メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H29オレンジキッズ4~5月H28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズH25オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H28全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

日進市立東小学校のホームページにようこそ

      ● ● ● 日進市立東小学校  ● ● ● 
                    ※ 東小学校は、平成23年に100周年を迎えました。

     〔所 在 地〕    〒 470-0111
              愛知県日進市米野木町北畑8-3  
              TEL:0561-73-2227    FAX:0561-74-0164

     〔交通案内〕 名鉄豊田線米野木駅下車     北へ約2000m
              名鉄バス名商大線「東仲」下車 北へ約400m

 
<オレンジ群団の由来>
  かつて昭和の終わりごろ、愛知郡(その当時は日進町)では「愛知郡小中学校陸上競技大会」が行われていました。当時、東小学校は昭和52年度~昭和59年度までの8年間、「8年連続総合優勝(8連覇)」を達成しており、陸上競技大会の会場(青少年公園が多かった)は、どの種目を見ても「東小のユニホームの色(オレンジ)」が走り回っていました。
 午前の予選から、午後の決勝まで走り回り、フィールドも含めことごとく上位を独占していました。その「東小のユニホームであるオレンジ色の選手たち」を見て、他校の選手たちは「オレンジ群団!」と尊敬の意味を込めて呼んでいました。
 
28年度 日進市小学校球技大会 サッカー部 優勝


27年度 日進市小学校球技大会 サッカー部 優勝


26年度 日進市小学校球技大会 バスケットボール部 優勝
 
① 「オレンジ群団」 創立100周年を記念して
           日進市小学校球技大会において
                  サッカー部・バスケット部 
                    史上初のアベック 優勝 達成!!


 <バスケットボール部 優勝>




 <サッカー部 優勝>






② オレンジの正門               ③ オレンジの朝礼台(運動場の象徴)
 

④ オレンジの体育館扉       
 

⑤ オレンジ群団を見守る伝統ある市電   ⑥ オレンジ群団象徴の校旗
 

⑧ 100周年記念時計塔「オレンジカラーの文字盤」

 
 

来訪者数

140060

お願い

※ このホームページの画像の著作権は日進市役所教育総務課にあります。
 日進市役所教育総務課の許可なしに画像の加工、転載、複製はお断りいた しま 
 す。
                                          
         

※ 人物の特定ができる写真については、年度初めに保護者の方の許諾を得て 
 掲載しています。また、悪用を避けるために画素数を落とし、拡大させると不鮮明 
 になるよ
うに努めています。

 

今月のオレンジキッズ

 東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成29年度 6月 ●●●

勤労奉仕集会〔6月23日(金)〕
 東小学校の敷地には自然がいっぱいありますが、夏に向けて草も元気よく生えてきます。抜いても抜いても限りがないほどの量です。それでも、気持ちよく生活するために、子どもたちがよく使うところは子どもたちの手でもきれいにしていきたいと思います。それで、今日は、担当の教師と緑化委員会の運営で勤労奉仕集会をしました。はじめに全校が運動場に集まり、行事の意味や注意を聞く開会行事をしました。その後各学年の分担場所に分かれ作業に入りました。一昨日の激しい雨のお陰で、草はちょうど抜きやすい状態になっていました。20分間という短い時間であっても、草を抜いてきれいになったと実感できる場所がたくさんできました。みんなで力を合わせるパワーを今朝も感じました。秋にも勤労奉仕集会が計画されています。秋は落ち葉拾いです。

読書週間&1次避難訓練
〔6月22日(木)〕
 今週の月曜日から6月30日(金)まで、「あじさい満開! 読んで世界一を目指そう 読書週間」が始まりました。東小には外で遊ぶことが大好きな子どもたちがたくさんいますが、今日のちびっこ図書館には低学年の子どもたちがたくさん来ていました。1日に2冊借りられる、スタンプラリーで本のしおりがもらえる取り組みをしていました。本を借りる子が、教室の周りに20M近く並んで待っていたり、座って読書を楽しんだり、スタンプラリーですでにしおりをもらっていたり・・・でも、図書館の中でのルールがきちんと守られていて、人がいっぱいいても静かで驚きました。そして10時39分になると・・・。緊急地震速報の放送がありました。今日は予告なしの地震第1次避難の訓練を放課時に計画していました。図書室にいた低学年の子どもたちはどうするのだろう・・・と思っていたら、2年生はもちろんですが、予告なし避難初めての1年生も、素早く机の下にもぐりこむ様子を見て感心しました。授業時間で避難訓練をする月以外は、今日のような様々な場面での1次避難訓練を重ねていきます。繰り返しの取り組みで、しっかり自分の身を守る力を身に付けさせていきたいと思います。

