こころの扉


毎月発刊のWCRP会報で
好評頂いております「こころの扉
を紹介いたします。
10月号は
東大寺長老北河原 公敬師
WCRP日本委員会評議員
による「こころの扉」です
こちらからどうぞ。
 

おうえんプロジェクトforくまもと

寄附金控除について

携帯はこちらから

 
新着情報
 
Information
お知らせ >> 記事詳細

2017/03/31

プライベート・スポンサーシップによるシリア難民留学生が来日

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局

WCRP日本委員会は、難民支援協会と協力し、日本初の民間主導による難民受け入れ事業を行っており、3月28日、トルコにいるシリア難民留学生が無事来日し、29日、関係者を交えた歓迎レセプションを都内で行いました。当初は6人の予定でしたが、手続きの都合で、まずは5人が到着しています。
関係者が集ったレセプションでは、一人ひとりが日本語や英語、アラビア語を交えながら、今の想いを述べました。一部抜粋を以下にご紹介します。

・シリアにいるときから日本語翻訳者になるために勉強をしていました。このプログラム(シリア難民留学生受け入れ事業)には、言葉にできないほど感謝しています。楽しんで頑張ります。(20代・女性)
・これが新しいスタートです。いつも日本の文化にあこがれていました。でも、ここに来られるとは思っていませんでした。(10代・男性)
・チャンスを与えてくれてすごくうれしいです。こんなに夢に近づけるとは思っていませんでした。人生を変えてくれるチャンスをありがとうございます。私たち以外にもチャンスが必要な人はたくさんいます。この支援が止まらないことを願います。(10代・女性)


なお、当面は、本人たちのプライバシー保護と、本人たちが集中して勉強できる環境を確保することを優先するため、シリア難民留学生のプロフィールの紹介や本人へのご取材は差し控えさせていただきます。まずは、本人たちの希望を叶えるための一歩を踏み出せるよう、引き続き見守っていただければ幸いです。どうぞ、ご理解とご協力をお願いします。

(参考)
リリース「日本初 民間主導による難民受け入れ "プライベート・スポンサーシップ"を開始」(2016.2.9)はこちらhttps://www.refugee.or.jp/jar/release/2017/02/09-0000.shtml


13:10

トピックス

【特設ページ】

 
 
 

事務局

日本委員会
〒166-8531
東京都杉並区和田2-7-1
普門メディアセンター3F
TEL. 03-3384-2337
FAX. 03-3383-7993


国際委員会Religions for Peace
777 United Nations Plaza, 9th Floor
New York, NY 10017
+1-212-687-2163
 

ダウンロード

用紙サイズ・余白・書体などの書式情報を維持させるため、情報の掲載(配信)にアクロバット形式 (PDFファイル) を使用しています。

この形式のページを利用(見る・印刷する等)するためには、パソコンに Acrobat Reader(アクロバット・リーダー) という閲覧用ソフトウェアが導入されている必要があります。


クリックでダウンロードサイトへ!
 
393458access

アクセスマップ


ジオターゲティング