メニュー

西小学校東小学校(オレンジ群団&オレンジキッズ)
学校の概要(緑・環境・安全の学校)行事予定H29オレンジキッズ4~1月H28オレンジキッズH27オレンジキッズH26オレンジキッズH25オレンジキッズオレンジだより重要な文書(オレンジの窓、緊急時、給食等)いじめ防止基本方針H29全国学力・学習状況調査結果(傾向)学年だより(1年生)学年だより(2年生)学年だより(3年生)学年だより(4年生)学年だより(5年生)学年だより(6年生)学年だより(あすなろ・どんぐり)保健だよりPTAの窓部活動からのお知らせ平成24・23年度学校行事平成24年度 オレンジのお知らせ平成24年度 オレンジだより(保護者向け)平成23年度 オレンジだよりオレンジだより(教師向け)平成23年度 PTAニュース
北小学校南小学校相野山小学校香久山小学校梨の木小学校赤池小学校竹の山小学校日進中学校「日中健児のつぶやき」日進西中学校日進東中学校日進北中学校

日進市立東小学校のホームページにようこそ

      ● ● ● 日進市立東小学校  ● ● ● 
                      ※ 創立 明治45年2月1日 日進東部尋常小学校 
                      ※ 東小学校は、平成23年に100周年を迎えました。

     〔所 在 地〕    〒 470-0111
              愛知県日進市米野木町北畑8-3  
              TEL:0561-73-2227    FAX:0561-74-0164

     〔交通案内〕 名鉄豊田線米野木駅下車     北へ約2000m
              名鉄バス名商大線「東仲」下車 北へ約400m

 
<オレンジ群団の由来>
  かつて昭和の終わりごろ、愛知郡(その当時は日進町)では「愛知郡小中学校陸上競技大会」が行われていました。当時、東小学校は昭和52年度~昭和59年度までの8年間、「8年連続総合優勝(8連覇)」を達成しており、陸上競技大会の会場(青少年公園が多かった)は、どの種目を見ても「東小のユニホームの色(オレンジ)」が走り回っていました。
 午前の予選から、午後の決勝まで走り回り、フィールドも含めことごとく上位を独占していました。その「東小のユニホームであるオレンジ色の選手たち」を見て、他校の選手たちは「オレンジ群団!」と尊敬の意味を込めて呼んでいました。
 
28年度 日進市小学校球技大会 サッカー部 優勝


27年度 日進市小学校球技大会 サッカー部 優勝


26年度 日進市小学校球技大会 バスケットボール部 優勝
 
① 「オレンジ群団」 創立100周年を記念して
           日進市小学校球技大会において
                  サッカー部・バスケット部 
                    史上初のアベック 優勝 達成!!


 <バスケットボール部 優勝>




 <サッカー部 優勝>






② オレンジの正門               ③ オレンジの朝礼台(運動場の象徴)
 

④ オレンジの体育館扉       
 

⑤ オレンジ群団を見守る伝統ある市電   ⑥ オレンジ群団象徴の校旗
 

⑧ 100周年記念時計塔「オレンジカラーの文字盤」

 
 

来訪者数

147756

お願い

※ このホームページの画像の著作権は日進市役所教育総務課にあります。
 日進市役所教育総務課の許可なしに画像の加工、転載、複製はお断りいた しま 
 す。
                                          
         

※ 人物の特定ができる写真については、年度初めに保護者の方の許諾を得て 
 掲載しています。また、悪用を避けるために画素数を落とし、拡大させると不鮮明 
 になるよ
うに努めています。

 

今月のオレンジキッズ

 東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです。「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています「オレンジだより」とともにご覧ください。

●●● 平成29年度 2月 ●●●

日進市バンドフェスティバル
〔2月24日(土)〕
 今日市民会館で、日進市の小学生の金管バンド部と中学校・高等学校の吹奏楽部、大学や一般バンドが集うバンドフェスティバルが開催されました。中学校区で午前・午後で分かれており、東小は午後の部に参加しました。東小の発表曲は「知覚と快楽の螺旋」「シング・シング・シング」でした。これまで聴いてきた演奏は、曲想に応じての強弱、柔らかな音色、音の重なりの厚みなどの技術から上達を感じていましたが、今回の曲は、どのパートも軽快なリズムを刻みながら難しい旋律を堂々と奏でている様子にさらなる成長を感じました。6年生が挑戦したかった曲であったということですが、挑戦しただけでなく、きちんと仕上げてきていることにがんばりの大きさを感じました。今日は体調不良で10名ほどが参加できなかったそうですが、友達の分まで力を出し本当に素晴らしかったです。また、最後には、中学生・高校生・大学生・一般の方と共に、合同演奏に参加した子もいました。経験したこともないダイナミックな演奏の中で演奏ができ、小学生は本当に気持がよかったと思います。来週は、校内で「さよならコンサート」があります。本年度最後の演奏会です。とても楽しみです。