市内一斉学校公開〔6月20日(火)〕
 本日は、市内の小中学校が一斉に学校を公開しました。本校では、2時限目から5時限目までの授業公開で実施しました。たくさんの保護者の方や地域の方に来校していただき、子どもたちの日常の生活を見ていただきました。教室での授業や体育館での合同体育、水泳、そして給食や清掃の様子も・・・。また、ほぼ時間割通りで授業を公開したので、担任の授業もあれば、教科担任、少人数での2人体制の授業も行いました。来校者が気になる中であっても、5時限目まで、子どもたちは比較的落ち着いていつものように学習に取り組むとができていたように思います。学校づくりの大きな目標として「安全で安心できる学校」を掲げています。学校の様子を知っていただくことも安心していただけることにつながっていくと考えています。公開日に限らずいつでも学校は開いています。いつでもお越しください。その際には、職員室に一言声をおかけください。

4年生 校外学習〔6月19日(月)〕
 今日4年生は、市所有のバスを利用して、東郷町にある東郷美化センターに出掛けました。社会科の「住みよいくらしをつくる」の「ごみのしょりと利用」の学習の一環です。学校では副読本を使って既に学習をしましたが、今日は実際に自分の目でみて、学んだことを確認したり、学習を深めたりするための見学でした。はじめにDVDでごみ処理の流れについて学び、その後、学級ごとに施設見学をしました。ごみがごみピットに集められたり、クレーンで持ち上げたりしていました。また、不燃物は、不燃物に混ざっている燃えるごみ、鉄、アルミなどに分別する説明もうかがいました。また、リサイクルプラザでは、再利用できる自転車や家具、古着などが売られているということも知りました。今日の子どもたちは、DVDを視聴しながらも、施設見学の説明をうかがいながらも、しおりにどんどんメモをする姿があり、その意欲に驚きました。とても充実した校外学習になりました。

ハッピーフェスティバルの振り返り
〔6月19日(月)〕
 6月9日に全校でハッピーフェスティバルを行いました。今日、その活動の広報委員会による取材のまとめが昇降口に掲示され、楽しかったあの日のことが、よみがえってきました。取材のまとめは、準備のときと、当日の内容に分けてまとめてあり、様子がよくわかるベストショットの大きな写真も掲載されていました。2人で2~3のお店を担当し、準備の段階では、お店のゲームの面白さやフェスティバルに向けてがんばっているところを、当日はお店の人やお客さんの感想、お客さんの様子などが上手にまとめられていました。行事が終わっても、全校で楽しんだ行事を振り返られる広報委員会の取組がとてもいいなと感じました。

日進市特別支援ふれあい交流会
〔6月16日(金)〕
 日進市では市内の小中学校の特別支援学級の子どもたちによるふれあい交流会が年に2回計画されています。春は全小中学校13校で、秋は中学校区で交流します。今日は日進市スポーツセンターに120名を超える子どもたちと、その保護者の皆さんが集まり大きな交流会となりました。学校ごとにきちんと並んで開会式をしたあと、そのままフロアに大きな円をつくりました。参加した子どもたちが学校ごとに一人一人自己紹介をしました。すらすらと言う子、ゆっくりと言う子、様々でしたが、全員の子どもたちが、全員の自己紹介を最後までしっかり聞くことができ、拍手も気持ちよくしていた様子はとても素敵な感じでした。その後、大玉を使った「キャッチでラッキー」、日進体操と「幸せなら手をたたこう」の表現運動、「メダル取り」「玉入れ」「カローリング」の5つのプログラムに楽しく取り組みました。微笑ましい気持ちが膨らむ交流会となりました。

