メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H30オレンジキッズH29オレンジキッズH28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズR1オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

今月のオレンジキッズ

 東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成29年度 5月 ●●●

芸術鑑賞会〔5月31日(水)〕 
 1年に一度、優れた芸術に触れ豊かな情操を養うことをねらいにして芸術鑑賞会を計画しています。本年度は今日、人形劇団をお呼びし「アラビアンナイト~魔法のランプと明日へのヒカリ~」の演目で行いました。ランプをなでると魔神が登場し、そのランプを手にした欲深い登場人物の願いを次々に叶えていきます。はじめは喜んでいても、それで巻き起こされる苦しいめにも悲しいめにも遭い、最後には、叶えたい願いは自分たちで叶えること・・・ということに気付いていくというお話でした。今日の人形劇は、人が動いているかのように細かくしなやかに動く人形、大きな布を使った動きのある演出、舞台装置の巧みな変化、フロアの広さを使ったダイナミックな演技など、想像以上の人形劇の素晴らしさを体感することができました。特に下学年の子どもたちは、最後の最後までお話がどうなるか・・・の思いで身を乗り出すように見入っていました。2学期には、自分たちの学習発表会があります。今日の演技のよさが、自分たちの演技に少しでも生かされるといいなと思います。

道徳の授業〔5月30日(火)〕 
 先週も今日も、校内を歩いていると道徳の授業をしている学級がいくつかありました。道徳の時間は心を磨く時間です。読み物資料を通して登場人物の気持ちを考え、その登場人物の気持ちの変容から子どもたちはよりよく生活するための心に気付き、さらに、これまでの自分を見つめることや友達と意見の交流をすることで、自分の生き方を一歩前に進めることができればと考えています。それにしても、どの学級でも、自分の考えを進んで発表できる子どもたちが多いことに感心しました。今年の目指すチーム力は、「だれもが同じように同じだけ、力・知恵・気持ちを出し、みんなで一つを作る」というチーム力です。その中のだれもが同じように同じでけ「知恵」を出すためには、まず日頃の授業・生活の中で「ぼく・わたしは、〇〇と思う」ということが言えることが、第1ステップであり、このことを子どもたちが意識してがんばっている・・・そんな様子が伝わってきました。また、昨年度の学校評価で「自分の思いや考えをもって伝えることができる子ほど、学校が楽しいと強く感じている」という傾向も見られていることから、進んで自分の意見が言える子が増えることが、学校全体にさらに活気を生み出していくように思います。本年度は「自分の思いや考えをもち伝えることができる」力の高まりを楽しみにしていきたいです。

児童集会〔5月26日(金)〕 
 今朝は本年度初めての定期の児童集会を行いました。これまで、児童集会の進行は児童会役員が担当していましたが、今年から集会委員会をつくり、集会の運営はすべて担うしてことになりました。定期の児童集会は、委員会の啓発活動を中心に企画をしていきます。第1回は、飼育委員会、美化委員会、生活・安全委員会が発表をしました。飼育委員会は、2匹のモルモットの紹介と、ストレスを与えないようにモルモットにふれ合うための注意を伝えました。美化委員会は、第1回ピカピカ週間の取り組み内容を、劇で伝えてくれました。点検項目もしっかり分かりました。生活・安全委員会は、今月のあいさつ目標「あいさつされたら すぐかえそう」ということで、あいさつを返すゲームをしました。ゲームであっても、あいさつの言葉がすぐに返ってくることは気持ちのいいものでした。どの委員会も発表のための準備を一生懸命にしてきてことを感じました。子どもたちがみんなの前で堂々と発表できた経験は、自分の自信につながっていきます。児童集会は、異学年交流の活動の場であるとともに、子どもたちが育ついい機会にできるようにしていきたいと思います。

