こころの扉

 

会報でご好評頂いております
「こころの扉」をホームページ
でもご紹介いたします。
会報6月号は、
WCRP日本
委員会 酒井教雄参与

(立正佼成会元理事長

こころの扉」です。こちら
 

フクシマプロジェクト

 

寄附金控除について

携帯はこちらから

 
新着情報
 
Information
お知らせ
12345
2016/08/04

核兵器廃絶に向けた国際特別セッション~ICJ勧告的意見から20年~開催

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
8月2、3日、国連大学(東京・渋谷)で「核兵器廃絶に向けた国際特別セッション~ICJ の勧告的意見から20 年~」を実施しました。

8月2日は、核兵器廃絶・軍縮に取り組む国内外の宗教指導者をはじめ、被爆者、学者、政治家、NGO、報道関係者ら11 カ国約80 人が参加。まず、20 年前に国際司法裁判所(ICJ)が、核兵器の威嚇または使用の合法性に関する勧告的意見を発表した際、判事の一人であったクリストファー・ウィラマントリー氏のメッセージが読み上げられました。その他さまざまな分野の取り組みが報告され、核兵器にまつわる国際的な状況について認識を深めました。

3日は、高校生や市民ら約60 人が加わり(全体で約140 人)、シンポジウム形式で行われました。第1セッションでは、主催者を代表してWCRP/RfP 国際軍縮・安全保障常設委員会委員長で同日本委員会の杉谷義純理事長(天台宗宗機顧問)と同国際委員会のウィリアム・ベンドレイ事務総長が挨拶。続いてウィラマントリー氏のメッセージが読み上げられた後、日本原水爆被害者団体協議会の田中煕巳事務局長が、被爆の体験を証言すると共に核兵器廃絶への国際署名を被爆者が最後の訴えとして始めたことを紹介し、署名を呼びかけました。次に、エラ・ガンジー氏が発題。祖父であるマハトマ・ガンジーが暴力に訴えることなく問題を解決してきたことをあげ、核兵器廃絶に向けて「非暴力不服従運動を人々に呼びかけ、平和的手段を駆使すれば目標を達成できる」と力説しました。続いて発題したマーシャル諸島共和国のアネット・ノート公使は、数多くの核実験によって同国の国民が被曝に晒されてきた状況を報告しました。

続く第2セッションでは、『核軍縮に向けた宗教者と宗教協力の役割』をテーマに、前広
島市長の秋葉忠利氏をはじめ核兵器廃絶に取り組むNGO や学者、宗教者によるパネルディスカッションを行いました。それぞれの立場から宗教者の取り組みに期待が寄せられました。

その後の特別セッションでは、平和に向けた取り組みを行う高校生と対話をしました。第18 代高校生平和大使の小川日奈子さん(長崎・活水高校2年生)をはじめ5人の高校生がそれぞれの取り組みを発表。一人ひとりの発表に対して宗教者がコメントしました。

シンポジウムの最後には、声明文を採択(以下参照)。核兵器の使用が「国際法と人道法のすべての諸原則に反する」ことを合意し、宗教者として「市民社会、政府・非政府関係者とのより効果的なパートナーシップに向けて、軍縮問題に対する関心の喚起、協調的なアドボカシー活動の支援、宗教指導者とコミュニティーによる関与と強化に取り組む」ことを決意しました。

