日誌

日中健児のつぶやき(10/04~10/30)
12345
2017/11/02

11月2日(木)文化祭第3日「有志発表」ほか

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
子どもたちと先生方で創り上げた「文化祭」の3日間を終了しました。
子どもたちの・・・・、日中健児の「パワー」「エネルギー」を感じた3日間でした。
この3日間、いろいろなことを感じましたし、考えました。
子どもたちを「生き生きさせるには・・・・・!!」
子どもたちに「将来に繋がる付けてあげる力は何・・・・・・・??」
くるくると、いろいろな考えが頭の中を巡りました。
「日中の5本柱・・・・・・・・」
「日中の5本柱を通して、どんな力をつけさせたいのか???」

本日の閉会式でも子どもたちに「3つの力」を伝えましたが、
1 何事にも「一生懸命」「夢中」になれ、緊張した場面でも「力を出し切る」
  持てる力を出し切る!!自分自身の可能性を広げてほしいと考えています。
2 集団の中で、「人との関わりの中で」さまざまな「人として大切なこと」を学ぶ習慣を
  付けてほしいと考えています。学校が終われば「勉強が終わる」と考えている
  子どももいますが、答えは「NO」ですね。
  一生勉強ですし、教科書以外からも学ばなければいけません。
  学ぶことで、この厳しい荒波の社会を「たくましく生き抜く力」を身に付けてほしい!
  と願っています。
3 最後に、昨日の「舞台発表」本日の「有志発表」での子どもたちの「輝き!!」
  大切にしてほしいです。自分自身が「輝けるもの」「楽しめるもの」
  そして、自分自身を「好きになれるもの」!!
  自分自身が「好きになること」は、すなわち、他人に優しくなれる人なのです。
  輝ける何かで、これからの人生を「遊び心」を持って、「豊かに」生きてほしいと
  思っています。
  「学ぶために学ぶのではない!」「幸せになるために学ぶのだ!!」
  「部活動も、勝つためにやるのではない!」「幸せになるために部活動をするのだ!!」

  親愛なる日中健児のみなさん!!ともに頑張りましょう!!

  保護者のみなさん、3日間のご支援ご協力に感謝申し上げます!!
  ありがとうございました!!




















12:50 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2017/11/02

11月2日(木)残念!

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
宮崎市の鵬翔高校サッカー部の複数の部員が昨夏、飲食店で飲酒や喫煙をしていた
そうです。その場に、女性教員も同席していました。
鵬翔高校サッカー部は全国高校サッカー選手権で優勝経験もあります。
現在も選手権の県大会で準決勝に進出しています。
このメンバーの中にも飲酒や喫煙をした部員がいるということです。

学校によると、同席していた女性教員は非常勤講師で、昨年3月末まで同校に勤務し、
いまは別の学校で勤務しているそうです。女性教員は3年ほど前から昨夏まで複数回、
部員らと飲食店で食事をしていたといいます。

今の時代を考えると「軽率だった」としか言いようがありません。
部活動が問題になっている昨今、「強豪校」だからこそ、気を引き締めて
他校の「模範」「お手本」になるような指導をお願いしたいものです。
「部活動」を通して「人間性を高める」ためには、その指導者が「人間的に・・・・!!」
公職者として「宣誓」をした段階から、世間からは「民間人以上に厳しい目で!!」
見られることを心したいものです。
ともに、頑張りましょう!! 

本日、文化祭第3日目です。
よろしくお願いいたします。
07:39 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2017/11/01

11月1日(水)文化祭の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者


1年生の学年合唱「花は咲く」で始まりました「歌声の会」。
1 1年7組「心の瞳」 銅賞
2 1年4組「マイバラード」銅賞
3 1年5組「明日へ」銅賞
4 1年1組「あすという日が」金賞
5 1年3組「この地球のどこかで」銀賞
6 1年6組「旅立ちの時」銅賞
7 1年2組「COSMOS」銀賞




けやき学級「太鼓」特別賞

2年生の学年合唱「あなたへ」。
1 2年5組「桜の雨」銀賞
2 2年4組「時の旅人」銀賞
3 2年1組「OH MY SOLDIER」金賞
4 2年3組「道標」銅賞
5 2年6組「さくら」銀賞
6 2年2組「時を越えて」銅賞




3年生の学年合唱「大地讃頌」。
1 3年6組「知った」金賞
2 3年1組「花をさがす少女」銅賞
3 3年3組「夏」金賞・・・・・・・・最優秀賞「日進中学校の代表」
4 3年2組「青い鳥」銅賞
5 3年5組「IN TERRA PAX」金賞
6 3年4組「人間」銅賞