1年生 布ぞうりをいただく会 
〔5月25日(木)〕 
 年度初めに、地域の方々が作られた布ぞうりを1年生全員にプレゼントをしていただいています。「高齢の方の力を活用する」「布ぞうりを履くことで子どもたちの脳を刺激する」等々のねらいで活動に取り組んでみえるそうです。今日は5名のおばあ様と2名のおじい様が来てくださり、1年生が布ぞうりをいただく会を体育館でしました。いただいたぞうりを早速はいて、足の裏の心地よい感触を味わっていました。そして、「さんぽ」の歌に合わせて歩き、大きな円の形を作り、校歌の歌のプレゼントをしました。その後、小さな円を作って、「ひらいた ひらいた」をおばあ様やおじい様と一緒に歌って踊りました。最後にみんなで写真もとりました。布ぞうりは、1年をかけて全員分を作ってくださっています。きれいな柄の布を細く裂いて編み込み、裏地も素敵な生地で縫い合わさっていました。子どもたちは大喜び・・・。学校でははくことができませんが、おうちの中で、お大事にはいてほしいと思います。温かい温かいプレゼントを本当にありがとうございました。

交通教室 〔5月24日(水)〕 
 毎年5月下旬に交通教室を実施しています。東小学校の交通教室は、歩行(学校周辺の公道)や自転車の乗り方(運動場での模擬道路)の実地訓練と、愛知県警音楽隊・あゆみ(交通安全教育チーム)による教室と交互に行っています。今年は、後者の交通安全教室を行いました。前半のあゆみによる学習では、自転車の正しい乗り方・自転車のルール・自転車がしてはいけないことを、自転車部の子どもたちの実演と共に教えていただきました。自転車であっても規則を破ると、多額の罰金を科せられる話には、子どもたちはとても驚いていました。後半は、県警の音楽隊とフレッシュアイリスの方々による演奏やフラッグ等の演技に引き込まれながら、歩行者や車に同乗しているときに注意することなどを学びました。交通ルールは子どもたちはよく分かっています。しかし、「ちょっとぐらいなら・・・」「これぐらい大丈夫」「だれもみていないから・・・」という気持ちが働いてしまうことがよくあります。でも、今日の警察の方のお話で、その気持ちが起こらないようにしてほしいものです。一人一人が自分の命を大事にできるように、毎日の交通安全の意識を高めてほしいと願っています。

5年生 田植え 〔5月23日(火)〕 
 今日の午前中、地域の4名の方の指導の下に、5年生が通学路の途中にある学習田で田植えをしました。5年生は総合的な学習の時間でお米について学習を進めていますが、田植えや稲刈りはこの学習の中での体験活動となっており、毎年恒例の取組です。今年は「あいちのかおり」という品種の苗を植えました。田の広さは、約1反、きれいに並ぶように植えていかないとたくさんの収穫につながりません。今日は講師の先生がひもに赤い印をつけてくださり、まっすぐピーンと張られたひもにそって1列に並んだ子どもたちが苗を順に植えていきました。1列終わると、全員が1歩後ろに下がり・・・また1列が終わると1歩下がり・・・この繰り返しで、50列以上を植えました。3~4本の株を植えると、そこにご飯軽く1杯ぐらいのお米ができるそうです。古い靴下をはいて、ずぶずぶとうまってしまう足の感触に気持ちよさと気持ち悪さを感じながらがんばりました。学習田は学校から少し離れているので、稲が育つ途中の世話は、地域の方の力を借りています。東小学校は農地が多いところですが、田植えの経験をしたことのある子どもたちは、毎年ごくわずかです。今日は貴重な体験ができました。地域の先生・・・ありがとうございました。

ハッピーフェスティバルに向けて①
〔5月19日(金)〕 
 6月9日に、児童会のメイン活動「ハッピーフェスティバル」を予定しています。ねらいは、異学年交流を深めること、高学年の児童が立場や役割を自覚し自主的な活動ができることです。東小学校は、日常生活の中で自然に異学年交流をしていますが、1学期に高学年が低・中学年をリードし、異学年同士がなかよくなることを意識させる行事を仕組み、さらに強めていけるようにしています。「ハッピーフェスティバル」は、高学年が委員会ごとに簡単なお店を2つ出し、その店を異学年合同の少人数班で回る・・・という内容です。今日は6時限目に、体育館に高学年が集まり、第1回のお店計画をしていました。それぞれの委員会に関連する内容で、準備がエコにでき、一つの班5分以内でできる楽しいゲーム・・・という条件の中で一生懸命に考えていました。毎年子どもたちの発想に感心します。今年はどんなお店がでるのかな・・・とても楽しみです。