ミニ飼育教室〔6月15日(木)〕
 日進市では市内の獣医さんと学校教育課が提携しているので、東小のモルモットも気軽にj獣医さんにお世話になっています。先週の水曜日に、年度初めの訪問をしていただき、飼育環境やえさ、モルモットの健康状況をみていただきました。ちょっと太り気味のモルモットを見て、毎日体重測定をして健康管理をしていくこと、えさはペレットよりもチモシーを多くして・・・、その他に伸びた爪は切って・・・など教えていただきました。次の日から、飼育委員は毎朝の体重測定を始めました。そして今日、再度来校していただき、飼育委員の子どもたちに爪の切り方を教えてくださいました。爪を切るときは二人組(抱く子・切る子)になり、爪は、爪の中にある血管の手前で切る・・・のだそうです。今日は獣医さんがモルモットを抱えてくださり、子どもたちは恐る恐る一人1本ずつ順に初爪切りに挑戦しました。爪は人間の爪が丸まっているような感じて堅めでした。2匹で28本をみんなで切りました。その後、質問にも答えてくださいました。清掃と放課の時間を使ってのミニ飼育教室でしたが、子どもたちは興味・関心を高めながら取り組みました。また、今日、チモシーの種をいただいたので、毎日の清掃・えさやり・体重測定に加えて、自分たちでえさを育てる活動にも取り組んでいきます。飼育委員会ががんばって世話をしてくれているから、2匹のモルモットは全校の子どもたちにかわいがられています。幸せなモルモットです。

3年生 体育の授業〔6月14日(水)〕
 5時限目プールからも体育館からも準備運動をする元気な号令が聞こえてきました。体育館をのぞいてみると3年生がネット型のゲームの授業をしていました。低学年では、ドッジボールやサッカーのゲームは授業でも放課の遊びでも親しんできましたが、もうネット型のゲームに挑戦していることにちょっと驚きました。でも今日のゲームの仕方は、ドッジボールのスキルを生かせるものでした。4人で1チームです。ネットを挟んで2チームがコートに入り、ボールはソフトバレーボールを使っていました。ゲームの要領はバレーボールなのですが、飛んできたボールを一度しっかり受け止めてから次の人に投げます。3回以内で相手のコートにボールを投げ、相手が受け取ることができず、ボールが床に落ちたら得点という形で進んでいました。授業のはじめに「全員が楽しむためには・・・」の担任の問いに、子どもたちなりに考えて意見を述べている様子は、中学年らしさを感じました。多くの子どもが初めて経験するスポーツは、運動技能の高さに関係なく、興味・関心をもって取り組めるものです。「運動楽しい・・・」そんな子どもたちを育てたいです。

プール開き〔6月13日(火)〕
 今年のプール開きは昨日でしたが、まだ水に入るには肌寒く、どの学年も入りませんでした。そして今日、本年度はじめて6年生がプールに入り東小学校の水泳の授業が始まりました。今年もプールがきちんと掃除されていて、とてもきれいです。毎年6年生がプール清掃をしてくれています。今年は6/2に頑張ってくれました。水泳の授業はとても楽しいです。でも、安全に十分留意しないと、命にかかわることが起きてしまいます。昨日の朝会で、プール開きの話がありましたが、そこで話があった安全について、6年生が十分心にとめて取り組んでいる様子を見て、さすがだと感じました。授業のはじまりは、足・胸・頭へと順に水慣れをし、友達との水の掛け合いからでした。6年生といっても、キャーキャーと嬉しそうに声を上げながら水の気持ちよさを味わっていました。そして、これからの授業のためにクロールと平泳ぎの泳力測定がありました。次回からは、泳力によってコース別のグループを作り、それぞれのコースにあった指導を進めていく予定です。どの学年も1学期が終わるまでに10時間ぐらい水泳の授業をしていきます。梅雨は大事ですが、水泳をする日は天気が味方してくれると嬉しいかな・・・。

