メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

今月のオレンジキッズ

 東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成28年度 12月 ●●●

2学期終業式  〔12月22日(木)〕 
 2学期の区切りの日となりました。これまでの「オレンジキッズ」にその日のできごとを記載してきましたが、2学期を振り返ってみて、改めて子どもたちの力が大きく伸びた学期であったことを実感します。「日本一の運動会を作りだそう」というレベルの高いスローガンを掲げた運動会。スローガンに向かって立派な姿を練習から本番までずっとしっかり見せてくれて、素晴しすぎる運動会を創りました。東小学校のチーム力に、みなさんの育ちに、嬉しさが溢れました。「一つのものを学年みんなで作るんだ・・・」という学年のチーム力の強さを感じた学習発表会。演技の中には一人一人の役割があり、それを一生懸命に果たす姿に「煮物型チーム力」の形を感じました。各学年のよさが光る素晴しい発表ができ、運動会のことを重ねてみると、東小の子どもたちは、なんでこんなにもがんばれるんだろう・・・と胸が熱くります。また、子どもたちの育ちを感じることは、楽しい活動ではない場面でも感じました。地震の一次避難が安全にできるようにてきていること、勤労奉仕の活動にも一生懸命に取り組むことができたこと、登下校の安全を振り返る分団会が、しっかり話を聞いて、話し合う姿がみられるようになったこと・・・などなど。この2学期の成長は、2学期の課題、「言ったことはやる=有言実行」、そのための「やってみせます」「がんがってみせます」の強い気持ち・・・たくさんの子どもたちが、これを心にとめて取り組むことができたから・・・と思っています。いっぱい褒めたい2学期となりました。嬉しい学期の締めくくりです。
 明日からは、しばらくの休みに入ります。新しい年が気持ちよく迎えられますように・・・3学期の始業式には元気なみんなに会えますように・・・くれぐれも安全な生活を過ごしてほしいと願っています。
 2学期の教育活動にご理解ご協力をいただきましてありがとうございました。
 

6年生 図工の授業 〔12月21日(水)〕 
 3時限目に図工室をのぞくと6年生が絵を描いていました。物語の絵・・・しかもすべて宮沢賢治の作品でした。6年生は国語で「やまなし」という2匹のカニが出てくる物語文を学習し、それに関連付けて、学習発表会で宮沢賢治を取り上げました。また、劇の発表でより宮沢賢治の考え方や思いが伝わるようにということで、劇の練習に並行して宮沢賢治のいろいろな作品を読むという活動をしたようです。今日の授業では、心に残った作品を読書感想画として制作していました。「セロ弾きのゴーシュ」「よだかの星」「銀河鉄道の夜」「どんぐりと山猫」「注文の多い料理店」「風の又三郎」などなど・・・。そして絵が完成すると、どういう思いでこの絵を描いたのかを200字程度の文章にまとめていました。宮沢賢治を軸に国語の学習→学習発表会→図工の学習と、つながりを仕組んだこの活動を通して、幸せな世の中を願う宮沢賢治を感じることができたのではないかと思います。


5年生 学級活動 〔12月20日(火)〕 
 5時限目に5年生の教室をのぞくと、学級活動の時間でした。2学期の係活動の報告会をしていました。この学級には15の係活動があり、この時間の座席は係順になっていました。2学期の終わりに係活動の報告会をする連絡が11月にあったようで、係ごとに報告で伝えることをまとめていました。どの係もどんな仕事をしてきたか・・・ということを中心に話していましたが、係によっては、チェックした内容で、がんばった人のランキングも発表していて、励みになったと思います。どんな活動においても、「やりっ放し・・・」というのは、よりよい活動につながっていきません。振り返ることにより、がんばったことやがんばれなかったこと、これからの課題など、自分自身が感じることができ、これが次につながるエネルギーになると考えるからです。また、今日の係報告をする子どもたちを見ながら、一人一人が学級の役割を果たしていて、きっと一人一人が学級を支えていることを感じているな・・・と思いました。煮物型チーム力・・・いい形です。


