日誌

日中健児のつぶやき(03/01~03/31)
12345
2018/03/30

3月29日(木)吹奏楽部 第21回定期演奏会

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
感謝!感謝!
吹奏楽部が、日頃の、1年間の「感謝」の気持ちを込めて、市民会館で
「第21回めの定期演奏会」を開きました。
どの部活動も「1年間」の間には「いろいろなドラマ」があります。
大人の階段を登る「中学生」にとっては、当然のことです。
同じ目標を持ちやすい「部活動」でさえ、さまざまなトラブルがあります。
だから、そのトラブルを「無くす?」のではなく、そのトラブルから「学ぶ!」ことが
学校の使命であり、大切な部分だと考えています。
学校でも、当然、その関わりの中で「学び」となるよう関わっていきますが、
ご家庭での保護者の方々の「支援」「フォロー」は欠かせません。
この1年間も「さまざまな角度から」支援をしていただき、子どもたちも
立派に成長してきました。
親になると、「どうしても、可愛そう!?」が先に立ち、親が先回りをしてしまう傾向が?
あります。
私自身も、自分の子どもとなると?????孫は、特に???????
だからこそ、学校と連携しながら「子どもたちに、成長になる障害、ハードル」が表れたときに
協力して関わり、「学び」として支えていきたい!!と考えています。
今回の定期演奏会も、多くの保護者、OBのみなさん、そして、地域のみなさんに
支えられここまでこられた!ことを「感謝する気持ち」が演奏に出ていたと
思います。
また、4月1日から、平成30年度が始まりますが、変わらぬご支援・ご協力を
お願い申し上げます。
今日は、平成29年度の感謝を込めて「茶話会」を行っています。
学校としましても感謝申し上げ、平成29年度を「閉じさせて」いただきます。
1年間、いろいろとありがとうございました!!
日進中学校!!平成30年度も頑張ります!!











10:28 | 投票する | 投票数(14) | コメント(0)
2018/03/23

3月23日(金)終了?修了!

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
本日をもって、「終了」です?「修了」です!
各学級で、最後の「修了証」と「通知表」をもらっていました。
担任は、一人ひとりに「やさしくコメント」をしながら、励ましの言葉を掛けていました。
通知表の「数字」は、あくまでも、あなたたちの「一側面」を評価しただけの話で、
みなさんのすべてではありません。
一つの評価として「反省」はしてほしいと考えていますが、
「自分自身の価値を貶めるもの」ではありません。
次につながる「課題」を見つけるもの!
と考えてくれれば良いと思います。

1年生は、通知表をもらっている裏番組で「子どもたちが担任の先生に、お礼の
メッセージ、感謝の言葉」を用意していました。
心温まる「演出」に、さすがは日中健児と嬉しく思いました。
1年間、いろいろなことがあったと思いますが、それは、すべて、大人の階段を登る
あなたたちの「将来の肥やし」になるものばかりです。良い経験をしましたね!
今日の修了式で、「1年間を振り返って、この学級で良かった!」と思える
人たちがほとんどでした。
そのように、楽しくなるように充実するように「1年間、生活をした成果」ですね!
修了式でも話をしましたが、「他人のせい」「親のせい」「先生のせい」にしている人は、
どんな環境であっても、いつも、「ぶつぶつ、文句ばかり言って一生を送る!」
と考えています。
逆に、自分自身が主体的に「より楽しく」「より良く」生活しようと考え、行動する人は、
どんな環境でも「そのように、充実した」生活を送れますよ!

では、
新2年生は、入学式準備で「4月4日(水)」
新3年生は、始業式のある「4月5日(木)」が、最初の出校になります!
春休みは、あっという間です。
交通事故には十分気を付けて、元気な顔を見せてくださいね!!
首を長くして待っています!!
1年間、ありがとう!!日中健児!!