ハッピーフェスティバル〔6月9日(金)〕
 朝から2時限目までを使って、全校でハッピーフェスティバルを行いました。はじめに全校が体育館に班ごとに整列をして、きちんとはじめの会をしました。フェスティバルを運営する児童会役員から「絆を深め 笑顔いっぱいのフェスティバルにしよう」という行事の目当ての確認があり、上学年は下学年に優しく接し、下学年は上学年の言うことを聞いて仲よく行動しようという話があって、お店回りがスタートしました。1番目に行くお店が集中しないようにはじめに行くお店だけ決めておいたり、待ち時間少なくたくさんのお店が回れるように1つの班が5分以内でできる楽しいゲームを工夫したりしていることで、お店に行こうと慌てて移動することもなく、上学年は下学年の子どもに寄り添いながら行動していました。今年は20のお店が出ました。廃材や教室にある物をうまく利用し、「やってみた~い」と思わせるアイデアたっぷりのゲーム屋さんばかりでした。さまざまなお店が出ているので、子どもたちはずっと楽しく回ることができました。その様子を広報委員会の子どもたちが取材をしていました。広報委員会は、昨日の準備の様子から取材を始めています。この取材の様子をまとめて全校に知らせてくれることも、活動の特徴になっています。終了後の教室の後片付けも素早く、一連の活動に高学年らしいめりはりを感じました。朝から楽しいだけではないいい気持ちが膨らみました。ハッピーな日となりました。

ハッピーフェスティバルに向けて③
〔6月8日(木)〕 
 明日はいよいよハッピーフェスティバルです。今日は日課を工夫して、拡大6時限目の委員会の時間に、明日のお店の準備をしました。お店は、本館や北館の教室、体育館を使って出ます。毎年お店を出していますが、自分の委員会に関係あるゲームを工夫し、前年と同じ店は出ません。また、その準備を、前日の1時間だけを使って行うことにも感心します。5・6年生の知恵とチームワークのよさ光る行事です。全校が楽しんでほしい・・・その気持ちだけで頑張り、この行事を運営する児童会役員の昼放送の宣伝も全校の気持ちを盛り上げています。でも、こんなにも楽しい行事があるというのに、浮き足だった様子がないところが東小の素晴らしいところです。ハッピーフェスティバルと同時に、美化委員会による美化強化月間「ピカピカ週間」にも取り組んでいます。上学年がリードして下学年と一生懸命に清掃に取り組む姿もとても素敵だと感じます。

ヘルピータイム〔6月7日(水)〕 
 ヘルピータイムは、保健指導の時間です。学習内容は、市内の養護教諭によってどの学校でも同じようにできるように整えられています。東小学校は1年間に5つの項目について学習をしていきます。6月のテーマは「歯の健康」です。学年ごとの内容になっており、発達段階に応じた歯の磨き方の学習をします。4時限目に2年生の教室をのぞくと「じょうずにみがこう 6さいきゅうし」という学習をしていました。ヘルピータイムは担任が担当したり、養護教諭が担当したりしますが、今日は養護教諭の教育実習生と養護教諭で行っていました。2年生は6歳臼歯が生えてくるころです。磨きにくく、溝が多くて汚れがたまりやすい歯であり、一番体重がかかる歯であることからも虫歯になりやすいと教えてもらっていました。磨きにくい理由の1つとして、6歳臼歯はゆっくり生えてくるため、周りの歯よりも高さがないことも挙げられるとのことです。その様子を人が並んで歯に見立て、高さの違いを理解していました。そして、しっかり6歳臼歯を磨くためには、歯ブラシを傾けないと・・・ということに気付き、実際に歯ブラシを当てて確かめていました。東小学校では毎日給食後に歯磨きを行っています。今日の歯磨きから、6歳臼歯を意識した磨き方をして、自分の歯を大事にする気持ちを高めてほしいと思います。

3年生「ホタル」出前授業 
〔6月6日(火)〕 

 3年生は5・6時限目に、「折戸川にホタルを飛ばそう会」の方8名をお招きして、ホタルの学習をしました。3年生の理科では、チョウについて学習をしてきていることから、同じ昆虫である「ホタル」の学習へと発展させました。はじめにビデオで、ホタルの生態や食べ物、オス・メスの違い、種類のなどホタルについての知識を学びました。また、ビデオの中で、「ホタルを飛ばそう会」のみなさんが、実際にどのような活動をしてみえるのかも教えていただきました。その後、4つの班に分かれて、本物のホタルの卵・幼虫・成虫、ホタルの食べ物であるカワニナの殻をたくさん見ました。また、机の下に潜って、みんなで暗くしながら、ホタルが光るのも実際に見ることができました。昆虫は「あたま・むね・はら」の3つの部位で体ができています。ホタルが光るのは「はら」の下の部分だそうです。子どもたちの中には折戸川を知っている子もいました。また、校区である三本木の川でもホタルを楽しむことができるそうです。日進市の自然のよさを感じることのできた時間となりました。

