き続き、家庭教育推進委員会の皆様、ありがとうございました。

学習発表会が終わって〔11月20日(金)〕
 昨日までの学習発表会モードであった子どもたちの生活が、いつもの生活に戻りました。運動会が終わったときも感じましたが、子どもたちの気持ちの切り替え方には驚いてしまいます。もう次のことに進んでいます。5年生は、ペア学年集会に向けての長縄跳びの練習を、大放課に始めていました。2年生の教室では、人権週間に向けての取組で、道徳「森のともだち」という読み物資料を使っての授業で、「友達と仲よく・・・」というねらいの学びをした後に、人権についての意識を高める標語を考えていました。1年生は、生活科の学習で学校の敷地内をぐるぐると歩きながら色づいた葉・どんぐり・つばきの花などを拾い集め、素敵なお面を仕上げていました。あと1か月で2学期が終わります。まとめに向けて、普段の一つ一つの小さな活動を充実させていけるよう工夫していきたいと思います。  
  
学習発表会 〔11月19日(木)〕
 
今年度の学習発表会のテーマは「~笑顔×団結×情熱で 【秋一番の星】を輝かせよう~」です。今日は、先週の予行練習から、さらに上達した演技をどの学年も堂々と見せてくれました。みんなの一生懸命がたくさん詰まった演技でした。胸がいっぱいになりました。
〇 あすなろ・どんぐり学級
あすなろ・どんぐり学級は、他の学年が練習を始める前から準備を始めてきました。今日は、踊りと歯磨きの歌にのせたビデオ映像を発表してくれました。舞台の上の発表とスポットライトの係で、10人で力を合わせてがんばりました。とても微笑ましい楽しい発表でした。
〇 1年生
「おむすびころりん」の劇をしました。初めての学習発表会で、学年みんなで1つの長い劇をしました。1年生も「みんなで力を合わせてがんばれるよ」というところをしっかり見せてくれました。たくさんのお客さんの前で、よくがんばりました。
〇 2年生
「泣いた赤鬼」の劇をしました。2回目の学習発表会・・・場面の移り変わりでの動き・話し方を見ていると、大きな舞台での発表が上手になっていました。みんなの心に届いてほしい「青鬼の優しさ」「赤鬼と青鬼の友達の素敵さ」のことを、みんなで伝えてくれました。
〇 3年生
3年生から始まった笛を使った「笛星人がやってきた」という劇をしました。劇の仕上がりとともに、「笛が上手になったよ」「笛が吹けるようになって楽しいよ」ということも伝わってきました。劇を通して、低学年から中学年へと成長した子どもたちを感じました。
〇 4年生
東小のことを「東小百年史」という劇にしました。劇をしている子どもたちを見ていると、東小を大事に思っている気持ちをすごく感じ嬉しくなりました。それは、せりふ・動き・歌で堂々と演技する様子に表われていました。しっかり練習を重ねてきたという子どもたちの自信も伝わってきました。
〇 5年生
5年生は、米作りの体験から「お米と祭りと昔話」という劇につなげました。発表の内容には、劇に調べて学習したことが組み込まれていて、内容にめりはりがありました。一人一人がしっかり話そう、演技をしようという様子に、高学年らしさを見せてくれました。
〇 6年生
6年生は、「時をかける少年少女 ~3人の偉人に学ぶ~」という歴史にかかわる劇をしました。織田信長・松下幸之助・新島八重の生き方を通して、今の自分を見つめるという、高学年ならではの少し難しい劇に挑戦しました。みんなの気持ちを込めたフィナーレの合唱は、6年生のチーム力を感じました。

 学習発表会は、一人一人のがんばりが一つのものを創り上げることにつながっていきます。自分と集団の成長を実感できる意味ある学校行事です。今年度もみんなの力で素晴らしい学習発表会になりました。

