来訪者数

548310

お知らせ

※ 平成28年2月13日(月)より、「日進中学校 意見箱」を設けました。
  「日中健児のつぶやき」などに、意見を送りたいときは!!
  
nichu_ikenbako☆@mc.ccnw.ne.jp
  に「メール」をください!
  ただし、「メール」を送信する際は「☆」を消してから送信してください!
  (匿名は厳禁です!子どもたちのため、
   日進中学校のため建設的なご意見をお待ちしています!!) 
    保護者の方々だけでなく、教員、日中健児のみなさんもOKですよ!
最近、「商用メール」が意見箱に届きます。ご遠慮ください!!
                                            

日中健児のつぶやき(H30/04/01~H30/05/06)
日中健児のつぶやき(H30/05/07~H30/06/04)
日中健児のつぶやき(H30/06/03~H30/07/02)
日中健児のつぶやき(H30/07/03~H30/08/01)

New  8・9月の月予定を掲載いたしました。
 

日誌

日中健児のつぶやき(08/02~08/30)
12
2018/08/20new

8月20日(月)みやざき中央新聞

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
サッカーの大迫勇也選手がまだ高校生だった頃の話である。
2009年の全国大会で対戦した相手チームの主将が試合に負けた後、
「大迫半端ないって!」とロッカールームで泣き叫んでいた。
その映像が話題を呼んだ。
あれから10年近く経つが、今年のワールドカップ・ロシア大会での大迫選手の活躍で、
その話題が再び沸騰した。
コロンビア戦の時、あの「大迫半端ないって」と描かれたたくさんのフラッグが
サポーター席に掲げられたのだ。
先月来日したドイツの外務大臣の講演でも、大迫選手の話題と「半端ない」という言葉が
出てきて会場を沸かせた。
日清食品はカップヌードルのCMで、「大迫半端ないって」のパロディ版
「大坂半端ないって!」を制作した。
「大坂」とは日清食品に所属している女子プロテニスの大坂なおみ選手のことだ。
「大迫半端ない」の面白さは、負けたチームの選手が大迫選手のクオリティの高さを
証明しているところだろう。
「半端ない」とは、「中途半端ではない」「超一流」という意味だ。
やはりスポーツの世界はクオリティの高さが物を言う。
強さと比例する。
しかし「クオリティは必ずしも価値を生み出さない。
もっと大事なものがある」と言うのは、
かつて日本のトップアスリートだったタレントの武井壮さんだ。
武井さんは陸上競技の選手だった。
その中でも最も高いクオリティが求められる「十種競技」をやっていた。
1日目は「100メートル」「走り幅跳び」「砲丸投げ」「走り高跳び」「400メートル」、
2日目は「ハードル」「円盤投げ」「棒高跳び」「やり投げ」「1500メートル」を競う。
それらの記録は点数に換算され、総合得点で勝敗が決まる。
優勝者は「百獣の王」と呼ばれる。
まさに選手たちの身体能力は「半端ない」。
武井さんは大学生の時、その競技で日本一になった。
そしてどうなったか。
どうにもならなかった。
「十種競技」などほとんど知られていないからだ。
彼がクオリティ以上に重要だと実感したのは「数」だった。
たとえ日本一でなくてもプロのサッカー選手はたくさんいる。
彼らがなぜサッカーで食べていけるのかというと、サッカーというスポーツを支えている人口
の多さだ。
だから「投資する価値がある」と企業は判断する。
ちなみに、競技人口でいうとサッカーは世界3位。
2位はバスケットボール、
1位は卓球である。
理由はいずれも人口世界一の中国で人気があるからだ。
4位のクリケットも13億人の人口を抱えるインドで一番人気のあるスポーツである。
武井さんは言う。
「年一回開催される陸上の日本選手権で5万人収容の国立競技場が
満席になったことはない」
日本選手権には約2500人のトップアスリートが出場する。
もし1人の選手に対して、「応援に行こう」という人が最低でも20人いたら、
5万人の競技場は埋まる。
しかし、日本一を目指す陸上選手1人にサポーターは20人もいないということだ。
「俺たちには高いクオリティがあるのに、それを喜んでくれる人、求めている人が少なすぎる。
価値というのは必ずしもクオリティじゃないんだ」と武井さんは30歳の時に気が付いた。
きっかけは、都内のスポーツバーで俳優のピエール瀧さんに見出され、芸能界に入ったこと
だった。そこで彼が見たものは芸能人という職業の価値だった。
「かつて自分は日本一になりたい。成功したいという夢を持って頑張った。
でもそれは自分のためだった。しかし彼ら芸能人は有名になることでたくさんの人を
笑顔にし、たくさんの人を喜ばせている。その数こそ価値なのだ」
もちろんスポーツは好きだからやる。
それでいいと思う。
その延長でプロになれる人はほんのひと握りに過ぎない。
ただ武井さんの話は、「仕事」とは何なのか?
「夢」とは何なのか?
を根本から考えさせてくれる。