廊下の掲示〔2月23日(金)〕
 本館から体育館に向かって廊下を歩いていくと、何だか気持ちが明るくなります。1年生の廊下には、1年生が入学当初に書いた自分の名前と、3学期に書いた自分の名前を比較するような掲示物が並んでおり、どれを見ても、1年間の「文字を書く」学習の成果が実感できます。嬉しい成長です。渡り廊下は「オレンジギャラリー」として、さまざまな掲示物が張られています。先週の児童集会で広報委員会が紹介した、東小の1年間の記録は、模造紙6枚にまとめられていました。それから、全校交流のなかよし集会の大賞状、異学年交流のころなげドッジボールの対戦表&結果表、また、児童会役員の企画のオレンジキッズのよいこと見つけ「グッドボックス」に入れられた用紙が、180枚近くも掲示されており、よい行いをした子はもちろんですが、「グッドボックス」に参加して、みんなに知らせようと取り組んだ子が一層素敵に感じます。そして、人権週間に全校で取り組んだ「心の標語」も並んでいます。この廊下を通ると、東小の明るさ・温かさ・元気を感じます。まさに目指したい「オレンジキッズ」のオレンジギャラリーです。

交通少年団の団旗引継式〔2月22日(木)〕
 今朝、交通少年団育成会長(PTA会長)様・愛知警察署の方、市役所の方、交通指導員様さんをお招きして、交通少年団の団旗を引き継ぐ式を行いました。新しい交通少年団がスタートするのは、4月ですが、団旗は毎年2月下旬に新しい団長に引き継いでいます。
 本年度も今日まで東小の子どもたちの交通事故は、登下校でも地域でもゼロです。通学路は狭く危険な道が多いですが、班のメンバーの安全の意識、班のメンバーの協力、そこに交通少年団員である班長のリードの結果であると思います。式の中の新旧団長のことばに「広がらない」約束をもっと守って、安全に登下校ができるようにしようという話がありました。「広がらない」は、危険もトラブルも回避できる大きな約束ごとです。これからもしっかり意識して安全に登下校ができるようにしていきたいです。
 また、1年の間に交通少年団員が参加する学校外の活動がいくつかあり、式の中でも紹介がありました。これらの活動に、参加する交通少年団員が年々増えていることも嬉しいことです。愛知署管内に交通少年団があるのは、本校だけです。これからも交通少年団の活動を意味あるものにしていきたいと思います。

部活動の体験入部〔2月21日(水)〕
 2月初旬、3年生の子どもたち対象に部活動説明会をし、昨日から体験入部を始めました。体験入部に参加する3年生の子どもたちは、朝から心持ちテンションが高くとても楽しみにしている様子だったそうです。サッカー部の練習はいつも運動場でのランニングから始まりますが、3年生も列に入って、一緒にかけ声をかけながら張り切って参加していました。自転車部をのぞくと、昨日はサッカー、今日は自転車という子もいました。今日は自転車乗りではなく、学科の勉強の体験で道路標識のカルタをしていました。バスケットボール部は、3年生は6年生と組んで、後半は、外で体力トレーニングをしていました。体験入部は、楽しい体験だけでなく、いつもの一通りの練習を体験していくので、本入部のときに、続けられるかどうかをしっかり考えられるといいと思います。また、どの部活動も、6年生が最後まで参加して、後輩の面倒をみる雰囲気がとてもいいなと感じました。部活動を通した心の成長を感じました。体験入部は6日間、金管バンド部は、校内のさよならコンサート後に2日間行います。