なかよし集会 〔12月16日(金)〕
 1時限目に全校でなかよし集会をしました。体育委員会の子どもたちと教師とで計画しました。今日の集会のねらいは「仲よく遊んで、オレンジキッズのきずなを強くする」です。ペア学年ペア学級で2チームをつくり、2チームが3回戦跳んだ回数を合計して、1・6年の部、2・5年の部、3・4年の部で競い合いました。登校時は雪やみぞれが降ってくる空でしたが、始まる頃になると暖かく太陽が照りつけてくれました。初めに短縄で準備運動をして体を温めた後、運動場に20チームの長縄チームが広がりました。1・6年のチームは、1年生を楽しませようと気遣うように優しく跳んでいた様子がとても微笑ましかったです。2・5年生は、2年5年が交互に跳んでも一定のテンポで跳び続けようと息を揃えているところが感心しました。3・4年生は、力が揃っていることでテンポよく跳ぶ姿、待っている子どもたちが跳ぶ姿を見ながら声を揃えて数えている様子が印象的でした。朝から運動場いっぱいになかよしの空気が溢れ、素敵な子どもたちを感じ、とてもいい気持ちになりました。体育委員会のみなさん・・・ありがとう。

トイレ改修のワークショップ 
〔12月16日(金)〕
 来年度から本館のトイレの改修が始まる予定です。それに関わって、今日市役所の方と設計士さんが来校してくださり、子どもたちの意見を聞いていただくワークショップが開かれました。参加した児童は、5年生の前・後期の学級委員12名です。この企画は、実際に使う「子どもの視点」を取り入れていくことができれば・・・とのねらいのようです。参加する子どもたちは、予め現在のトイレの気に入っているところ、変えてほしいところをプリントにまとめて参加しました。2つのグループに分かれて、それぞれの意見を付箋紙に書き写して模造紙に貼り、その模造紙を互いに交換して、「変えていきたいこと」の改善案を提案していきました。大放課を使っての短い時間でしたので、改善案をお互いに発表し合って今日は終わりました。さすが学級委員です。要領を得て積極的な取組ができました。1月にもう一度ワークショップが開かれるそうです。

1年生 コンピュータを使って 
〔12月15日(木)〕
 5時限目にコンピュータ室をのぞくと、1年生一人一人がコンピュタに向かっていました。全教科を網羅した学習ソフトを自由に使い、それぞれが、勉強したい教科を選んで黙々と学習していました。今日の1年生はコンピュータ室を使うのは3回目。初めの段階で、ICTサポータの方から基本操作をしっかり丁寧に教えていただいたことで、3回目の段階で、もうどの子も戸惑いなくコンピュータに向かっていました。覚えがとても早くてびっくりしました。これからの子どもたちには、情報l機器の利用は外せない世の中になっていきます。しかし、機器を使うことが上手になるだけでなく、あふれる情報をうまく使いこなせる力をしっかりと身に付けさせていくことを大事にしていきたいです。これが情報教育において大切なことと捉えています。

2学期 「アルミ缶の日」最終 
〔12月15日(木)〕
 毎週木曜日は「アルミ缶の日」。この活動をリードしているのは、エコレンジャーです。5・6年美化委員は、1年間エコレンジャーとしての取り組みもしていますが、1~4年生の各学級からのエコレンジャーは、殆どが毎学期交替となります。2学期は、アルミ缶は90Lのごみ袋で30袋以上、牛乳パックは90Lのごみ袋10袋以上と回収活動を頑張りました。昼の放送や学級での呼びかけの成果です。今日は、2学期最終日ということで、2学期分すべてを倉庫から出して、がんばりの印でエコレンジャーの記念写真をとりました。そして午後、業者に回収していただきました。小さなエコ活動ですが、常に環境のことを意識できる意味ある活動として根付いてきました。

2・5年生 大縄跳び 
〔12月14日(水)〕
 6時限目、運動場には2年生と5年生のペア学級が運動場で大縄跳びの練習をしていました。今週16日(金)の1時限目に、なかよしよし集会で大縄跳びをします。本番どおりの混合のチーム、2チームに分かれて、本番どおりの跳び順で8の字跳びの練習を繰り返していました。上学年と下学年のペアで跳んでいるので、スイスイ跳ぶことはなかなか難しいですが、上学年の子どもたちと低学年の子どもたちがワイワイとした雰囲気の中で、なんとかたくさん跳ぼうとがんばっている様子がとても微笑ましく感じました。こういう遊びが、然にできる東小の子どもたちは素敵です。