最優秀伴奏者賞「永田汐梨さん」でした。
残念ながら、最優秀指揮者賞は「該当なし」という結果でした。
PTAの合唱も、子どもたちが「しんみりと聴き入るほど上手な歌」でした。
毎週毎週練習を繰り返し、また、通勤の車の中で「繰り返し繰り返しCD]を聴き
体に染みこませた曲でした。
「堂々と、そして、生き生きとした表情」が心にぐっと来ました!!
飛び入りの日進中学校教職員軍団も、子どもたちの「声援」を受けながら、
「笑い」あり「踊り」あり、指揮者の野々山先生は「腰を痛めながらも・・・・・・・」頑張りました。
私の仕事は「ブラボー!!!!」

子どもたちにも言いましたが、
最後の一週間での「追い込み」には目を見張るものがありました。
限られた時間で「放課などを使って」本当によく頑張ったと思います。
1年生は「その成長率では、目を見張るもの」がありました。
きっと、2・3年生の歌を聴いて「来年は、さらに、ワンランクアップ」してくれると信じています。
2年生は、「どのクラスも大きな差がなく、ハイレベルで歌うことが」できました。
学年の平均値で行けば、ここ数年にはない「できばえ」だったと思います。
来年の3年生に成長した「姿」が楽しみです。
3年生は、「さすが!!3年生!最高学年!!」と感じさせる圧倒的な合唱でした。
「金賞」「銅賞」と結果では差が出ましたが、私などは「みんな金賞」です。
校長先生、慰めを・・・・・・という声が聞こえてきますが、
「本心」です。
各学年合唱も、3年生が圧倒的でした。
きっと、2年生はそう思っていると思います。
2年生の学年合唱も、1年生から見れば「格段の差」があったと思います。
さすがに中学校の「1年間」は「違うぞ!!」と思わせる取り組みに感謝します。
ありがとう!!
練習での取り組み具合をみれば、・・・・・・・。
そして、取り組み方を見れば・・・・・・・・・。
同じ一生懸命でも「その思い」「その方法」に工夫の余地があるのかも?
来年度に向けての「課題」にしてください!!









3年生の舞台発表は「内容」のさることながら、「日進中のこれからを考えさせる」機会にも
なりました。「日進中学校って『どんな学校?』」
「日進中学校は、何が特徴?!」
「日進中学校の5本柱は・・・・・?!」
「天下の日中!!」
「パワフルで、生き生きと!!」
今年の3年生が2年生だった頃・・・・・・・・・・心配をしたものです。
何か表情が・・・・・・・・・。
しかし、その心配は杞憂でした。
特に、最高学年になってから(正確には、昨年度の卒業式で3年生からバトンをもらって
から)の成長ぶりは!!
今日の「一人ひとりが輝いている姿を見ると、子どもたちって素晴らしいな!!」と
感じずにはいられません。
明日も、「日進中学校らしさを感じる一日に!!」してほしいと願っています。
明日は、「文化祭第3日目」です。

今日の結果は今日までで。
「うれしさも」「悔しさも」すべて、みなさんが成長するための「肥やし」です。
「学ぶ人」は、「何かをやろうとした挑戦した人」です。
そして、「挑戦して『悩み、苦しみ、悲しんだ』人」です。
胸を張ってください!!
大人になれば、すべてが「勉強」「学び」です。
頑張っていきましょう!!
第3日目を充実させるために!!
ともに、頑張りましょう!!













15:54 | 投票する | 投票数(24) | コメント(0)
2017/11/01

11月1日(水)文化祭2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
おはようございます。
本日、文化祭2日目「合唱コンクール」「3年生舞台発表」です。
今日は、
年賀はがき発売日
点字記念日
泡盛の日
本格焼酎の日
紅茶の日
玄米茶の日
すしの日
食い道楽の日
芸道楽の日
犬(ペットフード)の日
カーペットの日
全国家具の日
計量記念日
生命保険の日
川の恵みの日
灯台記念日
自衛隊記念日 など記念すべき日としては、かなり「多い日」になります。
天気も「快晴」!!絶好の文化祭日和!!
一日、市民会館に行っていますので「アップは夕方にします!」
ご理解をお願いいたします。
がんばれ!!日中健児!! 
07:36 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2017/10/31