もりもり食べよう週間〔2月19日(月)〕
 節分には恵方巻き・・・世の中の流れで定番のようになってきている感じでしたが、今年は作りすぎて、たくさんの恵方巻きが廃棄されたという報道がありました。今、日本でも世界でも全食品の3分の1が食べ残しや廃棄されている食品になっていることが大きな問題になっているようです。本校も長年給食の食べ残しが市内で一番多い学校であったことで、2学期より「あとひと口 食べようよ」運動や「食育の日」の完食などの取組を始めました。無理のないちょっとした工夫ですが、現在の食べ残し量は、市内で真ん中、時にはやや上位と、よい状況になり、子どもたちはがんばっています。今日は19日「食育の日」、完食を目指す日ですが、加えて今日から1週間「もりもり食べよう週間」が給食委員会の企画で始まりました。一層、好き嫌いをせずに、食べ物や作ってくださった人たちに感謝しながら、食べ残しを減らす意識を高めてほしいと思います。
 給食は、子どもたちが成長のために必要な栄養素の量が計算されて作られています。その意味でも残さず食べることは、健康な体づくりにつながります。

1年生 ようこそ東小学校へ
〔2月16日(金)〕
 これまでは、入学前の東部保育園・三本木保育園の年長組の園児が、3月の初め頃、小学校の施設や様子の見学に来ていましたが、本年度は、1年生の生活科の「もうすぐ2年生」の学習の中で、「あたらしい 1ねんせいを しょうたいしよう」という活動を、1時間の授業として計画しました。
 2つの保育園の園児が東小に到着すると、昇降口で1年生が出迎え、下靴の置く場所を教えながら、各学級の教室に案内しました。園児は1年生のいすに座り、1年生は床に座っていました。1年間の行事を知らせたり、机の中にあるお道具箱の中身を見せたり、給食の白衣を見せて給食の話をしたり、ランドセルを背負わせたり、安全帽をかぶらせたりして、1年生は、園児に1年生の模擬体験をさせていました。また、教室内の掲示物を説明している子もいました。後半は、全員が体育館に集まり、じゃんけん列車のゲームを楽しみました。ここでは、1年生と園児だけでなく、2つの保育園の園児同士も交わりながら遊ぶことができました。帰りは、また、昇降口まで1年生が園児を送りました。今日の1年生は、お兄さん・お姉さん気分でいきいきと張り切っていました。姿から大きな成長を感じました。入学をしてくると、今度は2年生として、学校案内をしたり、合同遠足をしたりして、1年生をお世話する活動がすぐに始まります。4月からの活動をスムーズにつなげていくためにも、今日の交流はとても意味深いものであったと感じます。

児童集会〔2月16日(金)〕
 
今朝は児童集会がありました。今日は、広報委員会・体育委員会・緑化委員会の発表でした。どの委員会も、学校の中で担っている役割と、次のような内容で発表をしてくれました。広報委員会は、東小の1年間から19の活動・行事について写真や活動の内容、子どもたちの感想の一例を模造紙ににまとめ、その中から6つを発表してくれました。これは、渡り廊下のオレンジギャラリーに掲示して、じっくり見られるようにしてくれるそうです。体育委員会は、大放課の安全パトロールの様子を劇のようにして、改めて守ってほしい遊びのルールを伝えました。緑化委員会は、「アンネのバラ」の紹介や花の咲く季節についてクイズで教えてくれました。5・6年生の児童は、高学年の仕事として、学級の係に加えて学校の係(委員会)のことにも一生懸命に取り組んでくれています。みんなが気持ちよく過ごしていくことを考えた自分たちのための自分たちの活動になっています。がんばっています。

クラブ活動最終〔2月15日(木)〕
 
今日は10回目のクラブ活動、最終回です。家庭科室をのぞくと調理クラブが美味しそうなものを作っていました。今日は、クラッカーパーティーということで、持ち寄ったフルーツやジャム、チーズ、ホイップクリーム、チョコレートなどでカナッペにして、紅茶を添えて会食していました。調理クラブは、クラブのはじまりのところで、9回のクラブのためのレシピ集が配付されて、1年に何を作るかを見通して取り組んできていました。「チョコバナナホットケーキ」「フルーツポンチ」「フレンチトースト」「焼きリンゴ」「ポップコーン」「チョコチップ蒸しパン」「小さな小さなパフェ」・・・。どれも45分の授業の中で片付けまで手際よくできたそうです。最近は、食物アレルギーの関係で、調理実習時には特に注意が必要です。でも、みんなで楽しく作って、みんなで美味しく食べるている様子はとてもいいものです。

