COUNTER893162

携帯からのアクセス

携帯サイトへの
アクセスは
こちらから

データ量が多いので
通信料に
注意してください。


 

校長室から

千葉県立大網高等学校  
校 長   岩 﨑   章


 

大網高等学校のホームページにおいでいただき、ありがとうございます。

 

  大網高等学校は、大正9年に創立した千葉県立山武農学校の時代から多くの農業の担い手を輩出してきた山武農業高等学校と、昭和26年に創立した普通科の白里高等学校が統合して生まれました。

現在、2・3年生は農業に関する学科(生産技術科・食品工業科・農業経済科・生物工学科)4クラスと普通科2クラスの6クラス、1年生は農業に関する学科(農業科・食品科学科・生物工学科)3クラスと普通科2クラスの5クラスの計17クラスの学校で、地域の拠点となる高校として発展を続け、平成30年に11年目を迎えました。

農業に関する学科では、普通教科と専門教科の学習を通じて、生徒自身の興味・関心を刺激し、食品化学・組織培養・実験動物・植物工場・愛玩動物・造園技術・酪農・草花・果樹・野菜・農業情報処理・農業経済・簿記・食品製造・微生物基礎の15種類の農業クラブに籍を置き、専門性活かした学習活動を展開しています。

また、普通科は少人数指導によるきめ細やかな指導を通じて学力の向上を図り、生徒の自己肯定感を高め、将来の進路選択の幅を広げる学習活動を展開しています。

 

本校はJR外房線大網市街地の北方に位置し、約5.7haの校地には普通教室棟や体育館・グラウンド等の施設とともに、最新の情報機器を完備した実験実習棟や、生徒達の実習の成果である植栽・記念庭園があります。

本校舎から離れた実習施設も持ち、約12haを有する中正農場には果樹園・農業基礎圃場・総合実習圃場・園芸ハウスの施設があり、さらに小動物とのふれあい体験等のできる動物飼育施設があります。また、蒲田地区には70aのお茶園があるなど、専門的理論を発展させ、実験実習を可能とさせる環境を有しています。

 

  本校は、開校以来勉強に部活動に、また地域活動においても、地域に支えられ、地域とともに大きく成長してきました。

是非、このホームページを参考にして、本校を御理解いただければ幸いです。

 

平成30年4月1日