10月31日(火)3年生最終舞台リハーサル

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
本日、午後、「3年生最終舞台リハーサル」を市民会館へ視察に行ってきました。
こんな感じです!
昨年度までは、プロの「演出家」にお願いをして指導をしていただいていました。
しかし、「子どもたちと学校の教職員で『創り上げる』」舞台にしたい!という学年の願い!
そして、練習にかかる「多くの負担軽減」(限られた時間で、精一杯練習し、力を出し切る)
また、授業時間数のさらなる確保!! など
昔では考えられない制約の中で、伝統の「ミュージカル」とは行きませんが、
精一杯の「舞台発表」にしようと頑張ってきました。
それでも、3年生は「体育大会」から「応援」「競技練習」「日中ギネス練習」から始まり
「文化祭」の「合唱練習」そして、3年生は「舞台発表練習」と「学業」「進路」を両立させながら
走り続けてきました。
長い人生の中で、ときには「疲れるほど!」「悲鳴を上げるほど!」学校行事に
打ち込むことも意義深いものだと考えています。
当然、疲れから「風邪」をひいたり、「グタッと」したりと中学生らしい一面も覗かせました。
そんな中での「3年生の舞台発表」です。
プロの目から見たら・・・・・・・足りない部分もあるとは思いますが、
素人の子どもたちや教職員のみんなが「力を合わせて」創り上げた素晴らしい「舞台」です。
ぜひ、その「苦労」を思い浮かべながら観ていただけましたら幸いです。
そんな意味からも、私は、当日が楽しみです。
明日は、失敗を恐れず、力を出し切ってほしい!!願っています。
がんばれ!!日中健児!!







15:53 | 投票する | 投票数(15) | コメント(0)
2017/10/31

10月31日(火)ハロウィン

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者

インターネットによると、
ハロウィン
、あるいはハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、
古代ケルト人が起源と考えられている「お祭り」のことだそうです。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す「宗教的な意味合いのある行事」
であったそうですが、現代では特にアメリカ合衆国で「民間行事」として定着し、
祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

「かぼちゃ」の中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
子どもたちが「魔女やお化けに仮装」して近くの家々を訪れてお菓子をもらったり
する「風習」などがあります。

現在、日本では「バレンタイン」を凌ぐほどの経済効果があるそうです。
「仮装」することが日本の若者に受けたのかもしれませんね。
最近の若者は?「マスク」をしたり(花粉症もいるとは思いますが・・・・)
ディズニーランドなどの異空間で「仮装」「変装」したりして、
自分自身の「本性?」ではない部分を楽しむ傾向があります。
ひょっとしたら、「整形」もその一つなのかもしれません。
私は、「生まれ持った素の顔、体を堂々と!!」と考えるのですが・・・・・。
その日だけ「楽しむ」分にはいいのですが・・・・。
変身願望は、きっと、誰にでもあると思うから・・・・・・。
子どもたちと話をしていても、「中学生だから?」ではありませんよ!
中学生も立派に同じ気持ちを持っています。
保護者のみなさまは、・・・・・・・・・・・・・。
楽しむ世代ではない?その気持ちは理解できる?どっちですか。


11:28 | 投票する | 投票数(20) | コメント(0)
2017/10/31

10月31日(火)掃除が人を育てる!

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
掃除が人を育てる!「鏡は私がやるから」 ・・・・・・・・
株式会社新宮運送 代表取締役 木南一志氏の話です。
 
私は運送屋の2代目です。
そのまま運送屋をやっていればよかったんですけど、30歳の時に新しい会社を
立ち上げました。
当時は景気もよく、何をやっても利益がどんどん出てくるような時代でした。
「会社経営は楽だなぁ」と随分気楽に考えていました。
でも、世の中そう簡単ではありません。
つい昨日までスムーズにいっていた仕事がほころびを見せ始めると、
あちらもこちらもどん詰まりになっていきました。
そんなことが何日も続くと、「こんな会社始めるんじゃなかった」と思うようになりました。

それで毎日のように悩んでいた時、「掃除をしたら会社がよくなる」という話を聞きました。
「掃除やったら私にもできる」と思い、まずは会社とその周辺のごみ拾いを始めました。
その当時から私は「掃除に学ぶ会」というものに参加していました。
学校のトイレを子どもたちと一緒に掃除する会です。
ある小学校でトイレ掃除をした時、私にあてがわれたのはゲトゲトに汚れた尿石だらけの
便器でした。「木南さん、どうぞ」と掃除用具を渡された時、6年生の男の子に
「ボク、おじさんの代わりにやってくれへんか?」と言ってしまうくらい
やりたくなかったです(笑)。
「とっとと帰りたい」。
そんな思いが自分の中にあったのを覚えています。
「掃除が人を育てる」ということがまだ腑に落ちていなかった時のことでした。