5年生 タグラグビー〔2月13日(火)〕
 
本日もタグラグビー専門の講師の先生に来校していただきました。昨年度までは3・4年生でタグラグビーの授業を計画していましたが、限られた時間の範囲でゲーム形式の段階まで進むためには、高学年の取組が効果的ということを伺い、本年度は4・5年生がタグラグビーの授業を受けています。今年変更をしたことで、今の5年生は、3年間タグラグビーを経験したことになり、6回目の授業は2対2や3対3のゲームをしていました。タグの取り方、攻め・守り時のルール、攻め方、トライの仕方など、これまでの練習がゲームの中で生かされていました。攻める側は、一度ボールを持つと、敵にとられるまで持ち続けるというルールをつくり、すぐにボールを味方にパスできないことで、だれもが守りをかわして、前へ進もうとする動きができていました。また、パスをされるとボールを脇に抱え込み、一気にトライをするために駆け抜ける様子が、すっかりラグビーの形になっていました。運動技能の力にあまり差を感じなくできるタグラグビーのゲームは、子どもたちの運動意欲を高めていました。運動量も十分でとても楽しそうでした。

日進東中学校の学校紹介〔2月9日(金)〕
 
毎年、日進東中学校の学年末テストの最終日に、東小学校卒業の中学校2年生の有志の生徒が、中学校の入学を控える6年生に、中学生の目線で中学校の説明をするために、東小学校に訪問してくれます。少しでも不安が取り除けるように、疑問のことが解決できるように、中学校への入学を楽しみにできるように・・・ということをねらいにしています。今日は10名の中学生が来てくれました。初めに、学校紹介の動画を見せてくれました。中学校に入学することが楽しみでない小学生が登場し、校舎や施設のこと、小学校と中学校の違うところ、部活動の紹介、先生方のこと(子どもたちに寄り添ってチームで対応)、生徒のいいところ(優しい・礼儀正しい・行事に燃える)の説明を聞いていくうちに、楽しみになってきたという内容でした。その後に、中学生から、さらに具体的に、日課のことや部活動のこと、大きな行事(体育大会・文化祭)のこと、校則のことの話を聞いたり、クイズを出してもらったり、質問に答えてくれたりしながら、6年生の子どもたちは、日進東中学校のことをたくさん知っていきました。
 今日訪問してくれた10名の中学生も、2年前は聞く側でした。2年経って、今度は「ぼくたちが・・・」という思いで訪れてくれていることにも、とても嬉しさを感じました。

なかよし集会〔2月9日(金)〕
 オレンジキッズの絆を強めるねらいで、1月下旬から異学年交流の「なかよしレク」が児童会役員の企画でありましたが、今日は、同じねらいで、集会委員会の企画による全校交流「なかよし集会」が1時限眼にありました。今日のゲームは「火(ひ)・水(みず)・木(き)」です。1組が「火」、2組が「水」、3組が「木」となり、各学級A・Bの2チームを作りました。今回もペア学年で2人一組となり「手つなぎ鬼」のようにして、敵を捕まえたり、捕まえられないように逃げたりしました。全部で3回戦を行いましたが、始まりの合図で、全校が一斉に陣地を出て運動場を走り回る姿に、「全校がこんなふうに一緒に遊べるんだなあ・・・」と思うと、とても嬉しくてたまりませんでした。また、走る途中に転んでしまう下の学年の子にケアをする上学年を何人も目にして、とても素敵な気持ちになりました。今日は朝から、今日の日差しのように温かくやわらかな東小のチーム力を感じました。とてもいい1日のスタートとなりました。

第1回選挙管理委員会〔2月7日(水)〕
 3月2日に30年度の前期児童会役員の選挙をします。それに向けて、今日から選挙管理委員による準備の会が始まりました。児童会選挙は、児童会役員を決めるだけではなく、民主的な選挙の仕方を学ぶ機会です。今回ははじめて3年生が選挙に参加することで、3年生の選挙管理委員も集まっていました。また、6年生は選挙に参加しないので、選挙管理委員のまとめ役は5年生が担います。今日は、第1回の会であるということで、児童会担当者から、まず選挙管理委員の役割について話がありました。選挙管理委員としての仕事の役目を果たすことと、選挙に関する話を学級で確実に伝えるということです。3年生にとっては初めて聞く「公示」「立ち会い演説会」「開票」などの言葉については、分かりやすく説明もありました。3年生以上各学級から2名ずつで選挙管理委員会は構成されています。選挙に参加するすべての子どもたちが、公正で誠実に選挙に取り組めるようリードしてほしいと願います。

