メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

今月のオレンジキッズ

 東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成27年度 2月 ●●●

地域の力に感謝 〔2月28日(日)〕
 休日にもかかわらず、今日は朝早くから地域の方が20名以上学校に集まりまりました。学校のため子どもたちのために環境整備に取り組んでくださる方々です。正門横に立派はメタセコイヤの木がありますが、この根がしっかり張っていることで側溝の水の流れを止めてしまい、大雨がふると運動場の北側に大きな水たまりができ通行ができなくなるという状況がありました。また、子どもたちの大好きな遊歩園は、枝が自由に伸び、安全に遊べる状態にするために手入れが必要でした。今日はこの2つの作業を本当に快くしていただきました。集まっていただいた地域の方々は、今お子さんが東小に通っている保護者の方、お子さんが既に東小を卒業した保護者のOBの方、これからお子さんが東小に通う予定の方などであり、東小のことを大事に思ってくださったり、子どもたちのことをよく考えてくださっていることに、ありがたい気持ちでいっぱいにまりました。地域の方々に支えられていることを心強感じながら気を引き締めて毎日の教育活動を一生懸命に取り組んでいきたいと思います。これからもよろしくお願いたします。

1年生 PTA読み聞かせ 
〔2月26日(金)〕
 学期に1回、PTAの方による読み聞かせをしていただいています。3学期は今日・・・1年生の各学級で行いました。早朝より6名のお母さん方が来てくださいました。「パンやの くろちゃん」「ものすごくおおきな プリンのうえで」「くすのきだんちは ゆきのなか」の3冊です。どれも、今年東小に入った新しい絵本です。お母さん方はとても読み聞かせに慣れてみえます。子どもたちは、くいるように絵本を見つめたり、話の内容に合わせて笑ったり、お母さん方の問いかけに口々につぶやいたりしながらお話を聞き、すてきな時間を過ごしました。PTAの児童支援の活動の一つとして、これからも是非お願いしたい取組です。

園児の学校訪問 〔2月25日(木)〕
  今日は、東部保育園と三本木保育園の年長の園児40人ぐらいが学校の様子を探検にきました。元気よく朝のあいさつをし、1年生の教室を順にまわりました。絵画カードでゲームをしていた様子、絵を描いていた様子、工作をしていた様子・・・見られている1年生がお兄さんお姉さんのように感じました。懐かしい保育園の先生に会えた嬉しさを見せている1年生もいました。その後に1年生になったらよく使う「ちびっことしょかん」をみたり、運動場のあしがら山にも登ったりしました。1時間弱の訪問でしたが、保育園から小学校に進む心の不安を少しでも減らすことができればと思っています。4月に元気に入学してきてくださいね。待っています。

交通少年団団旗引継式 〔2月25日(木)〕
  今朝は、交通少年団育成会長(PTA会長)様、愛知署の交通課の方、市役所の方、交通指導員様の見守りをいただいて、交通少年団の団旗を、新しい交通少年団に引き継ぎました。交通少年団としての校外の活動は、愛知県全体の集合訓練、交通安全啓発キャンペーンの駅前での広報、市民まつりにおいての交通安全宣言などがありましたが、毎日は、分団の班長として、「安全に登下校ができるようにする」という仕事に一生懸命に取り組んでくれました。会の中で、27年度の団長は、1年間の活動を振り返った感想を発表し、新団長は、分団登下校でこれからがんばっていきたいことをしっかり伝えてくれました。東小学校には、他の学校にない交通少年団があり、全校で交通安全について意識できる機会があることにとても意味を感じています。これからも、さらに子どもたちの力で交通安全を意識できるように、指導を工夫していきたいと思います。

パンジーの世話 〔2月24日(水)〕
  冬らしいさを感じる中庭に、色鮮やかな大きな花を付けたパンジーが目にとまりました。4年生が先週、一人一鉢で植えたパンジーです。このパンジーは,卒業式や入学式の会場を、お祝いの気持ちを込めて華やかにするために、4年生が育てることになりました。寒さがこれからやわらいでいくので、4年生の子どもたちの毎日の世話で、花はすくすく大きくなっていくと思います。大きくなる花を見ながら、春の訪れを楽しみにしていきたいと思います。