10:36 | 投票する | 投票数(22) | コメント(0)
2018/03/23

3月23日(金)流行は自分で創るもの

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
ある「ノーベル賞受賞者」の話です。
何年か前から、日本の大学はとても貧しい事態になっていると感じます。
昔は大学に一律の研究費がありましたが、今はすべての研究が競争的な仕組みです。
ですので、プロジェクトを立ち上げて、それが評価されないと研究費が下りてきません。
そういうことが原則になると、時間のかかる研究は評価されないので手が付けられなく
なります。
科学はすぐに先が見えるものではありません。
答えが2年で出るかもしれない。
もしくは10年後に花開くかもしれない。そういう世界なのです。
そのように理解して研究を評価しないと、新しい研究の芽を摘むことになってしまいます。
すぐに結果の出ない研究も長い目で見て大事にしてほしいですね。
また、今は流行りの研究をしないと注目されないし、研究費がもらえないというサイクルが
できています。
ですので、自分がハッとするようなこと、「こんなに面白いことがあるんだ!」という興味
がなかなか追求できないのが、今の日本の大学の深刻な問題です。
今、大学の教授はみんな大変忙しく、いろんな書類の作成などに追われていて、
研究時間がめちゃくちゃ短くなっています。
それは研究者にとって不幸なことです。
さらに、そういう人を見て、次の世代の意欲がなくなります。
たとえば、東大でも大学院に行く学生が激減しているのです。
「あんなに苦労してまで研究しなくてもいい」と、研究の楽しさを味わう前にドロップアウト
していく学生が増え、将来の研究者がどんどん消えていっているのです。
私は「こんな面白いことがあった」という研究が一つでも生まれることが、
そのような大学や企業の研究を変えていく原動力になるんじゃないかと思っています。
「ゆとりを持って基礎科学を見守る社会になってほしい」という思いから、
私は「大隅基礎科学創成財団」という基礎科学研究を支援する一般財団法人を立ち上げ
ました。
私の思いを理解してくださり、科学者をサポートしてみようと考える人たちが少しずつ
増えてきているのが嬉しいです。
研究を続けているともちろん苦しい時もあります。
研究って実を言うと何をやっても上手くいかないことのほうが多いんです。
だから私は「自分のファン」を作ってほしいと思っています。
ファンは「理解者」という意味です。
私には「好きなことだけ研究できたわけじゃないんだな」と分かってくれる先輩がいます。
「この研究って面白い」と思ってくれる後輩もいます。
そういう人たちがいることが研究する力になります。
ですので、若い人はぜひ「自分はこういうことをやっていて、こんなに面白いんだ」と
いうことをいろんな人に伝え、自分のファンを作ってください。

最後に、私が特に若者に言いたいことがあります。
それは、「人と違うことを恐れず、自分の道を進んでほしい」ということです。
流行を追うことはやめて、「自分で流行を作るんだ」くらいの気合いで生活をしてほしい
のです。
科学というものは、次の世代へ引き継いでいくものです。
今までの経緯や常識にとらわれずに、自分が興味を抱いたものを大切にしてほしい
と思います。

今、「教員」はみんな大変忙しく、いろんな書類の作成などに追われていて、
「子どもたちと向き合う時間」がめちゃくちゃ短くなっています。
それは「教員」にとって不幸なことです。
さらに、そういう人を見て、次の世代の意欲がなくなります。
「あんなに苦労してまで『教員』にならなくてもいい」と、
「教員」としての楽しさを味わう前にドロップアウトしていく学生が増え、
将来の「教育者」がどんどん消えていっているのです。

平成29年度は終わりますが、
将来を担う子どもたちを育てる!という「教員」を志す人が
一人でも多くなるように「魅力的な学校」「教員」「管理職」を増やしていきたいと
考えています。
本日をもって、平成29年度は終了させていただきます。
多くのご指導、ご協力を賜りましたことに感謝いたします。
平成30年度も、日中健児のため、日進中学校のため
変わらぬご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。
学校への「苦情」が無くなり、「相談」が増えたことにも重ねて感謝申し上げます。
1年間、ありがとうございました!
また、来年度、お目にかかれることを楽しみにしています。
ご愛読、ありがとうございました!
07:24 | 投票する | 投票数(17) | コメント(0)
2018/03/22

3月22日(木)学年集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
 
 本日5時間目に1年生は年度最後の学年集会を開きました。1年間の総まとめを学年の先生全員から短い時間ですが伝えました。どの先生も「らしさ」を十分に出して生徒たちに伝えていました。話を聞く子どもたちの表情は笑顔もあり、深くうなずきながら聞く顔もあり、私としては有意義な時間になったと感じました。


もうすぐ2年生です。しっかりと締めくくりをして、良いスタートを切れるようにしたいものです。
始まったらすぐにキャンプが始動します!!!!
<文責 馬場 壮平>
18:24 | 投票する | 投票数(22) | コメント(0)
2018/03/22