ハッピーフェスティバルに向けて②
〔6月6日(火)〕 
 今週の金曜日はいよいよハッピーフェスティバルです。今朝、出るお店と一言コマーシャルの一覧表が全校に配られ、お店回りの楽しみがぐっと高まりました。そして今日、その印刷物をもって、お店回りを一緒にする班の顔合わせをしていました。1時限目に1・5・6年生が、3時限目に2・3・4年生がしました。それぞれ1時間をつかい、きちんと並んで班をつくり、顔を合わせて自己紹介をしていました。5・6年生はお店の仕切りと1年生の世話を、4年生は2・3年生をまとめながら班のリードを・・・上学年が高学年としての自覚が高められるような形になっています。また、下学年は班で仲よく行動する力を付けていきます。今年もハッピーフェスティバルが、29年度のチーム力発揮はじまりのいい活動となりますように・・・と願っています。

1年生 国語の授業〔6月5日(月)〕 
 4時限目、1年生の教室をのぞくと国語の授業をしていました。「わけを はなそう」という話す学習でした。「私は〇〇〇〇です。なぜかというと□□□□からです」という話型にあてはめて、掛け図の絵を見て、話す言葉を考えしっかり言葉を発していました。今日の1年生の学習は、これからどの教科や教科以外の学習の中でも使う言い方です。また、「自分の思いや考えをもち伝え合う力」という東小学校が今年身に付けさせたいと考えている力においても基になる学習です。1年生の生活の中の学びは、これから集団で生活していくための基礎となるものであり、授業の内容は、これから学ぶすべての学習の基礎となっていくものです。楽しく学習できるように工夫しながら、しっかり身に付けさせていけるよう指導に努めていきたいと思います。

梨の木小運動会〔6月3日(土)〕 
 今日、梨の木小学校の運動会がありました。学区変更で90名が東小学校から梨の木小学校に通いはじめて約2か月・・・でも今日の運動会の様子で、新しい生活の中でがんばっている子どもたちを感じました。応援団の一員として精一杯声を出して演技をしている子、金管バンド部の一員として堂々と演奏している子、委員会の一員として係の役割を果たしている子などなど・・・。この2か月間の葛藤もたくさんあったと思います。でも笑顔で一生懸命にやっている子どもたちをみて安心しました。ずっとなかま・・・梨の木小学校の子どもたちとしてがんばり、ときには東小学校のことも思いで出してくださいね。ずっと応援していますよ。

校内合唱発表会に向けて〔6月1日(木)〕 
 朝や帰り、校舎から響きのあるきれいな歌声が聞こえてきます。4~6年生が6月27日の校内合唱発表会に向けての練習が始まっているからです。校内合唱発表会を始めて今年で5回目になります。合唱練習を通して、高学年の歌唱力のレベルアップを図り、市内で行われる音楽発表会に出場する学級を決める会となりますが、友達と関わる合唱練習を通して、学級づくりの一助にすることを一番のねらいとしています。毎年、練習を重ねるごとに友達と声だけでなく心を合わせることの素晴らしさを子どもたちは感じていきます。今年もそんな心を味わわせる行事になればと願っています。5月・6月は、合唱発表会やハッピーフェスティバルの行事に向けて子どもの動きがとても気持ちよく感じます。