分団教育相談 〔2月23日(火)〕
 
教育相談は、学期ごとに各10日間ずつ期間を設定し取り組んでいますが、分団登下校での困りごとを、もっときちんと把握することが必要であるということで今日から始めました。昨日の分団会で、各個人が答える簡単な調査に、子どもたちの困りごとをつかむ内容を含めています。その結果をもとに業前に分団教育相談の時間をつくることにしました。子どもたちが楽しく学校に通えることは、学校としての一番の願いです。子どもたちの困りごとに、早期に気付くことができるよう、子どもたちの心に寄り添う方法を工夫していきたいと思っています。今回は3日間行います。

分団会 〔2月22日(月)〕
 今日は、本年度最後の分団会がありました。今日の内容の一つは、新年度に向けての準備です。新1年生を含めた新しい班を編成し、新1年生を迎える準備をしました。新しい班長も決め、3月7日より新しい体制で登下校を始めていきます。東小学校では、登下校の「は(走らない)・ひ(広がらない)・ふ(ふざけない)・へ(へんな人についていかない)・ほ(歩道を歩く)」の中で、特に「ひ(ひろがらない)」を守ることを指導しています。広がらないで歩けば、危険もかなり防ぐことができます。遊ぶこともできなくなるので友達とのトラブルも減らすことができると考えているからです。今日は、この「ひ」の振り返りもしっかりしました。登下校で、子どもたちは長い距離を歩いています。一層、安心・安全な登下校ができるように指導を工夫していきたいと思います。

日進市バンドフェスティバル
〔2月21日(日)〕
 先週・先々週は、サッカー部・バスケットボール部の市の球技大会がありましたが、今週は金管バンド部が、愛知県吹奏楽連盟・日進市バンドフェスティバル実行委員会主催の演奏会に参加しました。市内の小中学校・高等学校・一般吹奏楽団が参加し、4中学校区が午前の部と午後の部の2つに分かれてプログラムが組まれます。本年度は日進西中校区と日進東中校区が午前の部となり、東小学校は5つ目に演奏しました。曲名は「RPG」「彼こそが海賊」の2曲です。部員が50名を超え、音の厚みがさらに出てきました。楽器が奏でる旋律にパーカッションの刻むリズムをしっかり重ね、強弱をきちんと意識した演奏は、とても素晴らしかったです。ゆったりと、そして堂々と演奏をする姿に、日頃の練習の成果を感じました。夏には「天白川源流コンサート」があり、1年に2回、市民会館のステージで演奏する機会があります。他校の演奏を聴くこともでき、大きな舞台で演奏する経験もできるので、刺激を受けつつ自分の力を伸ばす励みになっています。ありがたいことです。

5年生 調理実習 〔2月19日(金)〕
 5年生は、総合的な学習の時間の中で「米から学ぼう 食と文化」をテーマにして、年間を通して学習を進めてきています。今日は、5月に田植え、10月に稲刈りをしたお米を使って、調理実習をしていました。1月にインターネットを活用して、様々な米料理を検索し、自分の作ってみたい料理を決めました。その料理を家庭でも試しに作り、今日学校での調理実習となりました。一人一人違うお米料理です。チャーハン・混ぜ寿司・おにぎり・おにぎりサンド・オムライス・リゾットなどなど・・・。5年生の発達段階以上の調理の力を見せてくれました。どれも美味しく、子どもたちはとても満足していました。