3月22日(木)車椅子 寄贈 しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
 本日、福祉委員会の子どもたちが「むつみ苑」に行き、車椅子を寄贈しました。
この車椅子は、福祉委員を中心に、1年で10万点を目標に
ベルマークなどを集めて購入したものです。
毎年日進中学校では、この活動を行い、寄贈しています。

福祉委員の子どもたちと「むつみ苑の方の笑顔を見ると、来年も頑張りたいと思うね。」
と話をしました。2人にとっては、貴重な時間となったようです。

「むつみ苑」の方々の笑顔をもっと多くの生徒に届けたいなと思いました。
日中健児のみなさん!!ぜひ一緒に「むつみ苑」訪問をしましょう。
関わることで、知ることもたくさんありますよ。
まずはその一歩を待っています。





PTA厚生委員の方やその他多くの方々のご協力により、今年も車椅子を寄贈する
ことができました。本当にありがとうございました。

この活動がこれからも続き、「むつみ苑訪問」を通して、多くの子どもたちが
関わっていくことを期待しています。                               
 <文責 石川舞奈>

17:39 | 投票する | 投票数(23) | コメント(0)
2018/03/22

3月22日(木)がんばれ!!山下!

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
本日、午後の部活動を見て回っていました。
武道場に行ったら、剣道部の子どもたちが「校長先生!カメラ持ってる?」
と聞いてきました。
午後の部活動は、撮影よりも「子どもたちとおしゃべりをするために」
廻っています。
そのため、「持っていない!」と返事をしました。
そうだ!剣道部の「山下さん」が明日を最後に転校するんだった!!
と気づきました。
早速、職員室に「カメラ」を取りに帰り、記念写真です!
小さな体で、ほんわかした性格の山下さん。
剣道部にはなくてはならない存在でした。
残念ですが、次の学校に行っても「剣道」だけでなく、「勉強」も
頑張ってくださいね!!遠くから、みんなで応援していますよ!!



私も、「武道」をやっていたので「道」がつく格闘技が大好きです。
それは、「技」だけでなく、「体」だけでなく、「心」を鍛えてくれるからです。
修行なのです。
結局は、すべて、勉強であり、修行なのかもしれません。
その「教え」の中にたくさんありますが、武道場には「いくつか」文章になって
張り出されています。
剣道の技を、また、その習得を通して「心と体」を鍛え、
心やさしき、たくましい「本当のやさしさ」を持った人になってくださいね!
山下さんならば、きっと、なれる!!
日進中学校で築き上げた「仲間との友情」を大切に、頑張ってくださいね!!
人としても成長することを願っています!!
がんばれ!!山下さん!!
そして、がんばれ!!日中健児!!

17:02 | 投票する | 投票数(23) | コメント(0)
2018/03/22

3月22日(木)今年度のススを!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
何事も、「やり切る!」
「力を出し切る!」と気持ちが良く、清々しい気持ちになるものです。
笑顔の多い人は、きっと、「良いこと」を人の目を気にせず、やり切っている人!
大掃除のあとの、このすがすがしさ!!
来年度も、最高学年として頑張ってくださいね!!
大森さん!春田さん!!

今年度の「すす」をきれいさっぱり、感謝の気持ちを込めて!!
一人ひとりが「一生懸命」掃除をしてくれました。
新しく、その教室などに来てくれるだろう「新1年生」「新2年生」「新3年生」
自分がその教室などに行ったとき、
「なんだこの汚い教室は・・・・・・・?」と感じるのか?
「長年使っていたのだろうけれども、きれいに引き渡してくれた・・・・・・・!」と感じるのか?
「立つ鳥跡を濁さず!!」
大人の世界でも、前年度からの「引き継ぎ」を
「誰が引き継いでもいいように、しっかり、引き継ぐ人」と、
「どこに、何があるのか分からない?データも揃っていない???人」と、
その人間の「信頼」「信用」に関わってきます。
信用などは「お金」で買うものではありません。
それは、「心のこもった行動!」なのではないか?と私は考え、日進中学校に
関わる人たちには伝えています。
今日は、いつも以上に「きれいに掃除をしてくれた」子どもたちに感謝します。
ありがとう!
今日から「約2週間」学校では掃除がありません。
新しい教室に行ったとき、もし、「ススが溜まっていたら?」
新年度も頑張りましょう!!
みんなで使う「公共物」は、みんなで綺麗に大切に使う!!
日本人が育んできた「大切な伝統」です。
今年度、1年間、きれいに、大切に使ってくれて
「校舎などに代わって」感謝します!
ありがとう!!