緑の募金〔5月19日(金)〕 
 今日は緑の募金の3日目、最終日です。初日は募金をしてくれる子が少なく、緑化委員の子どもたちが少し慌てていました。しかし、昼の放送でもう一度しっかり伝えて残り2日間の活動をしました。最終日の今日は、募金箱がずっしり重く感じるほどの協力を得ていました。「緑の募金」は、緑化推進運動や環境問題に関心をもつとともに、よりよい環境のために主体的に行動する態度を育てることをねらいとし、子どもたちは、自分のお小遣い程度の協力で参加しました。子どもたちが少しでも周りに目を向け、自分のこと以外のことにも気を止めて生活できることを願っています。

引き取り下校訓練〔5月18日(木)〕 
 今日、東海地震に関連する情報発表のために判定会が招集されたということを想定して、緊急下校児童引き取り訓練を行いました。今の方法で始めて4回目になります。判定会が招集された場合は、緊急事態ではありますが、即地震が来るわけではないという状況ということで、校区の広い本校では、自家用車での引き取りも可能としています。しかし、学校周辺の道路は狭く、駐車場とする運動場も十分ではありません。でも、毎年挙げられる課題をクリアできるように留意事項をお伝えして、保護者の方にご協力をいただけたお陰で、今年の引き取り下校は、すごくスムーズであったと感じています。子どもたちが下校していく様子もとても落ち着いていました。皆様に感謝です。これまで、台風接近、雷接近、市内の事件発生などで引き取り下校を実施したことがあります。万一の際はない方がいいですが、その時には、今回のような引き取り下校ができることを願っています。本日はありがとうございました。

「B-Force」来校〔5月17日(水)〕 
 「B-force」とは、愛知県警の自転車対策小隊のことです。東小学校には自転車部があり、毎年夏に愛知県の大会に出ています。その競技の中に、安全な走行や巧みな技術を競う実技があり、自分たちの力だけで繰り返し練習して、力がを高められるように取り組んできました。そんな中、愛知県警に自転車競技の指導をしてくださる方々がいることを知り、今日の部活動の時間に、愛知県警の「B-force」から6名と愛知署の交通課の警察官2名の方に来ていただき、本当に正しい乗り方の指導をしてもらいました。子どもたちの走行の様子をみてアドバイスをしてくださったり、見本を見せてくださったり、コツを教えてくださったりしました。いつもと違う状況に子どもたちはとてもはりきっていました。日頃は白バイに乗っているそうですが、自転車部の子どもたちに合わせて優しく教えていただきました。今日の練習は1時間程で終了しました。子どもたちは「またきてね」と声をかけながら、お送りしました。本当に、また来ていただけます。子どもたちがはりきって取り組んでくれるといいなと思います。

1年生 がっこうたんけん
〔5月17日(水)〕 
 今日3年生は校区探検に出掛けましたが、同じ時間に1年生は学校探検をしました。入学して間もなく、2年生の案内で校舎内・校舎外のぐるっと回るという活動をしましたが、「学校のどこに何があるのか調べよう」「グループの友達となかよく行動しよう」をめあてにして、生活科の学習で学校探検をしました。3~4人の班になり、プリントに書いてある入ってもいい教室を選んで回っていました。「1年○組 ○班 入ってもいいですか・・・」と、部屋に入る前にきちんと挨拶をし、部屋の中で一生懸命に発見したものを絵や文字で書いていました。部屋から出て行くときも挨拶ができていて、驚きました。班での行動もとても上手でした。毎年、1年生がこの時期に学校探検をしますが、礼儀正しく、めあてを守って取り組んでいる姿は素晴らしかったです。みんなで見つけたもの・ことを合わせて、東小学校のひみつをたくさん知ってほしいと思います。 

3年生 校区探検〔5月17日(水)〕 
 今日3年生は、社会科の「わたしたちのまち みんなのまち」の学習の一環で、藤島方面に校区探検に出掛けました。一昨日、2年生も町探検にでかけましたが、3年生の探検のねらいは、「学区の地形、土地利用の様子、主な公共施設などの場所、交通の様子を調べて、身近な地域の特徴やよさを理解する」です。探検に出掛ける時には、探検バッグに白地図を挟んで行きました。学校に帰ってきた時には、地図記号や絵で見てきたものが書き込まれていました。この後の学習では、三本木方面や米野木方面にも出掛け、地域の土地利用などの様子をまとめていきます。東小学校の校区はとても広いですが、みんなで歩いて確かめ、実感を伴う学習として進めていきたいと思っています。