あいさつ運動② 〔11月18日(水)〕
 
27年度の東小の子どもたちの課題は、「なかよし型チーム力」です。あいさつは、人とのかかわりの始まりのことばであり、あいさつができなくて「なかよし型」は始まりません。そういう意味で、あいさつができる子を育てることに力を入れています。朝の「あいさつ運動」は全校が順番に参加できるように児童会が工夫してくれています。また、生活・安全委員会は、毎月のあいさつ目標を決めて、週ごとの振り返りをきちんと行ってくれています。そのお陰で、昨年度よりもあいさつができる子は増えてきています。でも、さらにひとがんばりができると東小のあいさつレベルがググッ・・・とアップしていくように感じています。そのがんばりの一つは「あいさつを返す」ということが、全員の子どもたちができるようになることだと考えています。あいさつは、する人とかえす人がいて、気持ちのいいあいさつになっていくものです。進んであいさつができる子は、いつも気持ちよくかえすことができるようになってほしいですし、進んであいさつをすることが苦手な子は、あいさつをされたときは、必ずかえす子になってほしいと思います。月曜日の朝会でそんな話があっての今朝のあいさつの様子・・・何となく以前よりも、かえってくるあいさつが増えてきたような・・・嬉しくなりました。しかも、以前よりもにっこりとしてかえす子が増えたような・・・心が温かくなりました。少しずつの前進を重ねてあいさつすることが習慣になっていくことを願い、これからも、みんなの「あいさつ運動」をがんばってほしいと思います。

学習発表会予行 〔11月13日(金)〕 
 今日は朝から、1年・3年・5年・あすなろとどんぐり・2年・4年・6年の本番通りの順で、学習発表会の予行練習を行いました。本番まで後1週間あります。でも、今日までにどこの学年も9割以上の仕上がりを見せてくれました。そして、どの学年の発表も、昨年度の発表と比べてみると確実に成長を感じるものでした。これから1週間の間に、今日の課題を少しでもクリアして、お家の方に一生懸命に堂々と発表するいい姿を見ていただきたいと思っています。演技をする人、演技を舞台袖で待つ人・・・また、担う役も様々・・・。でも、どの子も自分の役割をきちんと果たしてこそ、一つのすばらしい発表につながっていくと思います。一人一人の持ち場で力を出し、それを合わせるチーム力を大いに感じてほしい行事です。今日よりもレベルアップした本番での発表を楽しみにしています。

小中学校音楽発表会 〔11月11日(水)〕 
 今日、東郷町・長久手市・日進市の31の小中学校の代表学級が日進市民会館に集まり、合唱の発表会が行われました。東小学校は、6月の校内合唱発表会で5年2組が参加することが決まり、練習をしてきました。東小学校は、午前の部の7番目に発表しました。歌は「マイバラード」・・・。美しいメロディーに澄んだ柔らかい歌声がのり、目をつぶっ聴いていると、「ジ~ン」してきました。今週の月曜日に校内で合唱披露をしましたが、その時よりもさらに素敵な歌声がホールに広がりました。美しいハーモニーは、みんなの気持ちと言葉と声がうまく合わないとできあがりません。合唱を通して、子どもたちが友達とそういう経験ができたことは、学級の仲間づくりにも大きく生かされていくと思っています。

書写コンクールの表彰 〔11月9日(月)〕 
 今日の朝会で、書写コンクールの表彰を行いました。この書写コンクールは、愛知県の尾張地区全小中学校が同じ文字を手本にして取り組んでいるものです。お手本の文字に似ているほど、特選・優等・入選の賞がいただけます。書写コンクールに向けての練習は、本校では9月から10月始めにかけて取り組みました。運動会の元気な練習の間で、気持ちを落ち着かせながら、繰り返し取り組んできました。賞に入る入らないにかかわらず、書写コンクールへの毎年の取組は、、毎週の書写の授業に加えて、目標をもちながら形に気を付けて丁寧に文字を書く練習の機会になっています。
 特選の作品は、市内の小学校全部の作品が回覧されてきます。東小学校の回覧日は、11月16日(月)~20日(金)となっており、2階の渡り廊下に展示をします。自分の文字と、友達の文字をも比べながらさらに、自分の励みにしていけるといいと思います。

市民まつり 〔11月8日(日)〕 
 今日、16回目のにっしん市民まつりがありました。毎年、市民まつりに交通少年団が参加しています。活動内容は、交通安全パレードでの横断幕行進、交通安全宣言、啓発活動の3つです。今日は雨天となり、残念ながらパレードが中止となってしまいましたが、12名の交通少年団員がステージに立ち、交通安全宣言をしました。そして、雨が少し降る中、市民まつりの会場内を歩きながら交通安全を呼び掛け、交通安全グッツを配りました。周りに働き掛ける活動を通して、子どもたち自身が交通安全の意識を高めることにつながったと思います。