さて、みなさんは「自分だけのために、働きますか?」
「自分のためにも働くけれど、周りのために、みんなのためにも、働きますか?」
満足感!充実感!達成感!
人生を満たすのは「何なんでしょうか?」
高等学校などに進学する!とは、高等学校に入る?だけではなく、
そんなことも「考える機会」でもあると思うのですが・・・・・・・・・。
しっかりと保護者や先生方や多くの人たちと話し合ってくださいね!!
よろしく!!日中健児!!
10:32 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2018/08/20new

8月20日(月)先輩の話を聞く会

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
本日、本来ならば全校「出校日」なのですが、
校舎の「トイレ改修工事」のため、3年生のみの出校日になりました。
3年生は、その出校日を利用して「先輩の話を聞く会」を行いました。
前半・後半の2回に渡って行います。

子どもたちが希望する「話の聞きたい」学校の先輩の話を聞くのです。
今回は、
中部第一高等学校、東海学園高等学校、東邦高等学校、
名東高等学校、天白高等学校、千種高等学校、熱田高等学校
瑞陵高等学校、向陽高等学校、菊里高等学校、旭丘高等学校
豊田西高等学校に進学した先輩たちです。
事前に、「どんな話をしてもらいたいのか?」準備をしてきたとは思いますが、
1年前の中学3年生の時期に「どんな話をしてほしかった?」のか。
そして、自分の行っている学校が「どんなに魅力的で、楽しいのか?」が
伝わるような話をお願いしました。
中学3年生の「この時期」。
みなさんは「どんなことが聞きたい?」ですか?
昨年度とは見違えるような表情で座っている高校生を見て、
「成長」を感じました。
この時期の「1年間」は、心も体も「大人の想像以上」に成長するのですね!
今日は、夏休みの忙しい中でしたが、ありがとうございました!!
ありがとう!!日中健児OB!!



09:05 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2018/08/19new

8月19日(日)縁?

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
昨日、姉の「演奏会」に名古屋市に行ってきました。
名古屋市伏見の「しらかわホール」で行われました。
以前もお話ししたかもしれませんが、
姉は特別支援学校に教諭として就職をしましたが、
肢体不自由の大きな体の中学高校生を背負っているうちに、
腰を痛め、退職をしてしまいました。
その後、自宅で「ピアノ教室」を開いて子どもたちとのかかわりを続けました。
多い時には「70名くらい?」いたのでしょうか?
ただ、私が素晴らしいと思うのは、その子どもたちの「ほとんど」が
障害を持った子どもたちだということです。
「自閉症」「ダウン症」など、重度の子どもから軽度の子どもまで・・・・・。
毎年、発表会を開いていたので「何度も」聴きに行きましたが、
「ピアノ」「芸術」「芸能」などがこのような子どもたちに「与える影響」には
目を見張るものがあります。
「音」を聞くだけで、「体が自然に動いてしまう!」
「自然と声が出てしまう!」「自然に笑顔になってしまう!」
そんな場面を何度も見てきました。
そんな姉が「体を壊し、手術もし」、ピアノの先生どころではなくなって・・・・。
さらには、年齢的にも体力的にも限界に来ていたころ、
「もう、自分のためにピアノの先生はやめたほうが・・・・」という話し合いが
家族で行われたと聞いています。
結局、どうしても!という「3~4名」の障害を持つ子どもを残して
ピアノ教室を大きく縮小しました。
そんなときに、声がかかったのが「混声合唱団のピアノ演奏者」です。
いままで、あれだけ子どもたちのために頑張ってきたのだから
少しは「自分のために・・・!!」と家族の後押しがあり
今の混声合唱団「コール・グローリア」に入団したそうです。
その混声合唱団に、「たまたま?」私を知っている他地区の教員がいて、
その先生の招待で演奏会に行ったこともあります。
今回は、「たまたま?」私を知っている他地区の事務職員さんがいて、
その事務職員さんの招待で演奏会に行ってきました。
全然、私の関係ないところで「つながっていた?」このようなことを「縁」
というのかもしれませんね。