4年生 子ども省エネ教室 
〔12月13日(火)〕
 外部から講師の先生をお招きして、4年生は1時間ずつ環境の勉強をしました。学習発表会では「ごみを減らす」をテーマに発表をしましたが、今日は地球温暖化防止につながる講座でした。ドクターXに扮する講師が、プログラムを展開してくださいました。講座は、いきなり〇×クイズから始まりました。①昔に比べて夏が暑くなっている!、②昔に比べて、激しい雨が多くなっている!、③地球がお熱(地球温暖化)を出すは、地震のせいである!、④CO2はお日様を浴びた植物から出てくる!、⑤CO2を出すのを少なくするには無駄な電気やガスを使わないようにすることが大切!、⑥クールチョイスの「クール」は賢いという意味である!・・・このクイズを基に、正解を伝えながらドクターXがやさしい言葉で、省エネの大切さに触れていきました。その後は、「エコレ(エコ コレクション)」というカルタのようなカードを使って、神経衰弱のようなゲームをしました。引いた2枚のカードが合うと、家庭でできる省エネが分かるようになっていました。今日学んだことをお家の人と話をしながらするアンケートももらいました。自分たちにもできる省エネ生活について、やさし楽しく学ぶ時間となりました。

3年生 校外学習 〔12月13日(火)〕
 3年生は社会科で「はたらく人とわたしたちのくらし」の学習で、お店や工場で働く人たちのことを調べ、自分たちの生活との関わりについて学んでいきます。雨がしとしと降る日になってしまいましたが、3年生は午前中、校区にある「ヤクルト工場」に見学に出掛けました。工場に着くと、学年を2つに分けて、ビデオ視聴と工場見学を交互にしました。ビデオ視聴のときにヤクルトを1本ずついただき、飲みながら、ヤクルトに含まれている菌がとても体にいいことを学びました。工場見学では、容器を作る→ラベルを付ける→液を入れる→キャップをするという一連の工程を分かりやすく見せていただきました。出来上がった製品は、必ず人が味の検査をして安全を確かめて出荷するそうです。また、この工場では、1日に高さ4.5mぐらいのタンク3つ分の量の製品をつくっていることにも驚きました。乳酸菌飲料は子どもたちにとって身近なものです。とても興味をもって学習することができました。

2年生 読み聞かせ 〔12月13日(火)〕
 11月下旬に、PTAのボランティアのお母さん方に、1年生に読み聞かせしていただきました。今朝は2年生です。1年生のときとは違うお母さん方が来校してくださり、学級ごとに読み聞かせをしてくださいました。「おかあさんねんずみの おくりもの」「へんしん オバケ」「はひふへほんやさん ほんじつかいてん」の3冊です。机を後ろに寄せて前に座り、子どもたちは、じっと本を見つめながら読み聞かせに聞き入っていました。お話をただ聞くだけでなく、話の内容を受け止めて、言葉を返したりするところは1年生とは違う印象でした。また、読んでいただいた本に興味をもち、「シリーズがあるの?」「借りたい!」という言葉も聞かれました。朝の読書は心が落ち着きます。PTAのみなさん・・・ありがちうございました。

分団会 〔12月12日(月)〕
 5時限目に2学期末の分団会を行いました。分団の班長は、昼放課の班長会を経て5時限目の分団会を迎えました。分団会は、初めに個別の分団アンケートを使って2学期を振り返ります。振り返る内容は3つの項目に絞っています。①登下校の「は・ひ・ふ・へ・ほ」は守っていますか、②特に「ひ」を守っています、③登下校で、嫌なこと・困っていることはありますか・・・の3つです。③については、歩き方・並び方以外のことは、明日から3日間行う分団教育相談で担当者と話をすることで解決に向けていきます。振り返りの後は、新1年生を迎える第1段階の準備をしました。校内を歩きながら分団会の様子をみていくと、どの分団も整然とした態度で落ち着いて取り組んでいました。分団会がこのような状態でできるということが、登下校できちん歩くことができる、下校時に静かにスムーズに整列できる、分団のトラブルが減っていく・・・こんなことにつながっていくと感じます。今日の分団会での真剣な態度からも子どもたちの成長を感じ、感心しました。

6年生 理科の授業 〔12月9日(金)〕
 3時限目に理科室を除くと、6年生が上皿てんびんの勉強をしていました。「てこのはたらき」の学習の中での活動です。4人ほどの班に1つの上皿てんびんを使い、量るものの重さを予想して、幾種類かの分銅の中からそ~っと反対側の皿に乗せては下ろすを繰り返していました。右へ左へとゆらゆら動く針の様子を班のみんなでじっと見ながらぴったりの重さになるのを待っていました。また、その後には、上皿てんびんと分銅を使って、水や粉を量り取ることもしていました。今日の授業の内容は、子どもたちにとって決して難しいものではありません。しかし、時間をかけて実験器具を正しく使う力は、中学校の理科の授業にもしっかり役立っていきます。この1時間の子どもたちの真剣な眼差し、集中力に6年生らしさを感じました。