2年生 いもほり 〔11月6日(金)〕 
 生活科の「大きくなあれ わたしの野さい」の学習で、1学期から育ててきたサツマイモを、今日掘りました。1~3時限目を使って、1学級ずつ行いました。畝は各学級3畝、合計9畝の収穫です。7つのたけみにいっぱいとれました。校舎に近いほど、西側になるほど大きなサツマイモに育っていたのは不思議でした。また。手や移植ごてで掘っていると、サツマイモだけでなく、幼虫がごろごろと出てきました。でも子どもたちはさほど驚くこともなく、手のひらにのせて、別の場所に優しくおいていました。収穫したサツマイモは、ふかして1年生と2年生で仲よく食べるようです。
 まだ畑にはダイコンが、プランターにはラディシュが植えられています。もう少し寒くなると収穫です。2年生は1学期から冬にかけて、季節の野菜を育て、生き物の命を感じています。

クラブ活動 〔11月5日(木)〕
 
クラブ活動は、4年生以上の子どもたちが学年や学級をこえて、自分がしたいなという活動を、異年齢でともに行う教育活動です。本校では年間に10回の活動を設定しています。月に1度程度になりますが、子どもたちが楽しみにしている授業です。今日は、6時限目のクラブに、4年生がカメラを持って参加しました。国語の学習で、説明の仕方を工夫して、分かりやすく文章を書くことを学び、「クラブ活動リーフレット」づくりにつなげるためです。そして、出来上がったリーフレットは、来年度からクラブ活動を始める3年生にも見せる予定のようです。このリーフレットを見て、3年生の子どもたちが一層クラブ活動を楽しみにする気持ちが膨らんでいくといいなと思います。4年生のみなさん・・・素敵なリーフレットを完成させてくださいね。

あいさつ運動① 〔11月4日(水)〕
 
今日は、日進市青少年問題協議会による「あいさつ運動」街頭活動の日でした。この活動目的の一つに、日進市家庭教育推進事業の「地域で育む明るい家庭~あいさつからはじまる ふれあいの輪~」の推進が据えられています。東小学校では、週替わりで、ペア学年の学級2クラスが挨拶当番として、週3日「あいさつの道」をつくり、登校してくる子たちに挨拶を交わしながら迎える活動を続けています。挨拶当番も2順目に入り、子どもたちも随分慣れてきました。子どもたちにとっては、いつもの「あいさつ運動」の日ですが、今日は、市全体の取組として、PTA役員のお母さんやお父さん方も「あいさつ運動」に参加してくださいました。東小学校の子どもたちの挨拶の様子は、少しずつ大きな声で、少しずつ進んで、少しずつきちんと返す・・・という具合でできるようになってきていることを実感しています。しかし、目標は習慣化です。児童会の立てた目標の「いつでも、どこでも、だれとでも」・・・これを目指して取り組んでいきたいと思います。

安全に生活できる子 〔11月2日(月)〕
 
毎月始めに、自分の生活を振り返りながら、子どもたち自身が安全意識を高めていく活動に取り組んでいます。今日は「安全に生活できる子」の点検日です。点検内容は①廊下や教室を走ったり、廊下で遊んだりしていません、②道具を正しく使っています、③自分や友達の気持ちと体を大事に生活しています、④登下校の「は・ひ・ふ・へ・ほ」の行動を守っています、⑤家の方で危ないところで遊んでいません、⑥自転車に乗るときはヘルメットをかぶっています・・・の安全な生活のためにどの子にも守らせたい6つの項目です。自己評価での点検ですので、評価の仕方が甘かったり厳しかったりすることも想定しています。しかし、毎月の取組を重ねることで意識する子どもたちが増えることをねらいとしています。また、点検しておしまいではなく、翌日の朝に、個々の評価の結果に応じて教育相談をする時間も設定しています。さらに、点検結果を踏まえて、学級ごとに安全の月目標も決めています。避難訓練だけではなく、毎日の生活の中で安全に生活する力を身に付けさせることで、命を大事にする心を育てる一助にしていきたいと思っています。