児童集会 〔2月19日(金)〕 
 今朝は児童集会がありました。今日は、飼育委員会の発表と児童会役員からの連絡でした。
 飼育委員会の発表は、モルモットについての内容でした。本年度に入り2羽のウサギが亡くなり、今、学校で飼育している動物は、9月下旬に赤池小学校からいただいた2匹のモルモットだけとなりました。ウサギは、校舎西側の飼育小屋で飼っていましたので、その場所に足を運ばないとウサギを見ることができませんでした。しかし、モルモットはゲージで飼育しているため、校舎の内のどこにでも移動させることが可能です。寒さが気にならないころは、本館東側昇降口のところの廊下に置いていたので、放課になると子どもたちが、気軽に見たり、触ったり、餌をやったりしていたので、今日のモルモットクイズの様子を見ていると、モルモットが全校の皆に親しまれている様子を感じました。「オレオ」「ミルク」という名前も全校児童からの募集で決定し、それも親しみをもつ訳だと思います。命あるものとの触れ合いは子どもの心の育ちに大事なことです。この様子がずっと続くように飼育委員会の活動をさらに工夫していってほしいと思います。
 児童会役員からは、2/22~3/4まで取り組む「えがおであいさつ運動」についての連絡でした。2学期以降、あいさつ運動が盛り上がっていますが、「あいさつ運動」をより充実させ、気持ちのいい朝を実感するため・・・ということをねらいにした新企画です。各個人に「えがおであいさつカード」を配り、笑顔であいさつできた日に「にっこりマーク」を書き、顔の数によって「にこちゃんシール」がもらえるという内容です。「生活をよりよくする」という気持ちが伝わり、来週からの活動が楽しみです。

朝・放課の子どもたちの様子 
〔2月18日(木)〕 
 1月下旬、急なインフルエンザの流行に心配していましたが、かかる子が徐々に減ってきて、元気な東小が戻ってきました。寒い朝でも大きな声がとびかうあいさつ運動、朝から運動場でサッカーを楽しむ高学年男子、ビオラとチューリップの鉢に水をやる1年生、エコレンジャーががんばっているアルミ缶回収・・・朝から力を感じます。放課になれば、鬼ごっこ・サッカー・縄跳び・ジャングルジム・遊歩園・・・さまざまな仲間遊びを子どもたちが楽しんでいます。今週はとても寒いですが、明るい日差しとともに子どもたちがキラキラしているように感じ、見ていると嬉しくなります。

読み聞かせ 〔2月15日(月)〕 
 3学期の読書週間は終わりましたが、図書委員会の話し合いで、「1年生に読み聞かせにいきたい」ということとなり、今日の教育相談の待ち時間を使って、有志の図書委員が1年生の各教室で紙芝居の読み聞かせをしました。「さめにのまれた ゲンナさん」「あさがお アパート」「ねぼすけこびと」の3つのお話です。とても上手に聞かせていました。本年度になり、今まで以上にいろいろな委員会で活躍を見せる子どもたちが増えていると感じています。自分たちで考えた計画を自分たちで実行してみる・・・この積み重ねは、学校を活気づける大きな要因になると思っています。これからも、たくさんの子どもたちが、「みんなのために活動したい・・・」そんな気持ちをもってくれたら嬉しいです。

市球技大会②〔2月13日(土)〕 
 サッカー部は、先週のグループリーグで1位となり、今日の決勝戦に進みました。1試合目は香久山小、2試合目は赤池小と対戦し、どちらの試合も勝利を収めて、見事優勝することができました。今日の試合も、どのポジションの選手もよく活躍し、控えの選手は応援の声を出し続け、みんなの力で勝ち取った勝利でした。そして、何より真摯な態度で懸命にプレーする子どもたちを誇らしく感じました。おめでとう!!

5年生 国際理解講座「体感アジア」
〔2月12日(金)〕
 日進市と学区にあるアジア保健研修所(AHI)が協働で行っている「体感アジア」という国際理解の講座を、昨年度から5年生で実施しています。本年度は今日の5・6時限目に行いました。まずはじめに、全体でAHIについての説明をうかがった後、学級ごとにアジアの国々での様子を知る4つの体験をしました。子どもたちが頭の上に瓶をのせて水を運ぶ手伝いの体験、文字が読めないことで間違った薬を飲んでしまうという模擬体験、サリーという衣服の着付け、格差により平等にチョコレートを分配してもらえないという悔しい思いの体験などをしました。日本がいかに恵まれている国であるということと共に、アジアには日本と異なる暮らしぶりをしている国があることが体感できた時間となりました。

オレンジふれあいタイム 
〔2月12日(金)〕
 インフルエンザの流行で、児童会役員が企画した「オレンジふれあいタイム」が予定通り実施できませんでしたが、今日の大放課に高学年の「オレンジふれあいタイム」がありました。一緒に遊びたい高学年の男子女子が体育館に安全帽を持って集まり、増やし鬼をしていました。ほかの学校では、高学年になると放課に皆で遊ぶ・・・ということ減ってくるという話を聞きますが、東小学校は鬼ごっこでも、大縄跳びでも本当に楽しく遊べることが、本当にいいなあと感じています。この高学年の雰囲気をずっと引き継いでいってほしいと願っています。