13:29 | 投票する | 投票数(21) | コメント(0)
2018/03/22

3月22日(木)がんばれ!!大人たち!

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
ヤフーニュースによると、
昨年までの5年間に起きた小学生の歩行中の交通事故を分析したところ、
1年生の死亡者数が6年生の8倍に上ることが警察庁の調査で分かったそうです。
死傷事故は道路の横断中が最も多く、うち「4割は横断歩道上」だったそうです。
特に、年度替わりの「4月6~15日の春の全国交通安全運動」に向けて、
「新入生は1人で登下校するようになるので、思いやりの気持ちを持って運転してほしい!」
と呼び掛けています。
学校も「本当に同じ気持ち」です。
警察庁によると、歩行中の小学生の死亡者数は過去5年間で計84人。
うち1年生が32人を占め、4人だった6年生の「8倍」に上りました。
けが人を含めた死傷者数を人口10万人当たりで見ると、
1,2年生に相当する「7歳が全年代で最多」で、
午後3~5時の下校時間帯が特に多かったようです。
本当に、可愛い盛りの「7歳の命」をみんなで守ってあげましょう!
しかも、
道路横断中の死傷者は18,841人。
うち横断歩道のない場所での被害は10,262人でしたが、
「横断歩道上」も約4割に当たる7,364人に上っています。
ルールを守っていても!!・・・・・・です。
小学生側の8割以上に「違反などの問題はなかった」のです。
一方、「車両側で明確に違反がなかった」のはたった6件のみでした。
子どもを持った親ばかりではありませんが、
本当に「かわいい!かわいい!」我が子を亡くす悲しみは・・・・・・・・・・・。
その気持ちが共有できるのであれば、「今一度、安全運転」「交通ルール遵守」
を心掛けようではありませんか!
これは、日進中学校の「中学生」でも同じです。
7歳児よりは、判断力もつき、運動神経も成長しているのですが、
逆に、運転が横着、横柄になっているのは??????
大人として、お互いに気を付けましょう!!
未来ある子どもたちのために!!
高齢者の方々も、「運転免許の返納」を含め、よろしくお願いいたします!!
ともに、気を付けましょう!! 

親愛なる日中健児のみなさん!!
新年度初め、「自転車運転には、特に、気を付けてくださいね!!」
がんばれ!!よろしく!!日中健児!!
11:38 | 投票する | 投票数(21) | コメント(0)
2018/03/22

3月22日(木)小中連絡会

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
本日、一日かけて「校長室」で小中連絡会を行っています。
保護者の中には、「何か、悪いことを言っているのではないか?」とお思いの方も・・・
学校は、日進中学校は「そんなことは、ありませんよ!」
一つでも、少しでも「子どもたちが中学校に入学し易いように!!」
また、「入学してから、中一ギャップに苦しまないように!!」
さらに、「中学校生活をスムーズに過ごせるように!!」
と考えながら「話し合い」をします。
当然、すべての子どもたちが「すべて、スムースに行くわけではありません!」
それも、「その子どもたちにとって、『人生の学び』」になるように。
すべてを大人たちが「スムースに行くために排除、取り除くこと」がはたして・・・・。
私も2名の子どもを持つ「親」です。
親心としては、少しでも「自分の子どもが悲しい思いをしないように!」
願いますが、長い人生を考えたとき
生きていく上で力を付ける大切な中学校時代に、「必要以上に排除すること!」
は、子どもたちが「独り立ちすることを遅らせる!」だけでなく、
ひょっとしたら、「独り立ちできない、何かに依存しないと生きていけない!」
大人を育てている??と考えるのです。
小中で連携して、一人ひとりの子どもたちを育てていきますが、
本日は、その「話し合い」を北小と南小と一日掛けて行います!
保護者からのご意見もいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします!!

09:33 | 投票する | 投票数(22) | コメント(0)
2018/03/22

3月22日(木)マンツーマン

Tweet ThisSend to Facebook | by 日進中学校管理者
3年生が卒業してから、けやき学級は「マンツーマン」です。
朝から、「楽しい会話」「厳しい指導」?????
そのすべての「関わり」が、勉強です。
その延長線上に、日中健児との「関わり」があれば、さらに成長できるのです。
人は人との関わりで「成長する」ことが大切です。
ぜひ、このような環境にこれからも置いてあげたい!!と願っています。
みんなに「可愛がられながら・・・・!!」
育て!!けやき学級の日中健児!!

09:06 | 投票する | 投票数(24) | コメント(0)
12345