5年生 社会見学〔2月6日(火)〕
 4日は立春、暦の上では春です。しかし、まだまだ冷え込みが厳しい毎日が続きいています。こんな寒いときですが、今日5年生は、名鉄&地下鉄を利用して中日新聞とでんきの科学館に社会見学に出掛けました。社会科の「情報産業とわたしたちのくらし」の学習では、放送局を取り上げ学びましたが、発展の学習として、新聞社の見学に取り組みました。到着すると学年が2つのグループに分かれて、工場見学とDVDで交互に学習をしました。DVDでは、登場人物の小学生がなぞときをときながら、中日新聞社の会社について教えてくれました。工場の見学は、生憎、朝刊と夕刊の印刷の合間の時間であったため、実際に新聞が出来上がっていく様子を見ることはできませんでしたが、輪転機の場所と、出来上がった新聞がベルトコンベアに乗せられ、配送の準備をするところを見せていただきました。最後には、社会部の記者の方が、記者の仕事についてお話をしてくれました。新聞社からいただいたお土産の中には、5年生が生まれた年の新聞記事で作られた新聞もありました。でんきの科学館では、お弁当タイムの後、自由見学となりました。わずかな時間でしたが、いろいろな体験があり、電気について楽しく学ぶことができました。公共機関を利用しての社会見学でしたが、公共のマナーをみんながよく守り、高学年らしさを感じた日になりました。

3年生 部活動体験入部前説明会
〔2月5日(月)〕
 東小学校では、4年生から部活動に参加していきます。それに向けて、毎年2月下旬から、3年生が体験入部という形で4つの部活動を希望により体験する日を設定しています。本年度は、体験入部を始める前に、3年生の全部の子どもたちを対象に「部活動とはどういう活動か」という説明をする会を計画しました。そして、今日の朝の時間を利用して部活動担当者が話をしました。部活動は、学校生活の+αの活動であることを前提に、学級や学年と異なる仲間と共に、それぞれの部活動の約束ごとの中で、人としての自分を伸ばしたり、技術を身に付けたりする活動であり、入部するならば、きちんと出席をするという気持ちで取り組むことが大切であるという話がありました。また、「+α」の取組であることから、やるべきことをやれる人が入ってほしいという厳しい話もありました。やるからにはずっと活動を続ける・・・そういう強い意思をもって始めてほしいと願います。そのための体験入部で、3年生なりに自分の部活動への思いをいろいろ試してほしいと思います。

グッドボックス〔2月2日(金)〕
 1月22日(月)から児童会主催の「なかよしレク」が始まりましたが、それと同時に「グッドボックス」も始まりました。これはオレンジキッズのよさを広めるねらいで、よい行いをグッドボックス専用用紙に書いて、オレンジの専用箱に入れる・・・という取組です。そして、その書かれた内容を、昼の放送や掲示の方法で全校に知らせています。今日の昼放送でも紹介がありました。学級によっては、よく似た取組をしている学級もありますが、このグッドボックスは、学年を越えてよい行いを紹介することもあることがとてもいいなと感じます。してもらって嬉しかった行い、見ていて気持ちのよかった行い・・・いろいろありますが、友達の何気ない行いを「よい行い」と受け止めて、このグッドボックスに参加できるその子も、とても素敵な子だと感じます。グッドボックスは2月中旬まで続きます。

6年生 卒業会食〔2月1日(木)〕
 6年生は、卒業まで登校する日にちが、約30日となりました。ついこの間、新しい年を迎えたところだったように感じますが、もう1か月が経ってしまいました。卒業の声を少しずつ実感してきます。今日から6年生は、7・8名のグループをつくり、校長室で給食を順に食べていく卒業給食が始まりました。初日は、男子4名・女子3名が会食をしました。30分という短い時間ですが、小学校のことや中学校のこと、家の方でのことなど、たわいもない会話や質問のやりとりで、普段見せている姿や雰囲気とは異なる一面を見せてくれて、和やかなひとときっとなりました。話をしながら、本当に成長をした子どもたちを感じます。