なかよし集会 〔2月12日(金)〕
 今朝は、3回目のなかよし集会がありました。全校が運動場に出ての遊び集会です。今日はペア学級でチームをつくり、大縄跳び大会を行いました。勝負は、ペア学年内での競い合いで、8の字跳びを5分間で何回跳べたか、3回戦の合計跳び回数で決めるというルールです。はじめに、短縄で前跳び・後ろ跳びで体を温めてから大縄を始めました。3・4年生は、学年が近いということから、どちらの学年もテンポよく跳んでいました。2・5年生は、2学期にペア学年集会でも経験しているということで、低学年の2年生も5年生とともに楽しく跳んでいました。1・6年生は、6年生が1年生に気遣い、一生懸命に跳ばせてあげようとほのぼのとした様子がたくさんみられました。また、1回戦よりも2回戦、2回戦よりも3回戦とどの学年も跳び方が軽やかになっていました。朝から子どもたちが他の学年の児童と楽しく関わり、心があたたまる時間となりました。
 なかよし集会が予定よりも早く終わったので、高学年は、その後学級対抗戦でさらに盛り上がっていました。大縄跳びで学級の和が強まっている様子を感じました。嬉しい光景でした。
 

日東中 中学校説明会 〔2月10日(水)〕
 中学校のテスト週間を利用して、東小出身の中学2年生5名が東小を訪れ、6年生の子どもたちに、日進東中学校の紹介をしてくれました。これは、不安を少なくしてスムーズに中学校生活が始められるようにするための取組です。まず、ビデオ通して、部活動や行事の様子を分かりやすく伝えてくれました。10教科の学習があることや、教科書の全部の重さなど、勉強も小学校とは変わることも知ることができました。中学校でのきまりもわかりました。今日来てくれた中学生は、2年前は、紹介を聞く側でした。6年生の気持ちになって紹介をしてくれたのが、とてもよかったです。6年生のみんなもほっとしている様子でした。

2月あいさつ目標 〔2月8日(月)〕
 「あいさつプロジェクト」の一つとして、6月から生活・安全委員会が、毎月のあいさつ目標を決めて、あいさつができる子になるように啓発活動を続けています。今日の朝会で、2月のあいさつ目標を発表をしてくれました。「すれちがったら必ず 元気にあいさつをしよう」です。登下校での地域の人とのすれ違い時、学校でのお客様とのすれ違い時、職員とのすれ違い時など、目指したい例、残念な様子の例を、印象がしっかり残るように劇風に工夫して伝えてくれました。1月に行った学校評価の調査を分析してみると、地域でのあいさつはまだまだという状況であると考えられます。できないことをできるようにしていくのが学校の指導です。取組を継続していくことで、あいさつに対する子どもたちの意識を少しずつでも高めていけるようにしていきたいと思います。

市球技大会① 〔2月6日(土)〕 
 サッカーは南小学校を会場に、バスケットボールはスポーツセンターを会場に市球技大会の1日目が開催されました。9校が3ブロックに分かれて2試合ずつ行いました。サッカー部は2勝し、バスケットボール部は1勝1敗という結果でした。どの試合も応援をしていて気持ちがよかったのは、リードしていても気持ちを緩めず、リードされてても気持ちが負けていない・・・最後まで一生懸命のプレーを見せてくれたことです。それは、バスケットボールの試合では、リードされながらも、フリースローの場面でどんどんシュートを決めていたところ、大きくリードしていたサッカーの試合でも、最後までお腹から大きな声で応援するチームメイトの姿からもたくさん感じました。勝ち負けに関係なく最後まで一生懸命に戦う姿に、スポーツマンとしての育ちを感じます。サッカー部は来週の決勝戦でもその姿をしっかり見せてほしいです。