あいさつ運動〔5月16日(火)〕 
 ゴールデンウィーク明けの先週から、あいさつ運動が始まりました。本年度は、単独学級とペア学級の交互で週ごとに職員室前のアスファルトであいさつの道をつくります。今週はペア学級の当番です。今日から1年生が参加しました。昨日の朝会では、1年生が6年生に教えてもらった校歌を披露してくれました。とても元気に歌いました。入学して約1か月半・・・、少しずつ東小学校のなかまとしての姿をみせてくれています。東小学校の一番のキーワードは「チーム力」。たくさんの人と関わりながら、豊かな心を育んでいってほしいと願っています。

2年生 まちたんけん〔5月15日(月)〕 
 1年生の生活科では、学校、学校の周辺、家という範囲で学習が組み立てられていますが、2年生になると学習エリアが校区に広がります。今日2年生は初めての町探検に出掛けました。今日は藤島方面でした。学校からまず藤島公会堂に向かい、日東保育園・日進東中学校を回りながら学校に戻ってきました。次回は米野木方面に出掛け、2学期に三本木方面を考えています。五感を使って季節も感じながら調べ、地域にはさまざまな場所があり、多様な人々が生活したり働いたりしていることが分かり、それらが自分たちの生活を支えていることや、楽しく豊かにしていることに気付くことができればと思っています。校区に関心をもつことができれば、3年生の社会科の校区の学習にしっかりつなげていくことができます。自分たちの住むこのまちに愛着を感じる子どもたちを育てていきたいと思います。

体力テスト〔5月11日(木)〕 
 毎年この時期に、体力テストを行っています。このテストは、文部科学省の実施要領に基づいて取り組んでいます。1~3年生は「50m走」「ソフトボール投げ」「立ち幅跳び」の3種目を、4年生はこれらの種目に「長座体前屈」「反復横跳び」を加えた5種目です。5・6年生はさらに3種目を加えた8種目に取り組みます。今日は、5・6年生が、2・3時限目に合同で「ソフトボール投げ」「上体起こし」「反復横跳び」「立ち幅跳び」の記録をとっていました。本校は、左記事「オレンジ群団の由来」にあるように、昭和50年代、陸上競技が盛んで、地区の大会では大きく注目されていました。現在は、そのような状況はなく、各種目の記録も標準的です。しかし、距離の長い通学路を毎日歩いたり、放課に外で元気よく遊んだりすることで、スタミナがあると感じます。それは、運動会での練習の頑張りや、部活動の大会の様子をみていて感じます。校訓にある「強いからだ」・・・この目標は、ずっと東小の子どもたちどおりだと思います。健康なからだは、何よりの宝です。

4年生 消防署見学〔5月10日(水)〕 
 4年生は、社会科の「火事からくらしを守る」の学習の一環で、今日、日進消防署に見学に出掛けました。消防署に着くと、DVDで消防署の1日の様子を学んだ後、学級ごとにいろいろな部屋を見せていただきました。また、ヘルメットと防火服を一人一人着て、放水訓練の体験やけむりの中に入る体験をしました。消防車や救急車の中も見せていただいていましたが、その最中に、緊急出動があり、救急車や消防車が消防署から出て行きました。ドクターヘリが着陸する連絡があったそうです。学校に帰ると、早速学んだこと「消防新聞」にまとめている学級もありました。地域社会の中には、人々の安全を守るために働いている人々がいます。その人々の工夫や努力を理解しながら、4年生の子どもたちが、社会の一員として人々の安全を守るための活動に協力しようという気持ちを、高めてほしいと思います。

本館前の様子から〔5月9日(火)〕 
 ゴールデンウィーク前に植えた1年生のアサガオの種が芽を出し、かわいらしい双葉がたくさんみられるようになってきました。それを喜びながら一生懸命に水やりをする1年生の様子がとてもかわいらしいです。また、東の昇降口の西側の学年園には、2年生の生活科で取り組む、支柱・土を準備した野菜づくりのための鉢が並んでいます。畑には、6年生のじゃがいも(理科の教材)、あすなろ学級のなす・きゅうり・ピーマン・ししとうが植えられており、2年生の野菜づくりのためのうねの準備も万端になっています。また、少し後には、飼育委員会がモルモットのえさ「チモシー」も育てる予定にしています。この学年園には、もう使用することが難しい温室がありましたが、昨年度末地域のボランティアの方々に撤去していただき、広々とした畑のスペースができました。とてもありがたいことです。子どもたちに動植物に興味・関心を持たせながら世話をし育てる学習は、心の教育にも欠かせないものです。また、小さな種がたくさんのきれいな花を咲かせたり、小さな苗がたくさんの実を付けたりするすごさ・不思議さも子どもたちに味わわせたいと思います。