その帰りに広小路通りでは、「広小路祭り」をしていました。
せっかく名古屋市に出たので?私は名古屋市出身で懐かしさもあり、
広小路祭りを見ていたら、
名古屋市の商工会、ライオンズクラブの人たちが「打ち水」をイベントで
やっていました。
その「打ち水」を中心でやっていた会社が、私の友人が勤めている会社でした。
ひょっとして・・・・・・。
と、打ち水の様子を見ていたら、高校時代の野球部の友人が「打ち水」を
していました。
この友人は、「東日本大震災」のおりに被災し、その後、一緒に東北地方に
激励に行ったことがあります。
たまたま、通りかかった広小路ですが、何となく誰かに合うような・・・・。
その「何となく」がアンテナとなって出会う!
これも、「縁」というのかもしれませんね。
親愛なる日中健児のみなさん!!
世の中、どこでどんな「縁」があるのかわかりません。
その一つ一つの出会いを大切にしてくださいね!
世の中、きっと、どこかで「みんなつながっているような」気がしています。
「一期一会」ですね!
よろしく!日中健児!!
11:52 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2018/08/19new

8月19(日)少しずつ

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
本年度は、日進市内では「最後」になってしまいましたが、
日進中学校の「トイレ改修工事」を夏休み中をかけて行いました。
その影響で、明日の「出校日」は「3年生のみ」となります。
夏休みの課題の提出は?など、色々な配慮をしていただき、2学期を迎えます。
夏休み前に出された「提出物一覧」をしっかりと読み、間違えの無いように
9月3日(月)始業式には、提出をしてくださいね!!

また、「トイレ改修」に関しまして、日進市教育委員会の方々には
とてもご配慮をいただきました。感謝申し上げます。
特に、「子どもたちの考えをトイレに!」ということで、
子どもたちの考えが盛り込まれるように「ワークショップ」を開き、
子どもたちにとっては身近な「トイレ」になりそうです。
2学期には「今までの匂いのするトイレ?」ではなく、
みんなが「集まりたくなるようなトイレ!」になっています。
以前、日本の学校が「荒れていた時代」に、「トイレを憩いの場」にすることで
その荒れを乗り越えた地域がありました。
たかが「トイレ」です!!が、食事と同じで「毎日必ずお世話になるトイレ」です。
きれいで、友達とおしゃべりしながら入ることのできる!!
されど「トイレ」です!!
ストレスの多いこの時代。
「トイレ」が子どもたちにとって身近になることを嬉しく思います。
ありがとうございました!!

ここ3日間は「暑さ」は少し残るものの、
「猛暑」を経験した我々は、「暑さ」をあまり感じず、
「秋のさわやかな大陸からの風」で過ごしやすい日が続いています。
また、2学期にかけて「暑さ」は戻ってくるとは思いますが、
2学期に向けて「少しずつ」心と体の準備をしてくださいね!!
そのゆとりを持たせてくれる「夏休み」に感謝ですね!!
では、親愛なる3年生のみなさん!!
明日は、「出校日」です。
登校に準備を!!
11:33 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2018/08/08

PTA厚生委員会からのおしらせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
いつもお世話になっております。

先日は、生徒さんたちのボランティア、ありがとうございました。
大勢の生徒さんの参加があり感謝です。

「テトラパックの開き方」をのせます。

先日のベルマーク仕分けで、約2万枚、2万9千点分を集計出来ました。
細かく根気のいる作業を一生懸命してくれた生徒さんたちのおかげです。
また、それを指導してくださった先生方にも感謝です。

この日は、テトラパック(おもに牛乳パック)の発送の準備も行いましたが、
パックが切り開いてなくて中にカビが発生しているものがありました。
後日、中を洗い乾かしてから梱包をする事にいたします。
パックの中にアルミのついているもの(豆乳など)はベルマークポイントへの
換算率が高いのですが、紙の厚みあり切り開いてないものもたくさんあり、
洗ってくれてあっても中に飲み物が残っているものが多く、カビが発生してました。

パックの切り開き方の資料を見つけたので是非みなさんの参考にしてもらえたら嬉し
いです。




15:30 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2018/08/08

8月8日(水)吹奏楽 愛知県大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者

今、結果が出ました!!
朝日新聞社賞!!
愛知県大会突破!!
おめでとう!!東海大会出場!!