伸びゆく子教育作品展 〔2月5日(金)〕 
 今日から2/12(金)までの期間、市民会館で「伸びゆく子教育作品展」が開催されています。この作品展は、市内小中学校の特別支援学級に在籍する子どもたちの作品を展示しています。初日の今日は、115名の子どもたちが集まり、表彰式がありました。東小学校の今年の作品は「東小 すいぞくかん」です。秋の社会見学で出掛けた「名古屋港水族館」を作品のテーマにしました。イワシのトルネードは、たくさんの折り紙で折ったイワシで表現し、紙皿・スポンジ・色画用紙で、くらげ・さかな、かに、海藻、ペンギン・ヒトデなどをたくさん作りました。また、はりぼてを使って作った魚には、スパンコールやビーズで鱗を表現し、根気よく作品作りに取り組んだ様子がうかがわれます。10人が一生懸命に作った作品が集まり、とてもすてきな水族館ができていました。作品を見ていると、心が温かく穏やかな気持ちになり、また、子どもたちの成長を感じました。力を合わせてよくがんばりました。

市球技大会壮行会 〔2月5日(金)〕 
 明日から市内小学校9校でのサッカーとバスケットボールの球技大会が始まります。2月の大会は、5年生中心のチームでの大会となります。10月の「あいち球技大会」後、新チームになって3か月ほど経っていますが、日の沈む時刻が早く、十分な練習時間をとることがとても難しい状況でした。しかし、この条件は、どこの学校も同じです。明日は、サッカー部は、北小学校と相野山小学校と対戦し、バスケットボール部は、竹の山小学校と梨の木小学校と対戦します。明日の勝ち具合で、次週の決勝戦に進みます。今日の壮行会では、選手は大きな声で堂々と自己紹介をし、キャプテンのあいさつも頼もしかったです。練習してきたたことが、試合の中で発揮できるよう祈っています。がんばれ!オレンジキッズ!!

一次避難 〔2月4日(木)〕
 
東小学校では、インフルエンザの流行のピークの週となっていますが、登校できている子は、おもいっきり体を動かし、遊びや運動を楽しんでいます。東小学校では、高学年になっても外遊びに積極的なところがとてもいいなと感じています。
 さて、今朝、授業前に「予告なし」の一次避難だけの避難訓練をしました。放送では、本当の地震のときに流れるものと同じ「緊急地震速報」を、訓練に活用しています。これまでに幾度か訓練をしていることで、今朝も、放送が流れると3秒程度で素早く机の下にもぐるという行動ができました。行事として行う避難訓練もありますが、今後も一次避難の訓練は、いろいろな状況で実施し、いつでも・安全に初動の行動ができるように力を付けさせていきたいと思います。
 

4年生 タグラグビーの授業② 
〔2月2日(火)〕
 先週に引き続き、4年生がタグラグビーの授業に取り組みました。今日は、2対1、2対2で攻め守りをつくり、ゲームにつなげるルールを教えていただき、トライするまでのプレーを学びました。本当のラグビーではタックルをするところを、タグを取るという行動で攻撃を阻みます。そこに、いくつかのルールがあります。ボールを持っている人は、タグを取られたら、それ以上前には進めず、後方にいる見方にパスをして攻撃がつながっていくということ、タグを取った人は、タグを手渡しで返さないとプレーが再開できないということ、タグは2本取られると守り側の勝ちになるということなどなど・・・ルールはなかなか複雑です。でも、今日は4人の講師の先生に来ていただき、しっかり見本のプレーを見せながら教えていただいたこと、チーム別練習では、チームごとに講師の先生がついて丁寧に教えていただいたことで、楽しい体育の時間になりました。今、世間ではラグビーが注目されています。タグラグビーに取り組んだことで、子どもたちの関心が広がっていくといいいなと思っています。

卒業会食 〔2月1日(月)〕
 今日から2月・・・。6年生は、2学期の後半より、卒業アルバムや卒業文集の制作に取り組んでいました。そして2月に入り、校長室での卒業会食が始まりました。一日一日卒業の日に近づいている実感がしてきます。卒業会食は、1グループ5~6名と校長とで給食を食べます。食べながら、好きな食べ物・苦手な食べ物・自分の夢・中学生で入りたい部活・小学校6年間の一番の思い出などなど、互いに楽しくおしゃべりをしながら和やかに過ごしていきたいと思っています。また、6年生と校長との距離がぐっと縮まる時間でもあり、これも東小学校の思い出の一つになればと思います。