日本キリスト教協議会議長
WCRP日本委員会評議員

小橋 孝一


「平和の道が見えてくる」

 「あなたの天を、あなたの指の業を私は仰ぎ見ます。月も星もあなたが配置なさったもの。そのあなたが御心に留めて下さるとは、人間は何ものなのでしょう。あなたが顧みて下さるとは。」
(旧約聖書 詩編8編4~5節)

 輝く満天の星を見上げると、その美しさと巨大さに心打たれ、顧みて自らの卑小さに思い至る。だが詩人はそこにとどまらず、この卑小な自分に注がれている創造主の慈しみの目に気づく。なぜですかという驚きと共に「生かされている」ことを知る。

 自分の意志と力で生きていると考えている人間が、「自分は生かされている」のだと知る。そこから生まれてくるのは、生かされていることの感謝であり、自分を生かしている神の御心に応えていこうとする生き方です。

 このような生き方は特別な条件を持つ人だけに開かれているのではない。「生かされている」という思いに制限はない。誰にでも、無条件に開かれている。

 だが満天の星空から目をそらして、あくせくした人間世界に戻ると、「生かされている」感謝は、人の世の競い合いに巻き込まれ、薄らいでしまうことは避け難い。どうすればよいのか?

 そのような人間を憐れみ、大宇宙の創造主が自ら人間となってこのあくせくした世の中に入って来て下さり、こう言われる。

 「見よ、私は戸口に立って、たたいている。誰か私の声を聴いて戸を開ける者があれば、私は中に入ってその者と共に~」(新約聖書 ヨハネの黙示録3章20節)

 「こころの扉」をノックされて、神の言葉に自分を開く者は「誰でも」、生かされている感謝に満たされる。自分を生かして下さる方に応えて生きようとすれば、歩むべき平和の道が見えてくる。

 


(会報11月号より)

 

トピックス

【特設ページ】

 
 
 

事務局

日本委員会
〒166-8531
東京都杉並区和田2-7-1
普門メディアセンター3F
TEL. 03-3384-2337
FAX. 03-3383-7993


国際委員会Religions for Peace
777 United Nations Plaza, 9th Floor
New York, NY 10017
+1-212-687-2163
 

ダウンロード

用紙サイズ・余白・書体などの書式情報を維持させるため、情報の掲載(配信)にアクロバット形式 (PDFファイル) を使用しています。

この形式のページを利用(見る・印刷する等)するためには、パソコンに Acrobat Reader(アクロバット・リーダー) という閲覧用ソフトウェアが導入されている必要があります。


クリックでダウンロードサイトへ!
 
406187access

アクセスマップ


ジオターゲティング