ある時、小学3年生のさわちゃんという女の子がお母さんと一緒に「掃除に学ぶ会」
に参加してくれました。
その時、一緒に参加していた大阪の小学校の先生が、さわちゃんに
「鏡の磨き方を教えてあげるよ」と言ったのです。
さわちゃんもトイレ掃除より鏡のほうがいいなと思ったんでしょう、「教えて」と言いました。
その先生は固形石けんを持ってきて、「この鏡に石けんでさわちゃんの名前を書いてごらん」
と言いました。
さわちゃんがその通りにすると、今度は水に濡らしたスポンジでちょっと泡立てながら鏡
をやさしく拭くように教えました。その後は雑巾で軽く水分を取って、最後に新聞紙を
小さく折り曲げたもので磨くのです。
コツは「新聞紙の油でコーティングするように」と。

次の月も、さわちゃんはお母さんと一緒に参加してくれました。
そして、どうしたと思います?
自分から固形石けんや雑巾・スポンジ・新聞紙をちゃんと用意したさわちゃんは、
「鏡は私がやるから」と言って、ずらっと並んだ手洗い場の8枚の鏡と、男子トイレ2枚、
女子トイレ2枚の鏡をきれいにしてくれたのです。
「すごいなぁ」と思いました。
自分からちゃんと道具を用意して、覚えた方法で一生懸命美しくしていく。
その姿勢に、仕事に対する思いのヒントが隠れているような気がしました。

いろんな人に「何のために仕事をしていますか?」と尋ねると、だいたい「生きるため」
と返ってきます。以前、うちのトラックのドライバーに聞いたら、「そりゃあ社長、金や。
金しかあらへん」と、非常に分かりやすく答えてくれました(笑)。
しかし、さわちゃんのその姿を見てから、私は「本当にお金のためだけだろうか」
と自問するようになりました。
「この仕事が好きなんや」と言える自分を仕事の中で作ることによって、仕事に対する
一歩踏み込んだ思いというのができてくるのではないかと思ったのです。
自分の仕事が好きになったら、その仕事は一生のものに変わっていきます。
そして、さわちゃんのように自分で気が付き、自分で決め、誰のものでもない
「自分の仕事」にした時こそ、その一歩を踏み出したといえるのではないでしょうか。

掃除から何を学び、どう育つかは一人ひとり違います。
でも、掃除が自分を育てていくきっかけになるということは共通していると思います。
沖縄のある助産師さんとお話した時、「木南さん。周りがきれいになったらどうして
嬉しい気持ちになると思いますか?」と聞かれました。
その時、私は「うーん、周りがきれいになって気分が悪くなる人はまずいないと思いますよ」
というくらいの返事しかできませんでした。

するとその方は、「人間の命は気持ちよくなるようにできているんですよ」と言うのです。
人はお母さんのお腹の中に宿ったのち、羊水に囲まれて生きていきます。
その時に、自分のウンチやオシッコや、いろんないらないものを吐き出しながら、
もう一度自分でそれを吸い込んで浄化するのだそうです。
10か月間ずっと、羊水が汚れないようにしながら生きていくのですね。
だから、自分の周りをきれいにしたら自分が気持ちよくなるんです。
知識ではなく、命が知っていたということですね。
随分納得させられました。

この話を聴いて、「日進中学校の子どもたちにも、こんな指導ができたら」
きっと、心から掃除の時間に「自分の学校を綺麗にしよう!」と考え行動してくれる
子どもが増えるだろうな!と思いながら読んでいました。
「きれい好き」「整理整頓」は教えないとできませんが、
「汚くてもいい」「ぐちゃぐちゃ」「乱雑」は放っておいても・・・・・・・。

