こころの扉

毎月発刊のWCRP会報で
好評頂いております「ここ
ろの扉」を紹介いたします。
11月号は
日本聖公会管区事務所総主事
矢萩新一氏
WCRP 日本委員会特別会員
による「こころの扉」です。
こちらからどうぞ。

 

フクシマプロジェクト


2018年平成30年度申請書.docx

東日本大震災復興支援
特設ページはこちら
 

おうえんプロジェクトforくまもと


今年度の募集は終了しました。
おうえんプロジェクト
特設ページはこちら
 

寄附金控除について

携帯はこちらから

 
新着情報
 
表示すべき新着情報はありません。
Information
お知らせ >> 記事詳細

2018/07/11

ISによる大虐殺の悲劇を訴えるヤズディ教徒代表らが初来日

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 特別学習会「ヤズディ大虐殺を知る」が7月10日、普門メディアセンター(東京都杉並区)で開催され、これに約70人が参加。和解の教育タスクフォースの招請で初来日していたイラクの少数民族ヤズディ教最高評議会会長のブリーン・タフシーン師とヤズディ教徒の心的外傷(トラウマ)治療に取り組んでいるカラフ・メルザ博士が、IS(イスラム国)による迫害と虐殺の悲劇を訴えた。

 ヤズディ教の歴史は古く、イスラームの教えをもとにゾロアスター教や古代ペルシャの宗教、キリスト教など様々な宗教を取り込み、教義は口承で形成されてきた。また、改宗を認めないなど固有の文化を堅持し、ムスリムから異端・邪教の烙印を押され、これまでに何度も侵略や虐殺を受けた。

 現在、ヤズディ教徒(およそ50万~100万人)の多くはシリアやトルコ国境に近いイラク北西部の山岳地帯に居住し、クルド語を話す。イラク国内のほかにもシリア、トルコ、アルメニア、ドイツ、アメリカ、ロシアなどで小さなコミュニティを形成し、情報を交換し合っている。

 特別学習会でタフシーン師らは、こうしたヤズディ教徒の歴史を紹介した上で、2014年8月3日、当時イラクで勢力を拡大していたISが、ヤズディ教徒の多くが住むシンジャールに侵攻し、大虐殺が起きた惨状を報告。

 一日で約1300人が殺害され、ヤズディ寺院や病院などはすべて破壊されたという。その後、「約6000人以上の女性や子どもが誘拐され、性奴隷や少年兵にされて、いまも半数が行方不明」と語った。

 トラウマを受けた女性や子どもも多く、その対処としてドイツで医療プログラムを施しているが、カウンセリングに携わっているメルザ博士は、「シンジャールには医薬品がなく、ライフラインも破壊された。

イラク国内の17の避難キャンプに16万8千人余のヤズディ教徒が生活しているが、キャンプに入れない人も多くいる。彼らは劣悪な状況に置かれ、治療を受けられない子どもたちは非常に悪い状態にある」と述べた。

 二人は、この状況を世界に訴えており、現在、米国、カナダ、EU加盟諸国などが大虐殺を認定したという。メルザ氏は、「誰かが私たちのことを考えてくれているというだけで幸せを感じる。新しい土地がほしいわけではない。我々の生活を保護してもらい、安全に暮らしたいだけ」と語った。

タフシーン師は、「ぜひ、日本のメディアに大虐殺のことを取り上げてもらいたい。そして日本政府にはヤズディ教徒の女性や子どもに力を貸してもらいたい」と訴えた。

(会報8月号より)
14:54

トピックス

【寄附金のお願い】



【特設ページ】

 

事務局

日本委員会
〒166-8531
東京都杉並区和田2-7-1
普門メディアセンター3F
TEL. 03-3384-2337
FAX. 03-3383-7993


国際委員会Religions for Peace
777 United Nations Plaza, 9th Floor
New York, NY 10017
+1-212-687-2163
 

ダウンロード

用紙サイズ・余白・書体などの書式情報を維持させるため、情報の掲載(配信)にアクロバット形式 (PDFファイル) を使用しています。

この形式のページを利用(見る・印刷する等)するためには、パソコンに Acrobat Reader(アクロバット・リーダー) という閲覧用ソフトウェアが導入されている必要があります。


クリックでダウンロードサイトへ!
 
466135access

アクセスマップ


ジオターゲティング