東日本大震災復興キャンペーン2017

WCRP日本委員会 東日本大震災復興キャンペーン2017

「東日本大震災をけっして忘れない」ための
祈りと行動

WCRP日本委員会は、2011年3月11日の東日本大震災の「失われたいのち」への追悼と鎮魂、「今を生きるいのち」への連帯、「これからのいのち」への責任のための祈りと行動として、以下の取り組みを呼びかけます。是非、ご協力をお願いします。

(1)14:46に1分間の黙とう(3月11日~21日:11日間)
 震災発生日3月11日から3月21日の11日間、東日本大震災で犠牲になられた方々への追悼と鎮魂、そして被災地の早期復興への祈りを込めた1分間の黙とうを行います。各々の生活の場において実施しましょう。
 また3月14日には、宮城県石巻市雄勝町でWCRPに関係する宗教代表者による「東日本大震災の追悼と鎮魂ならびに復興合同祈願式」が行われます。

(2)復興支援募金(3月~5月)
 昨年に引き続き、復興支援のための勧募金の呼びかけを行います。被災者のための生活支援や心のケア、被災地の復興活動への財的支援を行います。
 募金箱用のテンプレートを作成いたしました。ご活用頂けましたら幸いです。

 
募金箱_表.pdf
  
募金箱_裏.pdf
  
募金箱_上.pdf
 
趣意書はこちらをご活用下さい。

  送金先
 1.郵便振替口座
    加 入 者 名 :(公財)WCRP日本委員会募金口
    口座記号番号:00190-5-633238

    ※払込取扱票の通信欄に「東日本復興」とご記入をお願いします。

 2.団体での支援金の送付の際は、なるべく団体でまとめて送金をお願いします。
 
 3.この支援募金の領収証は、送金された時の振込金受領証をもって代えさせて頂きます。
   それ以外に領収証がご必要な場合は、下記のWCRP日本委員会までご連絡ください。

(3)被災地における復興事業
 被災者への心のケア、社会的な弱者への取り組み、地域コミュニティの再構築、放射能被害への取り組み、人材育成などの事業を行います。主な事業は以下の通り。
①フクシマコミュニティづくり支援プロジェクト
 長期化する東京電力福島第一原子力発電所の事故処理、自活への見通しが立たない中での賠償の終了、度々問題が起きている汚染水の処理や汚染廃棄物の保管等々、福島の復興には様々な困難が山積しています。

 そのような状況の中で住民によるコミュニティづくりが活発に行われおり、このフクシマコミュニティづくり支援プロジェクトは、そうした住民のニーズに応えるべく2017年も引き続き実施していきます。


②子どもが自然と遊ぶ楽校ネット
福島の子ども達を対象とした保養プログラムのニーズは非常に高いものがあります。2012年よりWCRP日本委員会は、福島県の8つの青少年育成団体の連合体である「子どもが自然と遊ぶ楽校ネット」と共に野外におけるキャンプ、遊び等を通して、子ども達の心身のケアの取り組みを行ってきました。2016年は1,857名の子ども達がこの楽校ネットの行事に参加しました。このニーズの高さから、本年も本プロジェクトを実施します。

③三陸海の盆

東日本大震災の犠牲者の御霊を追悼し、三陸沿岸の早期復興を願い、そして郷土芸能を継承することを目的とした三陸海の盆の開催に、第1回目から協力してきました。この三陸海の盆には、2011年大槌町、12年釜石市、13年大船渡市、14年山田町、15年気仙沼、16年南三陸町と継続して実施してきています。このように継続的に開催されてきている本事業は、震災後の三陸地方の大きな復興イベントとして地域の住民から期待されています。昨年の南三陸町における開催では、岩手県、宮城県の6市町などから12団体が出演し、また南三陸町の晩夏の風物詩である「志津川湾かがり火まつり」も同時開催されました。

 宗教を背景とする伝統芸能は地域の人々を繋ぎ、復興へ前向きな状況を創造することができます。こうした支援こそ宗教者の特性を活かしたものと考えられます。

④「釜石支援センター望」を通した被災者の生活支援

 震災から6年目を迎え、被災地域における大きな課題となっているのが、仮設住宅から復興住宅への移行に伴って生じる被災者の方々の孤立の問題です。現在この問題に対応すべく、新たな生活圏において地域コミュニティづくりが求められています。また復興住宅に移動しないで引き続き仮設住宅で生活をされる被災者の方々にとっても、コミュニティ機能の減少によって益々生活が厳しい状況におかれています。「釜石支援センター望」は仮設住宅や復興住宅の集会所などで手芸教室や体操・健康教室などのサロン活動を年間300回ほど開催し、住民のコミュニティづくりを側面から支えています。2017年度も引き続きWCRP日本委員会は「釜石支援センター望」と共に被災者支援を実施します。

 
お問い合わせ
(公財)世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会
166-0012東京都杉並区和田2-6-1普門館5F TEL:03-3384-2337 FAX:03-3383-7993 Email: info@wcrp.or.jp

 

トピックス

【特設ページ】

 
 
 

事務局

日本委員会
〒166-0012
東京都杉並区和田2-6-1 普門館5階
TEL. 03-3384-2337
FAX. 03-3383-7993
国際委員会Religions for Peace
777 United Nations Plaza, 9th Floor
New York, NY 10017
+1-212-687-2163
 

ダウンロード

用紙サイズ・余白・書体などの書式情報を維持させるため、情報の掲載(配信)にアクロバット形式 (PDFファイル) を使用しています。

この形式のページを利用(見る・印刷する等)するためには、パソコンに Acrobat Reader(アクロバット・リーダー) という閲覧用ソフトウェアが導入されている必要があります。


クリックでダウンロードサイトへ!
 
339765access

アクセスマップ


ジオターゲティング