5年生 外国語活動 〔12月7日(水)〕
 1~4年生までと異なり、5・6年生は、週に1時間外国語活動の授業があります。平成32年度から、国語や算数と同じように教科としての外国語活動が始まりますが、今はまだ一つ手前の段階での学習をしています。5年生の教室をのぞくと、今日は「『夢の時間わり』を作ろう」の学習の1時間目をしていました。まず初めに、国語・書写・社会・算数・理科・英語・音楽・家庭・体育・図工の教科を英語で言う言い方を繰り返し練習をし、その後、CDから流れる音声で、英語を聞き取り、今日の時間割をつくっていました。授業は、担任とALT(外国語指導補助講師)で行い、ALTは、日本語と英語を併用して子どもたちに指示を出していました。教科書の何ページを開くということも、まずは英語で指示がありました。1年生から、不定期であるものの遊びを通して英語に親しんでいる(英語活動)ことで、5年生の子どもたちに、英語に対して躊躇させる気持ちをもたせていないと感じました。平成32年度からは3年生から教科とし外国語活動の学習が始まっていきます。抵抗なく始められることを大事に、今の学習に取り組ませていきたいと思います。

登校時下校時の様子 〔12月6日(火)〕
 「おはようございます!」「おはようございます!」と寒さに負けず元気な声だ飛び交う朝・・・後期児童会役員の一層のリードに、あいさつの道当番の学級が盛り上がり、活気に
あふれています。そして、下校は、時間前に静かに運動場に整列し、分団下校以外の子どもたちの確認もスムーズに完了。そして「さよなら!」「さよなら!」と元気よく挨拶をして帰る子どもたち・・・。2学期の行事が終わり、子どもたちは一休憩の12月です。それでも、気持ちよく1日を始めて、気持ちよく1日を終わる・・・何気ない子どもたちの行動に何とも嬉しいものを感じます。
 今日から保護者会が始まりました。短時間の懇談になりますが、2学期の学習や生活について、子どもたちの成長をお伝えできればと思っております。よろしくお願いします。
 

4年生 校外学習 〔12月5日(月)〕
 今日の午前中、4年生は、日進市と東郷町の境にある尾張東部浄水場に出掛けました。12月というのにぽかぽかの陽気・・・先日の木曽三川の社会見学に続いて、4年生は行事は天気に恵まれています。社会科での上水道の学習は、1学期に終わっていますが、浄水場の工事が入っていたこと、是非とも見学にいきたいということで、この時期になりました。浄水場は、池の水を安心して飲める水道水にしていくところです。到着すると、まず、屋外の施設を順番に歩きました。愛知池の水をくみ上げて、いくつかの過程を経て飲み水になっていく様子を自分の目で確かめました。今日は、各学級2名の職員の方がついてくださりしっかり勉強することができました。その後、施設内でDVDで確かめをし、職員の方に質問に応えていただきました。学校での学習から随分日にちが空いていましたが、子どもたちは見学してよかったとつぶやいていました。行き帰り徒歩で少し大変でしたが、出掛けた意義を子どもたちが感じてくれてよい学習になりました。

大縄跳び 〔12月1日(木)〕
 今日から12月・・・2学期最後の月、1年最後の月となりました。
 12月16日のなかよし集会で、全校で「8の字跳び」の大縄跳びをします。なかよし集会では、異学年が交流できる体育的活動をしています。今回はペア学年の学級でチームをつくり跳ぶ回数を競い合います。体育の授業で練習している学年もありますが、放課での縄跳び練習も盛んになってきました。その練習も上の学年と下の学年が一緒になってやっている様子は何とも微笑ましい光景です。冬のスポーツとして縄跳びは子どもたちに人気があります。短縄で難しい技に挑戦し、できた喜びを実感できるのも嬉しいものです。長縄は、友達と息を揃えてタイミングよく跳ぼうとすることで、仲間を意識できる運動になります。寒い冬に声をかけ合いながら縄跳びを楽しむ子どもたちを、しっかり応援したいです。