演奏の質!!素敵な部の雰囲気!!
誰にでも笑顔で「あいさつ」を何回もしている姿!!
が評価されたのだと思いますよ!!
普段通り!!いうのは簡単ですが、
実行できる日中健児を嬉しく思います!!

本日、豊田市文化会館において吹奏楽の「愛知県大会」が行われました。
演奏後、子どもたちは「思い思いの感想を持ちながら」笑顔で
記念撮影に臨みました。
スポーツも演奏も、やり切ったあとは「充実感」に溢れるものです。
子どもたちの表情は、如何でしょうか?

緊張感もありながら、リラックスムードを漂わせながら
「チューニング室」「リハーサル室」に入りました。
各パートに別れながら、リーダーが音頭を取りながら練習です。
細かいところまで「お互いに声を掛けながら」!!
一人の指揮者が、パートごとに指導ができるのは「全体練習」のとき?
それぞれのパートを回りながらアドバイスをしますが、
日頃の指導をお互いに「アドバイス」できるのは素晴らしいことですね!
このままの雰囲気で!!





本番では「失敗した!」と落ち込んでいる人もいましたが、
専門家に聞くと「一人一人のクウォリティーは高い」そうです。
結果はまだ出ていませんが、・・・・・・・・・・。
3年生にとっては3年間の総決算です。
悔いの残らないように出来ましたか?
と問われたときに、「はい!」と言えるように
毎日毎日を過ごしたい!練習したいものですね!
それが、後輩たちに伝わったでしょうか?
各パートの撮影では、清々しい表情の子どもたちがいました。
日進中学校の演奏の前には、春木中学校が演奏しましたが、
ともに、素人目には「素敵な演奏」でした!
ありがとう!!日中健児!!




さすがに今どきの中学生です。
自撮りで、「はいポーズ!!」

14:31 | 投票する | 投票数(32) | コメント(0)
2018/08/08

中部ライスセンター竣工式記念講演

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者

本日、中部ライスセンター竣工式記念講演に吹奏楽部が出演しました。県大会の出演時間が重なるため、今回のメンバーは、1・2年生が中心となって演奏しました。
慣れない屋外での演奏で、楽譜が風にあおられる場面もありましたが、日頃の練習通りよい演奏をしていました。MCの池田さんと高瀬さんが「地域のみなさんのおかげで演奏できるので、恩返しになる演奏をし、地域とつながっていきたいと思います。」と話しており、次の世代も頼もしいかぎりです。


11:11 | 投票する | 投票数(27) | コメント(0)
2018/08/08

8月8日(水)西日本ボランティア3

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
炎天下でボランティアをして、ボランティアセンターに帰ってきたら・・・・。
ボランティアの人たちが「全員分のかき氷」を用意して待っていました。
ありがたいことです!
その横では、「イソジンによるうがい」で感染症の予防!
また、長靴などの消毒!!
このボランティアセンターでは、簡易のシャワーもありました。
本校が避難所になったら「どうしようか?」
いろいろと考えさせられた2日間でした。
災害ボランティアは「理屈」ではなく、「体験」しておかないと!!

ボランティアが働きすぎると、地元の方々の仕事が無くなる?とか、
被災者の中には、ボランティアを受け入れたくない?人がいるとか?
行ってみないと分からないこともたくさんありました。
勉強になりました。
明日は我が身!!お互いさま!!
よろしく!!日中健児!!

08:26 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2018/08/08

8月8日(水)西日本ボランティア2

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
被災者の感情を考慮して「写真撮影は止めて!」ください!と言われましたが、
被災者宅を除けば、「教員」として、話のために・・・であれば!!
と許可をいただきました。
第2日目に倉敷市真備町の「小田川」決壊現場のすぐ横の家庭にお邪魔しました。
良く、家が流されなかった?
決壊の順番が、3回アリ、川の流れが変わったそうです。
しかし、家は「全壊?だそうです。
家の骨組み以外は、あとは、泥だらけ。
その泥の掻き出しをしました。
日の当たっている泥は「パリパリ」で、
日の当たっていない泥は「ドロドロ」で、とても重く家族だけでは・・・・・・・
5人グループの2組、合計10名でその家庭のボランティアをしましたが、
みんなよく働きます。
その働き過ぎから「熱中症」にならないよう、
リーダーとタイムキーパーを決めて、20分働いて10分休憩という基本線がありました。
午前10時くらいから、午後3時30分までくらい!!