芸術鑑賞会〔5月31日(水)〕 
 1年に一度、優れた芸術に触れ豊かな情操を養うことをねらいにして芸術鑑賞会を計画しています。本年度は今日、人形劇団をお呼びし「アラビアンナイト~魔法のランプと明日へのヒカリ~」の演目で行いました。ランプをなでると魔神が登場し、そのランプを手にした欲深い登場人物の願いを次々に叶えていきます。はじめは喜んでいても、それで巻き起こされる苦しいめにも悲しいめにも遭い、最後には、叶えたい願いは自分たちで叶えること・・・ということに気付いていくというお話でした。今日の人形劇は、人が動いているかのように細かくしなやかに動く人形、大きな布を使った動きのある演出、舞台装置の巧みな変化、フロアの広さを使ったダイナミックな演技など、想像以上の人形劇の素晴らしさを体感することができました。特に下学年の子どもたちは、最後の最後までお話がどうなるか・・・の思いで身を乗り出すように見入っていました。2学期には、自分たちの学習発表会があります。今日の演技のよさが、自分たちの演技に少しでも生かされるといいなと思います。

道徳の授業〔5月30日(火)〕 
 先週も今日も、校内を歩いていると道徳の授業をしている学級がいくつかありました。道徳の時間は心を磨く時間です。読み物資料を通して登場人物の気持ちを考え、その登場人物の気持ちの変容から子どもたちはよりよく生活するための心に気付き、さらに、これまでの自分を見つめることや友達と意見の交流をすることで、自分の生き方を一歩前に進めることができればと考えています。それにしても、どの学級でも、自分の考えを進んで発表できる子どもたちが多いことに感心しました。今年の目指すチーム力は、「だれもが同じように同じだけ、力・知恵・気持ちを出し、みんなで一つを作る」というチーム力です。その中のだれもが同じように同じでけ「知恵」を出すためには、まず日頃の授業・生活の中で「ぼく・わたしは、〇〇と思う」ということが言えることが、第1ステップであり、このことを子どもたちが意識してがんばっている・・・そんな様子が伝わってきました。また、昨年度の学校評価で「自分の思いや考えをもって伝えることができる子ほど、学校が楽しいと強く感じている」という傾向も見られていることから、進んで自分の意見が言える子が増えることが、学校全体にさらに活気を生み出していくように思います。本年度は「自分の思いや考えをもち伝えることができる」力の高まりを楽しみにしていきたいです。

児童集会〔5月26日(金)〕 
 今朝は本年度初めての定期の児童集会を行いました。これまで、児童集会の進行は児童会役員が担当していましたが、今年から集会委員会をつくり、集会の運営はすべて担うしてことになりました。定期の児童集会は、委員会の啓発活動を中心に企画をしていきます。第1回は、飼育委員会、美化委員会、生活・安全委員会が発表をしました。飼育委員会は、2匹のモルモットの紹介と、ストレスを与えないようにモルモットにふれ合うための注意を伝えました。美化委員会は、第1回ピカピカ週間の取り組み内容を、劇で伝えてくれました。点検項目もしっかり分かりました。生活・安全委員会は、今月のあいさつ目標「あいさつされたら すぐかえそう」ということで、あいさつを返すゲームをしました。ゲームであっても、あいさつの言葉がすぐに返ってくることは気持ちのいいものでした。どの委員会も発表のための準備を一生懸命にしてきてことを感じました。子どもたちがみんなの前で堂々と発表できた経験は、自分の自信につながっていきます。児童集会は、異学年交流の活動の場であるとともに、子どもたちが育ついい機会にできるようにしていきたいと思います。

1年生 布ぞうりをいただく会 
〔5月25日(木)〕 
 年度初めに、地域の方々が作られた布ぞうりを1年生全員にプレゼントをしていただいています。「高齢の方の力を活用する」「布ぞうりを履くことで子どもたちの脳を刺激する」等々のねらいで活動に取り組んでみえるそうです。今日は5名のおばあ様と2名のおじい様が来てくださり、1年生が布ぞうりをいただく会を体育館でしました。いただいたぞうりを早速はいて、足の裏の心地よい感触を味わっていました。そして、「さんぽ」の歌に合わせて歩き、大きな円の形を作り、校歌の歌のプレゼントをしました。その後、小さな円を作って、「ひらいた ひらいた」をおばあ様やおじい様と一緒に歌って踊りました。最後にみんなで写真もとりました。布ぞうりは、1年をかけて全員分を作ってくださっています。きれいな柄の布を細く裂いて編み込み、裏地も素敵な生地で縫い合わさっていました。子どもたちは大喜び・・・。学校でははくことができませんが、おうちの中で、お大事にはいてほしいと思います。温かい温かいプレゼントを本当にありがとうございました。