この声明文は、国内の宗教者をはじめ、WCRP/RfP 各国の国内委員会、日本政府、核保有国の大使館、関係するNGO などに送られる予定です。

当日配布パンフレット.pdf
声明文.pdf  STATEMENT.pdf

※公開シンポジウムのスピーチ映像はこちら


17:24
2016/08/04

熊本復興宗教者支援連絡会の開催

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
7月26日、熊本市国際交流会館で「熊本復興宗教者支援連絡会」を開催致しました。様々な支援活動を実施している宗教者の方々が60名参加しました。
熊本地震から3か月が経った今の被災地の課題について学び、今後の宗教者の支援のあり方について意見交換をしました。
プログラムは、はじめにこれまでの緊急支援の振り返りを行いました。熊本県神社庁教化委員会の岩下通弘先生、日本福音ルーテル教会の小泉基牧師、全日本仏教会の久喜和裕事務総長から各宗教の被災状況や緊急支援の報告を頂きました。
次に、熊本県健康福祉政策課福祉のまちづくり室の木村忠治室長、被災地障害者センターくまもとの岡崎民事務局次長、被災地NGO協働センターの頼政良太代表から、それぞれの立場から復興の課題について報告がありました。
続いて、上智大学神学部の島薗進教授より、主に東日本大震災の宗教者の支援活動を振り返りながら宗教者の支援活動の可能性ついて語られました。
その後、意見交換を行い、大阪大学大学院の稲場圭信教授がまとめのコメントを述べ会合が終了しました。会議後には交流会も行われ、さらなる復興への議論が深められました。
この連絡会では、改めて被災地の厳しい現状を認識するとともに、宗教者の支援活動の意義を確認し、また宗教者同士、宗教者と行政、NGOなどの連携・協働の重要性を共有しました。
WCRPはこの連絡会の事務局(暫定)を務めさせて頂きました。

16:50
2016/08/04

VOWS for KUMAMOTOの終了

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
熊本地震への緊急支援として、VOWS for KUMAMOTOを立ち上げ、5月より西原村災害ボランティアセンターでボランティア活動を実施してまいりました。当初の予定通り、7月15日をもって終了致しました。添付の報告書をご覧ください。

WCRPは中長期的な震災対応を展開するため、6月に「熊本復興支援タスクフォース」を設置しました。今後も引き続き熊本復興支援に取り組んでまいります。
VOWS報告書HP用.pdf
15:21
2016/07/05

青年部会 サマーキャンプ2016のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 青年部会では、諸宗教の青年が交流を通して相互理解を深め、平和のためにできることを考える場として、毎年サマーキャンプを実施しています。
 サマーキャンプ2016は8月26日(金)~28日(日)に南三陸まなびの里いりやど(宮城・南三陸町)を会場に開催致します。今年は、東日本大震災から5年目を迎えた被災地に訪問し、犠牲になられた方々への慰霊や、ボランティア活動を通して、復興に向けての青年宗教者としての役割を学びます。

〔テーマ〕 ともに支え合う ~被災地の今、私たちができることとは~
〔対象者〕 18歳以上のWCRP日本委員会青年部会の活動に賛同する青年
       (大学生又は20代を中心とする青年)
〔会場〕 宿泊:南三陸まなびの里いりやど
     
閉講式:天台宗東北大本山 関山 中尊寺 
〔参加費〕  9,000円
〔申込方法〕
 参加ご希望の方は、2016年8月5日までに事務局へご連絡下さい。
 開催要項と申込書をお送り致します。

お問い合わせ
 WCRP日本委員会事務局
 TEL:03-3384-2337
 Email:info◆wcrp.or.jp(※「◆」記号を「@」に置き換えて下さい。)

17:54
2016/06/15

女性部会「いのちに関する学習会」のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局

718日(月)、カトリック岐部ホール(東京・四谷)で

「いのちの平和と食の安全を守るために」をテーマに女性部会主催「いのちに関する学習会」を開催いたします。学習会ではバイオテクノロジーによる遺伝子組み換え作物をめぐる動向について学びます。

プログラムの概要は添付のご案内をご覧ください。

女性部会いのちに関する学習会チラシ(7.18).pdf

 

お申し込み・お問い合わせは、infowcrp.or.jp(※「◆」記号を「@」に置き換えて下さい。)まで。
その際、「お名前」「ご所属」「ご連絡先(電話/
FAXEメール)」をお知らせください。

 

どなたでも参加頂けますが、定員に達し次第、締切とさせて頂きますのであらかじめご了承ください。


11:31
12345

トピックス

【特設ページ】


 
 

事務局

日本委員会
〒166-0012
東京都杉並区和田2-6-1 普門館5階
TEL. 03-3384-2337
FAX. 03-3383-7993
国際委員会Religions for Peace
777 United Nations Plaza, 9th Floor
New York, NY 10017
+1-212-687-2163
 

ダウンロード

用紙サイズ・余白・書体などの書式情報を維持させるため、情報の掲載(配信)にアクロバット形式 (PDFファイル) を使用しています。

この形式のページを利用(見る・印刷する等)するためには、パソコンに Acrobat Reader(アクロバット・リーダー) という閲覧用ソフトウェアが導入されている必要があります。


クリックでダウンロードサイトへ!
 
305620access

アクセスマップ


ジオターゲティング