少人数指導の授業〔5月8日(月)〕 
 5連休明け・・・気持ちが軽くなる温かな朝です。子どもたちの朝の挨拶は、元気な声ばかりではありませんでしたが、表情は明るく安心しました。新年度が始まり、子どもたちは張り切って頑張ってきました。ゴールデンウィーク後には少し疲れがでるかもしれません。そこをうまくコントロールして、生活のリズムを整えて「学校が楽しい」と感じながら、前へと進んでいけるように指導を考えていきたいと思っています。
 子どもたちが「学校が楽しい」と感じる大きな要素の1つに「授業が分かる」ことと捉えています。そのために、東小学校では、算数の授業で少しでもきめ細やかな指導ができるように、3~6年生で,一斉授業をを2人体制で授業を行ったり、1学級を2つに分割して2人で授業を行ったりしています。少人数指導授業で効果を上げるために、いろいろな指導の方法があります。本校では、一斉授業ではつまずいている子どもに、もう一人の教師が寄り添って支援をしたり、子どもたちがどのように理解しているのかを即時に判断できるように、少ない人数にして授業を進めたりしています。子どもたちの学校生活の大部分は、授業の時間です。「分かった」「できた」と生き生きとした顔でつぶやく子どもたが増えることを願い、指導に努めていきたいと思います。

6年生 家庭科の授業〔5月2日(火)〕 
 1・2時限目、6年生が調理実習をしていました。家庭科の「いためて朝食のおかずをつくろう」の学習で、「シャキシャキのいろどりいため(野菜)」に挑戦していました。朝ごはん飯を食べることの大切さはずっといわれてきて言ますが、今は、ただ食べるだけではなく、野菜を食べることが重要なポイントと言われてます。その意識が高められる学習だなと感じました。調理班で器具の準備は協力して行っていましたが、自分で持参した材料を順番に切り、順番にガスコンロをつかって自分の分を作るという一人実習でした。6年生になって初めての調理実習でしたが、とても手際よく、5年生時の学習が生かされていると思いました。全員がレシピ通り、中火でにんじんを1分炒めた後、ピーマン・たまねぎ・ハムを強火で1~2分をさっと炒め、塩・こしょうで味を整えて・・・どの子も同じようにシャキシャキ感のある野菜炒めが完成しました。今日の実習の経験を「チャレンジカード」の学習につなげ、家庭でも取り組んでいくようです。家庭科の学習は、実生活の中で生かすことに学習の意味があります。

入学して1か月〔5月1日(月)〕 
 3時限目、運動場から「1、2、3,4・・・」という元気よく号令をかける子どもたちの声が聞こえてきました。1年生が初めての合同体育で準備運動をしていました。しかし、急にねずみ色の雲が広がり、大粒の雨が降ってきてしまい、残念!今日はかけっこをする予定でしたが、1回だけみんなで走って、急いで校舎の中に入りました。その移動もとても素早くできていました。雨が止むと、先週植えた朝顔の鉢植えに、水やり用のペットボトルを鉢にセットをしに、外に出てきました。「早く芽が出ないかな・・・楽しみにしてるよ」と、つぶやいている様子が何ともかわいらしかったです。そして、今日で7回目の給食・・・準備も手際よく,自分の食べられるだけの分を考えて、自分で量を調節することもしていました。何より、楽しく美味しそうに食べている姿がとてもよかったです。帰りは、先週でお迎え下校が終わり、今日から普通の下校となりました。久しぶりの一斉下校にも、話を聞きながら指示についてきていました。1年生の日常の様々な様子を見ていて、着実に東小学校の生活に慣れきているなと感じます。こんなにもスムーズにスタートができ感心しています。ますます1年生の成長が楽しみになりました。がんばれ!1年生!!