丁度、大阪の消防団の「新人研修?」のために、若い消防士もたくさん見えていました。
さすがに、自衛隊、消防団は統率が取れていて「災害時」には頼りになる!
と地元の方も喜んで見えました。
私と一緒にボランティアをした方がも、
仕事を休んで・・・・
部活の休みを利用して・・・・・・
等、立派な方が多くみえました。
最近の若者は??と言われますが、
被災地の方々を思う気持ちは「若者のほうが!!」
帰りの新幹線では「宿題をしながら!!」
その他の人は、「明日から仕事です!」と言って見えました。
岡山市の方は、これだけ県外の方がボランティアに来ているのに
「隣の市町の人ではなく、やはり、意識の高さかな?」と嘆いていました。
その岡山市の方は、東京での仕事を辞めて、今回の震災を機に地元に
戻ってきた。現在、無職で「ボランティアを毎日行っている!」と言っていました。
何はともあれ、全国から「こんなにも多くのかたがボランティアで!!」
家もなく、職業もなくし「どうしてよいのか?」
そんなとき、やはり「お互いさま!」でいたいものですね!!
よろしく!!日中健児!!

現実は、農業をしていた方は「スーパーのパートを始めた」とか、
言っていました。
被災者の裏が、特別支援学校でしたが「泥だらけで、復旧の見込みが???」
という状況でした。
また、35年間「水害の保険」に入っていたが、もう良いだろうと「止めた途端」
水害にあって、保険が下りず「茫然自失」・・・・・という方もいました。
床下浸水と床上浸水との大きな違いなど、
学ぶところが多いボランティアでした。
ありがとうございました。




08:25 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
2018/08/08

8月8日(水)西日本ボランティア1

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
8月6日(月)7日(火)の二日間、岡山県倉敷市に災害ボランティアに行ってきました。
愛知県尾張旭市から「始発」でボランティアの受付に間に合う「最も遠い」地区です。
朝、5時30分に家を出て、9時過ぎに新倉敷駅に到着しました。
新倉敷駅からボランティアセンターまで「シャトルバス」が出ていました。
ボランティアセンターは、被災した「職業訓練校」でしたが、運動場は車で一杯でした。
全国各地から駆けつけていました。
ありがたいですね!
体育館にはいると「受付」があり、5名一組のグループに分けられました。
約50名ほどくらいで「ボランティアの説明」を受けました。
気温が35度を超えるため、「熱中症対策」の話と、
被災地は衛生環境が良くないため「感染症対策」の話が中心でした。
ボランティアに行って、ボランティアが亡くなっていては・・・・???
水分は「お茶を含めて2L持って行きましたが、最終的には「3L~4L」は飲みました。
しかし、トイレには行かなかったので「ほとんどが汗?」だったのだと思います。
さすがに、1か月が立ちました。
水分、受付などの体制は十分整っていました。
地元の話ですと、
倉敷市は「東日本大震災」のおりに、たくさんの支援をし、たくさんの支援者を送り込んだ
そうです。しかし、隣の岡山市では・・・・・???
そのおかげもあって、倉敷市には「多くのボランティア」が集まっても、
スムースに派遣するシステムが整っています。
岡山市では・・・・・・・。
何となく、ボランティアも集まっていないし、体制も・・・・・???だそうです。
われわれ愛知県も、「南海トラフ地震」が心配されます。
そのせいもあってか?
愛知県からのボランティアさんが多く、とても感謝されました。
日進市も、今のうちから「ボランティア体制」を見直していくと?よいのでは?
今回、多くのボランティアのかたとお話しをしました。
ほとんどが、
私のような「おじさん」か、「女性」「若者」でした。
ほとんどの男性が働いているので、仕方がないですね????
同じグループに「高校生」が2名いました。
野球部で、一日の休みを返上して「ボランティア」に来たそうです。
なかなかやるね!!若者たち!!
親愛なる日中健児のみなさんも!!
がんばれ!!


08:24 | 投票する | 投票数(17) | コメント(0)
12

新着情報