トップページ > 日本花火鑑賞士会について 

会員専用メニュー(要ログイン)

ログイン

アクセスカウンタ

COUNTER119585

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

QRコード

携帯電話やスマートフォンへのホームページアドレス取り込みにご利用ください。
QRコード
 

日本花火鑑賞士会のご案内

日本花火鑑賞士会は、全国を区域とする花火鑑賞士による任意団体です。
当会は、平成20年(2008年)5月31日に設立されました。
名称 :
日本花火鑑賞士会
設立 :
平成20年(2008年) 5月31日
目的 :
日本花火鑑賞士会は、日本の総合伝統芸術である花火をより専門的に鑑賞し楽しむため、NPO法人大曲花火倶楽部が認定した全国の花火鑑賞士がネットワークを構築し、花火に関する種々の事業を行うことにより、会員の資質の向上及び会員相互の親睦を図り、もって花火の発展に寄与することを目的としています。
事務局:
秋田県大仙市
 

事業内容

 日本花火鑑賞士会では主に以下のような事業展開を行います。

  (1)花火の知識取得のための研修会、講習会等の開催

  (2)花火に関する調査、研究及び企画

  (3)会員相互の親睦を図るための事業

  (4)その他本会の目的を達成するために必要な事業
 

会則

 ※ただし、附則の掲載は省略します。
 

会費

 年会費 2,000円
(入会金 無料)

 

入会条件・会員数

・入会要件:任意加入です。

 花火鑑賞士(第1回~第11回試験合格者)は全国に879名です。
 日本花火鑑賞士会は花火鑑賞士(試験合格者)のうち、趣意に賛同いただいた方により組織されます。

・会員数 : 平成26年4月時点で 331名 です。