被災高齢者支援お役立ち情報
 
気仙沼市での5団体活動
 

「気仙沼支援 医療・福祉関係5団体」とは



「気仙沼支援 医療・福祉関係5団体」として発足しましたが、現在は次の7団体となっています(2013年4月段階)。

東京都健康長寿医療センター研究所
日本老年医学会
日本老年行動科学会
医療法人社団つくしんぼ会
子どもの発達支援を考えるSTの会
獨協医科大学越谷病院子どものこころ診療センター
鶴見大学歯学部

気仙沼支援を目的として結成された団体で、この7団体と協力関係にあるその他の団体も含みます。

 

お知らせ

お知らせ >> 記事詳細

2015/07/07

お知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
1)講演:『発達障害のアセスメントと援助の実際
~東京都の療育系医療機関の心理職として)~』

講師:持丸由紀子氏
(東京都立北療育医療センター指導課 課長代理)


日時:平成27年7月24日(金) 午後1時30分~4時
         
会場:市民健康管理センター「すこやか」和室
時間:午後3時30分~5時
問い合わせ先:気仙沼市保健福祉部健康増進課 茂木
       電話 (0226)21―1212

 詳細は 乳幼児・小児ケア専門チラシ.pdf をご覧下さい。


2)第2回『保健・医療・福祉系職員スキルアップ研修』

7月25日(土)午後0:50~(開場午後0時30分)
会場:ワンテン庁舎2F大ホール

内容 
『地域が求めるリハビリテーション』
  専門職に求められる能力とチームアプローチ


[第一部] 基調講演  午後1時~
◆金丸 晶子 氏(東京都健康長寿医療センターリハビリテーション科部長) 
 『急性期リハビリテーションの現状と課題』
◆村岡 正朗 氏(村岡外科クリニック院長)                
 『気仙沼の在宅医療とリハビリ専門職への期待』
◆阿部 勉 氏(リハビリ推進センター株式会社代表取締役)         
 『活動と参加に向けたリハビリ専門職の視点と役割』
◆山崎 律子 氏(余暇問題研究所代表取締役・主席研究員) 
 りつこ式高齢者レクササイズ  

[第二部] パネルディスカッション  午後3時~
『地域が求めるリハビリテーション
~専門職に求められる能力とチームアプローチ~』

参加申し込みは、7月23日(木)まで

問い合わせ先
気仙沼市保健福祉部高齢介護課 柴田
0226-22-6600(内402.403)

 詳細は 150725第2回保健・医療チラシ.pdf をご覧下さい


3)平成27年度 第1回 気仙沼市通所事業所等職員研修

☆日 時:平成27年7月25日(土) 午後6時~7時30分
☆場 所:気仙沼市役所ワンテン庁舎2F大ホール
☆対 象:気仙沼管内の通所介護・通所リハビリテーション事業所等

『講座と実技』
高齢者の余暇
  ~いますぐできるレクリェーション活動~


講師:(株)余暇問題研究所 代表取締役主席研究員 山崎 律子 氏

【申込み】 参加希望の方は、下記詳細の通り申込書(FAX)によりお申し込み下さい。
・申込先 : 気仙沼市保健福祉部地域包括支援センター
・申込み方法 : 【FAX】0226-25-1577
・申込み締切日 : 平成27年7月23日(木)

 詳細は 150725職員研修.pdf をご覧下さい
16:10 | お知らせ