10:41 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2017/10/31

10月31日(火)作品展の裏側では、

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
作品展の裏側では、各学年「授業」が行われています。
「授業数確保」のためには、仕方がない!?ですね。
そんな授業ですが、「けやき学級」が寸暇を惜しんで、最後の「追い込み練習」を
していました。子どもたちも真剣ですが、先生方も・・・・・・・・・・真剣です。
教員としての迷いは、
教員がそこまで出しゃばっても、子どもたちの自主性の芽を摘むだけだ!!
という考え方です。
「自主性」という言葉を尊重しすぎるあまり、子どもたちに「丸投げ?」状態にしてしまう
ことが、間々あります。
自然にしておけば、自然に育つ「芽」もありますが・・・・・・・・
それでは、「教育?」って何?ということです。
自然にしておけば育つ芽は、教員や大人が関わらなくてもいいのかもしれません。
しかし、教員や大人が「関わらなければ育たない芽」もあります。
そして、子どもたちに任せすぎたために「失敗体験」を経験するのか、
子どもたちに関わることで「成功体験」を経験させるのか・・・・・???
「失敗は失敗で」勉強になるし、「成功は成功で」勉強にはなります。
今回の「けやき学級」は、寸暇を惜しんでも関わって「本番に成功させ、成功体験」を
積ませたいという教員の気持ちの表れでもあります!
ぜひ、「やり切った!」という気持ち、「良かったね!!」という成功体験を積ませてください!
がんばれ!!日中健児!!

10:25 | 投票する | 投票数(17) | コメント(0)
2017/10/31

10月31日(火)作品展

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
なかなかの演出ですね。
武道場の階段から、美術部が作成した「文化祭のテーマの垂れ幕」が迎えてくれます。

「国語科」の授業で書いた「書写コンクール」の「作品」特賞、優等、佳作!!
「美術科」「家庭科」「技術科」の授業で作成した「作品」
「総合的な学習の時間」を使って、さまざまな行事のレポートや課題に関する「レポート」
「けやき学級」の子どもたちが、授業で作成した「作品」
「青葉分校」の子どもたちが授業で作成した「作品」
「美術部」の全国大会出場作品や日頃の「成果作品」
「パソコン部」の作成したプログラミング「ゲーム」
そして、「教員」が出品した「作品」など
文化祭では、日頃の授業の成果を中心に部活動などで創作した作品を作品展で
展示し、「鑑賞する」ことを通して心を育てようと考えています。
お互いに「互いの良さを認め合う!」
言葉で書くと簡単ですが、大人の世界でも難しいことです。
中学生時代から「自分が・・・・・自分が・・・・・・・」と自己中心的な考えになるのではなく、
「お互いの違いを認め合い、お互いの良さを『心から認めることのできる』」
大人を目指して!!





子どもたちも「美術館で鑑賞するように」静かに、集中して観ていました。
何事も「良いもの」「本物」に触れ合うことは、心を育てます。
社会に出れば「良いことも悪いことも」否が応でも眼に触れてしまいます。
せめて、中学生の心が柔軟な時期だけは「少しでも多くの本物」に触れ合える環境を
用意したい物ですね!
われわれ大人の背中を含めて・・・・・・・!!
保護者のみなさまも、ぜひ!お待ちしています!!


10:01 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2017/10/31

10月31日(火)文化祭開幕!

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
おはようございます。
いよいよ、文化祭が開幕しました。
第1日目、「作品展」(武道場)
第2日目「合唱コンクール」「舞台発表(3年)」(市民会館)
第3日目、「有志発表」(体育館)
文化祭実行委員長の石原さんの「あいさつ」で始まりました。
今まで、授業で一生懸命取り組んできた「作品」、部活動で取り組んできた「作品」
できばえはどうでしょうか?

合唱コンクールは、体育大会が終わってから休む閑もなく「合唱」練習をしてきました。
最後の一週間の「追い込み」には、目を見張るものがありました。
明日の発表が楽しみです。
審査員の私たちが頭を悩ますほどの「競り合い」を期待しています。

3年生の舞台発表は夏休み、そして、2学期に入ってから体育大会の練習と平行して
行ってきました。
最初は先生方も子どもたちも戸惑っていましたが、練習が進むに連れて「その楽しさ」に
引き込まれていったように思います。先輩方が行っていた舞台発表の姿を見て、
「私たちも!!」と憧れていたものです。その完成に向けて「意見が食い違い」
さまざまな葛藤があったようですが、放課も使って一生懸命練習している姿は
日進中学校を引っ張ってくれる最高学年として輝いていましたよ!!
当日の発表を期待しています。

有志発表は、日進中学校の子どもたちの「個性」が溢れるものになることを
期待しています!!保護者のみなさまも、楽しみにしていてくださいね!!
では、文化祭の開幕です。

作品展実行委員長の神山さんも言っていましたが、素敵な作品がたくさん出ました。
この作品展での見学で、少しでも「心豊か」になってくれれば幸いです。
素晴らしい作品には「人の心を動かす何かが!」あります。
受け取る側の我々も、そのような「豊かな心」を持ちたいものですね!
3日間、よろしくお願いいたします!!






08:56 | 投票する | 投票数(20) | コメント(0)
12345